Archive for the ‘未分類’ Category

新旧お宝アルバム!#80「A Sailor’s Guide To Earth」Sturgill Simpson (2016)

2017-03-27

2017.3.27

新旧お宝アルバム #80

A Sailor’s Guide To EarthSturgill Simpson (Atlantic, 2016)

いよいよこれから春、桜本番かと思われたのにこの日曜日は冷たい雨で一気に冬に戻ったような気候。これが桜本格開花前の最後の雨でありますように。皆さんも不安定な気候で体調など崩さぬよう、洋楽ライフをお楽しみ下さい。

さて今週の「新旧お宝アルバム!」は昨年アメリカの各音楽誌でも高い評価を受けていて、先日の第59回グラミー賞でもメインの最優秀アルバム部門にノミネートされ、台風の目の一つとなり、今年のフジロック・フェスティヴァルへの来日が決まっていながら、まだまだ日本では知名度ゼロに近い、アメリカーナ・ロックのシンガーソング・ライター、スタージル・シンプソンのアルバム『A Sailor’s Guide To Earth』(2016)をご紹介します。

とかく日本においてこのルーツロックというか、アメリカーナ・ロックというジャンルは、昔の有名ロック・アーティスト(たとえばザ・バンドのメンバーとか、ディランとか、クラプトンとか、イーグルスのメンバーとか)がやる分にはラジオにも乗っかるし、レコード会社もマーケティングしやすいと見えてガンガン露出するしということで日が当たるケースが多いのですが、ことこれが新しいアーティストやそれまであまり有名でなかったアーティストの作品となると途端に日本では話題になりにくい、という構造的な問題があります。

ただ実際に音を聴いて、ライヴなどを聴くとえてして従来無名のアーティストたちによる作品がハッとするほど瑞々しかったり、無茶苦茶カッコよかったり、うーんと唸るほどミュージシャンシップが高かったりすることも多く、この点で日本の洋楽ファンは結構いいアーティストの作品に触れることなく終わってしまっていたのではないかと思っています。

ただこういう状況も徐々に改善されてきていて、例えばウィルコとかこのブログでも以前に取り上げたライアン・アダムスとかいったこうしたジャンルのアーティスト達が音楽メディアでも取り上げられることが増えて来ていて、なかなかいい傾向だな、と思っているところです。

で、スタージル・シンプソン。彼の音楽スタイルは、カントリーとブルースをバックボーンに置いたロック的アプローチのシンガーソング・ライターと言えばいいでしょうか。その男臭くて渋さ満点のボーカル・スタイルは70年代のアウトロー・カントリーシンガーである、ウェイロン・ジェニングスマール・ハガードといった大御所達を彷彿させますが、このアルバムのホーンセクションを全面的にバックアップしているダップ・キングス(昨年末惜しくも他界した黒人女性R&Bシンガー、シャロン・ジョーンズのバック・バンドでR&B・ブルースファンには有名)のアーシーでファンキーな演奏を軽々と乗りこなして歌う様はブルース・ロック・シンガーそのものです。

また、アコギの弾き語りや、ストーリー性満点の歌詞を持った楽曲を聴くと正統派のシンガーソングライターとしてもかなりのものですし、一方ニルヴァーナの有名曲「In Bloom」をオリジナルとは全く表情の異なるアレンジで、極端に音数を絞ったアコースティックで美しく、抑えたトーンでカバーするのを聴くと、シンガーとしての表現力も非常に高いものを感じます。

また、アルバム全体が自分の生まれたばかりの子供に向けて人生の歩き方を教える、といったコンセプトで楽曲構成されていることや、そこここで控えめにしかし効果的に挿入されるシンセや効果音っぽいサウンドの使い方のセンスなどはちょっとしたプログレ的なセンスも感じる、このアルバムはそんな多彩な表情を持っています。

YouTube Preview Image

冒頭の「Welcome To Earth (Pollywog)」は正に70年代のプログレッシヴ・ロック作品の冒頭を思わせるドラマチックな効果音とピアノの音色で始まりますが、入ってくるボーカルがベテラン・カントリー・シンガー、といった感じのスタージルの声なのでこのアンマッチさが独特の魅力をいきなり醸し出しています。ストリングスのイントロからアコギとカモメの鳴き声のような効果音をバックにしっとりと歌われる「Breakers Roar」も、彼のボーカルがなければ例えばムーディ・ブルースの70年代の作品、と言われても違和感がない、そんなサウンド。

しかしそんなプログレっぽさは、ダップ・キングスのソウルフルなホーンでいきなりファンク・グルーヴ満点の「Keep It Between The Lines」、そしてカントリー・ロックっぽいシャッフル・リズムに乗って「♪東京、川崎、恵比寿、横須賀、横浜、新宿、渋谷、六本木、原宿~♪」(スタージルは20代の頃日本在住経験あるらしいです)と軽ーい感じで歌う「Sea Stories」でガラッとルーツ・ロック的方向に大きく舵を切ります。

YouTube Preview Image

そして上述した美しいニルヴァーナのカバー「In Bloom」を経て、今度は正統派アメリカン・ブルースロック、といった雰囲気の「Brace For Impact (Live A Little)」である意味アルバムのクライマックスを迎えます。

YouTube Preview Image

ハモンド・オルガンとダップ・キングスのホーンがまた聴く者を一気にアメリカーナな世界に連れ戻してくれ、スタージルの歌も味わい深い「All Around You」、エレピとウッドベースとストリングスとスタージルのボーカルだけの静かな「Oh Sarah」、そしてまたカモメの鳴き声をバックに海のコンセプトに戻って、取り憑かれたようなスワンプ・ファンクロックスタイルのアルバムの最大の問題作「Call To Arms」でドラマチックに終わりますが、息子に送る最後のそして重要なアドバイスという設定の歌詞は、スタージルの強力なメッセージで満ちています。

YouTube Preview Image

「俺は兵役でシリアにもアフガニスタンにもイラクにもイランにも、そして北朝鮮にも行った

いったいどこまで行けば終わるのか教えて欲しい

毎日うずたかく積み上がる死体の山

いったいあと何人兵士を送れば気が済むのか

連中は石油のため、ヘロインのコントロールの為に息子や娘達を送り続ける

息子よ、どうか男になるためには奴らの操り人形にならなきゃなんて思うな

連中はお前の髪を切り、腕にバッジを付け、お前のアイデンティティを奪う

つべこべ言わずに列に並んで海外に行って仕事をするんだと言って

(中略)

誰も頭の上を飛ぶドローンが何してるか気にもせず

自分のスマホばっかり見て忙しい

まるで犬が食い物を求めるように俺たちのエゴも目から血が出るまで新しい情報とやらを求め続ける

連中は本質から目を背けさせるような情報を準備して俺たちはそれをフレンチフライと一緒に食ってしまう

俺たちの頭の上から爆弾が落ちてくるまで

TVは消せ ニュースも見るな 何も見るものなんてない

ただ憂鬱な話が流れてくるだけ

TVやラジオは嘘っぱちばかり

ハリウッドの映画は自分自身になれる方法を教えてくれるらしいが

そんな大嘘はどっかへ消えてしまえばいい」

自身米国海軍にも所属していた経験のあるスタージルが放つ「平和を守るために戦うという国のプロパガンダを信じて戦争なんか行くな、そうしたメッセージを垂れ流すメディアも信じるな」というメッセージは極めてパワフルなものがあります。

おそらくその芳醇な音楽性だけでなく、こうした強いメッセージもこのアルバムをグラミー賞最優秀アルバム部門にノミネートさせた大きな要因でしょう。惜しくも最優秀アルバムはアデルに譲りましたが、最優秀カントリーアルバム部門は見事受賞。最優秀アメリカーナ・アルバム部門にノミネートされた前作『Metamodern Sounds In Country Music』(2014)では逃したグラミー初受賞を果たしています(余談ですがこの前作のタイトルはレイ・チャールズのあの名盤『Modern Sounds In Country And Western Music』(1962)へのオマージュですね)。

グラミー受賞をきっかけにスタージルの名前が日本の洋楽メディアにもちょくちょく出てくるようになりました。夏のフジロックへの出演も楽しみ。実は自分のアメリカ人の上司はナッシュヴィル在住でスタージルがブレイク前から何度もライヴを観てきたらしいのですが「彼は絶対ライヴ観るべき!」と言ってますので、今年はスタージルのライヴを是非観たいと思ってます。

既に当年38歳という人生経験も重ねてきながら、豊かな音楽性とメッセージを持ったこの新しいミュージシャン、スタージル・シンプソンの作品を皆さんも是非一度お聴きになってみて下さい。

<チャートデータ> ビルボード誌全米アルバムチャート 最高位3位(2016.5.7付)

同全米カントリー・アルバムチャート 最高位1位(2016.5.7付)

同全米アメリカーナ・フォークアルバムチャート 最高位1位(2016.5.7付)

同全米ロック・アルバムチャート 最高位1位(2016.5.7付)


2016/12/31 Billboard Chart

2016-12-29

12/31付

★最高位2位8週以上は10曲も

★TOP10内に2曲同時初登場

★テイラー・スウィフト、記録ずくめ

★ストリーミングの威力!アルバム収録曲全部初登場

★TOP10に5回も入ったタイトルとは?

★『The Voice』優勝はあの人の息子

★飛行機内で泥酔暴力男を取り押さえたのは?

★訃報:ジョージ・マイケル、デビー・レイノルズ

★アルバムチャートTOP5に同一アーティスト2枚登場

★カントリーではTOP10に4枚が同一アーティスト。過去には5枚同時も!

 

 

12/31付。今週のビルボード・シングル・チャートから。

 

iscb002510902

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/iscb002510902

今週の第1位はレイ・シュリマー・フィーチャリング・グッチ・メインの「Black Beatles」、6週連続第1位です。ストリーミングこそ6週連続第1位でしたが、デジタル・セールスは1位から3位へダウン、ラジオ・ソングスは8位変わらずでした。

 

rpblb002591902

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/rpblb002591902

第2位は通算8週目の第2位となったザ・ウィークエンドの「Starboy」です。デジタル・セールス5位、ストリーミング3位、ラジオ・ソングス4位とすべて先週の2位からダウンしました。最高位2位8週以上の曲はHOT100では10曲目です。以下の通りです。なお、この曲が1位になった場合、1位になる前に2位を8週間記録した曲は3曲目で8週間2位はその最長記録です。

 

ここでは最高位2位=8週以上の曲をご紹介します。カッコ内は初登場した年です。

 
10週:
* Work It / Missy “Misdemeanor” Elliott (2002)
* Waiting For A Girl Like You / Foreigner (1981)

 

9週:
* I Love You Always Forever / Donna Lewis (1996)
* You’re Still The One / Shania Twain (1998)

 

8週:
* If I Ever Fall In Love / Shai (1992)
* Nobody’s Supposed To Be Here / Deborah Cox (1998)
* Back At One / Brian McKnight (1999)
* I Don’t Wanna Know / Mario Winans Featuring P. Diddy & Enya (2004)
* Thinking Out Loud / Ed Sheeran (2014)
* Starboy / The Weekend (2016)

 

今週は6位と7位がともにいきなり初登場した曲が並びました。TOP10内初登場2曲以上は19回目で、そのうち3曲初登場がこれまで2回ありました。

 

まず、第6位に初登場したのが、「I Don’t Wanna Live Forever (Fifty Shades Darker)」、ゼイン/テイラー・スウィフトです。2015年公開の映画『Fifty Shades Of Grey』の続編『Fifty Shades Darker』からの曲です。映画は来年2/10全米公開になります。この曲でテイラー・スウィフトは13曲目のTOP10内初登場を記録。これはダントツの歴代1位曲数です。また20曲目のTOP10ヒットとなりました。TOP10=20曲はシカゴ、シュープリームスと並んで歴代14位タイです。さらにこの曲は188,000ダウンロードを記録してデジタル・セールスで初登場第1位でした。テイラーにとっては11曲目の第1位で、リアーナの14曲に次ぎ、ケイティ・ペリーと並んで歴代2位タイです。ラジオ・ソングスでは26位に初登場。

 

さらにテイラー・スウィフトはこの曲で70曲目のHOT100エントリーを果たしました。女性アーティストではアレサ・フランクリンの73曲に次いでニッキー・ミナージュと並んで歴代2位タイ。オール・アーティストでは歴代12位タイなんですが、それでは歴代11位の71曲のエントリーを記録しているアーティストは誰でしょう。テイラー・スウィフトもニッキー・ミナージュもあと1曲でこのアーティストに並びます。答はザ・ビートルズ。

 

jcdvb002620002

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/jcdvb002620002

続いて第7位に初登場したのがアルバム『4 Your Eyez Only』が今週初登場1位を記録したJ.コールの「Deja Vu」です。初のTOP10ヒットとなりました。それにしてもヒップホップ・アーティストのストリーミング攻撃はすさまじいですね。ドレイク、ザ・ウィークエンド、そしてJ.コール。アルバム収録曲10曲すべて1000万以上のストリーミングを記録してHOT100に10曲すべて初登場しました。さらにYouTubeにアップされているアルバム未収録曲も2曲HOT100に入っていて、今週J.コールは12曲同時にHOT100にエントリーしています。

 
ところで、「Deja Vu」というタイトルの曲、これでTOP10に3回目の登場です。カバーでも同名異曲でもいいので同じタイトルがTOP10に最も登場したのは「Without You」の5回でした。以下のアーティストがヒットさせました。カッコ内は最高位を付けた年と最高位です。

 

「Deja Vu」:
* Deja Vu / J. Cole (16/7)
* Deja Vu / Beyonce Featuring Jay Z (06/4)
* Deja Vu (Uptown Baby) / Lord Tariq & Peter Gunz (98/9)

 

「Without You」:
* David Guetta Featuring Usher (11/4)
* Mariah Carey (94/3)
* Motley Crue (90/8)
* Nilsson (72/1)
* Johnny Tillotson (61/7)

 
ちなみにTOP10に4回登場したタイトルは次の通りです。アーティストわかりますか?
「Angel」、「Cherish」、「Forever」、「Lady」、「My Love」、「Someday」。

 

 

atl549782
http://item.rakuten.co.jp/americanpie/atl549782

今週の59位は先週の最高位53位からダウンしたブレット・エルドリッジの「Wanna Be That Song」です。アルバム『Illinois』からのサード・シングルで今週カントリー・エアプレイ・チャートで1位になりました。通算5曲目の第1位。アルバム『Illinois』はカントリー・アルバム・チャートで昨年の10/3付で初登場第1位。1年以上前のアルバムからまだ3曲目のシングルなんですね。ヒップホップのカットのスピードとは大違いです。1年で3曲。アルバムからのファースト・シングル「Lose My Mind」、セカンド・シングルの「Drunk Your Love」もカントリー・エアプレイ・チャートでそれぞれ第1位、第2位とヒットしました。ブレット・エルドリッジによりますと、この「Wanna Be That Song」が一番好きな曲で是非シングル・カットしてほしかったそうです。

 
NBC-TVの人気オーディション番組『The Voice』シーズン11が12/13に終わり、優勝者が決まりました。今回はテキサス州出身のサンダンス・ヘッドが優勝。チームはブレイク・シェルトンのチームでした。12/13のパフォーマンスで歌った「Darlin’ Don’t Go」が6万ダウンロードを記録してカントリー・ソングス・チャートで4位、HOT100では67位に初登場しました。サンダンス・ヘッドのオリジナル・ソングで彼の妻に捧げた曲とのことです。ステージでは他にエタ・ジェームスのヒットで知られる「At Last」を歌ってこちらもカントリーで11位、HOT100では89位に初登場しました。また「Treat Her Right」も歌ってカントリー・ソングス・チャートの24位に初登場しています。こちらはロイ・ヘッドの65年最高位2位の大ヒット曲。ちなみに、サンダンスさん、このロイさんの息子さんです。

 

m_richardmarx

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/a0124025101

12/20に大韓航空機内でちょっとした事件が発生しました。ベトナム・ハノイ発ソウル仁川空港行きの旅客機のビジネス・クラス内で、泥酔状態の韓国人の男が、隣に座っていた乗客に暴行を働いたり、女性客室乗務員をスタンガンで脅したり蹴ったりして暴れたそうです。それを他の乗客や乗務員がその男をロープで縛り付け取り押さえたそうなのですが、それに協力したのがベトナムでのコンサートを終えて韓国に向かっていたリチャード・マークス!ということでビルボードが発表したリチャード・マークスのオールタイムTOP10ヒットをご紹介します。

 

1. Right Here Waiting (89/1)
2. Hold On to the Nights (88/1)
3. Endless Summer Nights (88/2)
4. Satisfied (89/1)
5. Should’ve Known Better (87/3)
6. Don’t Mean Nothing (87/3)
7. Now and Forever (94/7)
8. Angelia (89/4)
9. Hazard (92/9)
10. Children of the Night (90/13)

 

 

m_gmichael25us
http://item.rakuten.co.jp/americanpie/a20080310019

★訃報です。ジョージ・マイケルが12/25、イギリス・オックスフォードシャー州の自宅のベッドに横たわったまま亡くなっているのを発見されたとのことです。事件性はないとのことですが死因は心不全と発表されました。90年代初めに母親を亡くし、その数年後に長年の恋人をエイズ関連の病気で失ったことで12年間にわたって重いうつ病に苦しんでいたそうです。また最近は以前の面影もないほど激太りしていたとも報道されています。また一方で多くの慈善活動も明らかになっているようです。85年には「Careless Whisper」が第1位、「Wake Me Up Before You Go-Go」が第3位と年間HOT100のTOP3に2曲を送り込む大ヒットを記録。さらに、88年にはアルバム『Faith』、シングル「Faith」が同時に年間第1位となるなど80年代から90年代にかけて一世を風靡したスーパースターです。53歳。なんで...。ご冥福をお祈りします。まだアメリカで大ヒットする前に「Club Tropicana」を初めてTVで見た時からけっこうファンでした。HOT100チャートでのオールタイムTOP20は以下の通りです。

 
1. Faith / George Michael (87/1)
2. Careless Whisper / Wham! Featuring George Michael (85/1)
3. One More Try / George Michael (88/1)
4. Wake Me Up Before You Go-Go / Wham! (84/1)
5. Everything She Wants / Wham! (85/1)
6. Father Figure / George Michael (88/1)
7. I Knew You Were Waiting (For Me) / Aretha Franklin & George Michael (87/1)
8. Monkey / George Michael (88/1)
9. I Want Your Sex / George Michael (87/2)
10. Praying For Time / George Michael (90/1)

 

11. I’m Your Man / Wham! (86/3)
12. Freedom / Wham! (85/3)
13. Don’t Let the Sun Go Down On Me / George Michael/Elton John (92/1)
14. A Different Corner / George Michael (86/7)
15. Kissing a Fool / George Michael (88/5)
16. Freedom / George Michael (90/8)
17. Heaven Help Me / Deon Estus with George Michael (89/5)
18. The Edge of Heaven / Wham! (86/10)
19. Fastlove / George Michael (96/8)
20. Too Funky / George Michael (92/10)

 
★このメルマガを出そうとしたところ、もう1人訃報が舞い込んできました。デビー・レイノルズです。亡くなられた娘のキャリー・フィッシャーの葬儀の相談をしていた時に倒れ、娘が亡くなった翌日の12/28に亡くなってしまったとのことです。ショックだったのでしょうね。84歳でした。ご冥福をお祈りします。

 
/////////////////////////////

 

 

12/31付。今週のビルボード・アルバム・チャートから。

 

jcdvb002620002

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/jcdvb002620002

今週の第1位は初登場で、ドレイク『Views』、ビヨンセ『Lemonade』に続いて今年3番目のファースト・ウィーク・セールスを記録したJ.コールの『4 Your Eyez Only』です。492,000EAU、実売は363,000枚でした。本名ジャーメイン・ラマー・コール。1985年1月28日西ドイツ・フランクフルト生まれ。彼が生後まだ8ヶ月の時に家族でノース・カロライナ州ファイエットヴィルへ移住しました。10代半ばからラッパーとして活動し、23歳の時にジェイZが設立したレーベル、Roc Nation の第1弾アーティストとして契約しました。2011年にデビュー・アルバムをリリースしました。デビュー・アルバム『Cole World: The Sideline Story』は発売第1週に217,000枚のセールスを記録してデビュー・アルバムながら初登場第1位。2013年のセカンド・アルバム『Born Sinner』は297,000枚のセールスで連続初登場第1位。サード・アルバム『Forest Hills Drive』はさらにセールスが上がって354,000枚で初登場第1位。そして今回実売で363,000枚で初登場第1位と、デビューからスタジオ・アルバムが4枚連続初登場第1位、しかも発売第1週のセールスがアルバムを出す度に上がっています。このような発売第1週のセールスがデビュー・アルバムからスタジオ・アルバムを出す度に上がっていく例は珍しく、3枚連続で継続中なのがアデルとブルーノ・マーズ。5枚連続で継続中なのがテイラー・スウィフトとなっています。

 
アルバムチャートは実売のセールスに加えて収録曲のダウンロードやストリーミング回数も加味してランキングされています。EAUは換算枚数をあらわしています。

 

今週のTOP10内初登場はあと1枚あります。

 

rpblb002605602

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/rpblb002605602

第6位に初登場したのが、1995年7月4日ニュー・ヨーク州シラキュース生まれの21歳、ポスト・マローンです。今年の初めにはジャスティン・ビーバーの『Purpose World Tour』でオープニング・アクトを務めました。今回の『Stoney』はデビュー・アルバムです。58,000EAUのセールスですが、実売はわずか19,000枚。それでも第6位に入ったのは1週間でのアルバム・トラックスの合計ストリーミング数が5170万ストリームスを記録したためです。これがアルバム・セールスで34,000枚に換算されて第6位での初登場となりました。

 

rca536282

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/rca536282

 

rca516432

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/rca516432

他には第2位にペンタトニックスの今年のクリスマス・アルバム『A Pentatonix Christmas』が3位から再び2位に上昇して最高位を付けています。また5位には8位からアップして一昨年のペンタトニックスのクリスマス・アルバム『That’s Christmas To Me』が入りました。こちらも最高位は第2位です。TOP5に同じアーティストのアルバムが2枚!これは今年プリンスやデヴィッド・ボウイ、2012年にはホイットニー・ヒューストンが亡くなった後の週で記録しました。亡くなった後の週で記録した例を除くと、2012年3月3日付でアデルが記録しています。この時はグラミー賞で『21』が受賞してこちらが1位、そしてその前のアルバム『19』が9位から4位にアップしてTOP5に同時に2枚入りました。

 

prel1305

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/prel1305

 

prel1541

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/prel1541

今週の13位にはガース・ブルックスの『The Ultimate Collection』が初登場です。カントリー・アルバム・チャートでは第1位に初登場しました。このアルバムって、たしか4週間前に13万枚以上も売ったのにチャートに入れなかったあのアルバムです。あれから4週間たっての初登場。どうしたのでしょう。ビルボードのエントリー・ルールのためです。このアルバムは10枚組のボックス・セットです。ビルボード・アルバム・チャートではCD1枚当たり3ドル49セント以下の価格の場合、発売から4週間はチャートインできないというルールがあります。そのためこのボックス・セットは35ドル以上の価格でしたらチャートに入ったのですが、価格は29ドル99セント。ちなみにターゲット限定発売です。一般の小売店では発売していません。発売4週間はチャートインできませんでしたが、今週は5週目にあたるためチャートに入ったということなんです。それにしても発売5週目でカントリーでは1位ですか。ボックス・セットにもかかわらず。今週は37,000枚のセールスだそうです。これまでに326,000セット売れているようです。ガース・ブルックスとしてはカントリー・アルバム・チャートで16枚目の第1位。1位獲得枚数ではマール・ハガード、ウィリー・ネルソンと並んで歴代2位タイです。1位はジョージ・ストレイトで26枚。ちなみに歴代5位になる15枚はティム・マックグロウでした。

 

それにしても今週のカントリー・アルバム・チャートは1位がこのボックス・セットで2位に奥さんトリーシャ・イヤウッドとの『Christmas Together』、8位に『Christmas Together/Gunslinger』。このアルバムはウォルマート限定で2枚のアルバムをセットで安く売っているものです。そして10位にニュー・アルバムの『Gunslinger』が入っています。TOP10に4枚同時エントリー。といってもボックス・セットにも『Gunslinger』が1枚入っていますし...。ともあれ、カントリー・アルバム・チャートTOP10に同一アーティストが4枚同時は珍しいです。しかもガース・ブルックスは史上唯一の2度目の記録。前回は1993年1月16日付でした。

 

1位 The Chase
6位 No Fences
8位 Beyond The Season
9位 Ropin’ The Wind

 

この時は被っていませんね。カントリー・アルバム・チャートのビルボード記録は同一アーティストでTOP10に5枚同時チャートインだそうです。以下のとおりです。

 

エルヴィス・プレスリー:1977年10月15日付
1位 Moody Blue
5位 Pure Gold
6位 Welcome To My World
8位 Legendary Performer, Vol. 1
10位 How Great Thou Art

 

エルヴィスはこの年の8/16に亡くなっています。もう1人はこちら。

 
グレン・キャンベル:1968年10月19日付
1位 Gentle On My Mind
2位 Bobbie Gentry & Glen Campbell
4位 By the Time I Get to Phoenix
5位 A New Place in the Sun
8位 Hey, Little One

 


あのヒット曲<1060>Soul Ⅱ Soul

2016-09-12

【季節で想い出す・・・あのヒット曲】《1060》

27年前、1989年のちょうど「今頃」、

全米ヒット・チャートで、11位に上昇していたのが、

この曲でした。

 

ロンドン発!

DJ Jazzie BとNellee Hooperによる、

ソウル・プロジェクトが放ったデビュー・ヒット。

 

女性シンガー、Caron Wheelerをフィーチャーした

このナンバーは、まず本国で最高位5位を記録。

その後、アメリカ上陸を果たし、

この週の最高位11位まで昇りました。

 

さあ!↓をクリックして「あの頃」へ

Flashback!!!

 

https://www.youtube.com/watch?v=1iQl46-zIcM

 


2016/4/16 Billboard Chart

2016-04-14

★ベビーメタル速報

★ベビーメタルだけじゃない、もう1人日本人で初登場1位!

★リアーナ、マライア・ペースで1位獲得

★ポップ・ソングス・チャートで女性6人目の記録とは

★テイラー・スウィフト、マイケル・ジャクソンしか獲ったことがない賞を受賞へ

★サイモン&ガーファンクル6位初登場。なぜ?

★11枚目のダイアモンド・シングル認定

★ゼイン、さまざまな記録とともに初登場1位

★ACMアワード受賞結果

★マーゴ・プライス、史上初の記録とは

★2015年に世界で最も売れたアルバム&シングル
4/16付。今週のビルボード・シングル・チャートから。

 

ral519320

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/ral519320

とその前に、すでにニュースでも報道されていますので、ベビーメタルの情報を。来週の4/23付でベビーメタル、アメリカではビルボード・ワールド・アルバム・チャートで初登場1位、通算3枚目のチャートインとなった『Metal Resistance』が、ポップ・チャートであるビルボード200では39位に初登場しました。日本人アーティストでは坂本九の『Sukiyaki And Other Japanese Hits』の最高位14位(63年・合計17週間チャートイン)以来のTOP40入りとなりました。UTADAもKODAもSEIKOも成し得なかった記録です。これまでワールド・アルバム・チャートではデビュー・アルバム『Babymetal』が2014年1位(ビルボード200では最高位187位)、『Live At Budokan: Red Night』が2015年3位を記録していました。

 

 

tlr38247

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/tlr38247

そして、全然今のところ報道にないのですが、日本人アーティストがもう1人、4/23付でジャンルのチャートで初登場1位しているんです。アーティスト名はHIROMI。日本人ジャズ・ピアニストの上原ひろみです。ジャズ・アルバム・チャートで『Spark: The Trio Project』(アーティスト名のクレジットは、Hiromi Featuring Anthony Jackson & Simon Phillips です。)が初登場1位に輝きました。HIROMIはジャズ・アルバム・チャートでは2013年に『Move』が2013年最高位8位、そして『Alive: The Trio Project』が2014年最高位3位でした。そしてこのアルバムが初登場1位と3枚連続3枚目のTOP10入りと人気上昇中です。なお、このアルバムはビルボード200では200位圏外でした。

 

 

defb002466302

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/defb002466302

さて、HOT100チャートです。今週4/16付の第1位はリアーナ・フィーチャリング・ドレイクの「Work」で7週連続第1位となりました。R&Bヒップホップ・ソングス・チャートでは9週目の第1位です。ストリーミング、今週も強いです。3000万は割りましたが、2880万ストリームスでストリーミング・ソングス・チャートで7週連続第1位です。ラジオ・ソングスは3位から2位へアップ。一方デジタル・セールスでは4位かラ5位へダウンしました。リアーナの1位通算獲得週数は58週。歴代2位のビートルズまであと1週。1位のマライア・キャリーまであと21週となりました。マライアが79週目の第1位を記録した時は38歳でした。リアーナは現在28歳。マライアは28歳からの10年間で5曲の1位を記録しました。この5曲で21週間の1位週数なんです。ということは、現在のリアーナ58週は、マライア28歳時と同じ週数なんですね。マライアはその当時1位は13曲でした。リアーナは14曲。初の1位はマライアは20歳。リアーナは18歳でした。ほぼ同じペースなんですね。リアーナ、1位曲数も週数も歴代1位の可能性、十分あります。

 

今週のジャスティン・ビーバー。「Love Yourself」は今週3位から5位にダウン。でもこれでTOP10内初登場以来連続20週チャートインとなり、4曲あるビルボード記録にあと1週となりました。この4曲のうち2曲がジャスティンの最新アルバム『Purpose』に収録されている「What Do You Mean?」と「Sorry」です。

 

epic531077

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/epic531077

5/20にアルバム『7/27』が発売になるガール・グループ、フィフス・ハーモニーですがタイ・ダラー・サインをフィーチャリングした「Work From Home」が12位から10位にアップ、初のTOP10ヒットとなりました。ガール・グループのTOP10入りはなんと8年もなかったんですね。プッシーキャット・ドールズの「When I Grow Up」(2008年最高位9位)以来とのことです。
先週詳しいリストを載せましたが、アデルの「Hello」が今週もアダルト・コンテンポラリー・チャートで1位となりこれで通算20週目の第1位となりました。このチャートで20週間の第1位は歴代5位タイ。最長1位は28週間でアンクル・クラッカー・フィーチャリング・ドビー・グレイの「Drift Away」(2003年)です。ちなみにこの曲のオリジナルであるドビー・グレイの「Drift Away」はACチャートでは73年最高位12位でした。アデルの「Hello」はHOT100では今週19位。アルバム『25』は初登場以来連続19週目のTOP5(今週5位)で全米では860万枚のセールスを記録しています。

 

 

iscb002400102

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/iscb002400102

17位にはセレーナ・ゴメスの「Hands To Myself」(最高位7位)が15位からダウン。でも今週ポップ・ソングス・チャートで1位になりました。アルバム『Revival』から3曲目の第1位です。このチャートで1枚のアルバムから3曲の1位は女性では6人目とのことです。以下の通りです。チャートは2008年7月5日にスタートしました。
* Alanis Morissette / Jagged Little Pill:(3曲)
“Ironic,” “You Learn,” “Head Over Feet” (1996)

 

* Avril Lavigne / Let Go:(3曲)
“Complicated,” “Sk8er Boi,” “I’m With You” (2002-03)

 

* Lady Gaga / The Fame:(4曲)
“Just Dance” (featuring Colby O’Donis), “Poker Face,” “LoveGame,” “Paparazzi” (2009)

 

* Katy Perry / Teenage Dream:(6曲)
“California Gurls” (featuring Snoop Dogg), “Teenage Dream,” “Firework,” “E.T.” (featuring Kanye West), “Last Friday Night (T.G.I.F.),” “The One That Got Away” (2010-12)

 

* Taylor Swift / 1989:(5曲)
“Shake It Off,” “Blank Space,” “Style,” “Bad Blood” (featuring Kendrick Lamar), “Wildest Dreams” (2014-15)

 

* Selena Gomez / Revival:(3曲)
“Good for You” (featuring A$AP Rocky), “Same Old Love,” “Hands to Myself” (2015-16)
ところで上のリストにもあるテイラー・スウィフトですが、第64回BMIポップ・アワードで特別表彰されることになりました。この賞はソングライターに対する賞で、このたび史上2人目となるそのアーティスト名の賞を受賞することになりました。賞の名前は『Taylor Swift Award』。なお、このようなケースで最初に受賞したのは1990年のマイケル・ジャクソンでした。また、バリー・マン&シンシア・ワイルには『BMI Icon Award』が贈られます。授賞式はカリフォルニア州ビバリー・ヒルズのビバリー・ウィルシャー・ホテルで5/10に行われます。

 

 

rprw550136

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/rprw550136

今週の51位には69位からアップしたディスターブドの「The Sound Of Silence」が入っています。HOT100登場6週目ですが、メインストリーム・ロック・チャートでは5週連続第1位、ロック・ソングス・チャートでは3位に上がってきました。もちろんサイモン&ガーファンクルの1966年第1位になった名曲のカバーです。そして今週異変が!ロック・ソングス・チャートは2009年にスタートしたのですが、こちらにサイモン&ガーファンクルのオリジナル・バージョンが6位に初登場したのです。何故?HOT100には初登場していませんが、いったいどうしたのかといいますと、YouTubeで『Batman V Superman – Sad Affleck』というのがありまして、『バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生』公開直前にバットマン役のベン・アフレックのインタビューが加工されてアップされているのですが、その表情が悲しげで、そのバックにこのサイモン&ガーファンクルの「The Sound Of Silence」が流れているのです。ストリーミングで510万回の再生で初登場6位とのことでした。

 

RIAA(アメリカ・レコード協会)がアルバムやシングルのセールスを発表しているのですが、この度11枚目の1000万枚以上セールスを記録したシングルが認定されました。フロリダ・ジョージア・ラインの「Cruise」です。「Cruise」といえば、カントリー・ソングス・チャートで2013年に24週間第1位を記録して、このチャートでの1位最長記録を更新する大ヒットとなりました。この曲が4/1に1000万枚のセールスの認定を受けました。RIAAで1000万枚のセールスはアルバムでもシングルでも『Diamond Award』として記録されます。これまでの経緯をみますと、7インチ・アナログ・シングルの時代には認定がなく、CDシングル時代にエルトン・ジョンが、ダウンロードの時代になって9枚が認定されました。さらに現在はストリーミング数も換算されてセールスに加えられての認定となっています。「Cruise」1000万枚認定の内訳は748万ダウンロード+1億5500万ストリームスとのことです。11枚のダイアモンド・シングルは以下の通りです。表記はRIAAに従っています。
1200万枚:
* Baby / Justin Bieber (Featuring Ludacris)

 

1100万枚:
* Candle In The Wind 1997/Something About The Way You Look Tonight / Elton John
* Love The Way You Lie / Eminem (Featuring Rihanna)
* Bad Romance / Lady Gaga

 

1000万枚:
* Not Afraid / Eminem
* Cruise / Florida Georgia Line
* Radioactive / Imagine Dragons
* Firework / Katy Perry
* Dark Horse / Katy Perry
* Poker Face / Lady Gaga
* Thrift Shop / Macklemore & Ryan Lewis (Featuring Wanz)

 

 

/////////////////////////////
4/16付。今週のビルボード・アルバム・チャートから。

 

 

rca531247

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/rca531247

今週の第1位は元ワン・ダイレクションのゼインのソロ・デビュー・アルバム『Mind Of Mine』です。157,000EAU、実売は112,000枚でした。UK出身で男性ソロ・アーティストのデビュー・アルバムの1位は実に1988年『Faith』が1位になったジョージ・マイケル以来ですが、初登場1位は初めてとのことです。このアルバムはUKのアルバム・チャートでも当然初登場1位で、デビュー・アルバムが英米両方で初登場1位になったUK出身ソロ・アーティストは2009年『I Dreamed A Dream』が1位になったスーザン・ボイル以来です。さらにワン・ダイレクションで4枚の1位を記録していて、グループ、ソロ両方で1位になりました。このケースは結構あります。さらにさらにアルバムからのファースト・シングル「Pillowtalk」がHOT100チャートで1位を記録しています。そのアーティスト名義でのデビュー・アルバム、デビュー・シングルがそれぞれのチャートで初登場1位を記録したのは3人目だそうです。これまで以下の2人が記録していました。

 

* Lauryn Hill: 1998年
アルバム『The Miseducation of Lauryn Hill』
シングル「Doo Wop (That Thing)」

 

* Clay Aiken: 2003年
アルバム『Measure of a Man』
シングル「This Is the Night」

 

アルバムチャートは実売のセールスに加えて収録曲のダウンロードやストリーミング回数も加味してランキングされています。EAUは換算枚数をあらわしています。

 

今週のTOP10内初登場はあと3枚です。

 

atl544343
http://item.rakuten.co.jp/americanpie/atl544343

第2位に初登場したのが、R&Bヒップ・ホップ・チャートではデビューから3枚連続第1位となったK.ミッシェルの『More Issues Than Vogue』です。ビルボード200では2013年のデビュー・アルバム『Rebellious Soul』が3位、2014年の『Anybody Wanna Buy A Heart』が6位でした。

 

第7位には1991年8月9日アトランタ出身のラッパー、ヤング・サグのずっと発売が延期されていた5枚目のミックス・テープ『Slime Season 3』が初登場しました。昨年「Lifestyle」がHOT100で16位を記録しています。デビュー・アルバムは『Hy!£UN35』というタイトルで今年の夏に発売予定とのことです。

 

sumr40155
http://item.rakuten.co.jp/americanpie/sumr40155

第9位には3枚目のTOP10入りとなったアスキング・アレキサンドリアの『The Black』が初登場しました。4枚目のスタジオ・アルバムです。そのうち3枚がTOP10入りですのでUKのみならず、アメリカでも安定した人気を獲得しています。2008年に結成されたUK出身の5人組メタルコア・バンドです。

 

 

jrad53564
http://item.rakuten.co.jp/americanpie/jrad53564

12位に初登場したのがブルース・ギタリスト、ジョー・ボナマッサの『Blues Of Desperation』です。1995年9月2日にスタートしたビルボード・ブルース・アルバム・チャートでは16枚目の第1位となりました。16枚の1位は2位のBBキング、スティーヴィー・レイ・ヴォーンの9枚を大きく引き離して歴代1位です。27枚のアルバムすべてがこのチャートでTOP10に入っているというアメリカでは大人気アーティストなんです。

 

mernb001940502

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/mernb001940502

ここでカントリーの話題を2つほど。
まず、4/5にラス・ヴェガス・MGM・グランド・ガーデン・アリーナで授賞式が行われた第51回ACMアワード(Academy Of Country Music Awards)の結果をご紹介します。司会はダークス・ベントリーとルーク・ブライアン。昨年のCMAアワード受賞してからポップでも人気が出てきたクリス・ステイプルトンがこちらでも最多の4部門で受賞しました。
Entertainer of the Year; Jason Aldean

 

Male Vocalist of the Year: Chris Stapleton
Female Vocalist of the Year: Miranda Lambert
Vocal Duo of the Year: Florida Georgia Line
Vocal Group of the Year: Little Big Town

 

New Male Vocalist of the Year: Chris Stapleton
New Female Vocalist of the Year: Kelsea Ballerini
New Vocal Duo or Group of the Year: Old Dominion

 

Album of the Year: Traveller / Chris Stapleton
Song of the Year: Nobody to Blame / Chris Stapleton
Single Record of the Year: Die a Happy Man / Thomas Rhett

 

Video of the Year: Mr. Misunderstood / Eric Church
Vocal Event of the Year: Smokin’ and Drinkin’ / Miranda Lambert featuring Little Big Town

 

tdmr70226

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/tdmr70226

もうひとつは、カントリー・アルバム・チャートで10位に初登場したマーゴ・プライスの『Midwest Farmer’s Daughter』です。4000枚のセールスでビルボード200では189位に初登場しました。何でこのアルバムを話題にしたかといいますと、このアルバムは彼女のデビュー・アルバムなんですが、女性ソロ・アーティストのデビュー・アルバムが、カントリー・シングル・チャートにまだ登場していなくて、カントリー・アルバム・チャートでTOP10内に初登場したのがこのチャート54年の歴史でなんと初めてなんだそうです。惜しい記録としては、先週お伝えしたケイン・ブラウンの高校の1年後輩で、アメリカン・アイドルシーズン10の準優勝者であるローレン・アライナのデビュー・アルバム『Lauren Alaina』が、カントリー・アルバム・チャートで2011年6月11日付で9位に初登場したのですが、同じ週にカントリー・ソングス・チャートで「Like My Mother Does」が49位にランクインしていました。
マーゴ・プライスは1983年4月14日生まれ。イリノイ州バッファロー・プレイリー生まれでテネシー州ナッシュヴィル育ちの今年33歳です。伯父がジョージ・ジョーンズやコンウェイ・トゥイッティ、チャーリー・プライド、リーバ・マッキンタイアなどに曲を提供しているソングライターのボビー・フィッシャーでその影響もあっていろいろな仕事をしながらカントリー・バンドで歌ってきました。今回、遅咲きですがメジャー・デビューすることができ、彼女は夢の階段を登り始めています。

 

 

最後に、IFPI(国際レコード産業連盟)が2015年の全世界で売れたアルバム、シングルのベスト10を発表していたのでご紹介します。
Digital Singles:
1. See You Again / Wiz Khalifa Feat. Charlie Puth
2. Uptown Funk / Mark Ronson Feat. Bruno Mars
3. Thinking Out Loud / Ed Sheeran
4. Sugar / Maroon 5
5. Lean On / Major Lazer Feat. MO and DJ Snake
6. Love Me Like You Do / Ellie Goulding
7. Hello / Adele
8. Blank Space / Taylor Swift
9. Cheerleader / OMI
10. Want To Want Me / Jason Derulo

 

Global Albums:
1. 25 / Adele
2. x / Ed Sheeran
3. 1989 / Taylor Swift
4. Purpose / Justin Bieber
5. In The Lonely Hour / Sam Smith
6. Made In the A.M. / One Direction
7. Fifty Shades of Grey / Soundtrack
8. A Head Full of Dreams / Coldplay
9. Title / Meghan Trainor
10. Beauty Behind The Madness / The Weeknd

 


新旧お宝アルバム!#38「Infinite Arms」Band Of Horses (2010)

2016-04-11

2016.4.11

新旧お宝アルバム #38

Infinite ArmsBand Of Horses (Columbia, 2010)

とうとう桜もこの週末で終わってしまったようで、これからは春本番の素晴らしい季節。ボブ・ディラン、エリック・クラプトン等々海外アーティスト達のライヴも目白押しで、暖かい気候の中、音楽ライフをエンジョイされている方も多いと思います。

今週の「新旧お宝アルバム!」は「新」のアルバム紹介ということですが、6年前にリリースされたのでちょっと時間は経ってしまっているのですが、今の季節にぴったりの春らしい暖かさと詩情あふれる優れた楽曲を満載したアルバムを次々にリリース、21世紀のオルタナ・カントリー・ロック・シーンの重要な一角を占めているサウス・キャロライナをベースに活動する5人組、バンド・オブ・ホーセズが2010年にリリースした名盤『Infinite Arms』を取り上げます。

Infinite Arms (Front)

そもそもいわゆるオルタナ・カントリー・ロックといわれるジャンルがメインストリームにも認知されるようになったのは、1980年代後半アルバム『Guitar Town』(1986)でカントリー・ベースの楽曲を新たなロックへのアプローチとして提唱したスティーヴ・アールや、伝統的なカントリーの手法とハードコア・パンクのアプローチをミックスしたスタイルで新しいロック・スタイルを築いたイリノイ州出身のアンクル・テュペロらが活動しだした頃。1994年にそのアンクル・テュペロが解散、その元メンバーが結成したのが今でも活動を続けており今年のフジロック・フェスティヴァルにもやってくる今や大御所オルタナ・カントリー・ロック・グループのウィルコサン・ヴォルトでした。そのアンクル・テュペロの解散から10年後、シアトルで結成されたのがこのバンド・オブ・ホーセズ。彼らはある意味第2世代のオルタナ・カントリー・ロック・バンド、ということができます。

そのスタイルは、スティーヴ・アールがあくまでストイックなハードコア・カントリーを軸にロック的アプローチを展開していたり、ウィルコがよりパンク的なアプローチや、ノイズ系のサウンドなど実験的なアプローチで先進的な作品を発表したり(アルバム『Yankee Hotel Foxtrot』(2002)はそのアプローチでの傑作)しているのに比べて極めてオーソドックスで、ある意味70年代のイーグルスポコといったメインストリームのカントリー・ロック・バンドの意匠を明確に受け継いでいるのが特徴であり、彼らの魅力だということができるでしょう。

しかし彼らのサウンドはただ耳に気持ちよいカントリー・ロックだけではなく、90年代を通過したことが明らかな、エッジの立ったギターサウンドなども配した楽曲構成が特徴的です。あの90年代のグランジ・ブームを生み出したシアトルのレコード・レーベル、サブ・ポップからデビューしたということも彼らのこうしたサウンドを形作っている要素なのでしょう。

Band Of Horses

このアルバムのオープニングを飾るのはほとんどシアトリカルともいえるドラムロールと昔のザ・バンドあたりを思わせるノスタルジックなイントロで始まる「Factory」。この曲のドリーミーで優しい歌声とメロディは彼らの最大の魅力である楽曲の素晴らしさを最大限に発揮しています。続く「Compliments」はメロディは60年代のバーズ、ホリーズあたりを思わせるノスタルジアを漂わせながら、サウンドはよりギターのエッジを効かせたもう一つのBOHの魅力を湛えたもの。当時ロック・チャートでちょっとしたヒットになった「Laredo」も同じ路線の楽曲です。

続く「Blue Beard」「On My Way Back Home」といった楽曲も同じようにちょっとロック的なエッジが立ったアレンジですが、メロディ的にはバーズ的な肌合いの作りで聴く者の胸を弾ませてくれます。

アルバムタイトル曲の「Infinite Arms」は、後半の「Evening Kitchen」「For Annabelle」と併せて、このアルバムで最もメインストリームのカントリー・ロック、もっと言ってしまうと、以前このコラムでもファースト・アルバム『Pickin’ Up The Pieces』(1969)をご紹介したポコの影響をとても強く感じさせる、美しくも詩情的な楽曲で、ある意味このアルバムのハイライトでもあります。ここでのボーカルのベン・ブリッドウェルの歌は間違いなくポコラスティ・ヤングのあの甘くも郷愁を感じさせるボーカルをそのまま再現していて、ポコのファンにはたまらない楽曲群だと思います。もう一つ「Older」はさらにニッティ・グリッティ・ダート・バンドフライング・ブリトー・ブラザーズといった大御所の70年代カントリー・ロックの意匠を忠実に再現した曲であり、これももう一つのこのアルバムのハイライトといえます。

Inifinite Arms (Back)

このアルバムの魅力はつまるところ、60~70年代のバーズポコ、ニッティ・グリッティ・ダート・バンドなどのメインストリームのカントリー・ロックを彷彿とさせる楽曲と、90年代の新しいロックを経由してベースに蓄えられたギター・ロックをメインとしたエッジの立った楽曲が見事マリアージュされ、21世紀の今の時代に聴いても納得して楽しめるところなのです。

とにかくノスタルジックなドラムロールで始まる「Factory」から大作映画の最後のエンドロールを思わせるような、広大な荒野を映像として想起させるような楽曲「Neighbor」で終わるまで、このアルバムは捨て曲一切なし。それを確認するかのように、このアルバムはその年のグラミー賞の最優秀オルタナティヴ・アルバム部門にもノミネートされています(受賞はブラック・キーズの『Brothers』)。

彼らは今年まもなく久々の新譜発表を予定しているということですが、過去このアルバムリリース直後の2010年サマーソニックを含めて2回の来日を果たしていながらまだまだ日本のメディアではその名前が上ることが少ないバンド・オブ・ホーセズ。それにしてはこのバンドの奏でる音楽は極めて上質のものであり、今のオルタナ・カントリー・ロックの最もメインストリームに近いこのアルバムの素晴らしい楽曲たちを、日々暖かさを増す今の季節に楽しんで頂きたいと思います。

<チャートデータ>

ビルボード誌全米アルバム・チャート 最高位 7位(2010.6.5付)

同全米ロック・アルバム・チャート 最高位2位(2010.6.5付)


2016/4/9 Billboard Chart

2016-04-08

★リアーナ、史上2曲目の快挙!さらにビートルズまであと2週!

★今週のジャスティン・ビーバー

★アデル、セリーヌ・ディオンに並ぶ

★女性アーティストでソロ、グループでアルバム1位は5人目

★友達はアメリカン・アイドル準優勝、ケイン・ブラウン、デビュー

★アルバム・チャートでの『バットマンVSスーパーマン』

★訃報:パティ・デューク、マール・ハガード
4/9付。今週のビルボード・シングル・チャートから。

 

defb002466302

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/defb002466302

第1位はリアーナ・フィーチャリング・ドレイクの「Work」で6週連続第1位となりました。R&Bヒップホップ・ソングス・チャートでは8週目の第1位です。ストリーミングが強くて、3000万ストリームスを5週連続で記録してこちらのチャートでも6週連続第1位です。3000万以上を5週記録した曲というのはこれまでアデルの「Hello」しかありませんでしたので史上2曲目なんです。(ストリーミング・チャートは2013年1月からスタートしています。)デジタル・セールスは4位、ラジオ・ソングスは3位と先週と変わっておりませんでした。
これでリアーナはHOT100では14曲で通算57週目の第1位となり、歴代2位のビートルズ(1位20枚)まであと2週と迫ってきました。歴代1位は18曲で79週間1位を記録したマライア・キャリーです。ちなみに、4位は5曲で50週の1位を記録したボーイズ・トゥ・メン、5位は9曲で47週のアッシャーとなっています。なお、HOT100では通算22週間の第1位を記録しているエルヴィス・プレスリーですが、TOP100を含めると合計62週(14曲)1位を記録しています。

 

 

wb553552

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/wb553552

第2位にはルーカス・グラハムの「7 Years」が3位からアップ。UKをはじめヨーロッパ各国に続いていよいよアメリカでも1位が見えてきました。デジタル・セールスでは1位から2位ですがストリーミングで3位から2位にアップ。ラジオ・ソングスは15位から13位にアップです。

 

epic531199

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/epic531199

6位には2週間前に11位に初登場、先週12位にダウンしていたメーガン・トレイナーの新曲「No」がジャンプアップしました。通算4曲目のTOP10ヒットです。オフィシャル・ビデオが3/24にリリースされてストリーミングで21位に初登場。それに伴い、デジタル・セールスが5位から今週1位になりました。ラジオ・ソングスは14位から12位へアップしています。セカンド・アルバム『Thank You』は5/13リリースです。

 

fuel549636

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/fuel549636

トゥエンティ・ワン・パイロッツの「Stressed Out」ですが最高位2位を付けた後もTOP5にとどまり、今週は5位にランクされています。これでTOP5は12週目。ロック・ソングス・チャートでは1/9から14週連続で第1位です。オルタナティヴ・ソングス・チャートでは昨年の11/21から今年の2/6まで12週連続で第1位を記録しました。そして今週のオルタナティヴ・ソングス・チャートでは次のシングル「Ride」が早くも1位になっています。HOT100では「Ride」は先週と変わらず96位となっています。

 

defb002404302

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/defb002404302

今週のジャスティン・ビーバー。先週「Sorry」がビルボード記録に並ぶ初登場以来21週連続TOP10となりましたが、今週は...先週の8位から11位へダウン。またしても21週目でストップとなりました。初登場から21週連続TOP10はこれで4曲目です。こちらがその4曲です。

 

Sorry / Justin Bieber (2016)
What Do You Mean? / Justin Bieber (2015-16)
Sugar / Maroon 5 (2015)
Starships / Nicki Minaj (2012).
でもこの曲があります。No.1を記録した後、先週通算7週目の2位だった「Love Yourself」。今週は通算5週目の3位にいます。初登場以来TOP10にずっといるのですが、これで19週連続TOP10入り。あと2週、いやあと3週。この曲が初登場以来連続TOP10週数記録を塗り替えるでしょう。

 

この曲は2016年年間何位に入るのでしょうか。今年の年間チャート集計開始時には4週目の1位でした。アデルの「Hello」。今週は19位にダウンしていますが、アダルト・コンテンポラリー・チャート(ACチャート)では11/28に初めて1位になって以来合計19週目の第1位なんです。1/2付でシールのクリスマス・ソング「This Christmas」に1週だけ1位を明け渡したので連続ではないのですが、アデルはこのチャートで2曲目の19週間1位を記録しました。最初の19週1位は2011年に記録した「Rolling In The Deep」です。19週以上1位を2曲持っているのはアデルともう1人だけ。それは1996年に「Because You Loved Me」が19週、2002年に「A New Day Has Come」が22週1位を記録したセリーヌ・ディオンです。セリーヌ・ディオンはACチャートでは11曲で通算87週間の1位を記録していて87週は女性アーティストで歴代1位です。ちなみにアデルは4曲で54週の1位となっていて女性アーティスト歴代4位。ACチャートの1位週数記録を調べてみました。以下の通りです。
1位 28週 Drift Away / Uncle Kracker Featuring Dobie Gray (2003-04)
2位 22週 Hey, Soul Sister / Train (2010-11)
3位 21週 Breakaway / Kelly Clarkson (2005)
3位 21週 A New Day Has Come / Celine Dion (2002)
5位 20週 Just The Way You Are / Bruno Mars (2011)
6位 19週 Hello / Adele (2015-16 継続中)
6位 19週 Thinking Out Loud / Ed Sheeran (2015)
6位 19週 Somebody That I Used To Know / Gotye Featuring Kimbra (2012-13)
6位 19週 Rolling In The Deep / Adele (2011)
6位 19週 Bubbly / Colbie Caillat (2008)
6位 19週 Bad Day / Daniel Powter (2006)
/////////////////////////////
4/9付。今週のビルボード・アルバム・チャートから。

 

iscb002239702

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/iscb002239702

今週の第1位はグウェン・ステファニーの『This Is What The Truth Feels Like』です。84,000EAUで実売は76,000枚のセールスでした。ソロとしては2004年にリリースした『Love.Angel.Music.Baby.』が翌05年に最高位5位、2006年の『The Sweet Escape』が最高位3位でそれ以来のソロ・アルバムで初の1位を獲得しました。もちろんソロ・デビュー前はノー・ダウトのリード・ヴォーカルとして大活躍。『Tragic Kingdom』は96-97年に9週間第1位となり97年年間第2位となりました。シングル盤が発売されなかった「Don’t Speak」はエアプレイ・チャートで16週間第1位となって、97年のエアプレイ年間第1位。シングルが発売されなくてもエントリーが可能となるHOT100チャートのエントリー・ルール改正のきっかけとなる大ヒットでした。

 

グウェン・ステファニーはグループとソロで両方のNo.1アルバムを記録したわけですが、女性アーティストでは5人目です。

 

ジャニス・ジョプリン/ビッグ・ブラザー&ザ・ホールディング・カンパニー
スティーヴィー・ニックス/フリートウッド・マック
ローリン・ヒル/フージーズ
ビヨンセ/デスティニーズ・チャイルド
グウェン・ステファニー/ノー・ダウト
アルバムチャートは実売のセールスに加えて収録曲のダウンロードやストリーミング回数も加味してランキングされています。EAUは換算枚数をあらわしています。

 

今週のTOP10内初登場はあと3枚です。

 

rpblb002465502

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/rpblb002465502

第2位に初登場したのが、『The Voice』最新シーズンで優勝したジョーダン・スミスのデビュー・アルバム『Something Beautiful』です。『The Voice』出身アーティストではアルバム・チャートで最高順位となりました。ジョーダン・スミスはテネシー州クリーヴランドにあるリー大学の学生で22歳。『The Voice Season 9』からの「Great Is Thy Faithfullness」、「Hallelujah」、「Mary Did You Know」が3曲連続でクリスチャン・ソングス・チャートの1位を独占しました。

 

virb002465602

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/virb002465602

第8位には『The Passion: New Orleans, Music From The Television Event』が初登場。FOX-TVのライブ・スペシャル番組のサウンドトラックです。ヨランダ・アダムス、トリーシャ・イヤウッド、プリンス・ロイス、クリス・ドートリー、ジェンカルロス、シールなどが参加しています。
第9位にはカントリー・シンガー、ケイン・ブラウンの『Chapter I (EP)』が初登場です。1993年10月21日ジョージア州生まれの22歳です。同じ高校の友達のローレン・アライナが『アメリカン・アイドル シーズン10』(2011年)で準優勝すると自分もとオーディションに参加します。2013年の『Xファクター』のオーディションにも参加しましたが、途中でソロではなくボーイ・バンドを勧められたため、こちらからのデビューはあきらめました。その後自らのパフォーマンスをフェイスブックに上げてこちらで人気となりRCAナッシュヴィルとの契約までたどり着きました。「Used To Love You Sober」がカントリー・ソングス・チャートで最高位15位。この曲に加えて今週3曲がカントリー・ソングス・チャートに初登場しています。

 

nlin39747

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/nlin39747

25位にサウンドトラック『Batman v Superman: Dawn of Justice』が初登場。ビルボードでは過去の『Batman』と『Superman』のアルバム・チャートでの順位を特集していましたのでご紹介します。
Batman (1966年最高位112位)
Superman (79/44)
Superman II (81/133)
Superman III (83/163)
Batman (Prince Soundtrack) (89/1)
Batman (Score Soundtrack, Danny Elfman) (89/30)
Batman Returns (92/61)
Batman Forever (95/5)
Batman & Robin (97/5)
Batman Begins (05/155)
Superman Returns (06/110)
The Dark Knight (08/20)
The Dark Knight Rises (12/8)
Man of Steel (13/9)
Batman v Superman: Dawn of Justice (16/25)

 

rlgm400122

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/rlgm400122

訃報です。パティ・デュークが3/29アイダホ州コー・ダーリンの病院で敗血症のため亡くなりました。69歳でした。パティ・デュークは1946年12月14日ニュー・ヨーク生まれ。1959年にブロードウェーの舞台『奇跡の人』でヘレン・ケラーの少女時代を演じ、さらに1962年に同名の映画で同じ役を演じてアカデミー賞で助演女優賞を受賞しました。アメリカのTVではその時代の人気アーティストをフィーチャリングした番組が放映されていますが、当時大人気のパティ・デュークも『パティ・デューク・ショー』が63年から66年まで104回放送されました。この番組でエミー賞、ゴールデン・グローブ賞にノミネートされています。エミー賞は生涯8度ノミネートされ3度受賞しました。1969年の映画『ナタリーの朝』ではゴールデン・グローブ賞主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)を受賞しています。歌手としても「Don’t Just Stand There」が65年最高位8位のヒットとなるなど4曲がHOT100に入りました。ご冥福をお祈りします。

 

gh_merle40

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/a0122031104

cap2016102

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/a0122031104

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/a0122031104

 


新旧お宝アルバム!#37「Got No Shadow」Mary Lou Lord (1998)

2016-04-04

2016.4.4

新旧お宝アルバム #37

Got No ShadowMary Lou Lord (Work, 1998)

先週からこの週末にかけては各地で桜が満開、天気は万全とはいえませんでしたが、あちこちでお花見で盛り上がった方も多いことでしょう。自分も先ほど近くの公園に足を運んで、見事な桜並木の下でプチお花見としゃれ込んで来ました。この季節になると「ああ日本人で良かったな!」と思ってしみじみしてしまいますね。

さて今週の「新旧お宝アルバム!」は「旧」のアルバムですが、今回はそんなに昔ではないのですが、そのジャンルでは既にクラシックとして語り継がれているアルバム。90年代のインディー・ロック・シーンに登場して存在感のあるシンガーソングライターとして一部に高い人気を呼んだメアリー・ルー・ロードのファースト・フル・アルバムである『Got No Shadow』をご紹介します。

Got No Shadow (Front)

メアリー・ルー・ロードはボストン郊外出身で、早くからボストンの地下鉄の構内で、このアルバムのジャケにも見られるようにアコギをミニ・アンプにつないでひたすらバスキング(路上での演奏)していた、いわば地道な演奏活動でたたき上げてきたシンガーソングライター。

90年代にはニルヴァーナがブレイクする前の故カート・コベインの彼女だったなんていう評判ばかりが先行したこともありましたが、バスキングで鍛えた演奏能力と、彼女が書くストレートなメッセージの歌詞とパワーポップ的な魅力と甘酸っぱいメロディアスさを備えた楽曲が何といっても彼女の最大の魅力。

1993年にシングル「Some Jingle Jangle Morning」(このアルバムに収録)でデビュー以来、もっぱらシングルやEPのみのリリースで着実にファンを獲得していったメアリーが、それまでのシングルや楽曲をまとめて、ソニーの子会社のWorkレーベルからリリースしたのがこのアルバム。

音楽アーティストのファースト・アルバムは往々にしてそのアーティストのベスト・ワークとなることが多いといいますが、それはその作品をリリースするまでに収録の作品が十分にこなれて、熟成して、しかもアーティストが表現したいことが一番凝縮された楽曲で構成されることが多いから。

彼女のこのデビュー作『Got No Shadow』もそういう楽曲満載です。折から90年代はロック・ルネッサンス期であり、80年代にエレクトロやシンセサイザー、MTVなどのヴィジュアル要素で思いっきり商業化に走ったロック・シーンが、60~70年代の音楽スタイルをもう一度踏まえて、各アーティストなりの新しい表現方法を模索したことにより、シーンが大いに豊潤な状況になった時期だと思います。メアリーは正にトラディショナルなアコースティックなシンガーソングライターや、パワー・ポップといったスタイルを昇華した素晴らしい作品をここで聴かせてくれています。

冒頭の「His Lamest Flame」(あいつの今の全然イケてない彼女)という曲なんか、タイトルからして大いにニヤリとする曲。この曲のタイトルはエルヴィス・プレスリーの1961年の大ヒット曲「Marie’s The Name (His Latest Flame)」(あいつの今の彼女の名前はマリー)に明らかにひっかけながら(歌詞の中で「あたしの名前はマリーじゃないし」という箇所あり)、曲はあくまでポップでストレートなアコースティック・ナンバー。

同じくアコースティックでポップな「Western Union Desperate」に続き、イントロからエレクトリック・ギターのストロークで始まる爽快なパワー・ポップ・ナンバー「Lights Are Changing」。この曲はこのアルバムリリース直前にEPでリリースされた曲で、昨年日本のTV番組「テラス・ハウス」にもフィーチャーされ、昨年10月の彼女の初来日のきっかけともなった、いかにも90年代風パワーポップ的な魅力満点の曲です。

続く「Seven Sisters」はぐっとカントリー・ポップ調のシャッフル・リズムのゆっくりとしたミディアム・ナンバー。ちょっとシェリル・クロウを思わせるようなボーカルとアメリカン・ハートランド・ロックをアコギでやってます的な曲調が印象的な「Throng Of Blowtown」、こちらも90年代一部に人気を博したNYのシンガーソングライター、フリーディ・ジョンソンの曲をカントリー・ロック調にアレンジして独特の雰囲気を作っている「The Lucky One」、1970年前後のCSN&Yとかのハード目なナンバーといった風情の中にポップさもちゃんと出している「She Had You」、そして彼女のデビューシングルで元気のいいファズギターのイントロと演奏の疾走感と彼女のキュートでポップな歌声のアンバランスが妙に気持ちいい「Some Jingle Jangle Morning」など、この時期のパワーポップ系のサウンドがお好きな方であればはまること間違いなしのナンバーが目白押しです。

アルバムの最後はシンプルなアコギの弾き語りによるワルツ・リズムのせつせつとした「Subway」。彼女の出自であるボストンの地下鉄でのバスキング時代のことを思いながら「あたしはボストン行きの地下鉄に乗る風来坊や金持ちも見てきた/あたしはそいつらのためのジミー・ロジャース*ザ・キュアーザ・フーになってあげるんだ/それがそいつらにとって意味があるのなら」と歌いながら、アルバムを締めくくります。

*20世紀初頭に活躍した伝説的カントリー・シンガー。

Got No Shadow (Back)

このアルバムはその楽曲のスタイルといい、アルバム全体の雰囲気といい、90年代のインディー・ロックというかインディー・フォークを代表する作品といっていい作品です。バックにはショーン・コルヴィンエリオット・スミスといった同じく90年代のインディー・フォーク・シーンを代表するアーティストも参加していますが、その一方、つい先頃来日していた元バーズロジャー・マッギンがギターで参加しているなど、彼女のデビュー作に対する当時のシーンの注目度を推し量ることができます。

そして彼女のこのアコギとエレクトリックを併用したフォーク的なアプローチによるパワー・ポップ、というアプローチはシャロン・ヴァン・エッテンコートニー・バーネットといった今の若いアーティスト達にも明らかに影響を与えていると言ったらうがち過ぎでしょうか。

昨年の「Lights Are Changing」の日本でのタイアップによるブレイクと来日をきっかけに、新作の『Backstreet Angels』(2015)を自主制作でリリースするなどまた活動を最近再開しているメアリー・ルー・ロード。その原点ともいえるこのアルバムを、散りゆく桜を愛でながらじっくりと味わってみてはいかがでしょうか。

<チャートデータ>

ビルボード誌ヒートシーカーズ・アルバムチャート(アルバムチャート100位以内のチャートイン経験のないアーティストのみのチャート) 最高位26位(1998)


新旧お宝アルバム!#21「Waitress In A Donut Shop」Maria Muldaur (1974)

2015-11-30

新旧お宝アルバム #21

Waitress In A Donut ShopMaria Muldaur (Reprise, 1974)

アメリカではサンクスギヴィング・ホリデーが終わり、街は一気にクリスマス気分。日本も同様に年末気分でそわそわしてくる季節。これから洋楽ファンは今年のベストアルバムや、今年の年間チャートや、グラミー賞候補発表などイベント続きで、忘年会の予定と共にこれまでとはまた別の意味で盛り上がる季節です。あなたの今年の洋楽総決算、どういう感じでしょうか。

さて今週の「新旧お宝アルバム!」は第21回目、「旧」のアルバムをご紹介する順番ですが、今回は70年代のアメリカンロック・ファンの間では根強い人気を持つ女性ボーカリスト、マリア・マルダーの『Waitress In A Donut Shop(ドーナッツ・ショップのウェイトレス)』を取り上げます。

MariaMuldaur_WaitressInADonutShop_Front

さて今回なぜマリア・マルダーのこのアルバムを選んだのか。既にベテランのアメリカン・ロック・ファンや評論家の諸氏の皆さんからは「お宝じゃなくて王道、名作じゃないか」とお叱りを受けそうなのですが、このコラムの趣旨としては「古いいいアルバムは新しい洋楽ファンに、新しい良いアルバムは古くからのベテラン洋楽ファンに、日頃聴かない(と思われる)時代の作品に目を向けて頂く」ということなので敢えて選んだ次第。

(理由1)このアルバムはその前作、彼女の大ヒット「真夜中のオアシス(Midnight At The Oasis)」(1974年全米最高位6位)収録の『オールド・タイム・レイディ(Maria Muldaur)』同様、ゴスペル、R&B、スイング・ジャズ、カントリー、マリアッチ、テックスメックスなど、アメリカの様々なタイプの音楽スタイルをポップ・ロック的なアレンジで聴かせてくれる、言わば「アメリカン・ソングブック」的な作りになってます。なのでとかく最近の打ち込み系やエレクトロなポップ・ソングに馴染んだ最近の洋楽ファンにはある意味新鮮に聴いてもらえるのではないか、と思ったこと。

(理由2)つい先日、そうしたアメリカン・ミュージック、特に現代アメリカ南部音楽の父と言ってもいいアラン・トゥーサンが他界。このアルバムにはその彼の作品「Brickyard Blues」がしっかり取り上げられていること。

(理由3)先日都内某所で開催されたヤング・スタッフさん主宰のイベントで、マリアの「真夜中のオアシス」を皆さんの前でかける機会があり、改めてマリア・マルダーという今のポップ音楽のコンテクストではあまり語らられることがないけど、それがとても残念なほどこの魅力的な女性シンガーを今の洋楽ファンの皆さんにも聴いてもらいたい、と思ったこと。幸いこの作品はワーナーさんの「新・名盤探検隊」シリーズの再発で今年デジタル・リマスタリングされて改めてCD屋さんの店頭に並んでいるので入手しやすくなっているということも重要な理由でした。

上記の理由にも挙げたように、冒頭スイング・ジャズの1920年代の有名曲「Squeeze Me」でノスタルジックに始まるこのアルバムは、マリアッチ風のアレンジながらウェストコーストの有名シンガーソングライター、ウェンディ・ウォルドマンのペンによる「Gringo En Mexico」や、カナダのアンナ・マッギャリグル(90年代以降活躍する個性的なシンガーソングライター、ルーファス・ウェインライトの伯母さんにあたる)作のテックスメックス風味のマンドリンの音色が印象的な「Cool River」、はたまた50~60年代のR&Bシーンを代表するソングライティング・チーム、リーバー&ストーラーの作品で、その昔1962年にペギー・リーがヒットさせたオールド・タイムな魅力満点の「I’m A Woman」など、アメリカ伝統大衆音楽に興味がある洋楽ファンにはまるでオモチャ箱のように戦前からロックンロール台頭までアメリカの大衆音楽シーンを彩ったいろんなスタイルが登場して飽きることがありません。

このアルバムタイトルの出処である「わたしはドーナッツ・ショップのウェイトレス、あの人は毎朝やってくる、でも、彼の話って、いつも彼女のことばかり」(訳詞:天辰保文氏)といういかにも1950年代以前の雰囲気の曲調と歌詞で更にノスタルジアを煽る「Sweetheart」やエラサラ・ヴォーンが若かった時代の白人女性シンガー然とした雰囲気の「Oh Papa」。

キャブ・キャロウェイとかのジャイヴ・ミュージック全盛の1930年代の雰囲気満載の軽快な「It Ain’t The Meat (It’s The Motion)」なんて聴いてるだけでウキウキしてくるメロディとリズムに、マリアのちょっと気だるい、でも色香をたっぷりと含んだ歌声が楽しく乗ってます。

そしてアラン・トゥーサンの「Brickyard Blues」。この曲は70年代あまり当時知られざるソングライターの作品を取り上げて大ヒットにすることで有名だったスリー・ドッグ・ナイトが同じ時期にポップなアレンジでシングルヒット(全米最高位33位)にしていたり、イギリスのフランキー・ミラーも同時期にソウルフルなカバー・バージョンを発表してます。

でもここでのマリアは、思いっきり作者のアラン・トゥーサンをリスペクトしたと思われる、正にニューオーリンズのどこかのライヴジョイントで演奏されているかのようなスワンプ・テイスト満点のアレンジで歌ってます。

彼女のアルバムを語る上で楽曲の構成やアレンジもさることながら、欠かせないのはバックを固めるミュージシャンたち。前作同様、ギターのエイモス・ギャレット、マンドリンのデヴィッド・グリスマン、ドラムのジム・ゴードンらの手堅い職人的なメンバーが基本ラインアップで、ダンナのジェフ・マルダーはアレンジを担当。

これに加えてドクター・ジョン(ピアノ)、デヴィッド・リンドレー(ギター)、エルヴィン・ビショップ(ギター)、ポール・バターフィールド(ハーモニカ)、ニック・デカロ(ストリング・アレンジ)など70年代アメリカン・ロックを支えてきた「いかにも」なメンバーがキラ星のように要所要所でマリアの歌を引き立てる素晴らしい演奏を聴かせてくれてます。

WaitressInADonutShop_Back

アメリカの伝統大衆音楽のスタイルをポップ・ロックのアレンジとうまーくミックスさせながら完成されたこのアルバム。伝統大衆音楽というスープの出汁が強く効いてますが、決して「古臭い」という印象はありません。

むしろその出汁とマリア・マルダーという個性的で魅力的なシンガーの歌と、70年代のアメリカン・ロック・シーンを代表するようなミュージシャンたちのコンテンポラリーなロックスタイルの演奏がよく出来た料理のようにうまーく調和して、素晴らしい味と香りを醸し出しているのです。

マリアは前作とこのアルバムが商業的に成功した後、いわゆるヒット作には恵まれていませんが、自分の軸をぶれさせることなく、グレイトフル・デッドのバックコーラスでツアーに参加したりして、今に至るまでほぼ2年に一度くらいの頻度で新しい作品を発表し続けています。

特に最近ではブルース・ミュージック・シーンでの評価が高く、2005年にはアルバム『Sweet Lovin’ Ol’ Soul』がグラミー賞のブルース部門にノミネートされたり、2013年にはブルース・シンガーに与えられる名誉な賞とされるココ・テイラー賞の女性部門にノミネートされるなど、今もアメリカ伝統大衆音楽のスタイルを軸とした活動を続けているようです。

そのマリアが最も脂の乗った活動を展開していたこの時期のパフォーマンスで満載のこのアルバムは、今のデジタルで打ち込み主体のポップ・ソングの多い最近の洋楽に親しんだ若い洋楽ファンの方々にこそ是非聴いて頂きたいのです。皆さんにとって新しいスタイルの音楽との、きっと楽しい出会いがあることをお約束します。

<チャートデータ>

ビルボード誌全米アルバム・チャート 最高位23位(1975.1.4付)

I’m A Woman

ビルボード誌全米シングル・チャート(Hot 100)最高位12位(1975. 3.1~3.8付)


2015/12/5 Billboard Chart

2015-11-28

12/5付。今週のビルボード・アルバム・チャートから。

 

defb002404302

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/defb002404302

今週から2016年のビルボード年間チャート集計対象週になります。アルバム・チャート最初の1位はジャスティン・ビーバーの『Purpose』でした。なんと自身の過去最大のセールス374,000枚(『Believe』2012年)を大きく上回る649,000EAU(実売522,000枚)のセールスを記録しました。2014年12月からセールスの単位をEAUとしてから最大のセールスになりました。これまではドレイクの『If You’re Reading This It’s Too Late』の535,000EAUでした。実売ベースでは昨年のテイラー・スウィフト『1989』の129万枚以来のビッグ・セールスでした。これでスタジオ・アルバムは5枚連続第1位、通算6枚目の第1位となりました。UKではワン・ダイレクションに負けましたがアメリカではジャスティンが勝利です。そしてシングル・チャートでは大記録も達成しました。これは後ほど。

 

アルバムチャートは実売のセールスに加えて収録曲のダウンロードやストリーミング回数も加味してランキングされています。EAUは換算枚数をあらわしています。

 

今週のTOP10内初登場はあと7枚です。

 

sny513079

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/sny515730

今週はTOP10のうち8枚が初登場。これは史上4回目の出来事とのことです。その時の1位は...

 

2009/10/17 Love Is The Answer / Barbra Streisand
2010/12/4  The Gift / Susan Boyle
2011/5/21  21 / Adele

 

第2位に初登場したのはワン・ダイレクションの『Made In The A.M.』です。459,000EAU(実売402,000枚)のセールス。これまでデビューから4枚連続初登場1位でした。上位2枚が40万枚を超えているのは久しぶりで、初登場でなければ2010年1月2日付の1位スーザン・ボイル『The Gift』661,000枚。売れてましたねえ。2位がアリシア・キーズの『The ELement Of Freedom』で417,000枚でした。初登場に限ると2007年9月29日付で1位カニエ・ウエスト『Graduation』957,000枚、2位50セント『Curtis』で601,000枚とのことです。

 

defb002412102

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/defb002412102
第3位がラッパー、ロジックの『The Incredible True Story』。1990年1月22日メイランド州ゲイザーズバーグ生まれ。昨年10月にリリースされたデビュー・アルバム『Under Pressure』は最高位4位でした。

 

 

defb002413402

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/defb002413402

第4位はこちらもラッパー、ジージーの『Church In These Streets』です。3位、4位ともにデフ・ジャム・レーベルのアーティスト。こちらは1977年10月12日アトランタ生まれ。2004年の時にパフ・ダディのレーベル Bad Boys と契約してラップ・グループ、ボーイズン・ダ・フッドのメンバーとなり、このデビュー・アルバムが最高位5位を記録して一気にその名前が知れ渡るようになりました。この時はヤング・ジージーという名前でした。2005年にデフ・ジャムと契約。ソロで出した『Let’s Get It: Thug Motivation 101』は最高位2位で190万枚以上のセールスを記録。この後も発売されたアルバムが1位、1位、3位、2位と不動の人気になりました。2014年の前作『Seen It All: The Autobiography』からジージーの表記になっています。

 

rca506963

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/rca506963

第5位がカントリー・アルバム・チャートで初登場1位のクリス・ヤング『I’m Comin’ Down』です。タイトル・ソングはカントリー・エアプレイ・チャートで2週目の第1位です。こちらでは6曲目の1位なのにアルバムは初めての1位でした。

 

 

rpblb002399302

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/rpblb002399302

第7位がトランス・シベリアン・オーケストラの『Letters From The Labyrinth』。3枚目のTOP10入りです。1996年に結成されたロック・バンドなんですが、クリスマスをテーマにしたアルバムをずっと発表しています。今回が8作目。メンバーは現在30人以上いるようです。これはツアー・メンバーでしょうね。ロック・アルバム・チャート初登場1位です。

 

defb002407102

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/defb002407102

第9位に初登場したのはアレシア・カラのデビュー・アルバム『Know-It-All』です。1996年7月11日カナダ・オンタリオ州ブランプトン生まれの19歳。YouTubeで人気を得てデビューしました。ファースト・シングル「Here」が今週HOT100でTOP10(第10位)に入りました。

 

rca513940

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/rca513940

第10位はカーク・フランクリンの『Losing My Religion』です。1970年1月26日テキサス州フォートワース生まれ。ゴスペル・アルバム・チャートでは過去に10枚のNo.1を記録しています。コンテンポラリー・ゴスペルのカリスマとして日本でも人気を博しています。

 

 

snyl514511

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/snyl514511

下の方ではジェフ・リンズ・ELOの『Alone In The Universe』が23位に初登場しました。2001年『Zoom』以来の新作です。過去のエレクトリック・ライト・オーケストラ同様、ジェフ・リンがプロデューサー、ソングライター、アレンジャー、リード・シンガー、ギタリストを務めています。昨年ロンドンのハイドパークでのコンサートに30年ぶりに出演し、今年のグラミー賞では「Evil Woman」の演奏からエド・シーランと「Mr. Blue Sky」をパフォーマンスしていました。

 

sny513906

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/sny513906

今週のラテン・アルバム・チャート初登場1位はイル・ディーヴォの『Amor & Pasion』です。ビルボード200では135位に初登場しました。スパニッシュ・バージョンのアルバムでグロリア・エステファンの「Don’t Wanna Lose You」やフリオ・イグレシアスなどのカバーを歌っています。クラシック・アルバム・チャートでは5位に初登場。こちらのチャートでは10枚目のTOP10アルバムになりました。

 

sny517595

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/sny517595

さて、アデル『25』ですが、金曜日(11/20)から月曜日までで243万3000枚売れたそうです。この時点で過去最高のファースト・ウィーク・セールスだったイン・シンクの『No Strings Attached』(2000年4月8日初登場第1位)の241万6000枚を抜いてしまいました。さらに今年の最高セールスのテイラー・スウィフト『1989』の176万枚も抜いて第1位です。空気が一変しましたね。1週間のセールス予測は300万枚かとも言われています。iTunesは初日に90万ダウンロードがあったそうです。UKでも3日間で538,000枚のセールスを記録。UKアルバム・チャートのファースト・ウィーク・セールスの記録はオアシスが1997年に記録した『Be Here Now』の696,000枚。2位がテイク・ザットの『Progress』(2010年)の519,000枚なのでこれは抜きました。オアシスの記録も抜くだろうといわれています。凄すぎますね。

 

アデル『25』が200万枚を突破したということで、週間セールスTOP20をご紹介します。100万枚を超えたのが全部で20枚とのことです。カッコ内はビルボード・チャート日ではなく、1週間のセールス集計最終日です。サウンドスキャン集計によるデータですので1991年以降が対象です。

1. 243万枚以上 Adele / 25 (2015/11/26現在)
2. 2,416,000 NSYNC / No Strings Attached (2000/3/26)
3. 1,880,000 NSYNC / Celebrity (2001/7/29)
4. 1,760,000 Eminem / The Marshall Mathers LP (2000/5/28)
5. 1,591,000 Backstreet Boys / Black & Blue (2000/11/26)
6. 1,322,000 Eminem / The Eminem Show (2002/6/2)
7. 1,319,000 Britney Spears / Oops!…I Did It Again (2000/5/21)
8. 1,287,000 Taylor Swift / 1989
9. 1,259,000 The Beatles / 1 (2000/12/24)
10. 1,208,000 Taylor Swift / Red (2012/10/28)
11. 1,141,000 50 Cent / The Massacre (2005/3/6)
12. 1,134,000 Backstreet Boys / Millennium (1999/5/23)
13. 1,108,000 Lady Gaga / Born This Way (2011/5/29)
14. 1,096,000 Usher / Confessions (2004/3/28)
15. 1,085,000 Garth Brooks / Double Live (1998/11/22)
16. 1,061,000 Whitney Houston/Soundtrack / The Bodyguard (1993/1/3)
17. 1,055,000 Limp Bizkit / Chocolate Starfish and the Hot Dog Flavored Water (2000/10/22)
18. 1,047,000 Taylor Swift / Speak Now (2010/10/31)
19. 1,022,000 Norah Jones / Feels Like Home (2004/2/15)
20. 1,006,000 Lil Wayne / Tha Carter III (2008/6/15)

 

アデルにすべてがかすんでしまいそうですが、ここで11/22ロス・アンゼルス・マイクロソフト・シアターで授賞式が行われた第43回アメリカン・ミュージック・アワードの結果をご紹介します。司会はジェニファー・ロペスでした。最多受賞は3部門で受賞したテイラー・スウィフトです。

 

ARTIST OF THE YEAR: One Direction
NEW ARTIST OF THE YEAR PRESENTED BY KOHL’S: Sam Hunt

 

SONG OF THE YEAR: Taylor Swift / Blank Space
COLLABORATION OF THE YEAR UN-LEASHED BY T-MOBILE: Skrillex & Diplo Featuring Justin Bieber / Where Are U Now

 

FAVORITE MALE ARTIST – POP/ROCK: Ed Sheeran
FAVORITE FEMALE ARTIST – POP/ROCK: Ariana Grande
FAVORITE DUO OR GROUP – POP/ROCK: One Direction
FAVORITE ALBUM – POP/ROCK: Taylor Swift / 1989

 

FAVORITE MALE ARTIST – COUNTRY: Luke Bryan
FAVORITE FEMALE ARTIST – COUNTRY: Carrie Underwood
FAVORITE DUO or GROUP – COUNTRY: Florida Georgia Line
FAVORITE ALBUM – COUNTRY: Florida Georgia Line / Anything Goes

 

FAVORITE ARTIST – RAP/HIP-HOP: Nicki Minaj
FAVORITE ALBUM – RAP/HIP-HOP: Nicki Minaj / The Pinkprint

 

FAVORITE MALE ARTIST – SOUL/R&B: The Weeknd
FAVORITE FEMALE ARTIST – SOUL/R&B: Rihanna
FAVORITE ALBUM – SOUL/R&B: The Weeknd / Beauty Behind the Madness

 

FAVORITE ARTIST – ALTERNATIVE ROCK: Fall Out Boy
FAVORITE ARTIST – ADULT CONTEMPORARY: Taylor Swift
FAVORITE ARTIST – LATIN: Enrique Iglesias
FAVORITE ARTIST – CONTEMPORARY INSPIRATIONAL: Casting Crowns
FAVORITE ARTIST – ELECTRONIC DANCE MUSIC (EDM): Calvin Harris

TOP SOUNDTRACK: Pitch Perfect 2

 

 

/////////////////////////

 

 

12/5付。今週のビルボード・シングル・チャートから。

 

sny517595

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/sny517595

今週の第1位はアデルの「Hello」、4週連続第1位です。327,000ダウンロード、3470万ストリームスでデジタル・ソングス・チャート、ストリーミング・ソングス・チャートも4週連続第1位。ダウンロードは4週間で今年8番目のセールスとなる255万5000DLに達し、ストリーミングは4週連続で3000万を超えました。ストリーミングで4週連続3000万以上はあのバウアーの「Harlem Shake」(2013年)以来2曲目です。バウアーの場合は、オフィシャル・ビデオではなく、多くのファンが「Harlem Shake」を使って作ったたくさんの踊りまくりの30秒ビデオの合計ですのでアデルとはちょっと違います。ラジオ・ソングス・チャートも2週連続で第1位に輝きました。今週も3冠達成。今週はポップ・ソングス・チャート、アダルト・ポップ・ソングス・チャートでも1位になりました。

 

ところで、11/20にイギリスBBCで1時間の特番がありました。『Adele At The BBC』。この番組はアデルのモノマネ・コンテストなんですが、実はコンテストに参加した人の中にアデル本人が混ざっていたのです。ジェニーという名で鼻と顎に特殊メイクをして参加していました。自分の番になるまで周りの人と「緊張する、どうしよう」などと話をしていたそうですが、周りの人たちは全く気付かず。でも歌いだすとコンテストに参加した人たちはどんどん表情が変わり、泣き出す人も現れたりして。ちょっとしたパニック状態です。ドッキリは大成功だったようで。YouTubeで見られます。

 

defb002404302

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/defb002404302

さて、今週のHOT100第2位ですが、ジャスティン・ビーバーの「Sorry」が11/14の初登場以来2位に戻ってきました。また、4位には「Love Yourself」が初登場、5位には6位から「What Do You Mean?」が6位から再上昇と11/20付のUKシングル・チャートと同様、TOP5に3曲が入りました。同一アーティストのTOP5=3曲以上はビートルズ(1964年8週間=TOP5独占を含む)、50セント(2005年2週間)に次いで3組目です。

 

さらにジャスティン・ビーバーですがデラックス・エディションのアルバム収録曲18曲中なんと17曲がHOT100に入りました。これまで同一アーティストの同時HOT100チャートイン記録は14曲でビートルズ(1964年4月11日付)、ドレイク(2015年3月7日付、10月17日付)でしたが、それを破ってしまいました。ちなみにもう1曲の「All In You」は107位に初登場しています。また、今週はワン・ダイレクションもHOT100に7曲登場しているのですが、101位から125位までの間に8曲入っていました。

 

ミッシー・エリオットが久しぶりにチャートを駆けあがってきました。先週91位に初登場して今週22位にあがったのが「WTF (Where They From)」です。ファレル・ウィリアムスがフィーチャリングされています。R&Bヒップホップ・ソングス・チャートでは33位から8位にアップしました。アルバムは来年発売予定。91位からのジャンプアップ記録では3番目の記録です。

 

91位→16位 1999/4/3  When I Close My Eyes / Shanice
91位→19位 2008/7/12 All I Want To Do / Sugarland
91位→22位 2015/12/5 WTF (Where They From) / Missy Elliott Featuring Pharrell Williams

 

 

/////////////////////////////

 

全米ヒットをお探しなら是非あめりかん☆ぱいへ。
全米ヒットじゃなくてもお探しします。

http://www.rakuten.co.jp/americanpie/

 

共同通信社刊 あめりかん☆ぱい佐藤直人編・著『ビルボード年間チャート60年の記録 1955-2014』は、現在発売中です!サンプルページを掲載しています。

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/5514ye

5514ye

 


2015/11/28 Billboard Chart

2015-11-28

11/28付。今週のビルボード・アルバム・チャートから。

 

mernb001940502

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/mernb001940502

今週は2015年年間チャート集計最終週です。2015年年間チャートの発表は12/10(日本時間)。アルバムはあれ、シングルはあれと1位の想像は容易ですがTOP10はどんな並びになるんでしょうか。
さて、11/28付です。今週の第1位はCMAアワードでのパフォーマンスと最優秀アルバム賞、最優秀新人、最優秀男性ボーカルの3部門で受賞したクリス・ステイプルトンの『Traveller』が2週連続で第1位です。今週は124,000EAU(実売97,000枚)のセールス。受賞前の5ヵ月で96,000枚しか売れていなかったのに、その後の2週間で25万枚も売れてしまいました。
アルバムチャートは実売のセールスに加えて収録曲のダウンロードやストリーミング回数も加味してランキングされています。EAUは換算枚数をあらわしています。
今週のTOP10内初登場は3枚です。

 

iscb002410602

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/iscb002410602

第3位に初登場したのが、エリー・ゴールディングの『Delirium』です。デビュー・アルバム『Lights』が21位、セカンド・アルバム『Halcyon』が最高位9位(いずれも2012年)でしたので過去最高順位となりました。映画『Fifty Shades Of Grey』のサウンドトラックに収録されてHOT100では第3位のヒットとなった「Love Me Like You Do」も収録されています。

 

bmchbmrtm0350a

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/bmchbmrtm0350a

第5位にはカントリーのスーパースター、ティム・マックグロウの『Damn Country Music』が初登場です。17枚目のTOP10入りです。

 

cap4756781

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/cap4756781

6位には再登場ですが、ビートルズの『1』が入りました。2000年、2001年に合計8週間第1位を記録していますが、今回はすでに報道番組でも取り上げられたように、全英、全米で第1位になった27曲が収録されたアルバム『1』を新たにステレオ・ミックスしたアルバムとして再発売し、さらにブルーレイ、あるいはDVDをセットして発売されました。映像にはオリジナルのプロモ・フィルム、TV出演映像、そしてバンドの全活動期間から厳選されたビデオなどが収録されました。まさにビートルズをよく知っている人にもちょっとしかなじみのない人にも大いに楽しめる内容になっています。

 

epic516063

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/epic516063

もう1枚の初登場は今週の第10位でサラ・バレリスの『What’s Inside: Songs From Waitress』が入りました。2013年『The Blesse Unrest』(最高位2位)以来5枚目のTOP10入りです。2016年4月24日に公演が始まるブロードウェイ・ミュージカル『Waitress』はサラ・バレリスが音楽を担当しますが、そのために書かれた曲を集めた作品です。
クリスマス・アルバムがチャートを賑わす季節になってきました。

 

rca516432
http://item.rakuten.co.jp/americanpie/rca516432

今週目立ったのが、ペンタトニックスのクリスマス・アルバム『That’s Christmas To Me』。昨年の10月に発売され、最高位2位を記録しました。今回は10/30にオリジナル・アルバムに5曲を追加したデラックス・エディションの発売も拍車をかけて、先々週200位、先週40位から今週19位に上がってきました。クリスマス・アルバム・チャートでは今シーズンは2週目、通算12週目の第1位となっています。
もう1枚急上昇しているのがマイケル・ブーブレの『Christmas』です。先週の172位から今週は55位に上がってきました。2011年に375万枚のセールスで5週間の1位を記録しました。
101位にプエルト・リコ出身のアーティスト、ヤンデルの『Dangerous』が初登場しました。ラテン・アルバム・チャートではすでにワイジン&ヤンデルとして5枚のNo.1がありますが、ソロでも2枚目の第1位となりました。そのヤンデルもノミネートされた第16回ラテン・グラミー賞の授賞式が11/19にラス・ヴェガスのMGMグランド・アリーナで行われました。ヤンデルは受賞できませんでしたが、主な受賞作品・アーティストをご紹介します。メキシコシティ出身の31歳、デビュー14年目のシンガー・ソングライター、ナタリア・ラフォルカデが最多の4部門で受賞しました。
RECORD OF THE YEAR: Hasta La Raiz / Natalia Lafourcade
ALBUM OF THE YEAR: Todo Tiene Su Hora / Juan Luis Guerra 4.40
SONG OF THE YEAR: Hasta La Raiz / Leonel Garcia & Natalia Lafourcade (songwriters)
BEST NEW ARTIST: Monsieur Perine

 

BEST URBAN PERFORMANCE: El Perdon / Nicky Jam & Enrique Iglesias
BEST POP/ROCK ALBUM: Cama Incendiada / Mana
BEST ALTERNATIVE MUSIC ALBUM: Hasta La Raiz / Natalia Lafourcade
BEST ALTERNATIVE SONG: Hasta La Raiz / Leonel Garcia & Natalia Lafourcade (songwriters)
BEST SALSA ALBUM: Son De Panama / Ruben Blades Con Roberto Delgado & Orquesta
BEST CONTEMPORARY TROPICAL ALBUM: Todo Tiene Su Hora / Juan Luis Guerra 4.40
BEST TEJANO ALBUM: Sentimientos / Solido

 
ニュー・アルバムの話題を。

 

sny513079

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/sny513079

ワン・ダイレクション『Made In The A.M.』とジャスティン・ビーバー『Purpose』が同じ11/13に発売になりましたが、UKでは11/20付のチャートでワン・ダイレクションが93,000枚、ジャスティン・ビーバーが9万枚でワン・ダイレクションが4枚目の1位を記録しました。ジャスティン・ビーバーは2位でした。ちなみにUKのシングル・チャートではジャスティン・ビーバーが「Sorry」(1位)、「Love Yourself」(3位)、「What Do You Mean?」が5位とTOP5に3曲を同時にチャートインさせました。これは男性アーティストとしては1981年に「Imagine」、「Happy Xmas (War Is Over)」、「(Just Like) Starting Over」をチャートインさせたジョン・レノン以来とのことです。また今週のUKシングル・チャートではアルバム『Purpose』収録の全曲がHOT100に入り、そのうち8曲がTOP40入りしたとのことです。

 

 

sny517595

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/sny517595

アデル『25』が11/20に発売されましたが、まだ11/28付が発表された11/17の時点ではこのアルバムのセールス予測が載っていました。この時点ですでに今年一番のセールス、そしてファースト・ウィーク・セールスの歴代1位確実!といったことです。ファースト・ウィーク・セールスの歴代1位は2000年4月8日付で1位に初登場したイン・シンクの『No Strings Attached』で241万枚。この時のレコード会社の出荷枚数は420万枚でした。このアルバムは合計8週間の1位を記録し、売上枚数も1100万枚以上となっています。今回この発売第1週の記録を上回るとのことです。今年はカレンダー・イヤーで200万枚を超えているアルバムがありませんので、1週間の発売で2015年カレンダー・イヤーの年間1位確定となるのです。ビルボードの年間チャートは今週までの1年間ですので2015年の年間チャートには入りませんが、2016年の年間チャートは1位確定かも?ちなみにこの2000年はジャイヴ・レコードにとっては最高の年で、所属のイン・シンクが8週間1位を付けた後の6/3付で初登場1位だったのがまたジャイヴ・レコードのブリトニー・スピアーズ『Oops! I Did It Again』でした。この時のファースト・ウィーク・セールスが131万9000枚で、これが女性アーティストのファースト・ウィーク・セールス記録となっています。アデルはこれも塗り替えるわけです。

 

 

tbyrb002343702

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/tbyrb002343702

パリの同時多発テロが11/13に起きて、多くの死傷者を出したバタクラン・コンサート・ホールで演奏したイーグルス・オブ・デス・メタルのメンバーが当時の様子を語っていました。「これだけたくさんの人たちが殺害された大きな理由は、友達を残して逃げなかった人が多かったからだ。たくさんの人が、彼ら(友人たち)をかばおうとしたんだ」とのことです。彼らの関係者であるニック・アレクサンダーさんやレコード会社のトーマス・アヤドさん、マリー・モッサーさん、マヌ・ペレスさんをはじめ、「パリで命を奪われたすべての友人やファン、そして彼らの友人、家族、愛した人たちに心からお悔やみを申し上げます。」とも語っています。デュラン・デュランは彼らがカバーした「Save A Prayer」(10/24発売アルバム『Zipper Down』(最高位59位)に収録)の印税を寄付すると発表しています。亡くなられた多くの方のご冥福をお祈りします。

 

 

/////////////////////////

 

 

11/28付。今週のビルボード・シングル・チャートから。

 

sny517595

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/sny517595

今週も第1位は48万ダウンロードのアデル「Hello」です。3週連続で第1位となりました。3週間でダウンロードは200万を超えました。また3週連続で40万以上のダウンロードを記録した曲は4曲目です。
* Adele / Hello (2015)
* Pharrell Williams / Happy (2014)
* Robin Thicke Featuring Parrell Williams & T.I. (2013)
* Gotye Featuring Kimbra / Somebody That I Used to Know (2012)

 

 

また、デジタル・セールス、ストリーミングが3週連続第1位、ラジオ・ソングスも今週6位から一気に1位になりこの3部門すべてで1位になりました。これも4曲目です。
* Mark Ronson Featuring Bruno Mars / Uptown Funk! (2015:9週)
* Meghan Trainor / All About That Bass (2015:2週)
* Iggy Azalea Featuring Charli XCX / Fancy (2014:1週)
ラジオ・ソングス・チャートでは登場から4週目で1位になりました。これはオール・ジャンルを集計対象にした1998年以降では最速なんです。それ以前の1990年からのラジオ・ソングス・チャート通算でも1993年8月22日付で登場4週目に第1位になったマライア・キャリーの「Dreamlover」と並ぶスピード記録になりました。
アダルト・コンテンポラリーでも今週、登場4週目にして第1位になりましたが、これはクリスマス・ソングを除いて、現在の集計方法になった93年以降では97年に3週目に1位になったボブ・カーライルの「Butterfly Kisses」に次ぐスピード記録です。
アデルの登場でチャートの空気が一気に変わってしまった気がします。
最後に「Hello」というNo.1ソングを1984年にライオネル・リッチーが記録しています。もちろん違う曲です。ということで同名異曲のHOT100No.1ソングをまとめました。達成順です。

 

 

* Venus: Frankie Avalon (1959), Shocking Blue (1970), Bananarama (1986)
* My Love: Petula Clark (1966), Paul McCartney & Wings (1973), Justin Timberlake Feat. T.I. (2006)
* I’m Sorry: Brenda Lee (1960), John Denver (1975)
* Best of My Love: Eagles (1975), Emotions (1977)
* One More Try: George Michael (1988), Timmy T. (1991)
* Good Vibrations: Beach Boys (1966), Marky Mark & The Funky Bunch Feat. Loleatta Holloway (1991)
* Jump: Van Halen (1984), Kris Kross (1992)
* All 4 Love/All for Love: Color Me Badd (1992), Bryan Adams/Rod Stewart/Sting (1994)
* The Power of Love: Huey Lewis & The News (1985), Celine Dion (1994)
* Honey: Bobby Goldsboro (1968), Mariah Carey (1997)
* Wild, Wild West/Wild Wild West: Escape Club (1988), Will Smith Feat. Dru Hill & Kool Mo Dee (1999)
* Family Affair: Sly & The Family Stone (1971), Mary J. Blige (2001)
* Big Girls Don’t Cry: 4 Seasons (1962), Fergie (2007)
* Take a Bow: Madonna (1995), Rihanna (2008)
* One More Night: Phil Collins (1985), Maroon 5 (2012)
* Bad Blood: Neil Sedaka (1975), Taylor Swift Feat. Kendrick Lamar (2015)
* Hello: Lionel Richie (1984), Adele (2015)

 

 

/////////////////////////////
全米ヒットをお探しなら是非あめりかん☆ぱいへ。
全米ヒットじゃなくてもお探しします。

http://www.rakuten.co.jp/americanpie/

 

共同通信社刊 あめりかん☆ぱい佐藤直人編・著『ビルボード年間チャート60年の記録 1955-2014』は、現在発売中です!サンプルページを掲載しています。

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/5514ye

5514ye


« Older Entries
Copyright© 2011-2016 Young Staff co.,LTD All Rights Reserved.