3月, 2014年

あのヒット曲<465>Bangles

2014-03-31

【季節で想い出す・・・あのヒット曲】《465》

25年前、1989年のちょうど「今頃」、

全米ヒット・チャートで、1位に輝いていたのが、

この曲でした。

 

80年代を「華やか」に彩ってくれた彼女達・・・。

1986年の「Walk Like An Egyptian」に続く、

2曲目の全米NO.1ヒット。

 

日本では、ドラマ「ラブシャッフル」に使われたり、

某「栄養ドリンク」のCMで起用されたりして、

とても馴染みのあるメロディーですね!

 

邦題は「???」。

アルバム「Everything」からのセカンド・シングルでした・・・。

 

さあ!↓をクリックして「あの頃」へ

Flashback!!!

 

https://www.youtube.com/watch?v=PSoOFn3wQV4

 


Bay City Rollers ㊙日記(62)

2014-03-31

1978年

January 28th Saturday  ①

 

780128-1

 

わーーい! 今日mukaと私はあの新宿の京王プラザ

行ってきてしまったのデス!

 

780128-3

 

そしてそして彼らの泊まった36階の32号室(3632号室)

行って、あのドアの取っ手を触ってきてしまったノデスヨ!!

わぁい、もううそみたい♡

まさかでもあんなに簡単に入れるとは思わなかった!!

今その3632号室には、誰か泊まってるみたい・・・・

鍵が無かったもの。締まってたし・・・。

わぁ、でもいいなぁ、同じ部屋に泊まっちゃったりして。。。

う~~~~!!でもとってもとってもカンゲキ♡♡

あのドアの取っ手だって絶対触っただろうし。

あの廊下も歩いたろうし、あのエレベーターだって

絶対乗っただろうし・・・・

わぁい、なんかどきどきしてくるぅ!

 

それからそこに行く前に、あの悲しみの渋谷公会堂に

行って、あの車が出て行った道を探ったのデス(懐かしかった)

そしたら、が~~~ん、わかっちゃった!

彼らがどっから出て来て車に乗ったのか。

そう!あの楽屋裏の入口からだったのデス!

あそこに入っていくと舞台裏になるし・・・・

(私は前にあそこに入ったことがあるノダ!わ~~い)

それから私はさすがにあの渋谷公会堂の正面入口は

どーしてもまともに見ることができませんデシタ・・・・。

もうダメなんデス。。。

あそこを見ると、あの18日のことが

頭の中を駆けめぐって、目の前にあの悲しみと悔しさと

辛さと寒さが入り混じったあの夜のコトは忘れたいのに・・・・。

私、もう一生あの渋谷公会堂の正面入口のところは

まともに見られないような気がする・・・・・。

 

もうダメ! こんなコト書いてるとまた心が沈んでくるので

話をコロっと変えマス!!

 

780128-2

 

今日のPop Idol Best10

うわぁい!ついにやったノデス!!

Rosetta StoneがついにあのScottiesを追い抜いて

2位に躍り出たノデス・・・・わぁい!!

その票はナント24127票。 Scottiesとの差は1445票。

ほんとに良かったぁ、長い間の夢がかなって・・・・

個人の方もIanは今週も快調に票を伸ばして

14830票3位だし。

Damianも1つ上がって6位。 Colinも2つ上がって11位。

Andy、Terryもそれぞれ2つ上がって15位と17位。

メンバー全員Best20入り果たしたのです。

今週だけの票では

1位 Ian 3位 Damian 4位 Terry

5位 Colin 6位 Andyだし。

総合はもちろんRosetta Stoneは1位

もう好調すぎてうれし過ぎて涙が出てきマス。。。

今週はメンバー全員Best10入りするようにがんばらネバ!

(続く)

 

780128-4

 


あのヒット曲<464>Janis Joplin

2014-03-28

【季節で想い出す・・・あのヒット曲】《464》

43年前、1971年のちょうど「今頃」、

全米ヒット・チャートで、1位に輝いていたのが、

この曲でした。

 

1970年10月4日、27歳という若さでこの世を去った

ロック・シンガー・・・。

その5か月後に「頂点」を極めた名曲でした。

 

昨年来日した、アメリカ音楽業界の「首領」

Clive Davisが、自ら最初に契約したアーティスト。

その契約時のエピソードを語ってくれました。

 

「契約に際して、条件があるの。

今日、私と夜を共にしてくれる事よ。

さあ、早速始めましょ!」

と言って服を脱ぎ始め、Cliveの前で「全裸」になったという

「衝撃の事実」・・・。

 

やはり、何かを「超越」していたのですね・・・。

 

さあ!↓をクリックして「あの頃」へ

Flashback!!!

 

https://www.youtube.com/watch?v=sfjon-ZTqzU

 


あのヒット曲<463>Atlantic Starr

2014-03-27

【季節で想い出す・・・あのヒット曲】《463》

28年前、1986年のちょうど「今頃」、

全米ヒット・チャートで、3位にランクインしていたのが、

この曲でした。

 

ニューヨークで結成されたソウル・グループ。

80年代初頭には「Circles」「Freak-A-Ristic」などの

ブラコン・サウンドで、フロアーを中心に人気を集めました。

 

80年代中盤あたりから「バラード路線」を基軸に、

より幅広い層でファンを獲得。

翌1987年には、世界的大ヒット「Always」、

また、1992年には「Masterpiece」といった

名曲を残していますね。

 

最高位は3位。

彼等にとっては、初の全米トップ10ヒットと

なりました!

 

さあ!↓をクリックして「あの頃」へ

Flashback!!!

 

https://www.youtube.com/watch?v=YsfBMUPKgEw

 


あのヒット曲<462>America

2014-03-26

【季節で想い出す・・・あのヒット曲】《462》

42年前、1972年のちょうど「今頃」、

全米ヒット・チャートで、1位に輝いていたのが、

この曲でした。

 

アメリカ人男性3人によって、イギリス、ロンドンで結成された、

素晴らしきメロディー・メイカー達・・・。

 

7曲の全米トップ10ヒットを放ち、

それ以外にも、数多くの名作を残してくれた

グループでしたね!

 

この曲は、記念すべきデビュー・ヒット。

この週から、3週連続でNO.1をKeep!

見事!1972年度のグラミー賞「最優秀新人賞」を

受賞しました。

 

邦題は「???」。

直訳ながら、実に「映える」タイトルですね!

 

さあ!↓をクリックして「あの頃」へ

Flashback!!!

 

https://www.youtube.com/watch?v=zSAJ0l4OBHM

 


あのヒット曲<461>Pink Floyd

2014-03-25

【季節で想い出す・・・あのヒット曲】《461》

34年前、1980年のちょうど「今頃」、

全米ヒット・チャートで、1位に輝いていたのが、

この曲でした。

 

1979年に発表された、衝撃の名アルバム

「The Wall」からカットされた大ヒット・ナンバー。

 

シングル・ヒットとはほぼ無縁の彼等ですが、

この曲は、1973年の「Money」以来の

Top40ヒットを記録。

アルバム発売後に行われたツアー

「The Wall Performed Live」の影響もあり、

ヒット・チャートを急上昇!

この週を含め、4週連続NO.1に輝く超特大ヒットに

なりましたね。

 

さあ!↓をクリックして「あの頃」へ

Flashback!!!

 

https://www.youtube.com/watch?v=YR5ApYxkU-U

 


あのヒット曲<460>LeBLANC&CARR

2014-03-24

【季節で想い出す・・・あのヒット曲】《460》

36年前、1978年のちょうど「今頃」、

全米ヒット・チャートで、14位に上昇していたのが、

この曲でした。

 

アメリカ南部、アラバマにある有名なスタジオ

「Muscle Shoals」の専属ミュージシャンだった2人の男性、

Lenny LeblancとPete Carrによるデュオ。

 

前年(1977年)10月にチャート・イン以来、

じっくりと時間をかけて上昇。

Top10入りか?!と期待を持たせましたが、

最高位は13位に終わりました。

 

この素晴らしい作品をご紹介出来る「歓び」・・・。

 

日本では、ほとんど「無名」に近い曲ですが、

これからどんなに時間がかかっても、

一人でも多くの人々の「心」に残って欲しい1曲だと

思っています。

 

さあ!↓をクリックして「あの頃」へ

Flashback!!!

 

https://www.youtube.com/watch?v=yJvo7umxc0w

 


Bay City Rollers ㊙日記(61)

2014-03-24

1978年

January 26th Thursday

 

780126-1

 

わ~い!! 見ました、みました、みてしまいました!!

ギンNowのRosetta Stoneのインタビューフィルム

1.10に撮ったものでMLの水上はるこさんが

取材していました。

 

京王プラザの36階の32号室。

ドアを開けたのはTerryでした。

う~~~!!なんとかわいいのでしょう♡

Ianはファンが投げたBall(みどり)で遊んでいました

インタビューの途中でIan、おでこに何かぶつけちゃって

一生懸命なでてました。  カワイソ・・・・

 

あぁ、もうだめ。 Ianってほんとに色白でかわゆいのですネ・・・

特に印象に残ったのがTerry

すごーくノッテたみたい。

ほんとにいたずらっ子ってカンジ!

Andyもアップで映ったけど、ゼンゼン写真で見るより

可愛いの。目が大きくって!

Damianも相変わらずすっごくステキで

Colinもサイコーに良かった!!

 

そうそう、Colinといえば番組の後にmukaから

TELがあって教えてもらったんだけど

彼、左利きなんだって。

なんか左で書いてたって。

ちょっと気が付かなかったなぁ・・・

Bass弾いている時は右なのにネ。

Woodyと同じだナァ・・・

 

780126-2

 

あぁ、それにしてもRosetta Stoneってサイコーにステキ~~~!!

もうメンバー全員、それぞれに個性的であんなに可愛いなんて

そんなGroupめったにあるもんじゃありませんヨ・・・・

 

あんなステキなメンバー全員、ま近で見て

その上、Ianと握手までしたチョコベーうらやまし~~~!!

あ~~~ん、Ian~~~~!

すごいすごいかわいかったぁ~~~~♡♡

 

でもTerryも可愛かったナァ・・・・

なんかIanの次に好きになっちゃいソー・・・・

 

こうしてみると可愛いばっかり言ってるみたいだけど

ほんとに可愛かったんだモン

ああん、もう一度ゆっくり見たいよォ~~!

ビデオがあったらなぁ・・・・・

 

そうそうすごい悔しかったのが、今週は

「二人のパラダイス」なんと3位に下がっちゃったぁ~~~!

2位は「ハートで歌おう」

1位は「Walk in the room」だってェ

来週はぜったいまた1位に巻き返してやるゾーー!

 

あ~~あ、早く「サウンド・シティ」見たいナァ・・・・

もうRosetta Stoneはサイコーデス♡

 

あ~~ん Ian~~~

また早く日本に来てネ・・・・♡

 

780126-3

 

 


あのヒット曲<459>Rick Astley

2014-03-20

【季節で想い出す・・・あのヒット曲】《459》

26年前、1988年のちょうど「今頃」、

全米ヒット・チャートで、1位に輝いていたのが、

この曲でした。

 

イギリス出身の男性シンガーによる、

アメリカ初の大ヒット!

 

ポップ・ダンスの「スーパー裏方トリオ」、

Aitken/Stock/Watermanの「申し子」として

大活躍。

そのルックスもプラス要素に加わって

(意見が分かれるところでありますが・・・)、

人気を博しましたね!

 

邦題は、まさかの「???」。

彼の楽曲の中では、唯一、全米・全英両チャートで

王座を獲得しているナンバーでした。

 

さあ!↓をクリックして「あの頃」へ

Flashback!!!

 

https://www.youtube.com/watch?v=dQw4w9WgXcQ

 


あのヒット曲<458>Aerosmith

2014-03-19

【季節で想い出す・・・あのヒット曲】《458》

38年前、1976年のちょうど「今頃」、

全米ヒット・チャートで、8位に上昇していたのが、

この曲でした。

 

間もなく(3月26日)で、66回目の誕生日を迎える

Steven Tyler率いるロック・バンド、快進撃の「口火」を切った

1曲。

 

もともとは、1973年にリリースされ、全米シングル・チャートで

59位まで上昇したナンバーでした。

 

その2年後、シングル・エディットが施され再発売したところ、

ラジオ・オン・エアー回数を着実に増やし、見事な大ヒットに

繋がりました。

 

最高位は6位。

聴けば聴くほど「深さ」と「味わい」を感じさせてくれる曲

ですね!

 

さあ!↓をクリックして「あの頃」へ

Flashback!!!

今日は「ライヴ・テイク」でどうぞ!

 

https://www.youtube.com/watch?v=qzTZ76vhnKk

 


« Older Entries
Copyright© 2011-2016 Young Staff co.,LTD All Rights Reserved.