7月, 2014年

あのヒット曲<548>McFadden&Whitehead

2014-07-31

【季節で想い出す・・・あのヒット曲】《548》

35年前、1979年のちょうど「今頃」、

全米ヒット・チャートで、13位にランクインしていたのが、

この曲でした。

 

フィラデルフィア・ソウルの名曲を数多く書いた

ライター・コンビが、アーティストとして残した、

唯一のナショナル・ヒット!

 

当時の「ディスコ・ブーム」に乗って、

最高位13位ながら、100万枚以上の

売上を記録しました。

 

邦題は安易に「???」。

 

John Whiteheadは、2004年5月11日、

Gene McFaddenは、2006年1月27日に

この世を去りました。

共に、享年56歳でした・・・。

 

さあ!↓をクリックして「あの頃」へ

Flashback!!!

 

https://www.youtube.com/watch?v=VgYczUH-QWQ

 


7/26 最新全米ヒットチャート解説

2014-07-30

全米ヒットをお探しなら是非あめりかん☆ぱいへ。 全米ヒットじゃなくてもお探しします。
http://www.rakuten.co.jp/americanpie/

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

7/26付。今週の全米アルバムチャートから。

rca307404

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/rca307404

 

 

今週の第1位は初登場で、シーアの4枚目のアルバム『1000 Forms Of Fear』です。シーアといえばHOT100でTOP10ヒットとなったデヴィッド・ゲッタの「Titanium」や、フロ・ライダーの「Wild Ones」でフィーチャリング・アーティストとして参加していました。またNo.1ヒットのリアーナの「Diamonds」やニーヨの「Let Me Love You」ではソングライターとして参加しています。他にもビヨンセ、ブリトニー・スピアーズなどにも曲を提供してきました。1975年12月18日オーストラリア、アデレード生まれで39歳なんです。18歳の時から活動を始めて、このアルバムは6枚目のアルバムです。今回は52,000枚のセールスで、他にめぼしい新譜もなく低レベルのセールスでしたが1位を獲得しました。現在HOT100では初のリード・シングルとなる「Chandelier」が13位上昇中です。

 

 

今週のTOP10内初登場はあと2枚あります。

 

epic308396

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/epic308396
第6位に初登場したのが、17枚目のスタジオ・アルバムにして初のTOP10入りとなったジューダス・プリーストの『Redeemer Of Souls』です。これまでの最高位は2008年の『Nostradamus』の11位でした。1974年『Rocka Rolla』でデビューしてから40年。初チャートインしたのは1978年の『Staind Class』で最高位173位でした。シングルは82年の「You’ve Got Another Thing Comin’」が最高位67位を記録したのみで、ネーム・ヴァリューの割にはチャートには縁がなかったですね。今回はロック・アルバム・チャートで初登場1位です。

 

 

fvsv229
http://item.rakuten.co.jp/americanpie/fvsv229
第8位には、1996年カリフォルニア州ハンティントン・ビーチで結成されたロック・バンド、ダーティ・ヘッズの4枚目のアルバム『Sound Of Change』が初登場しました。サウンドにレゲエやヒップホップも加えているのが特徴で、初のTOP10入りとなりました。2007年の映画『Surf’s Up』のサウンドトラックに参加したあと、2008年『Any Port in a Storm』(最高位55位)でデビュー。シングル「Lay Me Down」はオルタナティヴ・ソングス・チャートで1位となりましたが、その後は大きなヒットに恵まれませんでした。現在「My Sweet Summer」がオルタナティヴ・ソングス・チャートでその時以来のTOP10入りを果たしています。

 
ところで、サウンドトラック『Frozen』が今週5位から一気に2位に上昇しています。46,000枚のセールスなんですが、AMAZON MP3でディスカウントして販売されたのが功を奏したようです。これでこのアルバムは29週連続TOP5入りとなり、最近ではアデルの『21』と並びました。アデルの『21』は39週連続TOP5入りした後、一旦途切れてその後29週連続でまたTOP5入りしています。サウンドトラック・チャートでは初登場以来33週連続第1位を続けています。

 

 

下の方では、40年間在籍したコロムビアを離れてキャピトル・レコードに移籍したニール・ダイアモンドの『All-Time Greatest Hits』が15位に初登場。52枚目のチャートインです。初チャートインは1966年10月29日『The Feel Of Neil Diamond』(最高位137位)ですから実に47年と9か月!

 

fttr106522

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/fttr106522
また、33枚目のチャートインとなったのが、シカゴの『Now: Chicago XXXVI』です。こちらは1969年5月17日付で『Chicago Transit Authority』(最高位17位)で初チャートインですから45年と2ヶ月!

 

 
/////////////////////////

 

 

 

7/26付。今週の全米シングルチャートから。

 

 

rca308135
http://item.rakuten.co.jp/americanpie/rca308135
今週も第1位はイギー・アザリア・フィーチャリング・チャーリーXCXの「Fancy」ではなく、2位から上がったMAGIC!の「Rude」です。メンバーが4人ともトロント周辺の出身で、カナダのグループとしては2001年12月のニッケルバック「How You Remind Me」以来とか。またレゲエのNo.1ヒットとしては以下のとおり11曲目となりました。

 
MAGIC! / Rude (2014)
Sean Paul / Get Busy (2003)
Shaggy / It Wasn’t Me (2001)
Shaggy / Angel (2001)
Ini Kamoze / Here Comes the Hotstepper (1994)
UB40 / Can’t Help Falling in Love (1993)
Snow / Informer (1993)
Maxi Priest / Close to You (1990)
UB40 / Red Red Wine (1988)
Eric Clapton / I Shot the Sheriff (1974)
Johnny Nash / I Can See Clearly Now (1972)

 
前回OT100で最高位2位以上の曲名と同じアーティストが、別の曲でヒットを出して、ともに2位以上という例をいくつかご紹介しましたが、今回はともに1位となりました。もう1例ありましたのでご紹介します。こちらもともに1位でした。

 

今回のケース:アーティスト名/曲名
MAGIC! / Rude  (2014年1位)
Olivia Newton-John / Magic (80/1)

 

もう1例のケース:
Emotions / Best Of My Love (77/1)
Mariah Carey / Emotions (91/1)

 
「Rude」は185,000ダウンロードで今週デジタル・ソングスで2位、ラジオ・ソングスでは4位から2位、ストリーミングでは3位から2位と部門別では1位がないのですがトータルすると1位となりました。

 

 

その「Rude」もノミネートされている 2014 Teen Choice Awards のノミネートが発表されました。8/10にユニバーサルシティのギブソン・アンフィシアターで授賞式が行われ、FOX-TVで中継されます。Teen Choice Award は音楽のみならず映画やテレビドラマ、スポーツなど各分野で最も活躍したアーティストや作品を表彰するもので、Teen People 誌が主催。投票はティーンエイジャーによってオンラインで行われています。おもなノミネートは以下のとおりです。

 
Choice Country Song:
Bartender / Lady Antebellum
Beachin’ / Jake Owen
Play It Again / Luke Bryan
Somethin’ Bad / Miranda Lambert with Carrie Underwood
This is How We Roll / Florida Georgia Line featuring Luke Bryan

 

Choice Single Female Artist:
Dark Horse / Katy Perry featuring Juicy J
Fancy / Iggy Azalea featuring Charli XCX
Let It Go / Idina Menzel
Problem / Ariana Grande featuring Iggy Azalea
Team / Lorde

 

Choice Single Male Artist:
Happy / Pharrell Williams
Mmm Yeah / Austin Mahone featuring Pitbull
Sing / Ed Sheeran
Stay With Me / Sam Smith
Talk Dirty / Jason Derulo featuring 2 Chainz

 

Choice Single Group:
Bo$$ / Fifth Harmony
Me and My Broken Heart / Rixton
Rude / Magic!
She Looks So Perfect / 5 Seconds of Summer
Story of My Life / One Direction

 

Choice R&B/Hip-Hop Song:
All of Me / John Legend
Fancy / Iggy Azalea featuring Charli XCX
Na Na / Trey Songz
Pills N Potions / Nicki Minaj
Turn Down For What / DJ Snake & Lil Jon

 

Choice Rock Song:
Ain’t It Fun / Paramore
Love Runs Out / OneRepublic
Maps / Maroon 5
Pompeii / Bastille
On Top of the World / Imagine Dragons

 

Choice EDM Song:
#Selfie / The Chainsmokers
Animals / Martin Garrix
Latch / Disclosure featuring Sam Smith
Summer / Calvin Harris
Wake Me Up / Avicii

 

Choice Love Song:
All of Me / John Legend
Boom Clap / Charli XCX
Not a Bad Thing / Justin Timberlake
Somebody to You / The Vamps featuring Demi Lovato
You & I / One Direction

 

Choice Break-Up Song:
Amnesia / 5 Seconds of Summer
Break Free / Ariana Grande featuring Zedd
Miss Movin’ On / Fifth Harmony
Really Don’t Care / Demi Lovato featuring Cher Lloyd
Story of My Life / One Direction

 

Choice Music Breakout Artist:
Becky G
Austin Mahone
Rita Ora
Cody Simpson
Zendaya

 
今週11位にいきなり初登場したのが、フロリダ・ジョージア・ラインのニュー・アルバムからのファースト・シングル「Dirt」。カントリー・ソングス・チャートでは先週の40位から一気に1位になりました。こちらのチャートでの1位ジャンプ・アップ記録は、これまでは2013年8月31日付で35位から上がったルーク・ブライアンの「That’s My Kind Of Night」でしたので、新記録誕生です。

 

rprw543243

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/rprw543243

 
今週、ビルボードはトム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズのニュー・アルバム『Hypotic Eye』のリリースを記念してオールタイムTOP20ソングスを発表していましたのでご紹介します。

 
20 Here Comes My Girl / Tom Petty & the Heartbreakers (80/59)
19 Make It Better (Forget About Me) / Tom Petty & the Heartbreakers (85/54)
18 A Face in the Crowd / Tom Petty (90/46)
17 I Need to Know / Tom Petty & the Heartbreakers (78/41)
16 Needles and Pins / Tom Petty & the Heartbreakers with Stevie Nicks (86/37)
15 Breakdown / Tom Petty & the Heartbreakers (78/40)
14 Learning to Fly / Tom Petty & the Heartbreakers (91/28)
13 Change of Heart / Tom Petty & the Heartbreakers (83/21)
12 The Waiting / Tom Petty & the Heartbreakers (81/19)
11 Jammin’ Me / Tom Petty & the Heartbreakers (87/18)

 

10 Runnin’ Down a Dream / Tom Petty (89/23)
9 Mary Jane’s Last Dance / Tom Petty & the Heartbreakers (94/14)
8 Refugee / Tom Petty & the Heartbreakers (80/15)
7 You Got Lucky / Tom Petty & the Heartbreakers (83/20)
6 You Don’t Know How It Feels / Tom Petty (95/13)
5 Don’t Come Around Here No More / Tom Petty & the Heartbreakers (85/13)
4 I Won’t Back Down / Tom Petty (89/12)
3 Don’t Do Me Like That / Tom Petty & the Heartbreakers (80/10)
2 Free Fallin’ / Tom Petty (90/7)
1 Stop Draggin’ My Heart Around / Stevie Nicks with Tom Petty & the Heartbreakers (81/3)

 

 

アワードの季節なんですね。ノミネート発表がもうひとつ。8/24にカリフォルニア州イングルウッドのザ・フォーラムで授賞式が行われる第31回MTVヴィデオ・ミュージック・アワードのノミネートが発表されました。

 

ビヨンセが最多となる8部門にノミネート。エミネムとイギー・アザリアが7部門にノミネートされています。

 

おもなノミネートは以下のとおりです。

 
Video of the Year:
Iggy Azalea Feat. Charli XCX / Fancy
Beyonce Feat. JAY Z / Drunk In Love
Pharrell Williams / Happy
Sia / Chandelier
Miley Cyrus / Wrecking Ball

 

Best Hip Hop:
Eminem / Bezerk
Drake Feat. Majid Jordan / Hold On (We’re Going Home)
Childish Gambino / 3005
Kanye West / Black Skinhead
Wiz Khalifa / We Dem Boyz

 

Best Male:
Pharrell Williams / Happy
John Legend / All Of Me
Ed Sheeran Feat. Pharrell / Sing
Sam Smith / Stay With Me
Eminem Feat. Rihanna / Monster

 

Best Female:
Iggy Azalea Feat. Charli XCX / Fancy
Beyonce / Partition
Lorde / Royals
Ariana Grande Feat. Iggy Azalea / Problem
Katy Perry Feat. Juicy J / Dark Horse

 

Best Pop:
Pharrell Williams / Happy
Iggy Azalea Feat. Charli XCX / Fancy
Jason Derulo Feat. 2 Chainz / Talk Dirty
Ariana Grande Feat. Iggy Azalea / Problem
Avicii Feat. Aloe Blacc / Wake Me Up

 

Best Rock:
Imagine Dragons / Demons
Arctic Monkeys / Do I Wanna Know
The Black Keys / Fever
Lorde / Royals
Linkin Park / Until It’s Gone

 

MTV Artist To Watch:
Sam Smith / Stay With Me
5 Seconds of Summer / She Looks So Perfect
Charli XCX / Boom Clap
Schoolboy Q / Man Of The Year
Fifth Harmony / Miss Movin On

 

Best Collaboration:
Beyonce Feat. JAY Z / Drunk In Love
Ariana Grande Feat. Iggy Azalea / Problem
Pitbull Feat. Ke$ha / Timber
Chris Brown Feat. Lil Wayne and Tyga / Loyal
Eminem Feat. Rihanna / Monster
Katy Perry Feat. Juicy J / Dark Horse

 

MTV Clubland Award:
DJ Snake & Lil Jon / Turn Down For What
Zedd Feat. Hayley Williams / Stay the Night
Calvin Harris / Summer
Martin Garrix / Animal
Disclosure / Grab Her!

 

Best Video With a Social Message:
Angel Haze Feat. SIA / Battle Cry
Avicii / Hey Brother
Beyonce / Pretty Hurts
J. Cole Feat. TLC / Crooked Smile
Kelly Rowland / Dirty Laundry
David Guetta Feat. Mikky Ekko / One Voice

 

 


あのヒット曲<547>TOTO

2014-07-30

【季節で想い出す・・・あのヒット曲】《547》

32年前、1982年のちょうど「今頃」、

全米ヒット・チャートで、2位にランクインしていたのが、

この曲でした。

 

彼等にとって、デビュー・ヒット

「Hold The Line」に続く、

2曲目の全米トップ10ソング。

 

アルバム「TOTO Ⅳ~聖なる剣」からの

ファースト・シングルで、

翌年度のグラミー賞では、

見事「Record Of The Year」に輝きました!

 

最高位は、この週を含め、

5週連続2位。

The Human LeagueとSurvivorに

王座奪取を阻まれてしまいました・・・。

 

今夜のオフ会では、超人気候補曲の

ひとつですね!?

 

さあ!↓をクリックして「あの頃」へ

Flashback!!!

 

https://www.youtube.com/watch?v=qmOLtTGvsbM

 


あのヒット曲<546>James Taylor

2014-07-29

【季節で想い出す・・・あのヒット曲】《546》

43年前、1971年のちょうど「今頃」、

全米ヒット・チャートで、1位に輝いていたのが、

この曲でした。

 

1948年3月12日、ボストン生まれの

男性シンガー・ソング・ライター。

 

Carole King作の名曲をカヴァーしたこのナンバーは、

彼のキャリアの中で、最大のヒットを記録。

唯一のNO.1を獲得しました。

 

邦題は「???」。

 

この翌年、Carly Simonと結婚。

「Mockingbird」(邦題「愛のモッキンバード」)

などの「おしどり」ヒットも発表しましたが、

1983年には「結婚生活」に終止符を打ちました・・・。

 

さあ!↓をクリックして「あの頃」へ

Flashback!!!

 

https://www.youtube.com/watch?v=3WJ1cf3nrLE

 


あのヒット曲<545>Martika

2014-07-28

【季節で想い出す・・・あのヒット曲】《545》

25年前、1989年のちょうど「今頃」、

全米ヒット・チャートで、1位に輝いていたのが、

この曲でした。

 

1969年5月18日、カリフォルニア生まれの

女性シンガー&俳優。

 

この前年にリリースしたダンス・ポップ・ナンバー

「More Than You Know」

(邦題「ときめきヴァージン・ラヴ」)が

そこそこのヒットを記録(最高位18位)。

続いて発売されたのが、このバラード曲でした・・・。

 

Simply Red「If You Don’t Know Me By Now」を倒して、

NO.1獲得!

この週を含め、2週連続「王座」を守りましたが、

その後、Prince「Batdance」に奪われてしまいました・・・。

 

さあ!↓をクリックして「あの頃」へ

Flashback!!!

 

https://www.youtube.com/watch?v=t6LoJbRWyJ8

 


Bay City Rollers ㊙日記(79)

2014-07-28

1978年

 

March  28th    Tuesday   ⑤

 

 

(続き)

 

お次は「○○○Power」の方からNo.6の会報が昨日

届きました。

 

そうそうTamに「○○○Power」っていうのは良くないと

言われたので、

「××××TER」っていうのに変えたソーです。

 

これはドイツの雑誌でRosetta Stoneの

イメージにあったコトバを募集したところ

Ianが2つ選んだうちの1つなんだって。

 

なんだか知らないけど、新しい会員証2枚も来ちゃった。

No.も355と359。 どーしていっつも私ってこーなのかしら?

 

でももーダメです。

この会報読んでると、すぐ私は敵意を燃やしてしまって。

 

私もワリと独占欲が強いほうだからダメなんです。

あーいうふうにR.Stoneをわがもののような顔しているのを

見ると。(というか読むと)

 

特に同じ年代の子がやっていると思うと

ムショーにハラが立ってくる!

 

特にやっている子がConcertの途中で帰ってしまうような

Fanだからネ。

それにこの人たちナノデス。

R.StoneをRoseと呼んでいるのは。

 

もうやだナァ。

このFan Club、写真や情報は知らないのが載ってて

いいんだけどネ。 どーも好かんのだナァ・・・・

 

そうそう、知らない写真といえばIanの6ヶ月の時のと

イギリスに初めてママとお兄ちゃんと行った時の写真が

載ってたの。

 

びっくりしたのは、その6ヶ月の時のIan。

なんか赤ちゃんのくせして、ちょっとこわいのデス。

 

特にあの目。

なにか現在の自分というものを暗示しているかのような

闘志を燃やしている目をしているの。

ほんとに赤ちゃんらしくないのですヨ。

 

Ian 6ヶ月 

 

780328-11

 

でもあのワリと気の強いIanのことだから、わかりそうな気がする。うん。

その他にはAndy9歳の時のとか、Damian17歳の時のなんかが

載っていた。

 
コチラはAndy 7歳

 

780328-12

 

Damian 17歳

 

780328-13

 

しかしどうしてこういう写真手に入るんだろう?

くやし~~~!!

 

あとColinが注文したRoomサービスのオーダー票も載ってた。

 

あの1月9日のものデスヨ!

American B’fast 1300yenのを頼んでた。

部屋は3631号室。

 

780328-14

 

あ!あの時ワタシ3631号室もドア触ってきたカシラ?

3632は絶対だったケド。 きゃぁ♡ Colinの部屋だったのネ

 

でもでも、さっきも言ったように、どうしてこんなものが手に入ったんだろう?

それにここのスタッフというかFanの子、色々とConcert外で

Offの彼らを見たよーだし。

 

Ah~~! くやし~~~!!

もうどーしてそういう人たちっているのですか?

 

もう君たちはR.Stoneの何だというのです?

ただのFanでしょう? 私だってただのFan。

 

なのになんだって、そんなに待遇が違うのですか?

もうすべてMoneyなのかしら?

 

くそ~~~! 泣きたい泣きたい・・・・

 

そうそう、またショックなことにRock Showにあの

Sound CityのIanの写真送ったばかりなのに、

5月号にテレビからの写真はおコトワリだって!

 

もうばかにしてる!

今まで載せてたくせに急にやめるなんて。

 

わ~~ん、私のあのばっちしのIanのPicはどーなんの?

ちゃんと送り返してくれるのかしら?

やっぱ今度Rock ShowにTELしよう!

うんそれでRosetta Stoneの記事が少なすぎるという事も

いうのダ!

 

よぉし、がんばろォ!

 

きゃぁ、なんのかんのだらだら書いていて11Pも書いて

しまった!

 

今までサイコーではないか。 まぁいいや。

 

ではBye  Love Ian♡

 

 

 

 


あのヒット曲<544>Carpenters

2014-07-25

【季節で想い出す・・・あのヒット曲】《544》

44年前、1970年のちょうど「今頃」、

全米ヒット・チャートで、1位に輝いていたのが、

この曲でした。

 

彼女たちにとって、

記念すべき初の全米NO.1ソング。

 

元々は、この7年前に、

男性シンガー、Richard Chamberlainの歌で

リリースされた作品でした。

 

Burt Bacharach&Hal David作。

永遠のスタンダード・ナンバーであるこの曲には、

「???」という、素晴らしい邦題が

付けられていますね!

 

さあ!↓をクリックして「あの頃」へ

Flashback!!!

 

https://www.youtube.com/watch?v=6inwzOooXRU

 


あのヒット曲<543>The Blow Monkeys

2014-07-24

【季節で想い出す・・・あのヒット曲】《543》

28年前、1986年のちょうど「今頃」、

全米ヒット・チャートで、15位に上昇していたのが、

この曲でした。

 

「チェーン・スモーカー」(現在は不明)、

Dr.Robertを中心に、イギリスで結成された

4人組による代表曲。

 

当時としては最高に「イケてる」サウンド、

ソウル・ミュージックに「直結」するセンスで

注目を集めましたね!

 

最高位は14位。

全英シングル・チャートでも最高位12位、

と「地味」なヒットながら、

日本では根強い人気があり、

コンスタントにラジオ番組へのリクエストや

問い合わせがある1曲です!

 

さあ!↓をクリックして「あの頃」へ

Flashback!!!

 

https://www.youtube.com/watch?v=no5XeOJHxK8

 


あのヒット曲<542>Derek&The Dominos

2014-07-23

【季節で想い出す・・・あのヒット曲】《542》

42年前、1972年のちょうど「今頃」、

全米ヒット・チャートで、11位に上昇していたのが、

この曲でした。

 

ロック史に残る「超スタンダード・ナンバー」!

 

70年代初期、Eric Claptonによって結成された

「短命」バンド、その唯一のビッグ・ヒットでしたね!

 

この2年前にリリースされ、

翌年(1971年)に一旦51位まで上昇。

この時季に再びヒット・チャートを駆け上がり、

最高位10位を記録しました。

 

日本では、車、炭酸飲料、生命保険など

様々なCMソングとして起用され、

世代を越えて「認知」されている名曲の一つ。

 

この20年後(1992年)には、Eric Claptonによる

アコースティック・セルフ・カヴァーが話題になり、

全米シングル・チャートで12位まで上昇しました・・・。

 

さあ!↓をクリックして「あの頃」へ

Flashback!!!

 

https://www.youtube.com/watch?v=Th3ycKQV_4k

 


あのヒット曲<541>Jermaine Jackson

2014-07-22

【季節で想い出す・・・あのヒット曲】《541》

34年前、1980年のちょうど「今頃」、

全米ヒット・チャートで、9位にランクインしていたのが、

この曲でした。

 

1954年12月11日生まれ、

Michael Jacksonの4歳年上の

「兄貴」。

 

Stevie Wonderが、作曲・プロデュース、

そしてゲスト・ヴォーカリストとして

全面バック・アップしたディスコ・ナンバー

でしたね!

 

Jermaineにとっては、1973年の

「Daddy’s Home」(邦題「パパの家」)

に続く、2曲目の全米トップ10ヒット

となりました・・・。

 

さあ!↓をクリックして「あの頃」へ

Flashback!!!

 

https://www.youtube.com/watch?v=FMLKb4or8yg

 


« Older Entries
Copyright© 2011-2016 Young Staff co.,LTD All Rights Reserved.