10月, 2014年

あのヒット曲<611>Rick James

2014-10-31

【季節で想い出す・・・あのヒット曲】《611》
33年前、1981年のちょうど「今頃」、
全米ヒット・チャートで、16位にランクインしていたのが、
この曲でした。

1948年2月1日、ニューヨーク生まれ。
2004年8月6日、心不全のため、
56歳という若さでこの世を去った、
ファンク・ガイ・・・。

自らの音楽を「Punk-Funk」と呼び、
身長190cm超の頭上から「投げ込む」
ストレートなファンク・ミュージックで、
一世を風靡しましたね!

曲は、名アルバム「Street Songs」から、
「Give It To Me Baby」に続いてカットされた、
セカンド・シングル。

最高位は、この週を含め、2週連続16位でした。

「音」(フレーズ)の認知度としては、
後の1990年、MC Hammerがサンプリングした
「U Can’t Touch This」の方がはるかに高いという
残念な「事実」も・・・。

さあ!↓をクリックして「あの頃」へ
Flashback!!!


あのヒット曲<610>Eagles

2014-10-30

【季節で想い出す・・・あのヒット曲】《610》
39年前、1975年のちょうど「今頃」、
全米ヒット・チャートで、4位にランクインしていたのが、
この曲でした。

この素晴らしい名曲を、
このタイミングでご紹介出来る歓び・・・。
筆者は、必死に興奮と複雑な「想い」を押さえながら、
この文章を書いています・・・。

アメリカの「国民的グループ」、
その4曲目の全米トップ10ヒット。

4枚目のアルバム「One Of These Nights」
(邦題「呪われた夜」)から、
全米NO.1に輝いたタイトル曲に続いて、
セカンド・シングルとしてカットされたナンバーですね!

この翌週から、2週連続2位を記録。
Elton John「Island Girl」という○○な曲に
王座獲得を阻止された事は、
今でも耐え難き「屈辱」として、
はっきりと記憶に残っています・・・。

邦題は「???」。
もちろん、6分20秒のアルバム・ヴァージョンを
愛して頂ける事を、切に願っております!

さあ!↓をクリックして「あの頃」へ
Flashback!!!


あのヒット曲<609>Freddie Jackson

2014-10-29

【季節で想い出す・・・あのヒット曲】《609》

29年前、1985年のちょうど「今頃」、

全米ヒット・チャートで、18位に上昇していたのが、

この曲でした。

 

1956年10月2日、ニューヨーク生まれの

男性ソウル・シンガー。

 

この年、

「Rock Me Tonight(For Old Times Sake)」でデビュー。

以降、ポップ・フィールドでは1曲もトップ10ヒットを

放つ事が出来ませんでしたが、

「本拠地」R&Bシングル・チャートでは、

計10曲のNO.1ヒットを持つ「筋金入り」の

アーティストですね!

 

最高位は、12位。

彼にとっては、最大の「ナショナル・ヒット」を

記録しました!

 

さあ!↓をクリックして「あの頃」へ

Flashback!!!

 

https://www.youtube.com/watch?v=WqDkK1K5k4Q

 


あのヒット曲<608>Herb Alpert

2014-10-28

【季節で想い出す・・・あのヒット曲】《608》
35年前、1979年のちょうど「今頃」、
全米ヒット・チャートで、1位に輝いていたのが、
この曲でした。

トランペット奏者、
バンドリーダー、プロデューサー、作曲家、
そして、
名門レーヴェル「A&Mレコード」の創始者・・・。
その多才な手腕で、音楽の歴史に素晴らしい
「功績」を残した「男」ですね!

1968年の「This Guy’s In Love With You」(邦題「ディス・ガイ」)
に続いて2曲目の全米NO.1ソングとなった、
インスト・ヒット!

Michael Jackson「Don’t Stop ‘Til You Get Enough」
(邦題「今夜はドント・ストップ」)を倒して、王座獲得!
この週を含め、2週連続NO.1をキープしましたが、
「伏兵」、M「Pop Muzik」(邦題「ポップ・ミューヂック」)に
引きずり降ろされました・・・。

さあ!↓をクリックして「あの頃」へ
Flashback!!!


Bay City Rollers ㊙日記(92)

2014-10-27

1978年

 

June 17th  Saturday   Fine + Very Hot!

 

780617

 

きゃぁー!!ついについにあのキョーフのTestが

おわりました!  カンゲキ~~!!!

 

これでもう夏休みまで遊べまぁス!

(Testの結果は除く)

 

さてさて、これがまたうそみたいでほんとのお話

なんだけど、なぁんと3日のチケット

 

アリーナ D列 78~80

 

前から10番目の席がとれてしまったのです♡

 

780617-1

 

イーchanのところに来たんだって!

だから私のとこに来た12番目の席は売るのでス

ちょっともったいない気もするケド。。。

 

でもネ、そうすると3人ともみーんなD列がとれたってコトに

なるんですよネェ  すごぉい!

 

あとの3通もみんな来てみーんなアリーナがとれたのデス♡

でもぜんぜん後ろの席だけど・・・

何列かはちょっと忘れちゃった

 

But、みーんなアリーナでその上D列も入っていて

それぞれ3枚続きで・・・・

すごぉい、売れソー!

 

このぶんだったら私らのチケットのもと

とれソーなカンジ

でもほんとにうそみたいなハナシ・・・・

 

あとこれでOff Stageでの彼らに会えれば

サイコーなんだけどなぁ・・・・♡

さて次はっと、(このところ情報が絶えないのデス)

 

今終わったばかりの「全米TOP40」

RosettaのNew SingleのA、B両面と情報を流したのデス

 

B面のオリジナル「I don’t like it」

オリジナルっていうこともあってかA面よりHeavyなの

でもなかなかヨイ曲! カッコイイカンジネ

Rosetta Stoneの特性をよく表した曲

Rockっぽいカンジでス

 

作詞・作曲の力もナカナカのものだと思いません?うん

それでCanada公演のトキのことなんだけど

ナント失神者が20人近くも出ちゃって大変だったみたい。。。

 

780617-2

 

通信社から送られてきたPhotoによると

Ianの洋服を引っ張ってる女の子が警備員のおじさんに

抱きかかえられて連れていかれている様子が写ってるん

だって!!

(このことだったのか。昨日Super Sonicで大森ちゃんが

ハダカハダカと騒いでいたのは・・・)

 

現在はNew Yorkで雑誌やRadioでプロモーションを

しているトカ

それからナント今週AmericaでAlbumが発売されるんだってェ!

 

わぁ~~ いよいよナのですネ

America進出が・・・・

きゃぁ~~~がんばって下さいネェ

あの広大なAmericaを一日も早く征服するよーに・・・・

 

But!American Girlsはコワイヨ・・・

泣かないで、みんな!

(トクにTerry)
そしてEnglandに帰ると6週間のTV出演が待っている

ソーです

「Breakers」というRockシリーズのホスト役をやるんだって

わぁ~いいナァ♡ワタシも観たいナァ。。。

うらやましいEnglandのFan・・・。

 

そうそう、私「僕のシェイラ」だいぶ覚えて歌えるよーに

なりました。

(この曲、トミー・ローという人のオリジナルだって)

私、努力して何回も何回も聴いて歌詞をMemoして

いったのデス

だいぶ間違っていると思うケド

 

780617-3

 

でもあとで正確なのと見比べてみるのもおもしろソーだし

私の英語のListeningの力もみれるし・・・・・なんちゃって。。。

 

でもNew Album来日前に発売されんのカナァ?

心配になってきちゃったぁ

 

今度東芝EMIにTELしてみようカシラ?

 

じゃぁ今日は、このへんでおわり

Good Night!

 

AM 1:36

 

 

 

 

 


あのヒット曲<607>Men At Work

2014-10-27

【季節で想い出す・・・あのヒット曲】《607》

32年前、1982年のちょうど「今頃」、

全米ヒット・チャートで、1位に輝いていたのが、

この曲でした。

 

オーストラリアのポップ・ロック・バンド、

その記念すべき初ヒット。

 

次のシングル「Down Under」で2曲連続NO.1、

4曲目の「It’s A Mistake」まで、すべて全米トップ10に

送り込むという「快挙」を遂げましたが、

グループはこの3年後、1985年には、

早くも活動を停止してしまいました。

 

この週のみの「天下獲り」。

邦題は「???」でしたね・・・。

 

さあ!↓をクリックして「あの頃」へ

Flashback!!!

 

https://www.youtube.com/watch?v=SECVGN4Bsgg

 


あのヒット曲<606>Sugarloaf

2014-10-24

【季節で想い出す・・・あのヒット曲】《606》

44年前、1970年のちょうど「今頃」、

全米ヒット・チャートで、3位にランクインしていたのが、

この曲でした。

 

とっても渋~い曲をご紹介しましょう!

 

コロラド州デンヴァ―で結成されたロック・バンド、

その最大のヒット!

 

この5年後には、もう1曲の全米トップ10ヒット、

「Don’t Call Us,We’ll Call You」を放っています。

 

最高位は、この週を含め、2週連続3位。

上位2曲は、共にJackson 5「I’ll Be There」と

Neil Diamond「Cracklin’ Rosie」でした・・・。

 

さあ!↓をクリックして「あの頃」へ

Flashback!!!

 

https://www.youtube.com/watch?v=c_DydKnpDsk

 


あのヒット曲<605>Aerosmith

2014-10-23

【季節で想い出す・・・あのヒット曲】《605》

25年前、1989年のちょうど「今頃」、

全米ヒット・チャートで、7位に上昇していたのが、

この曲でした。

 

彼等にとって、

「Dream On」「Walk This Way」「Angel」に続く、

4曲目の全米トップ10ヒット。

アルバム「Pump」からのリード・シングルとして

カットされたナンバーでした。

 

アカペラ・コーラスで終わる、

疾走感満載の1曲。

最高位は、この翌週に5位を

記録しました!

 

邦題は、えっ?まさか・・・・の

「???」でした・・・。(苦笑)

 

さあ!↓をクリックして「あの頃」へ

Flashback!!!

 

https://www.youtube.com/watch?v=h3Yrhv33Zb8

 


あのヒット曲<604>Carpenters

2014-10-22

【季節で想い出す・・・あのヒット曲】《604》

43年前、1971年のちょうど「今頃」、

全米ヒット・チャートで、2位にランクインしていたのが、

この曲でした。

 

彼女たちにとって、5曲目の全米トップ10ヒット、

かつ「We’ve Only Just Begun」(邦題「愛のプレリュード」)、

「Rainy Days And Mondays」(邦題「雨の日と月曜日は」)

に続く、3曲目の最高位2位ソング。

 

元々は、1969年に夫婦デュオ、

Delaney&Bonnieが発表したナンバー。

作者は、そのBonnieとLeon Russellでした。

 

この週を含め、2週連続2位を記録。

立ちはだかったのは、超ウルトラ大ヒット、

Rod Stewart「Maggie May」でした・・・。

 

さあ!↓をクリックして「あの頃」へ

Flashback!!!

 

https://www.youtube.com/watch?v=SJmmaIGiGBg

 


あのヒット曲<603>Janet Jackson

2014-10-21

【季節で想い出す・・・あのヒット曲】《603》

28年前、1986年のちょうど「今頃」、

全米ヒット・チャートで、1位に輝いていたのが、

この曲でした。

 

彼女にとって、記念すべき

初の全米NO.1ソング!

 

スーパー・プロデューサー・コンビ、

Jam&Lewisとガッチリ組んで制作した

ベスト・セラー・アルバム「Control」から、

3枚目のシングルとしてカットされたナンバー

でした。

 

Huey Lewis&The News「Stuck With You」を倒して

王座奪取!

Cyndi Lauper「True Colors」に倒されるまで、

2週連続NO.1をKeepしました・・・。

 

邦題は「???」。

 

さあ!↓をクリックして「あの頃」へ

Flashback!!!

 

https://www.youtube.com/watch?v=EaleKN9GQ54

 


« Older Entries
Copyright© 2011-2016 Young Staff co.,LTD All Rights Reserved.