1月, 2015年

あのヒット曲<667>George Benson

2015-01-30

【季節で想い出す・・・あのヒット曲】《667》

33年前、1982年のちょうど「今頃」、

全米ヒット・チャートで、7位にランクインしていたのが、

この曲でした。

 

1943年3月22日、ペンシルバニア生まれの

超ベテラン・ジャズ・ギタリスト&ソウル・シンガー。

彼にとって、4曲目の全米トップ10ヒットです!

 

Jay Graydon、Steve Lukather、Bill Champlinという

「匠たち」によって書かれたこの曲は、

当時最も「おしゃれ」で「洗練された」ナンバーとして、

日本でも「クリスタル族」を中心に人気を博しました。

 

この翌週から、2週連続最高位5位を記録。

邦題は、まさか!の「???」でした・・・。

 

さあ!↓をクリックして「あの頃」へ

Flashback!!!

 

https://www.youtube.com/watch?v=TwaqmwCidDE

 


あのヒット曲<666>The Jackson 5

2015-01-29

【季節で想い出す・・・あのヒット曲】《666》

45年前、1970年のちょうど「今頃」、

全米ヒット・チャートで、1位に輝いていたのが、

この曲でした。

 

新たな歴史が始まった「瞬間」!

彼等の記念すべきデビュー・ヒットで、

この曲以降、4曲連続全米NO.1という

「離れ業」を見せつけた、その「切込み隊長」的

ナンバーでしたね!

 

B.J.Thomas「Raindrops Keep Falling On My Head」

(邦題「雨にぬれても」)を倒して、王座獲得。

翌週には、Shocking Blue「Venus」にその座を

奪われました・・・。

 

邦題は「???」。

現在、MX-TV最強のワイド番組

「5時に夢中」のテーマ・ソングとして

使われています・・・。

 

さあ!↓をクリックして「あの頃」へ

Flashback!!!

 

https://www.youtube.com/watch?v=zcdDqTEgDwI

 


あのヒット曲<665>Phil Collins

2015-01-28

【季節で想い出す・・・あのヒット曲】《665》

26年前、1989年のちょうど「今頃」、

全米ヒット・チャートで、1位に輝いていたのが、

この曲でした。

 

彼にとって、10曲目の全米トップ10ヒット

(共演を含む)、

そして、

「Against All Odds(Take A Look At Me Now)」

(邦題「見つめて欲しい」)、

「One More Night」、

「Sussudio」、

「Separate Lives」、

「A Groovy Kind Of Love」

(邦題「恋はごきげん」)に続く、

6曲目の全米NO.1ヒット!

 

彼自身の主演映画「Buster」のサントラからの

セカンド・シングル。

この週を含め、2週連続王座を守りました!

 

さあ!↓をクリックして「あの頃」へ

Flashback!!!

 

https://www.youtube.com/watch?v=SidxJz94Svs

 


あのヒット曲<664>Led Zeppelin

2015-01-27

【季節で想い出す・・・あのヒット曲】《664》

44年前、1971年のちょうど「今頃」、

全米ヒット・チャートで、16位に上昇していたのが、

この曲でした。

 

前年(1970年)10月5日に発売された、

3枚目のアルバム「Led Zeppelin Ⅲ」から

シングル・カットされたこの曲は、

70年代を代表する「クラシック・ロック」の1曲。

 

日本でもその人気が高く、

某プロレスラーが「入場テーマ曲」として愛用したり、

冒頭部分の「雄叫び」がジングル代わりに使われたり

していますね!

 

最高位は、この週の16位。

邦題は「???」という「直訳系」でした・・・。

 

さあ!↓をクリックして「あの頃」へ

Flashback!!!

 

https://www.youtube.com/watch?v=2rfKYm_3-M0

 


10cc(Graham Gouldman)@Billboard Live Tokyo

2015-01-26

10ccといっても、今ではオリジナル・メンバーはGraham Gouldmanだけなのですが、久々の来日公演♪

1月23日(金)21:30~のセカンド・ステージです。

IMG_24222

定刻を回り、バックのカーテンが閉まり、オープニングBGMはGraham Gouldmanがやはり10ccのオリジナル・メンバーKevin Godleyと2006年に作ったプロジェクトGG06のSon Of Man♪

それが大きく響く中、階上よりメンバー登場!

Graham Gouldman、初期の10ccからずっとサポート・メンバーだったドラマーのPaul Burgess、’70年代、分裂後の10ccに加わったギタリストのRick Fenn、さらにMick Wilson、Keith Haymanという5人編成!音は期待できそうです。

Grahamはフェンダー・ジャズ・ベースを抱え、オープニングは初期の代表曲、The Wall Street Shuffle♪

ヴォーカルはMick Wilson、オリジナルのEric Stewartを思わせる優しい歌声を聴かせてくれます。

続いてMickはパーカッションへ、Paulのカウントからコーラス、大ヒット曲The Things We Do For Love♪(この曲はGrahamが歌いますが、EricやRolが歌っていた歌はたいていMickが歌っているようです。)

何度も日本に来ている10ccだけに、お客さんの手拍子も慣れたものです。

キーボードについていたKeithが前に出てきてベースを・・・

Grahamが歌う、Good Morning Judge♪、彼のベースはリズミカルでパワフルでした。

少しトークが入り、Just Like A Rolling Stone~♪と、I’m Mandy, Fly Me♪

「ラジオのDJが話していたことから作った・・・」と言うようなことを言って、Life Is A Minestrone♪

軽快な曲調でライヴでも定番ですが、これが出た当時は日本でもあまりミネストローネはポピュラーでなかったと思います。(笑)

Rickのギターをフィーチャーして、Art For Art’s Sake♪、これもライヴの定番でしょう。

再びKeithが前に出てきて、今度はギター、そしてノリのいいSilly Love♪、ハードな演奏で、Graham、Rick、Keithと3人合わせてポーズをとってのプレイでした。

続いてはこれも定番のリズミカルに始まるThe Dean And I♪、ここでもRickのギターが印象的です。ややムードは一転してアルバムBloody TouristsからFrom Rochdale To Ocho Rios♪、Mickのパーカッションも心地よくトロピカルなムードを出していました。

そして・・・

コーラスのイントロ、場内歓喜!

I’m Not In Love♪

ドラマーのPaulがパーカッションへ、Mickは歌に専念!

ここで感動的だったのは、間奏部分でGrahamがベースであの音を出していたことでした。!!

Eric Stewartの歌でなくても、場内はウットリとした気分でした。・・・

で、ライヴもクライマックス、Deadlock Holiday♪

Grahamが歌っているナンバーということで、やはり締めはこれで・・・「トロピカル・ラヴ」という邦題で日本でもヒットしただけに場内も盛り上がっていました。

ここで終わりと思いきや、Grahamは、Rick、Mick、Keithを中央に呼んで、アカペラで、Donna♪

正直言って、ふざけた感じのこの歌は好きではなかったのですが(苦笑)Mickを中心とした今回のアカペラでのヴァージョンは最高!!

わざとコミカルな動きをしていました。(笑)

再びメンバーは定位置に、そして軽快なリズムで、Rubber Bullets♪

ここでは場内総立ちに!!サビの部分は一緒に歌っていて大盛り上がり、楽しい10ccワールドはこれにて幕となりました。・・・

IMG_2431

2.5ccなどと皮肉を言う人もいましたが、Grahamが、The Things We Do For Love♪以外の自分が歌っていない曲をMickに歌わせていたことで、却ってこれは今の10cc!と感じました。!

さらにはRick Fenn、Paul Burgessという10ccと一緒にやってきた人たちがいる、というのも強みでしょう。!!

さてGraham Gouldmanといえば、The Mindbendersのメンバーとしても、そしてBus Stop♪、For Your Love♪の作者としても名の知れた人ですが、今回時間の関係もあってか、それらは歌われませんでした。(歌っていることもあります。・・・)

またそれは次回の楽しみに、と思っております。・・・


Bay City Rollers ㊙日記(105)

2015-01-26

1978年

 

July 29th Saturday Fine  あと5daysデス・・・

 

780729

 

今日、西武(池袋)の4階おまつり広場で

Leif GarrettのFanの集いにイーchanと行ってきました。

 

780729-4

 

もうものすご~~く暑くて死にソーだった・・・

司会は八木chanデシタ。あと岡田三郎sanもいましたヨ。

 

質問CornerでFanのコが

「Rosetta Stoneに会うって雑誌に書いてあったんですけど・・・」

って質問したら

Leifが「もう会ったヨ」だって!!

 

え~~~!どこで会ったんだろう・・・。

絶対Americaでだよネ

だって後ろのFanのコが「もう日本に来てるんじゃない」

なんておそろしーコト言うんですもの・・・・。

 

ところで今日PM8:00頃、Tabuの友達の中野chanから

TELがあったのデス。

その内容はというと・・・・

 

なんと!!

Rosetta Stoneが8月7日にLet’s Go Youngに出るんだってェ・・・

わぁん、ぜんぜ~~ん知らなかったぁ・・・

 

それでその券を太川陽介Fan Clubで配るんだって!

いちおう31日にPM4:00マロンShopでTabuと待ち合わせて

もらいに行くんだけど。

 

イーchanは7日から旅行に行くというので残念ながらダメに

なってしまったケド・・・・

もし行けたら・・・・・すごいよォ♡

早く並んで行けばいい席だってとれるし

写真だって堂々と撮れるでしょう・・・・

 

きゃぁ!!こわぁい、どうしよぉ。。。

この間行ったときみたいな席をとれるかしら?

そして次の日8日は名古屋でしょう。

東京から新幹線でしょう・・・

東京駅でもしかしたら会えるかもぉ・・・♡

 

それからPatは京王プラザで(彼らきょう帰りましたネ)

Rosettaも京王プラザらしいんだって・・・

 

わぁん、どうしよどうしよ・・・おちつかないよォ・・・

あ~~~ん、こわいよォ。。。

 

780729-3

 

それから昨日テレジオ7観てわかったんだけど

Rosettaの記者会見成田でやるんだって!

それもFanのコも入れるみたいなのォ・・・

その時 はいれるコ1人発表していたの・・・

 

先週観なかったからわからなかったケド・・・

再来週には大特集やるそうでス!

うう・・・でもやだぁ・・・

Fanのコいれるなんて、なんで先週見忘れたんだろう

 

あ~~ん、彼らはいつ来るのかしら?

たぶん1日あたりだと思うけど。

 

ところで27日にギンNow観に行ったんだけど

Leifジューダスプリースト出た)

なんか私とイーchan、TVにアップで映ったみたいなんです。

私はそのあともう1回映ったってコトだけど・・・

きゃぁ~~~!!ぜんぜん気がつかなかったぁ・・・

私、どーんなFaceしていたんだろう~~ はずかし~~~

 

ところでまたいろいろと最近のRosettaのPhotoが雑誌に

載りはじめたんだけど、

その中でも週刊明星(いやな雑誌だがPhotoにつられて

買ってしまった・・・)

のIan♡Rollers時代の顔してんのォ・・・

びっくり!!Rollers時代にまったく同じFaceしてるPhotoあるのォ

 

そりゃ同じ人だからトーゼンといえばトーゼンだけどサ

でも最近IanのFaceがRollers時代に戻りつつあるカンジに

なってきたゾ

 

そのくせRock Showの方ではタバコ持ってるんだからぁ・・・

 

そのRock Showに載っていたRosettaの似顔絵

すごぉいおかしいの

みーんなヤクザの恰好してるんだけど、中でもDamianが

ぴったりすぎておかし~~~!

ヤクザ帽子かぶってグラサンして、もうなんともいえない・・・

 

そうかと思えばCandy AndyくんはCandyなめてるし・・・

もーダメ!!

 

さて今日はこれで終わり!

 

あ~~どうしよう。。。 Let’s Go Young・・・・

こわぁい・・・。

 

PM11:03

 

780729-2

 

 


あのヒット曲<663>Dionne&Friends

2015-01-26

【季節で想い出す・・・あのヒット曲】《663》

29年前、1986年のちょうど「今頃」、

全米ヒット・チャートで、1位に輝いていたのが、

この曲でした。

 

アメリカの「Aids研究財団」のための

チャリティー・ソング。

このために立ち上がった、

Dionne Warwick、Elton John、Steviw Eonder、

そしてGladys Knightという、4人のスターによる

カヴァー・ヒットでした!

 

オリジナルは、1982年のRod Stewart。

コメディー映画「Love In New York」のサントラに

収録されていたナンバーでしたね!

 

邦題は「???」。

この週を含め、4週連続NO.1を記録。

見事!1986年の年間ランキング第1位に

輝きました!!

 

さあ!↓をクリックして「あの頃」へ

Flashback!!!

 

https://www.youtube.com/watch?v=HyTpu6BmE88

 


あのヒット曲<662>Badfinger

2015-01-23

【季節で想い出す・・・あのヒット曲】《662》

43年前、1972年のちょうど「今頃」、

全米ヒット・チャートで、14位から5位に

急上昇していたのが、この曲でした。

 

70年代前半に、良質のポップ・ソングを

数多く残したグループ、その最大のヒット!

 

The Beatlesのレーヴェル「Apple」からリリースされた

この曲は、George Harrisonがプロデュースを担当し、

Leon Russellがピアノで参加していました。

 

最高位は、4位。

作者は、メンバーの一人で、

1975年4月23日、27歳の若さで

自ら命を絶った、Pete Hamでした・・・。

 

さあ!↓をクリックして「あの頃」へ

Flashback!!!

 

https://www.youtube.com/watch?v=XonFZjuyc6E

 


あのヒット曲<661>Prince

2015-01-22

【季節で想い出す・・・あのヒット曲】《661》

35年前、1980年のちょうど「今頃」、

全米ヒット・チャートで、13位に上昇していたのが、

この曲でした。

 

記念すべき「殿下」の初・全米トップ40ヒット!

 

セルフ・タイトル・セカンド・アルバム

(邦題「愛のペガサス」)からシングル・カットされた

このナンバーは、明るくポップな曲調で「一般受け」と

多少の「知名度アップ」には貢献しましたが、

恐るべき彼の「本領」を感じさせることなく、

2週連続最高位11位という成績に終わりました・・・。

 

今日は、何と!Dr.Hookが紹介するこの動画で

お楽しみ下さい!

 

さあ!↓をクリックして「あの頃」へ

Flashback!!!

 

https://www.youtube.com/watch?v=v7DWQQiURhE

 


あのヒット曲<660>Shaun Cassidy

2015-01-21

【季節で想い出す・・・あのヒット曲】《660》

37年前、1978年のちょうど「今頃」、

全米ヒット・チャートで、7位にランクインしていたのが、

この曲でした。

 

1958年9月27日、ロサンジェルス生まれ。

スーパー・アイドル、David Cassidyを兄に持ち

(異母兄弟)、1976年にデビュー。

 

翌年発表したカヴァー曲「Da Doo Ron Ron」

(オリジナルは、1963年のCrystals。最高位3位)が、

アメリカで大当たり!

見事全米NO.1を射止めて、人気を確立しました。

 

3枚目のシングルとしてリリースされたこの曲は、

前作「That’s Rock’N’ Roll」(邦題「素敵なロックン・ロール」

に続き、Eric Carmenによって書かれた超ポップ・ソング。

 

この週を含めて、2週連続最高位7位を

記録しました!

 

さあ!↓をクリックして「あの頃」へ

Flashback!!!

 

https://www.youtube.com/watch?v=GO9WnxRlLF8

 


« Older Entries
Copyright© 2011-2016 Young Staff co.,LTD All Rights Reserved.