3月, 2015年

あのヒット曲<708>Jay Ferguson

2015-03-31

【季節で想い出す・・・あのヒット曲】《708》

37年前、1978年のちょうど「今頃」、

全米ヒット・チャートで、9位に上昇していたのが、

この曲でした。

 

1943年5月10日、カリフォルニア生まれの

男性アーティスト。

 

Spirit、Jo Jo Gunneといった

「渋い」ロック・バンドのメンバーを経て、ソロへ・・・。

2枚目のアルバムからカットされたこのタイトル曲で、

キャリア初の全米トップ10ヒットを手中に収めました!

 

この週から、2週連続最高位9位を記録。

ゲスト参加のJoe Walshによる

「滑るギター・フレーズ」がたまらない1曲ですね!!

 

さあ!↓をクリックして「あの頃」へ

Flashback!!!

 

https://www.youtube.com/watch?v=SEKZJp-x-Dc

 


Bay City Rollers ㊙日記(114)

2015-03-30

1978年

 

August 9th  Wednesday  ③

 

(続き)

 

さてNHKホールに着いてみると

きゃぁ、もうすごーーい並んで4列になっているの。

しっかしすごい人の数で、さすがにびっくりした!!

 

780809-7

 

さてさて、それで大急ぎでハガキにCopyしたのを

ピットで付けて青で塗って、たいへん、たいへん!!

 

私たちの元の場所なんてぜーんぜんムシされてるの。

すごい後ろだったコが前の方に行っちゃって・・・

 

あの4人の男のコたちもちゃっかし並んでいました。

くやし~~い!!

 

それで1番初めに券を借りる予定だった子たちの

所に入れてもらったんだけど、

そのあと係員が調べに来たの。

その時は列から出ていたんだけど。

 

そしたら列外の方で何やら騒ぎが・・・・

 

見てみたら大野sanがFanのコに囲まれて

何やら言っているではないですか!

気になってついて行ってみたら、

 

なんとこの券を1000yenや2000yenならまだしも

1万、2万で売っている人がいるというので

そういう人たちを捕まえに来たんだって!!

ずっと券について言っていて、そのあと大野sanが

NHKの人にこのこと言いに行ったの。

そしたらCopyの券の人がいるから、よく気を付けて

下さいなんてコト言うではありませんか!!

 

もうどき~~んときて、あとの2人に言いに行ったの。

 

780809-8

 

どうしよォ~~なんて言っているうちに

いよいよ開場の時間になってしまったのデス。

 

前の方をよく見てみると、ちゃ~~んと1枚1枚

券を調べているではないか!!

あ~~~こりゃもうダメラということになり

仕方なくさびしーーく列を抜けたの・・・・。

 

 

ところがまだまだあきらめきれず大野sanに

Copyの券を売られたって言ってみようと

いうことになったんだけど

私たち2人はあのコト(注)があるからウソつけないので

あとの2人に言ってもらったの。

大野san ゴメンナサ~~イ・・・・

 

でもそんなの買った方が悪いっていうコトで

ダ~~~メ!!

 

もう完全に入れなくなってしまいました~~~

 

再びあの渋谷公会堂の時と同じ思いを

するとは・・・・・つら~~い・・・・

 

そうそう、TabuのFriends3人はRosettaが

入るところバッチリ見えたんだって。

Fanもすごい少なくって・・・

 

Colinは親指のSignをやってくれたんだって・・・・

ガ~~~ン・・・

 

なんでも初め大野sanはFanのコにちゃんとメンバーを

車で素通りさせて見せてあげるから

 
絶対に飛び出さない事としてやったんだけど

やっぱFanのコが飛び出しちゃって

それで大野san「うらぎられた!」と言って

すごく怒ってた。

 

でも私だったら、やっぱ出て行っちゃうだろうナァ・・・

 

あ~~んでもいいナァ

私Rosettaの車で入るところってまだ1度も

見たこと無いんですヨネェ・・・・

 

くやし~~~い!! え~~~ん

 

(続く)

 

780809-9

 

(注)8月3日の武道館公演の日、私たちのプレゼントを大野さんが

直接メンバーに渡して来てくれた恩があるという意味だと

 

思われます(笑)

 

 

 


あのヒット曲<707>Europe

2015-03-30

【季節で想い出す・・・あのヒット曲】《707》

28年前、1987年のちょうど「今頃」、

全米ヒット・チャートで、8位に上昇していたのが、

この曲でした。

 

スゥエーデン、ストックホルムで結成された

ロック・バンド。

 

彼等にとっての「出世作」となった、

3枚目の同名アルバムから、ファースト・シングルとして

カットされたナンバーでした。

 

この週から、2週連続最高位8位を記録。

全英シングル・チャートでは、見事NO.1を

獲得しています!

 

さあ!↓をクリックして「あの頃」へ

Flashback!!!

 

https://www.youtube.com/watch?v=9jK-NcRmVcw

 


あのヒット曲<706>The O’Jays

2015-03-27

【季節で想い出す・・・あのヒット曲】《706》

42年前、1973年のちょうど「今頃」、

全米ヒット・チャートで、1位に輝いていたのが、

この曲でした。

 

50年代から活動し、

1963年の「Lonely Drifter」以来、

コンスタントにヒットを飛ばし続けた

ソウル・コーラス・トリオ。

 

70年代初頭に「Philadelphia Ingternational」

というレコード会社と契約してからは、

その看板グループとして、さらに「表舞台」へ・・・。

この曲は、1972年の「Back Stabbers」

(邦題「裏切り者のテーマ」)に続く、

2曲目の全米トップ10ヒットとなりました。

 

この週、それまで4週連続NO.1を独走し、

「横綱相撲」を見せつけていた、

Roberta Flack「Killing Me Softly With His Song」

(邦題「やさしく歌って」)を倒して、見事NO.1を獲得。

しかし、翌週には再び「横綱Roberta」に寄り切られて

しまいました・・・。

 

さあ!↓をクリックして「あの頃」へ

Flashback!!!

そして、1分57秒からの「芸術的なコーラス」に

酔いしれてみましょう!

 

https://www.youtube.com/watch?v=2vTKmVvyNRc

 


あのヒット曲<705>USA For Africa

2015-03-26

【季節で想い出す・・・あのヒット曲】《705》

30年前、1985年のちょうど「今頃」、

全米ヒット・チャートで、いきなり21位に飛び込んで来たのが、

この曲でした。

 

作詞Lionel Richie、作曲Michael Jackson。

この2か月前、1月28日の夜から翌朝にかけて、

46組のアーティスト、グループが集結して録音された

「世紀のチャリティー・ソング」でした。

 

この3週間後から、4週連続NO.1。

アメリカ国内だけでも、400万枚以上の売り上げを

記録しました。

 

さあ!↓をクリックして「あの頃」へ

Flashback!!!

 

https://www.youtube.com/watch?v=M9BNoNFKCBI

 


あのヒット曲<704>Poco

2015-03-25

【季節で想い出す・・・あのヒット曲】《704》

36年前、1979年のちょうど「今頃」、

全米ヒット・チャートで、18位に上昇していたのが、

この曲でした。

 

60年代後期に結成された、カントリー・ロック・バンド、

その最大のシングル・ヒット!

 

Buffalo Springfield解散後、

元メンバー、Richie FurayとJim Messinaを中心に

結成。

後に、Randy Meisner、Timothy B.Schmitも

在籍していた「名門」グループですね。

 

曲は、アルバム「Legend」から、

ファースト・シングルとしてカットされた「秀作」!

ディスコ・ナンバーが「ワガモノ顔」で闊歩する

ヒット・チャートの中で、何とも言えない「清涼感」を

与えてくれました。

 

最高位は、翌週の17位。

「成績」はイマイチですが、アッパレ!!!

 

さあ!↓をクリックして「あの頃」へ

Flashback!!!

 

https://www.youtube.com/watch?v=8GY_orHl_sI

 


あのヒット曲<703>Buckner&Garcia

2015-03-24

【季節で想い出す・・・あのヒット曲】《703》

33年前、1982年のちょうど「今頃」、

全米ヒット・チャートで、9位に上昇していたのが、

この曲でした。

 

アメリカ南部、ジョージア州アトランタで

結成された、男性デュオ。

 

タイトルが示す通り、

当時大流行していたゲームを題材にした

ダンス・ポップ・ナンバーでしたね!

 

この週を含め、2週連続最高位9位を

記録。

まさかの?ミリオン・セラーに輝きました!

 

さあ!↓をクリックして「あの頃」へ

Flashback!!!

 

https://www.youtube.com/watch?v=brVsGL4cPzE

 


Bay City Rollers ㊙日記(113)

2015-03-23

1978年

 

August 9th  Wednesday  ②

 

(続き)

 

さて、ではここで7,8日のことについて書きマス。

 

7日は「Let’s Go Young」にRosettaが出演するのでス。

でも私らは券を持っていないのデス。。。

 

Sun Musicの方も、今回は券が入ってこなくって

ダメになっちゃったの。

 

 

But、いちおう8:30頃、NHKホールに行って

並んでいることにしたの。

 

780809-6

 

さすがにもうウワテがいて、だいぶ並んでいました。

でもほとんどの子が券を持っていないみたいなの・・・。

 

前に並んでいた高2のIanとTerry Fanの2人も

持っていなくて。

いちおうハガキを買ってCopyしようという事になって

券を持っているけど足りないという子たちと一緒に

PARCOのCopy屋さんに行ったんだけど

ハガキにCopyすることは出来ないと言われ

ガ~~~ン!!

 

それでまた戻って(氷フラッペなどを食べ)

しばらくボーとしていたんだけど

このままでは、どうもガマンが出来ないので

池袋のColorコピーやっている西武まで

行くことにしたの。

 

780809-5

 

But!さっきの券を借りた子たちが戻って来ないのデス。

それで他の子に券を借りることにして

いろいろ後ろの方とか回ってみたら

小学5,6年生ぐらいの男の子が4人いたのです。

 

1枚貸してくれたんだけど、いちおう売ってくれないかって

聞いてみたの。

そしたら2人逃げちゃって、あとの2人に言ってみたんだけど

この2人はわりと聞いてくれそうだったの。

 

でも中心があとの2人だというので、

ず~~と待っていたのです。

 

1時間位待って、帰って来たと思ったら

逃げちゃうし・・・。

それでやっと落ち着いて、この2人に頼んだんだけど

ぜ~~んぜんダメなの・・・。

 

初めのうちは何言っても答えてくれなかったのに

あとで、もう強引に「だめ!!」の一言。

 

あ~~~ん、私あんなに「おねがい」を言ったの

生まれてはじめて!!

ものすごいガンコなんだもん・・・・

涙出て来ちゃった・・・・。

 

仕方なく池袋まで行くことにしたのデス。

ところがカラーコピーってダメなんです。

写真みたいにつるつるした紙になっちゃうの

 

それで今度は普通のCopyをやって

黒の文字を青Penで塗ることにしました。

ピットと青Penを買って。

 

780809-4

 

大急ぎでNHKホールに戻る途中

男の子が券あまってないかって言うの。

無いって言ったら、本当は4枚あったんだけど

Fanの子に2枚取られちゃったんだって!!

 

それで残りの2枚を売ってって私たち頼んだんだけど

ダメだって・・・。

あの2枚を取った犯人探すとか言ってた。

 

でもこのコ、あとで会ったら結局あの2枚も

また盗まれたんだって!!

バカだなぁ・・・・あの時、私たちに売ってれば

良かったのに・・・

 

(続く)

 

 

 

 

 


あのヒット曲<702>The Beatles

2015-03-23

【季節で想い出す・・・あのヒット曲】《702》

45年前、1970年のちょうど「今頃」、

全米ヒット・チャートで、6位に初登場したのが、

この曲でした。

 

彼等にとって、19曲目の全米NO.1となる歴史的名曲が、

この週、Hot 100内にいきなりニュー・エントリーして来ました!

 

翌週、翌々週には、2位に留まりましたが、

3週間後には、ついにSimon&Garfunkel

「Bridge Over Troubled Water」(邦題「明日にかける橋」)

を倒して、NO.1を獲得!

以降、2週連続王座を守りました。

 

さあ!↓をクリックして「あの頃」へ

Flashback!!!

 

https://www.youtube.com/watch?v=ajCYQL8ouqw

 


今年もAir Supply@Billboard Live Tokyo

2015-03-20

Graham RussellとRussell Hitchcock

’90年代に活動を再開してから、ほぼ毎年日本にも来ている

Air Supply

今年も!!

3月19日、Billboard Live Tokyoのファースト・ステージです。

IMG_0671

19時を回りメンバー登場!!

バックの4人と、ヘッド・セットのマイクロフォンを装着して、左用のギターを抱えたGrahamと陽気なHitchcock

Even The Nights Are Better♪

いきなり歌からのスタート!!Hitchcockの歌は健在!!

Just As I Am♪、Grahamの歌からEvery Woman In  The World♪と続き

「ドーモアリガトー」

続いてはHitchcockが静かに、Here I Am (Just When I Thought I Was Over You)♪

Grahamが開口

「楽しんでいるか?前に来てくれた人を覚えているよ!君は知らないなぁ・・・」

そんなことを言って、これも定番のChances♪

場内は静まり効果音が、そしてドラマチックなイントロで

Sweet Dreams♪

静かなGrahamの歌から、Hitchcockのハイ・トーンへ!!

いつもは最後の方に歌われますが、今回は割りと早めに登場です。

ハードなギターもフィーチャー!!後半ではHitchcockはベース奏者と向かい合って歌っていました。

続いては、Goodbye♪

ここでGrahamはアコースティック・ギターに持ち替え、お馴染みの、The One That You Love♪

Graham、Hitchcockともに客席へ!!

さらにHitchcockの方は2階席へ、Grahamはギターを抱え1階席を回っていました。

Hitchcockは女性客何人かとハグを!!

そしてステージに戻って場内の大合唱を促します。

続いて、最初の大ヒット、Lost In Love♪

こちらはかなり長い部分も場内に歌わせていました。(笑)

ドラムスのビートとギターの音に合わせて、Grahamが

「40周年を迎えた、東京には毎年来るけど、いつも暖かく迎えてくれる・・・」

と謝辞を、ピアノのイントロに変わって

Making Love Out Of Nothing At All♪

バックのミュージシャンがかなりロック色の強いナンバーに!!

Out Of Nothing At All!!~ダイナミックなエンディング!!

ここでいったん終了となりました。

・・・

アンコールはダンサブルな感じで、Desert Sea Sky♪

今回の中では新しい曲ですが、もうファンの間では馴染みとなっています。

ここでメンバー紹介、GrahamはPAの人や、ローディーにも謝辞を言っていました。・・・

そして最後は、アコースティックのイントロから、やはり・・・

All Out Of Love♪

静かな曲とはいえ、場内最高潮!!

途中でブレイク・・・となったら、場内がバラバラで歌い出しました。(苦笑)

GrahamとHitchcockはそれをまとめるように指導!!

楽しい爽やかなAir Supplyの世界は70分の幕を閉じました。!!

IMG_0672

正直言って、歌われる曲は、いつもほとんど同じなのですが、Air Supplyといえばこれ!!と言える曲ばかり!!

今回もしっかり聴き入る所は聴き入って、立ち上がるところは立ち上がって、お馴染みの曲では大合唱!!

こんな楽しいライヴ♪

いつまでも続けてほしいと思っています。!!

 

 


« Older Entries
Copyright© 2011-2016 Young Staff co.,LTD All Rights Reserved.