5月, 2015年

2015/5/23 Billboard Chart

2015-05-21

全米ヒットをお探しなら是非あめりかん☆ぱいへ。
全米ヒットじゃなくてもお探しします。

http://www.rakuten.co.jp/americanpie/

 

共同通信社刊 あめりかん☆ぱい佐藤直人編・著『ビルボード年間チャート60年の記録 1955-2014』は、現在発売中です!サンプルページを掲載しています。

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/5514ye

5514ye

 

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
5/23付。今週のビルボード・アルバム・チャートから。

 

gn17102

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/gn17102

今週の第1位はマムフォード&サンズの『Wilder Mind』です。前作『Babel』に続いて2枚目の第1位です。『Babel』はフォーク・アルバム・チャートで32週間の第1位で270万枚のセールス。デビュー・アルバムの『Sigh No More』は同チャートで65週間第1位でした。こちらはポップでは最高位2位でこれまで250万枚のセールスを記録しています。『Wilder Mind』は発売第1週で249,000EAU(換算枚数)のセールスでした。UKでも初登場第1位です。

 
第2位は先週と変わらずでジョシュ・グローバンの『Stages』です。母の日のギフトで売れたおかげで、通常は大きくダウンする発売第2週でもダウンせずにこのランクにいます。

 

今週のTOP10内初登場はあと2枚です。

 

capb002299502

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/capb002299502

第3位に初登場したのが、旬のヒット曲満載のコンピレーション・アルバム『Now 54』。『Now』のナンバー・シリーズは54枚すべてTOP10入りをしていて、2014年までに発売された52枚はすべて年間チャートにランキングされています。『Now』シリーズでは他に6枚がTOP10入りしており、通算60枚目のTOP10入りとなりました。

 

 

stgm630

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/stgm630

第4位は本名アーロン・ドンテーズ・イェイツ、1971年11月8日カンザスシティ生まれのラッパー、テック・ナインの4枚目のTOP10入りとなった『Special Effects』です。2011年『All 6’s & 7’s』、2013年『Something Else』、そして今作とこれで通算3枚目の最高位4位のアルバムなんです。まだTOP3に入ったことがありません。

 

ari500876

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/ari500876

ところで、カントリーの大きなミュージック・アワードのひとつ、CMTアワードのノミネートが発表になりました。カントリー・アーティストのミュージック・ビデオやCMTなどでのパフォーマンスが対象で、最多ノミネートは昨年のビデオ・オブ・ザ・イヤーのキャリー・アンダーウッドで5作品がノミネートされています。受賞者はCMTのウェブサイトで6/8までの投票結果で決まります。授賞式は6/10、ナッシュヴィルのブリジストン・アリーナで。ノミネートは以下のとおりです。

 
* Video of the Year:
Carrie Underwood, “Something in the Water”
Darius Rucker, “Homegrown Honey”
Dierks Bentley, “Drunk on a Plane”
Florida Georgia Line, “Dirt”
Jason Aldean, “Burnin’ It Down”
Kenny Chesney, “American Kids”
Lady Antebellum, “Bartender”
Lee Brice, “I Don’t Dance”
Luke Bryan, “Play It Again”
Maddie & Tae, “Girl in a Country Song”
Miranda Lambert with Carrie Underwood, “Somethin’ Bad”
Sam Hunt, “Leave the Night On”

 

* Male Video of the Year:
Dierks Bentley, “Drunk on a Plane”
Eric Church, “Talladega”
Jason Aldean, “Burnin’ It Down”
Keith Urban, “Somewhere in My Car”
Kenny Chesney, “American Kids”
Luke Bryan, “Play It Again”

 

* Female Video of the Year:
Carrie Underwood, “Little Toy Guns”
Carrie Underwood, “Something in the Water”
Lee Ann Womack, “The Way I’m Livin'”
Miranda Lambert, “Little Red Wagon”
RaeLynn, “God Made Girls”
Reba, “Going Out Like That”

 

* Group Video of the Year:
A Thousand Horses, “Smoke”
Eli Young Band, “Dust”
Lady Antebellum, “Bartender”
Little Big Town, “Day Drinking”
The Band Perry, “Chainsaw”
Zac Brown Band, “All Alright”

 

* Duo Video of the Year:
Big & Rich, “Look at You”
Brothers Osborne, “Rum”
Florida Georgia Line, “Dirt”
Florida Georgia Line, “Sun Daze”
Maddie & Tae, “Girl in a Country Song”
The Swon Brothers, “Later On”

 

* Collaborative Video of the Year:
Blake Shelton featuring Ashley Monroe, “Lonely Tonight”
Brantley Gilbert featuring Justin Moore and Thomas Rhett, “Small Town Throwdown”
Jennifer Nettles featuring Brandy Clark, “His Hands”
Kenny Chesney with Grace Potter, “Wild Child”
Miranda Lambert with Carrie Underwood, “Somethin’ Bad”
Tim McGraw featuring Faith Hill, “Meanwhile Back at Mama’s”

 

* CMT Performance of the Year:
Bob Seger and Jason Aldean, “Turn the Page” from CMT Crossroads
Brett Eldredge, “Beat of the Music” from CMT’s Ultimate Kickoff Party
John Legend and Lee Ann Womack, “You & I (Nobody in the World)” from CMT Crossroads
Katy Perry and Kacey Musgraves, “Roar” from CMT Crossroads
Keith Urban, “It’s a Man’s, Man’s, Man’s World” from 2014 CMT Artists of the Year
Kenny Chesney, “American Kids” from Instant Jam
Lady Antebellum and Aloe Blacc, “Wake Me Up” from CMT’s Ultimate Kickoff Party
Lady Antebellum and Chris Stapleton, “Drink a Beer” from 2014 CMT Artists of the Year

 

* Breakthrough Video of the Year:
Chase Rice, “Gonna Wanna Tonight”
Frankie Ballard, “Sunshine & Whiskey”
Kelsea Ballerini, “Love Me Like You Mean It”
Maddie & Tae, “Girl in a Country Song”
RaeLynn, “God Made Girls”
Sam Hunt, “Leave the Night On”

 

bmchbmrbd0500a

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/bmchbmrbd0500a

もうひとつ、5/17にラス・ヴェガスのMGMグランド・アリーナでビルボード・ミュージック・アワードの授賞式&パフォーマンスが行なわれました。最多受賞は8部門で受賞したテイラー・スウィフトでした。主な受賞者、作品は以下の通りです。

 
TOP ARTIST: Taylor Swift

TOP COUNTRY ARTIST: Florida Georgia Line
TOP TOURING ARTIST: One Direction
TOP FEMALE ARTIST: Taylor Swift
TOP MALE ARTIST: Sam Smith
TOP DUO/GROUP: One Direction
TOP NEW ARTIST: Sam Smith
TOP BILLBOARD 200 ARTIST: Taylor Swift
TOP HOT 100 ARTIST: Taylor Swift
TOP DIGITAL SONGS ARTIST: Taylor Swift
TOP SOCIAL ARTIST: Justin Bieber
TOP STREAMING ARTIST: Iggy Azalea
TOP R&B ARTIST: Pharrell Williams
TOP RAP ARTIST: Iggy Azalea
TOP ROCK ARTIST: Hozier
TOP LATIN ARTIST: Romeo Santos
TOP DANCE/ELECTRONIC ARTIST: Calvin Harris
TOP CHRISTIAN ARTIST: Hillsong United

 
TOP BILLBOARD 200 ALBUM: Taylor Swift, 1989
TOP SOUNDTRACK: Frozen
TOP R&B ALBUM: Pharrell Williams, G I R L
TOP RAP ALBUM: J. Cole, 2014 Forest Hills Drive
TOP COUNTRY ALBUM: Jason Aldean, Old Boots, New Dirt
TOP ROCK ALBUM: Coldplay, Ghost Stories
TOP LATIN ALBUM: Enrique Iglesias, Sex and Love
TOP DANCE/ELECTRONIC ALBUM: Lindsey Stirling, Shatter Me
TOP CHRISTIAN ALBUM: Lecrae, Anomaly

 
TOP HOT 100 SONG: Meghan Trainor, “All About That Bass”
TOP DIGITAL SONG: Meghan Trainor, “All About That Bass”
TOP STREAMING SONG (AUDIO): John Legend, “All of Me”
TOP STREAMING SONG (VIDEO): Taylor Swift, “Shake It Off”

TOP R&B SONG: Pharrell Williams, “Happy”
TOP COUNTRY SONG: Jason Aldean, “Burnin’ It Down”
TOP ROCK SONG: Hozier, “Take Me to Church”
TOP LATIN SONG: Enrique Iglesias feat. Descemer Bueno & Gente de Zona, “Bailando”
TOP DANCE/ELECTRONIC SONG: DJ Snake & Lil Jon, “Turn Down For What”
TOP CHRISTIAN SONG: Carrie Underwood, “Something in the Water”
TOP RADIO SONG: John Legend, “All of Me”
TOP RAP SONG: Iggy Azalea feat. Charli XCX, “Fancy”

 

BILLBOARD CHART ACHIEVEMENT AWARD (FAN-VOTED): Taylor Swift

 

 

/////////////////////////

 

 

5/23付。今週のビルボード・シングル・チャートから。

 

atl548251

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/atl548251

今週の第1位はこれで5週連続第1位となったウィズ・カリファ・フィーチャリング・チャーリー・プースの「See You Again」です。デジタル・セールスで6週連続、ストリーミングで5週連続1位と独走中。ラジオ・ソングスでも7位から4位といよいよ3冠達成へ絶好調です。

 

 

rca309809

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/rca309809

ここで注目なのが先週と変わらず5位にいるウォーク・ザ・ムーンの「Shut Up And Dance」。デジタルで2位、ラジオソングでも5位から2位とこの2部門では大人気となっているのですがストリーミングが11位。ストリーミング次第で一気に上位を狙えるんです。オハイオ州シンシナティで2008年に結成。2012年に『Walk The Moon』でメジャー・デビュー。この曲は昨年12月に発売されたセカンド・アルバム『Talking Is Hard』に収録されています。ロック・ソングス・チャートで7週連続、アダルト・ポップ・ソングス・チャートでは今週初めて1位になりました。

 
その他には、56位にランクされているキース・アーバン・フィーチャリング・エリック・チャーチ「Raise ‘Em Up」ですが、今週カントリー・エアプレイチャートで1位になりました。アルバム『Fuse』からは4曲目の1位で通算18曲目の第1位です。これは歴代9位タイの記録。TOP10は以下の通りです。チャートは1990年1月20日にスタートしています。

 

1位 27曲 Tim McGraw
2位 26曲 Alan Jackson
2位 26曲 George Strait
4位 24曲 Kenny Chesney
5位 20曲 Brooks & Dunn
5位 20曲 Toby Keith
7位 19曲 Brad Paisley
7位 19曲 Blake Shelton
9位 18曲 Garth Brooks
9位 18曲 Keith Urban

 

キース・アーバンは来シーズンがいよいよファイナル・シーズンとなる『アメリカン・アイドル シーズン14』でパフォーマンスしています。

 

fstp544847

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/fstp544847

オーストラリアのシングルチャートで大記録が誕生したそうです。HOT100では最高位30位、ロック・ソングス2位、オルタナティヴでは昨年8月23日から5週連続第1位を記録したヴァンス・ジョイの「Riptide」が、オーストラリアのTOP100シングル・チャートで107週目のチャートインとなりました。これはこれまでの記録であるレディ・ガガの「Poker Face」の106週を抜いて登場週数で単独1位となりました。TOP50=45週、TOP10=5週、2013年4月29日にチャートインして、2014年2月3日に最高位6位を記録しています。オーストラリア・メルボルン出身で、オーストラリアの音楽賞APRAアワードで昨年”Song Of The Year”、”Pop Work Of The Year”を受賞。東京ドームからスタートしたテイラー・スウィフトの“1989ツアー”のオーストラリア公演に参加しています。

 

iscb002285172

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/iscb002285172

TOP40ヒットにはなかなか結び付かないのが最近のマドンナの動向ですが、アルバム『Rebel Heart』からの「Ghosttown」がダンス・クラブプレイ・チャートで今週第1位になりました。これでこのチャートでは45曲目の第1位!これは1位獲得曲数で歴代ダントツの第1位。2位がリアーナとビヨンセの22曲なんです。追いつけないでしょう。

 

gefb001530202

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/gefb001530202
★訃報です。ブルースの王様、B・B・キングが5/14に亡くなりました。昨年10月、ツアー中に体調を崩し、残りのツアーをキャンセルしていました。20年以上患っている糖尿病による脱水症のため4月上旬に緊急入院していましたが、ラス・ヴェガスにある自宅でホスピスケアを受けることになったと5/1に自身のフェイスブックで発表していました。1925年9月16日ミシシッピ州生まれ。1949年にデビューして以来50枚以上のアルバムを発表。1969年にはローリング・ストーンズとヨーロッパツアーを敢行。2000年にはエリック・クラプトンとアルバム『Riding With The King』(最高位3位)を発表しました。日本でも何度もコンサートを開いています。彼のギター・テクニックとヴォーカルは多くのアーティストに影響を与えました。ブルース・アルバム・チャートで25枚のチャートインは、ジョー・ボナマッサと並んで歴代1位タイ。ポップのアルバム・チャートでは1968年から2008年まで33枚がチャートインしました。HOT100でも32曲がチャートイン。U2とのコラボとなる「When Love Comes To Town」(89年68位)が最後のチャートインでした。グラミー賞15回受賞。1987年にロックの殿堂入りを果たし、「ローリング・ストーン誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」では、2003年3位、2011年6位となっています。89歳。ご冥福をお祈りします。

 

B.B. King のオールタイムTOP10ヒット(HOT100)

 

10. Guess Who/Them Changes (1972年最高位62位)
9. Hummingbird (70/48)
8. Paying the Cost to be the Boss (68/39)
7. Chains and Things (70/45)
6. Ask Me No Questions (71/40)
5. Rock Me Baby (64/34)
4. Ain’t Nobody Home (72/46)
3. To Know You Is To Love You (73/38)
2. I Like to Live the Love (74/28)
1. The Thrill Is Gone (70/15)

 

 

s_donnabad
http://item.rakuten.co.jp/americanpie/a0115535102
最後に暑い夏の前にビルボードが発表したタイトルに「Hot」「Heat」が入るオールタイムTOP20です。

 
20. Make It Hot / Nicole feat. Missy Misdemeanor Elliot & Mocha (98/5)
19. (Hot S**t) Country Grammar / Nelly (00/7)
18. Heat Wave/Love Is A Rose / Linda Ronstadt (75/5)
17. Heat Of The Night / Bryan Adams (87/6)
16. Too Hot / Kool & The Gang (80/5)
15. Hot Boyz / Missy Misdemeanor Elliott feat. Nas, Eve & Q-Tip (00/5)
14. Heat Wave / Martha & The Vandellas (63/4)
13. Hot Line / The Sylvers (77/5)
12. Some Like It Hot / The Power Station (85/6)
11. Heat Of The Moment / Asia (82/4)

 

10. This Is Why I’m Hot / Mims (07/1)
9. Hot Fun In The Summertime / Sly & The Family Stone (69/2)
8. Hot Blooded / Foreigner (78/3)
7. The Heat Is On / Glenn Frey (85/2)
6. Here Comes The Hotstepper / Ini Kamoze (94/1)
5. Hot Child In The City / Nick Gilder (78/1)
4. Hot N Cold / Katy Perry (08/3)
3. Drop It Like It’s Hot / Snoop Dogg feat. Pharrell (04/1)
2. Hot In Herre / Nelly (02/1)
1. Hot Stuff / Donna Summer (79/1)

 

 


2015/5/16 Billboard Chart

2015-05-21

全米ヒットをお探しなら是非あめりかん☆ぱいへ。
全米ヒットじゃなくてもお探しします。

http://www.rakuten.co.jp/americanpie/

 

共同通信社刊 あめりかん☆ぱい佐藤直人編・著『ビルボード年間チャート60年の記録 1955-2014』は、現在発売中です!

サンプルページを掲載しています。

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/5514ye

5514ye

 

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 
5/16付。今週のビルボード・アルバム・チャートから。

 

rpblb002296202

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/rpblb002296202
今週の第1位はザック・ブラウン・バンドの『JEKYLL + HYDE』です。換算枚数(EAU)で228,000枚のセールスでした。これでスタジオ・アルバムは2010年『You Get What You Give』、2012年『Uncaged』に続いて3作連続第1位です。そしてこれまで在籍したアトランティック・レコードを離れて、ファッション・デザイナーのジョン・バルベイトスとリパブリック・レコードが設立したジョン・バルベイトス・レコードからの第1弾アルバムなんです。さらにこのアルバムからはクリス・コーネルをフィーチャリングした「Heavy Is The Head」がメインストリーム・ロック・ソングス・チャートで2週連続1位。そして同じく収録されている「Homegrown」がカントリー・エアプレイチャートで4月に3週間1位と違う曲が違うエアプレイチャートで1位を記録しました。

 

今週のTOP10内初登場はあと2枚です。

 

rprw548292

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/rprw548292
第2位に初登場したのが、ジョシュ・グローバンの『Stages』です。8枚目のTOP10アルバムとなりました。2001年の最終週に『Josh Groban』で初めてチャートインしてからいつの間にか14年もたちましたがほとんど毎年チャートインしてきました。今回は18万枚のアルバム・セールスでしたが、1位が強くて2位に初登場です。前作『All That Echoes』(2012年)は発売第1週のセールスが145,000枚でしたが初登場1位でした。今回は『レ・ミゼラブル』、『コーラス・ライン』、『オペラ座の怪人』などで歌われている曲をカバーしています。また、ケリー・クラークソン、クリス・ボッティ、6度のトニー賞受賞のオードラ・マクドナルドなど参加アーティストも豪華です。

 

sny500719

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/sny500719
そしてもう1枚の初登場は第4位、タイラー・ファーのセカンド・アルバム『Suffer In Peace』です。2013年のデビュー・アルバム『Redneck Crazy』は最高位5位でしたから連続でTOP5に入りました。ソングライターとしてもレット・エイキンスやコルト・フォード、ジョー・ニコルスなどに曲を提供しています。1984年2月5日ミズーリ州ガーデン・シティ生まれの31歳。カントリー・アルバム・チャートでは前作も今作も最高位2位なんです。次は1位を!

 

capb001995202

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/capb001995202″ target=_blank>
今週第8位に『In The Lonely Hour』が入っているサム・スミスですが、のどの手術をアメリカで受けるため、オーストラリア、日本、フィリピン、フランス、モナコで行われる予定だった公演をすべてキャンセルしました。全治8週間とのことで、セカンド・アルバムのリリースも遅れる見込みとのことです。今回キャンセルされた日程は今後の回復状況を見ながら今年後半に改めて組まれるようです。その時はセカンド・アルバム収録の曲もやってくれるかな。

 

prl549108

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/prl549108

下の方では、24位に初登場したのがUKのオルタナティヴ・ロック・バンド、ブラーの『The Magic Whip』です。1989年にデビュー。2003年で一旦活動を休止しましたが2009年に再び活動を始め、アメリカではこのアルバムがこれまでの最高順位となりました。UKでは1994年の3枚目のアルバム『Parklife』からこのアルバムまでスタジオ・アルバムは6枚連続で第1位です。

 

rprw549134

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/rprw549134

48位にはエリック・クラプトンの『Forever Man』が入りました。1970年の『Eric Clapton』から44枚目のチャートインです。大ヒット曲はもちろん、ブルースや先日亡くなったBBキングとのコラボも含まれているベスト盤です。

 

ij_elton7002

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/utvr063478

ところで5/31からヨーロッパ・ツアーがスタートするエルトン・ジョンですが、今回のツアーは『All The Hits Tour』という名前でヒット曲満載、公演日によって曲目も変えて行っているようで、すでに今年の1月からの全米ツアーは5/2でいったん終了。5/31からUK、スイス、デンマーク、ドイツ、スウェーデン、ノルウェー、イタリアとまわり、8/8レイク・タホから10/31のラス・ヴェガスまで全米ツアーを行います。その後は11月にニュー・ジーランド、12月にオーストラリア公演が決まっているとのことですが、2016年には日本を含めたアジア・ツアーがあるでしょうか。期待したいところです。

 

 

 

/////////////////////////

 

 

5/16付。今週のビルボード・シングル・チャートから。

 

atl548251

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/atl548251

今週も第1位はウィズ・カリファ・フィーチャリング・チャーリー・プースの「See You Again」、4週連続第1位です。デジタルで5週連続、ストリーミングは4週連続1位。ラジオ・ソングスは急上昇中で今週は1位から7位にアップしました。強いです!

 
第2位は3位からアップしたフェティ・ワップの「Trap Queen」です。デジタルは5位、ストリーミングが2位、ラジオ・ソングスが13位とちょっと1位の「See You Again」とはまだ離れています。フェティ・ワップが2位に上がったことでラッパーが1位、2位を占めることになりましたが、これは6年ぶりとのこと。前回は2009年3月28日付で1位がフロー・ライダーの「Right Round」、2位がT.I.フィーチャリング・ジャスティン・ティンバーレイクの「Dead And Gone」でした。

 
ところでビルボードにTOP3週数ランキングが載っていましたが、20週は記録だったんですね。今週も3位にランキングされているマーク・ロンソン・フィーチャリング・ブルーノ・マーズの「Uptown Funk!」がTOP3=21週目ということで、TOP3週数ランキングでは、1958年8月にHOT100がスタートして以来登場したすべての曲の中で堂々の第1位とのことです。以下の通りです。

 

TOP3週数 タイトル/アーティスト
21 Uptown Funk! / Mark Ronson feat. Bruno Mars (2014-15)
19 Smooth / Santana feat. Rob Thomas (1999-2000)
18 We Belong Together / Mariah Carey (2005)
18 Un-Break My Heart / Toni Braxton (1996-97)
17 All About That Bass / Meghan Trainor (2014)

 
9位には先々週43位、先週17位から上がったTウェインの「Nasty Freestyle」が急上昇しています。登場3週目でのTOP10入りは新人アーティストでは今年最速です。1988年6月20日テキサス州ヒューストン生まれ。10代はYouTubeにダンスやラップの動画をアップするのが好きだったようですが、この曲はこの曲を使った“Whip Dance”の動画が受けて急上昇しているようです。ストリーミングが10位から3位、デジタル・セールスが11位から4位となっております。

 

wb544918

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/wb544918

44位には64位から上がったブレイク・シェルトンの「Sangria」が上昇中です。アルバム『Bringing Back The Sunshine』からサード・シングルです。カントリー・ソングスではこのアルバムから「Neon Light」が3位、「Lonely Tonight」が2位とヒット。この曲も11位から4位に上がって上昇中です。カントリーでは23曲目のTOP10ヒットとなりました。

 

snyl308352

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/wb544918

82位にはマライア・キャリーの新曲「Infinity」が初登場しました。HOT100では47曲目のチャートインです。これまでの18曲のHOT100でのNo.1ヒットすべて(「Someday」はMTVアンプラグド・バージョン)とこの曲を収録したアルバム『#1 To Infinity』からのカットです。

 

 


あのヒット曲<741>The Belle Stars

2015-05-21

【季節で想い出す・・・あのヒット曲】《741》

26年前、1989年のちょうど「今頃」、

全米ヒット・チャートで、17位にダウンしていたのが、

この曲でした。

 

ロンドンで結成された7人組の女性グループ。

 

元々、1982年に発表した、

セルフ・タイトル・アルバムに収録されていた

ナンバーですが、この年の大ヒット映画「Rain Man」

(主演Dustin Hoffman&Tom Cruise)のサントラに起用され、

よもやの「中ヒット」となりました。

 

前週の14位が最高位。

その覚えやすい、耳馴染みのある「フレーズ」で

日本でも人気の高い1曲ですね!

 

さあ!↓をクリックして「あの頃」へ

Flashback!!!

 

https://www.youtube.com/watch?v=33PE3yadSxM

 


あのヒット曲<740>Ray Stevens

2015-05-20

【季節で想い出す・・・あのヒット曲】《740》

41年前、1974年のちょうど「今頃」、

全米ヒット・チャートで、1位に輝いていたのが、

この曲でした。

 

1939年1月24日、ジョージア州生まれの

超ベテラン男性シンガー。

 

60年代初頭から、数々のヒット曲を発表し、

1970年には「Everything Is Beautiful」

(邦題「みんなビューティフル」)で、

初の全米NO.1を獲得!

この曲は、その4年後に放った、

2曲目のNO.1ソングでした。

 

当時、何故か流行していた「ストリーキング」

(公然・全裸・疾走)を題材にした、

完全「オチャラケ」ソング。

その企画・演出が見事に功を奏して、

この週を含め、3週連続NO.1を

「疾走」しました!

 

さあ!↓をクリックして「あの頃」へ

Flashback!!!

 

https://www.youtube.com/watch?v=bxUfg3uCBbg

 


あのヒット曲<739>Billy Joel

2015-05-19

【季節で想い出す・・・あのヒット曲】《739》

31年前、1984年のちょうど「今頃」、

全米ヒット・チャートで、14位にランクインしていたのが、

この曲でした。

 

この前年に発表された、9枚目の名アルバム

「An Innocent Man」から、6枚中4番目に

シングル・カットされた、アカペラ・ナンバー。

 

この週を含め、3週連続最高位14位。

日本では、某生命保険会社のCMに使われ、

比較的耳馴染みのある「一般的」ヒットですね。

特に、卒業シーズンになると、ラジオ番組への

リクエストが多くなる1曲です。

 

さあ!↓をクリックして「あの頃」へ

Flashback!!!

 

https://www.youtube.com/watch?v=a_XgQhMPeEQ


Bay City Rollers ㊙日記(121)

2015-05-18

1978年

 

August 13th Sunday ① Fine

 

780813-1

 

どうやら夏カゼをひいてしまったようでス・・・。

 

鼻がムズムズして、くしゃみが出たり・・・・もーーイヤ!!

きっとIanが女の子を一番初めに見るところは

「Nose!」なんて言ったからいけないんだ!!

 

私のPhotoを見ててIanが私のNoseばっかり見てたんで

見つめられすぎて本人のわらしのNoseが

故障してしまったのら~~~!!

わーーそうだそうだ、そうなのら~~~

 

な~~んてIanのせいにしたりして・・・・。

でもくるし~~~  Help Ian!!

 

ところで今日、図書館に行った帰り、

渋谷の売店でSTが1日早く出てたので

即買いました。

 

中身は電車の中で見たんだけど・・・

 

きゃぁ~~~~!!もうだめェ~~~

 

Ianが・・・・Ianが・・・・いあんくんがとっても

男らしくてかっこいいのォ~~~♡

 

あのネ、武道館で彼ら空手と剣道やったんだってェ

そのネェ、空手着姿のいあんkunが大きくばっちり

(白黒だけど)載ってるのォ

 

780813-2

 

もうだめだワァ・・・・♡ きゃーーIAN~~~!!

なんてぴったりなんでしょう!

すごく似合うのォ

もーーダメダメ・・・・わたしらめ。

 

う~~~ん、IANのこと書いてたら文にならないので

他のメンバーのこと書きます。
こっちはちょっと小さいんだけど、上の方に

Ian以外の4人が剣道やってるところが載ってるの。

 

Damianはこれまたすごく合ってるのよネ、構えも決まってるし。

 

Colinはあの笑顔で(きゃぁ、まだ忘れないワ)すごくかわゆく

写ってるの、ほんとかわいーーー!!!

 

ところがネ、TerryとAndyのあの名コンビ

仲良くちょっとずっこけてんのよネェ

もうおかしーなぁ、AndyのFaceがとくにおかしい。

 

下の方のPhotoには、これは5人剣道着をつけて

正座してるの。

これみんなすましてんだけどネェ

Terryが、なんかおかしいのォ、そのすました顔が・・・

「てりぃ~~~!!!」ってつい叫びたくなっちゃいたい

かんじなの。

 

でも可愛いネ

 

But、武道館でこれやったの、いったいいつなのォ?

3日か4日のConcert前??それとも???

きゃぁでもやっぱIAN、サイコー!

 

次のPageには3日のConcertのPhotoが出ていたの。

そう、Damian、あのアッコchanのARMYシャツ

ちゃ~~んと着てましたよォ♡

うれしくなっちゃうネェ・・・

 

780813-3

 

ここでまたTerryくんのことなんだけど・・・

ゴメンネ、Terry・・・。

TerryがDrumの位置についているPhotoがあるの・・・

 

そのTerryのfaceが・・・・またおかしいのォ~~~

なんともいえない顔してんの。口をへの字のさかさにして。

目がすごく楽しそうなの~~~

あ~~~ん、てりぃ~~~、かわいいのネェ

 

あっColinがちょっと口あけてBass弾きながら笑ってる

また思いだしちゃう~~~

 

(続く)

 


あのヒット曲<738>Earth,Wind&Fire

2015-05-18

【季節で想い出す・・・あのヒット曲】《738》

40年前、1975年のちょうど「今頃」、

全米ヒット・チャートで、4位に上昇していたのが、

この曲でした。

 

70年代中盤から、80年代初頭にかけて、

ブラック・ミュージックの「一般化」に

大きく貢献したグループ、

そのアメリカでの最大のヒット!

 

「思わせぶり」たっぷりなギターの刻みから始まり、

アカペラ・コーラスでピタッと締めくくる「鉄壁」の

2分51秒。

 

この翌週に、見事「王座獲得」!

彼等にとって、唯一の全米NO.1ヒットと

なりました!

 

さあ!↓をクリックして「あの頃」へ

Flashback!!!

 

https://www.youtube.com/watch?v=vwc0AW67CmA

 


あのヒット曲<737>Grover Washington Jr

2015-05-15

【季節で想い出す・・・あのヒット曲】《737》

34年前、1981年のちょうど「今頃」、

全米ヒット・チャートで、2位にランクインしていたのが、

この曲でした。

 

1943年12月12日、ニューヨーク生まれ。

1999年12月17日、心臓発作のため、

56歳でこの世を去った、サックス・プレーヤー。

 

ソウル・シンガー、Bill Withersをフィーチャーした

この曲は、アルバム「Winelight」からのカットで、

キャリアの中で最も大きなヒットとなりました。

 

この週を含め、3週連続最高位2位を記録。

Sheena Easton「Morning Train(9 To 5)」と

Kim Carnes「Bette Davis Eyes」

(邦題「ベティ・デイビスの瞳」)に阻まれ、

王座奪取は叶いませんでした。

 

邦題は「???」。

確かに歌詞の中に「単語」として登場しますが、

ビミョー・・・。

 

さあ!↓をクリックして「あの頃」へ

Flashback!!!

 

https://www.youtube.com/watch?v=WOuI4OqJfQc

 


あのヒット曲<736>Climax Blues Band

2015-05-14

【季節で想い出す・・・あのヒット曲】《736》

38年前、1977年のちょうど「今頃」、

全米ヒット・チャートで、5位に上昇していたのが、

この曲でした。

 

イギリスで結成された、ブルース・ロック・バンド、

その最大のヒット!

「その筋」の方々には、絶大な人気を誇っている

1曲ですね!

 

この翌週、★印付(別名:下降しない保証付)で

最高位3位を記録しましたが、

翌々週には、まさかの7位転落・・・。

一部「マニア」の方々の間では、

1977年「春の珍事」として、語り継がれている

チャート・アクションでした。

 

https://www.youtube.com/watch?v=3-054Wp2qR0

 


あのヒット曲<735>The Outfield

2015-05-13

【季節で想い出す・・・あのヒット曲】《735》

29年前、1986年のちょうど「今頃」、

全米ヒット・チャートで、6位に上昇していたのが、

この曲でした。

 

イギリス、ロンドンで結成された、

ポップ・ロック・トリオ、

その最大のヒット!

 

記念すべきデビュー・アルバム「Play Deep」から

シングル・カットされたこのナンバーは、

この週を含め、2週連続最高位6位を

記録しました。

 

ポップ・センス溢れるこの曲は、

多くのコンピレーションCDにも収録される

80年代「鉄板ヒット」の一つですね!

 

さあ!↓をクリックして「あの頃」へ

Flashback!!!

 

https://www.youtube.com/watch?v=4N1iwQxiHrs

 


« Older Entries Newer Entries »
Copyright© 2011-2016 Young Staff co.,LTD All Rights Reserved.