3月, 2017年

あのヒット曲<1187>Bruce Hornsby&The Range

2017-03-23

【季節で想い出す・・・あのヒット曲】《1187》

30年前、1987年のちょうど「今頃」、

全米ヒット・チャートで、4位に上昇していたのが、

この曲でした。

 

いぶし銀のポップ・ロック・バンド、

その2曲目の全米トップ10ヒット!

 

デビュー・アルバム「The Way It Is」から、

「Every Little Kiss」、

そして、

全米NO.1に輝いた出世作

「The Way It Is」に続く、

3枚目のシングルでした。

 

この週の4位が、最高位。

 

さあ!↓をクリックして「あの頃」へ

Flashback!!!

 

https://www.youtube.com/watch?v=3hlGewtr4vE

 


あのヒット曲<1186>deodato

2017-03-22

【季節で想い出す・・・あのヒット曲】《1186》

44年前、1973年のちょうど「今頃」、

全米ヒット・チャートで、3位に上昇していたのが、

この曲でした。

 

1942年6月21日、ブラジル生まれの

マルチ・プレーヤー。

後にKool&The Gangのプロデューサーとしても

その才能を発揮した男が、「匠」のアレンジで

発表したインスト・ヒット!

 

1800年代に作られ、

1968年の映画「2001年宇宙の旅」の

主題歌やElvis Presleyのライブの冒頭で耳にする

「お馴染みのメロディー」を、シャレオツなジャズ風に

アレンジした作品。

 

この翌週に、

Roberta Flack

「Killing Me Softly With His Song」

(邦題「やさしく歌って」)に肉薄し、

最高位2位を記録する大ヒットとなりました!

 

邦題は「???」。

 

さあ!↓をクリックして「あの頃」へ

Flashback!!!

 

https://www.youtube.com/watch?v=-cuhPbhzMzQ

 


あのヒット曲<1185>Phil Collins

2017-03-21

【季節で想い出す・・・あのヒット曲】《1185》

32年前、1985年のちょうど「今頃」、

全米ヒット・チャートで、3位に上昇していたのが、

この曲でした。

 

彼にとって、

共演も含め、

4曲目の全米トップ10ヒット、

かつ、

2曲目の全米NO.1ヒット!

 

大ベスト・セラー・アルバム

「No Jacket Required」から、

ファースト・シングルとしてカットされた

ミディアム・バラード。

 

この翌週、

REO Speedwagon

「Can’t Fight This Feeling」(邦題「涙のフィーリング」)

を倒して、王座奪取。

2週連続NO.1を堅持しましたが、

その翌週には、

USA for Africa「We Are The World」に

敗れました・・・。

 

さあ!↓をクリックして「あの頃」へ

Flashback!!!

 

https://www.youtube.com/watch?v=zKVq-P3z5Vg

 


2017/3/25 Billboard Chart

2017-03-20

3/25付

★今週の1位は2位の2倍以上のポイント。過去最大格差は?

★初登場10曲すべて同一アーティストは史上初

★TOP5ヒット曲数ランキング

★「Closer」遂に大記録達成!

★100位からのジャンプアップ・ソング

★スターゲート・プロデュース・オールタイムTOP20

★訃報:チャック・ベリー

★エド・シーラン、今年のセールス第1位で初登場

★メタリカ急上昇の謎

★AP集計ダイアナ・ロス

 

3/25付。今週のビルボード・シングル・チャートから。

 

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/atl559578

今週も第1位、エド・シーラン「Shape Of You」。7週目の第1位です。デジタル・セールス7週目、ラジオ・ソングス5週目の第1位。そしてストリーミングでも5080万ストリームスとなって遂に初の第1位となりました。アルバム『÷(Divide)』リリースで今週はストリーミングが一気に増えています。デジタル・セールス、ラジオ・ソングス、ストリーミングの3部門ですべて1位はチェインスモーカーズ・フィーチャリング・ホールジーの「Closer」(2016/11/19)以来7曲目、オンデマンドも今週3週目の第1位でこれを加えた4冠となるとやはり「Closer」(2016/11/5)以来5曲目となりました。
今週は珍しい記録が達成されました。今週のHOT100の初登場は10曲なんですが、これがすべてエド・シーランなんです。初登場が10曲あってすべて同じアーティストで他のアーティストの初登場がないというのは史上初の出来事です。また、1位の「Shape Of You」、最高位6位で先週の75位から39位にアップした「Castle On The Hill」、最高位41位で84位に再登場した「How Would You Feel (Paean)」を加えてエド・シーランは13曲が同時にランクインしています。デラックス・エディション収録の16曲中13曲が、通常盤では12曲すべてがHOT100に同時に入りました。UKではTOP20に16曲、オーストラリアではTOP40に16曲同時にランクインしています。「Shape Of You」はそれぞれの国で9週連続第1位です。

 

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/tzze559498

今週の第2位はこれで通算7週目の第2位となったNo.1ソング、ミーゴス・フィーチャリング・リル・ウージー・ヴァートの「Bad And Boujee」です。ところで今週は1位のポイントが2位の2倍以上あったそうです。こういうケースは1991年のサウンドスキャン集計になってから1位の曲数でカウントすると18曲目とのことです。最大格差はエルトン・ジョンの「Candle in the Wind 1997/Something About the Way You Look Tonight」が初登場1位の週の1997年10月11日付で、2位のボーイズ・トゥー・メンの「4 Seasons of Loneliness」になんと17倍のポイント差をつけたとのことです。ダイアナ妃追悼で発売されたこのシングルが1週間で340万枚も売れたためなんですね。ビルボードのHOT100チャートではその週にいきなり▲8のマークがついていました。これはRIAAが800万枚のセールス認定をしたということなんですが、こちらはレコード会社からの出荷枚数レポートに基づいての認定です。ちなみにその後1100万枚のセールスが認定されています。
5位には6位からリアーナの「Love On The Brain」が上がりました。リアーナ22曲目のTOP5入りです。HOT100チャートでのTOP5曲数となると以下のとおりですが、エルヴィス・プレスリーはTOP100時代に12曲のTOP5ヒットがあります。またポール・マッカートニーは16曲のTOP5ヒットがあるのですが、最後のTOP5ヒットは「FourFiveSeconds」(最高位4位 2015/2/28)でカニエ・ウエストとこのリアーナとのコラボでした。リアーナはこの曲が19曲目のTOP5ヒットでした。
1位 29曲 Beatles
2位 28曲 Madonna
3位 26曲 Mariah Carey
4位 24曲 Janet Jackson
5位 22曲 Rihanna
6位 21曲 Elvis Presley
7位 20曲 Michael Jackson
7位 20曲 Stevie Wonder
9位 19曲 Elton John
9位 19曲 Whitney Houston

 

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/sny541658

先週までの3週間を異なる3曲でダンス/エレクトロニック・ソングス・チャートで1位を独占していたチェインスモーカーズに代わって今週1位になったのがクリーン・バンディット・フィーチャリング・ショーン・ポール&アン・マリーの「Rockabye」です。HOT100では先週の24位から今週第9位にアップしてきました。デジタル・セールスで17位から一気に第3位、ラジオ・ソングスは23位から19位、ストリーミングは32位から34位となっています。iTUNESストアでの69セント・セールが効きました。この曲は昨年から今年にかけてヨーロッパで大ヒット。UKでは11/26から今年の1/21まで9週連続第1位を記録しています。「Rockabye」はイギリスで1765年に出版されたマザーグースの子守歌「Rock-a-bye Baby」をフレーズに取り入れています。クリーン・バンディットは「Rather Be」(フィーチャリング・ジェス・グリン、2014年最高位10位)に続いて2曲目、ショーン・ポールは10曲目、アン・マリーは初のTOP10ヒットです。
さて今週の「Closer」。先週はTOP10の第10位まで下がりましたが、今週は、なんと第10位に留まりました。ということはTOP10=32週!遂にリアン・ライムスが「How Do I Live」で記録したTOP10週数歴代1位に並んじゃいました。すごい!すでにダンス/エレクトロニック・ソングス・チャートで27週1位、HOT100のTOP5で27週、初登場以来連続TOP10週数=32週(これはまだ継続中)はビルボード記録の歴代1位です。オールタイムで歴代何位に入るか楽しみだなあ。TOP10週数記録は以下のとおりです。
1位 32週 Closer / Chainsmokers feat. Halsey (16/1)
1位 32週 How Do I Live / LeAnn Rimes (97/2)
3位 31週 Uptown Funk! / Mark Ronson feat. Bruno Mars (15/1)
4位 30週 Smooth / Santana feat. Rob Thomas (99/1)
5位 29週 Party Rock Anthem / LMFAO feat. Lauren Bennett and GoonRock (11/1)

6位 28週 You Were Meant for Me/Foolish Games / Jewel (97/2)
7位 26週 Truly Madly Deeply / Savage Garden (98/1)
8位 25週 Trap Queen / Fetty Wap (15/2)
8位 25週 All About That Bass / Meghan Trainor (14/1)
8位 25週 Counting Stars / OneRepublic (14/2)
8位 25週 Apologize / Timbaland feat. OneRepublic (07/2)
8位 25週 Un-Break My Heart / Toni Braxton (96/1)
8位 25週 The Twist / Chubby Checker (60/1)

 

またチェインスモーカーズは昨年の5/21に「Don’t Let Me Down」(フィーチャリング・デイヤ)が14位から7位にアップしてから今週まで45週間連続でTOP10入りを続けています。これは歴代5位の記録です。こちらの記録、歴代2位まで狙えるでしょうか。「Paris」が7位変わらず、コールドプレイとのコラボ「Something Just Like This」は5位から11位へダウンですがこちらはまだ登場3週目。あと6週。この2曲に期待しましょう。
1位 69週 Katy Perry (2010-11)
2位 51週 Drake (2015-16)
3位 48週 Ace of Base (1993-94)
4位 46週 Rihanna (2010-11)
5位 45週 Chainsmokers (2016-17) 継続中
5位 45週 The Weeknd (2015)

 

 


さて、今週の19位ですが何と先週の100位からアップしました。ロードの「Green Light」です。ロードといえば、2013年のデビュー・アルバム『Pure Heroine』は最高位3位で400万枚のセールスを記録して、シングル「Royals」は2013年10/12から12/7まで9週連続第1位、集計期間の関係で2013年年間15位、2014年年間20位と分かれましたが大ヒットを記録しました。第56回グラミー賞では最優秀ソング、最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンスを受賞しています。1996年11月7日ニュー・ジーランド生まれのまだ20歳。待望のニュー・アルバム『Melodram』が6/16にリリースされます。そのファースト・シングルが「Green Light」です。今年で20周年を迎え7/28から3日間開催されるフジロックにも出演が決定しています。
100位から翌週TOP40入りした曲:
09-3-14 100 → 15 Jai Ho! (You Are My Destiny) / A R Rahman & The Pussycat Dolls Featuring Nicole Scherzinger
17-3-25 100 → 19 Green Light / Lorde
10-6-12 100 → 20 Poker Face / Glee Cast
06-2-11 100 → 23 Get’cha Head In The Game / Zac Efron
08-3-8  100 → 28 Elevator / Flo Rida Featuring Timbaland
19位へのジャンプアップ:

17-3-25 100 → 19 Green Light / Lorde
08-3-29  92 → 19 Shawty Get Loose / Lil Mama Featuring Chris Brown & T-Pain
08-7-12  91 → 19 All I Want To Do / Sugarland
14-7-12  84 → 19 Somethin’ Bad / Miranda Lambert Duet With Carrie Underwood
09-12-12 80 → 19 Hard / Rihanna Featuring Jeezy
56-11-3  72 → 19 Singing The Blues / Guy Mitchell (TOP100)
63-9-28  65 → 19 Sugar Shack / Jimmy Gilmer And The Fireballs
08-9-6   65 → 19 All Summer Long / Hit Masters
63-11-16 64 → 19 Dominique / Singing Nun

 

41位には59位からアップしたイマジン・ドラゴンズの「Believer」が入りました。発売日やタイトルはまだ決まっていませんがサード・アルバムからのカットで、今週遂にロック・ソングス・チャートで1位になりました。イマジン・ドラゴンズの1位は2曲目で23週間1位を記録した「Radioactive」(2013年)以来。ということで昨年5/21から44週間にわたって3曲で1位を独占してきたトゥエンティ・ワン・パイロッツが2位へダウンしました。2位へ落ちた「Heathens」は30週間第1位でした。

 

ところでビルボードではスターゲートのTOP20ヒットを発表していました。スターゲートはともに1972年生まれのミッケル・ストリアー・エリクセンとトール・エリック・ハーマセンのプロデューサー・チームです。今回ピンク&シーアの「Waterfall」がリリースされ、これが彼らのプロデュースということで今回の発表になったようです。スターゲート・プロデュース作品のHOT100オールタイムTOP20ヒットです。
1. Irreplaceable / Beyonce (06/1)
2. Firework / Katy Perry (10/1)
3. With You / Chris Brown (08/2)
4. Take a Bow / Rihanna (08/1)
5. Rude Boy / Rihanna (10/1)
6. Diamonds / Rihanna (12/1)
7. Only Girl (In The World) / Rihanna (10/1)
8. What’s My Name? / Rihanna featuring Drake (10/1)
9. So Sick / Ne-Yo (06/1)
10. Don’t Stop The Music / Rihanna (08/3)

 

11. Black Widow / Iggy Azalea featuring Rita Ora (14/3)
12. Closer / Ne-Yo (08/7)
13. Black and Yellow / Wiz Khalifa (11/1)
14. Miss Independent / Ne-Yo (08/7)
15. Hate That I Love You / Rihanna featuring Ne-Yo (07/7)
16. Unfaithful / Rihanna (06/6)
17. Tattoo / Jordin Sparks (07/8)
18. Same Old Love / Selena Gomez (16/5)
19. Come & Get It / Selena Gomez (13/6)
20. Let Me Love You (Until You Learn to Love Yourself) / Ne-Yo (12/6)

 

★訃報です。チャック・ベリーが3/18に亡くなりました。ミズーリ州セントチャールズの自宅で18日に倒れ、その後病院で死亡が確認されたとのことです。90歳でした。数多くのロック、R&Bなどのアーティストに強い影響を与え、多くの曲が多くのアーティストによってカバーされました。今回も多くのアーティストから追悼の言葉が寄せられています。昨年10/18に90歳の誕生日を迎えた際に、今年、1979年リリース『Rock It』以来の通算20枚目のスタジオ・アルバム『Chuck』をリリースすると発表していました。このアルバム、リリースしてほしいです。どの程度完成しているのでしょうか。「Maybellene」、「Roll Over Beethoven」、「Rock & Roll Music」、「Johnny B. Goode」、「My Ding-a-Ling」などチャック・ベリーのオールタイム・ヒット(AP集計)は来週ご紹介します。ご冥福をお祈りします。

 

 

/////////////////////////////

 

 

3/25付。今週のビルボード・アルバム・チャートから。

 

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/atl559578

今週の第1位はエド・シーランのサード・アルバム『÷(Divide)』です。451,000EAU、実売は322,000枚のセールスでした。この322,000枚という枚数はなんと今年の通算セールス・ランキングで1位とのこと。1週間の売り上げで今年のすべてのアルバム・セールスの1位になってしまいました。2位はブルーノ・マーズ『24K Magic』の23万枚です。このアルバムは昨年の11月にリリースされましたので通算では70万9000枚のセールスとのことです。『÷』のリリースで、デビュー・アルバム『+』(最高位5位、202週目、200万枚のセールス)が136位から57位、セカンド・アルバム『x』(最高位1位、142週、400万枚)が49位から21位へアップしています。

 

アルバムチャートは実売のセールスに加えて収録曲のダウンロードやストリーミング回数も加味してランキングされています。EAUは換算枚数をあらわしています。
今週はTOP10内にあと1枚が初登場しました。

 

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/rca541432

第9位に初登場したのが、1998年2月11日テキサス州エル・パソ生まれの19歳のR&Bシンガー、キャリドのデビュー・アルバム『American Teen』です。デビュー・シングル「Location」はHOT100で51位から38位へアップしています。

 


http://item.rakuten.co.jp/americanpie/bkrgnd031d

今週のアルバム・チャートで目立ったのはメタリカです。アルバム『Hardwired…To Self-Destruct』が3週間前が35位、先々週37位だったのが、先週14位、そして今週は第2位へ急上昇です。81,000EAU、実売は79,000枚でした。何が起きたか?メタリカは昨年8/20のミネアポリス・USバンク・スタジアムでのライブを皮切りに『WorldWired Tour』中です。5/20から全米ツアーが始まるのですが、それまでに南米、中国、デンマーク、ロンドンなどでコンサートをしています。この5/20からのツアー・チケットにCD購入権が付いているのです。CD1枚か1枚分のダウンロードができます。これが2/17にチケット販売が始まり、その後このCD購入権が行使されてチャートを駆けあがったとのことです。この購入権を無料の付録ではなく、有料としているためチャートに反映されています。メタリカは5/20からの全米25公演ツアーの後、9/4から来年の5/11まで38公演のヨーロッパ・ツアーが決まっています。ちなみに今年の1/11のソウル公演のオープニング・アクトはベビーメタルでした。

 

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/rpblb002600102

59位には127位からサウンドトラック『Sing』が上がりました。日本でも3/17から映画が公開されています。今回は3/3にアメリカでデジタルHDビデオが発売されて、サウンドトラックも売れたようです。DVDやブルーレイは3/21にリリースされますのでその影響がチャートに反映される4/8付でまた再上昇が期待できます。

 

 


http://item.rakuten.co.jp/americanpie/a0116338099

ところで、ニッケルバックは6/9の予定で9枚目のスタジオ・アルバム『Feed The Machine』をりリースして、その後6/23から10/1までの北米ツアーを発表しています。そのニッケルバックですが、このほど5枚目のスタジオ・アルバム『All the Right Reasons』(2005年最高位1位)がRIAAから1000万枚のセールス認定を受けました。実売は796万枚なのですが、現在の認定はトラック・ダウンロード数やストリーミング数をアルバム・セールスに換算してその合計で認定されているため、この度の認定となりました。10月22日に初登場1位だったため、2005年の年間チャートは63位でしたが、2006年3位、2007年6位、2008年48位とロングラン・ヒットとなりました。アルバムからは「Photograh」(2005年HOT100で2位)、「Far away」(06年8位)、「Rockstar」(07年6位)と3曲のTOP10ヒットが生まれています。

 


http://item.rakuten.co.jp/americanpie/a0114009107

 

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/a0114008114
最後に3/26に73歳になるダイアナ・ロス。現在もラス・ヴェガスでコンサートを行ったり、7月にもテキサス州やボストンでのライブも決まっています。そういえば日本にも2年前の1月に19年ぶりの単独来日を果たして武道館でコンサートを行いました。今回のAP(あめりかん☆ぱい)集計はダイアナ・ロスとダイアナ・ロスが所属していた時代のシュープリームスのヒット曲のオールタイムTOP40です。
1. Endless Love / Diana Ross & Lionel Richie (81/1)
2. Where Did Our Love Go / Supremes (64/1)
3. Come See About Me / Supremes (64/1)
4. Upside Down / Diana Ross (80/1)
5. Love Child / Diana Ross & The Supremes (68/1)
6. Stop! In The Name Of Love / Supremes (64/1)
7. Ain’t No Mountain High Enough / Diana Ross (70/1)
8. Someday We’ll Be Together / Diana Ross & The Supremes (69/1)
9. Baby Love / Supremes (64/1)
10. You Can’t Hurry Love / Supremes (66/1)

 

11. I Hear A Symphony / Supremes (65/1)
12. You Keep Me Hangin’ On / Supremes (66/1)
13. Love Hangover / Diana Ross (76/1)
14. Love Is Here And Now You’re Gone / Supremes (67/1)
15. The Happening / Supremes (67/1)
16. I’m Gonna Make You Love Me / Diana Ross & The Supremes & The Temptations (69/2)
17. Theme From Mahogany (Do You Know Where You’re Going To) / Diana Ross (76/1)
18. Touch Me In The Morning / Diana Ross (73/1)
19. Reflections / Diana Ross & The Supremes (67/2)
20. Back In My Arms Again / Supremes (64/1)

 

21. I’m Coming Out / Diana Ross (80/5)
22. My World Is Empty Without You / Supremes (66/5)
23. It’s My Turn / Diana Ross (81/9)
24. Why Do Fools Fall In Love / Diana Ross (81/7)
25. Missing You / Diana Ross (85/10)
26. Muscles / Diana Ross (82/10)
27. In And Out Of Love / Diana Ross & The Supremes (67/9)
28. Love Is Like An Itching In My Heart / Supremes (66/9)
29. I’m Livin’ In Shame / Diana Ross & The Supremes (69/10)
30. Mirror, Mirror / Diana Ross (82/8)

 

31. Nothing But Heartaches / Supremes (65/11)
32. You’re A Special Part Of Me / Diana Ross & Marvin Gaye (73/12)
33. Last Time I Saw Him / Diana Ross (74/14)
34. Remember Me / Diana Ross (71/16)
35. My Mistake (Was To Love You) / Diana Ross & Marvin Gaye (74/19)
36. The Boss / Diana Ross (79/19)
37. When The Lovelight Starts Shining Through His Eyes / Supremes (64/23)
38. All Of You / Julio Iglesias & Diana Ross (84/19)
39. Reach Out And Touch (Somebody’s Hand) / Diana Ross (70/20)
40. One Love In My Lifetime / Diana Ross (76/25)

 

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/a20120221018

ちなみに「Pops, We Love You」(Diana Ross, Marvin Gaye, Smokey Robinson & Stevie Wonder (79/59))は60位でした。

 


新旧お宝アルバム!#79「Soul’s Core」Shawn Mullins (1998)

2017-03-20

2017.3.20

新旧お宝アルバム #79

Soul’s CoreShawn Mullins (Columbia, 1998)

この3連休は素晴らしいお天気続きでいよいよ春本番、南の方ではそろそろ桜も咲き始めたとの知らせも入ってくるこの頃、来週のこのコラムをお届けする頃には都内でももうお花見できる状態になってるのでは、と思うと心躍りますね。いい音楽をバックに気のおけない友人と花見、というのもこの季節ならではの楽しみです。

春はジャズやアコースティックな感じの音楽がとても似合う時期。今週の「新旧お宝アルバム!」では久しぶりに90年代の作品で、味と渋みたっぷりのボーカルと物語性たっぷりの歌詞を持つフォーク・ロック的アメリカーナな楽曲で一部のファンに強く支持され、その後も知る人ぞ知る的な活動を続けているシンガーソングライター、ショーン・マリンズの商業的ブレイク作『Soul’s Core』(1998)をご紹介します。

1990年代のアメリカの音楽シーンは、80年代のMTVを中心とした映像中心のヒットを飛ばすポップスターや、シンセサイザーの打ち込みサウンドで大半のトラックを作り込むダンスヒットの氾濫へのアンチテーゼとして90年前後にはシアトルを中心としたインディー・レーベルのロック・バンド達によるグランジ・ムーヴメントの盛り上がりとか、より社会的な視点からのリリックを中心にストイックな音作りによるヒップホップのルネッサンス的隆盛、そして60年代~70年代のカントリー、R&B、ブルーズ、ハードロックといった音楽をルネッサンス的に換骨奪胎してフレッシュなスタイルで聴かせるアメリカーナ・ロックやオルタナ・カントリーといった音楽スタイルが盛り上がった、音楽シーン的には極めて豊かな時代になっていました。

残念ながら70年代からの日本の洋楽ファンの皆さんは、80年代後半の音楽のマスプロ化や打ち込み主体のスタイルに辟易して新しい音楽には背を向けて昔からおなじみの70年代以前の音楽に戻ってしまった方が多かったようです。もう少し辛抱してシーンに耳を澄ませていれば、90年代の素晴らしい音楽に巡り会えていたはずだったんですが。

で、このショーン・マリンズも、90年代にアメリカーナの隆盛に時期を合わせて対等してきた、そんなアーティストの一人。アトランタ出身の彼は学生時代からバンドを組んで主にアコースティックな音楽を中心に活動してきていて、高校時代の友人にはあのインディゴ・ガールズエイミー・レイもいたとのこと。大学卒業後一時期陸軍の士官養成プログラムに身を投じ、陸軍でのキャリアも考えたようですが、やはり音楽を捨てきれずこの道に戻り、地元のアトランタ近辺で地道なバンド活動をしながら実績を積んでいたようです。

その彼をブレイクしたのは、今日紹介する『Soul’s Core』にも収録されているシングル「Lullaby」の大ヒット(全米1999年最高位7位)。トム・ウェイツを思わせるようなしゃがれた低いボソボソ声で歌う、というよりはつぶやくようなファースト・ヴァースからサビに行くところで一気にハイトーンの美しいボーカルでブリッジを歌うあたりは、ラジオで流れていたら一発でハートを仕留められること請け合い、そういう歌です。そしてこの曲は楽曲メロディだけでなく、その歌詞もまるで映画を見ているかのような独特の情景を浮かび上がらせてくれるという意味でもとても魅力的です。

「彼女はハリウッド・ヒルやサンセット・ブールヴァードに住むスターの子供達と一緒に育った

彼女の両親は盛大なパーティーをよく開いてそこにはいろんな人が集まった

彼女の家族はデニス・ホッパー、ボブ・シーガー、ソニー&シェールなんて連中とよく付き合っていたっけ

今彼女はフェアファックス・アヴェニューのこのバーで安全に過ごしてる

ステージの俺から見ると彼女は未だにあの頃の思いを捨てきれず、リラックスできてないのがよく分かる

だから彼女がうなだれて泣き出す前に

俺は彼女に子守歌を歌うのさ

何もかもうまくいくさ ゆっくりお休み

何もかもうまくいくって だからゆっくりお休み」

YouTube Preview Image

LAの社交シーンの退廃感とそこで自分を見いだせない女性のことを、トム・ウェイツ的なつぶやきと美しいハイトーンのボーカルの組み合わせと、アコースティックで優しいメロディで包むようなこの歌は、おそらく聴く者の心の琴線に触れるものがあったに違いなく、ショーンに取ってはブレイクヒット、しかし彼唯一のヒット曲となりました。

個人的なイメージでショーンの音楽スタイルを一言で表現するなら、「グランジを通過してきたクリス・クリストファーソン」。作る楽曲スタイルはいわゆるアメリカーナに分類されるシンプルなアコースティック寄りのアメリカン・メインストリーム・ロック曲ですが、バンドのリズムセクションの使い方やエレクトリックギターの使い方に明らかにグランジあたりの影響を聴いて取れます。そしてボーカルスタイルは明らかにクリスマール・ハガードといった70年代の無頼派のややロック寄りのカントリー・レジェンド達の強い影響を受けていますが、時々聴かせる伸びやかなテナーからハイテナーのボーカルは、ただのカントリー・ロック・ボーカリストでは片付けられない個性と才能を感じるのです。

同時期にアメリカで大ブレイクしたフーティー&ザ・ブロウフィッシュのリード・ボーカル、ダリウス・ラッカーあたりと作る楽曲スタイルはとてもよく似ているのですが、フーティーズがあくまでも「90年代のイーグルス」的なポジショニングだったのに対し、ショーンのアプローチは明らかに「ロックっぽいナッシュヴィルのシンガーソングライター」的なものでした。

そしてこのアルバム収録の他の曲は、「Lullaby」に続いてシングルカットされ、よく似た楽曲スタイルでアダルト・トップ40チャートで小ヒットとなった「Shimmer」を初め、衰退していくアメリカの地方都市の状況を16歳の少年の目から描き、いつかはここを出て行くんだ、とアコギ一本でトルバドゥール風に歌う「Ballad Of Billy Jo McKay」や同じくアコギ一本で亡き友を歌ったと思われる「Patrick’s Song」、もう15年も電車に乗り続けて旅する37歳の男がもう長いこと海の塩の匂いを嗅いでないから、といってオレゴン州の海岸に来て、同じようにヴァンの乗って町から町にコーヒー・ハウス・ギグのギャラとチップでその日その日を過ごしているミュージシャンと会う、というストーリーを淡々と歌う「Twin Rocks, Oregon」などなど、歌詞カードを見ながら彼の楽曲を聴くと、本当に目の前に映画のような映像がヴィヴィッドに浮かび上がって来ます。

このアルバムのもう一つのハイライトは、クリス・クリストファーソンの「Sunday Mornin’ Comin’ Down」のカバー。エルヴィスを初め多くのアーティストにカバーされたクリスのこの有名なスワンプ・バラードをクリス直系だけあってショーンは見事に自分のものとして歌いきっています。

このシングルとアルバムのブレイクで一躍注目を浴びたかに見えたショーンでしたが、続く『Beneath The Velvet Sun』(2000)も同様にビジュアルなイメージを想起する質の高い楽曲満載の意欲作だったにもかかわらずチャートインすらせず、この後しばらくソロ活動をお休み。その間、2002年には同じく90年代を代表するシンガーソングライター、マシュー・スイートとオルタナ・フォーク・ロック・シンガーのピーター・ドロウジとスーパー・バンド、ソーンズ(Thorns)を結成。素晴らしいアコースティック・ロック・アルバム『The Thorns』(2003)をリリースして、一部に高い評価を得ましたが、広く知られるまでには至っていません。その後2006年以降は『9th Ward Pickin Parlor』(2006)、『Honeydew』(2008)、『Light You Up』(2010)、そして最新の『My Stupid Heart』(2015)と質の高い作品を地道にリリースしているようです。

桜の季節になった今、歌詞の想起するイメージに身を任せながら、ショーンの心にしみるようなアコースティック・サウンドと味のあるボーカルによる楽曲をじっくり楽しんでみてはいかがでしょうか。

 <チャートデータ> 

ビルボード誌全米アルバムチャート最高位54位(1998.11.28付)


Bay City Rollers ㊙日記リターンズ(16)

2017-03-20

1977年

 

4月24日 Sun. ① 晴れ

 

今日AM1:00からのボブソンサウンドサークル

公開録音を放送したため

いつもの対戦はお休みデシタ。

 

それが終わって、ロッキュペーション‘77スペシャルが始まったので

まぁそれを聞きながら寝ようと思ったノデス。

 

ところがナント!大森さんが

「今日はいよいよあのBayCityRollersの新曲が

届いたのでA、B両面ともかけマス」

 

なんて言うではないか!!

 

もう私の心はドキドキ♡

あ~いよいよなんだ!!と思いながら、ふるえた手で

夜の夜中にガチャガチャとカセットの用意をして

今か今かと待っていたのデス!

 

A面のタイトルはLPタイトルと同じく

It’s A Game/恋のゲーム

 

B面はEric/Woodyの共作でDanceDanceDance

だそーです。 発売は5月12日・・・・わぁもうすぐではないか!

 

 

しかしかなりイメチェンしたみたい

うん、すごく大人っぽくなった!

 

LP出すごとに、すごく成長するってのも

Rollersぐらいしかいないんじゃない?

 

でもとにかくいい曲♡

 

B面のDanceDanceDanceは途中に入る

ギターソロのところがすごく気に入った!

Ericもリードギターうまくなったナァ・・・

 

 

SaturdayNigihtみたいに、またIt`s a Game

全米1位になればいいのに♡

このところアメリカでヒットがないから、つまんなくて・・・。

 

でもこの曲を聞いて今までRollersをバカにしていた人達も

見直すんじゃないカナ?

 

Ah-!でも良かった!

これならBusterなんてへのかっぱだ!!

WAHAHA♡

 

このあと聞いたTBS「今週のPopsBest10」

Dedicationは8位くらいだったかな?

なにしろ新曲を聴いた後だったし興奮?してたので

よく覚えてナイノデス・・・・。

 

 

 

(続く)

 

 

 

 

 


あのヒット曲<1184>Gloria Gaynor

2017-03-17

【季節で想い出す・・・あのヒット曲】《1184》

38年前、1979年のちょうど「今頃」、

全米ヒット・チャートで、1位に輝いていたのが、

この曲でした。

 

1949年9月7日、

ニュー・ジャージー生まれの

女性ソウル・シンガーによる、

超メガトン級の大ヒット!

 

ディスコ旋風が猛威を振るうこの時期に、

まさに象徴的な1曲として、

君臨しましたね。

 

この週を含め、

合計3週間NO.1を記録。

同年年間チャートでは、

6位にランクインしていました。

 

邦題は「???」。

ディスコ・ヒットにありがちな、

安直なタイトルでした(涙)。

 

さあ!↓をクリックして「あの頃」へ

Flashback!!!

 

https://www.youtube.com/watch?v=IImvkl1ZeGg

 


あのヒット曲<1183>Quarterflash

2017-03-16

【季節で想い出す・・・あのヒット曲】《1183》

35年前、1982年のちょうど「今頃」、

全米ヒット・チャートで、3位に上昇していたのが、

この曲でした。

 

オレゴン州の素敵な港町、

ポートランドで結成された

ポップ・ロック・バンド、

その最大のヒット!

 

セルフ・タイトル・デビュー・アルバムから、

ファースト・シングルとしてカットされた

この曲は、サックスのイントロが象徴的な

ナンバーでした。

 

この週から、

2週連続最高位3位を記録。

邦題は「???」でしたね(笑)

 

さあ!↓をクリックして「あの頃」へ

Flashback!!!

 

https://www.youtube.com/watch?v=OqeKV2UYq1Q

 


あのヒット曲<1182>Brook Benton

2017-03-15

【季節で想い出す・・・あのヒット曲】《1182》

47年前、1970年のちょうど「今頃」、

全米ヒット・チャートで、4位にランクインしていたのが、

この曲でした。

 

1931年9月19日、サウス・カロライナ州生まれ。

1988年4月9日、脊髄膜炎のため、

56歳で亡くなった「不世出」の男性ソウル・シンガー。

 

50年代後半から、60年代前半にかけて、

コンスタントに7曲の全米トップ10ヒットを

放ちましたが、その後、やや低迷期に・・・。

 

この曲は、名匠Arif Mardinのプロデュースにより、

7年ぶりに10位内に送り込んだ、

大ヒット&ソウル・バラードの決定版でした!

 

この前週から、

2週連続最高位4位を記録。

邦題は、ほぼ直訳の「???」でした・・・。

 

さあ!↓をクリックして「あの頃」へ

Flashback!!!

 

https://www.youtube.com/watch?v=bDRbF80NKDU

 


2017/3/18 Billboard Chart

2017-03-14

3/18付

★エド・シーラン1位独走 UKではTOP10に9曲!

★チェインスモーカーズ、3組目の快挙達成!

★コダック・ブラック 大丈夫か!

★TOP20圏外からTOP10へ2曲以上同時ジャンプアップは何回目?

★女性アーティストTOP40ヒット曲数ランキング

★カントリーで23年ぶりの第1位

★ニッキー・ミナージュ 遂に歴代1位!

★フューチャー、史上初の快挙達成!

★2週連続で同一アーティストが違うアルバムで第1位は6組目

★同一アーティスト1位2位独占(アルバム)は10組目

★アカデミー賞でチャート上昇

★AP集計ジャーニー&スティーヴ・ペリー・オールタイムTOP30ヒット

 

 

3/18付。今週のビルボード・シングル・チャートから。

 

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/atl559578

今週の第1位はエド・シーランの「Shape Of You」。アメリカでは6週目の第1位です。デジタル・セールスで6週目、ラジオ・ソングスでは4週目の第1位。ストリーミングはミーゴス・フィーチャリング・リル・ウージー・ヴァートの「Bad And Boujee」(HOT100では今週通算6週目の第2位)が強すぎて1位に上がれず2位どまりとなっています。UK、オーストラリアでは8週連続で第1位をキープしています。速報でUKでは来週3/25付でも第1位でさらに1位から6位までをエド・シーランが独占したとか。さらにTOP10に9曲、TOP20では16曲がエド・シーランという異常事態が発生したそうです。でもストリーミングがチャートの主流となった今では、今後はこういうことが「異常事態」にはならないかもしれません。このエド・シーランですが、4-5月のUKツアーに続いて6/29から10/6までの北米ツアー48公演が発表されました。早くも「今年の人」ですね。
アレックス・ポール&ドリュー・タガートのデュオ、チェインスモーカーズ。今週はどうなった。

 


http://item.rakuten.co.jp/americanpie/sny541658

第5位には先週の56位からコールドプレイとのコラボ「Something Just Like This」が一気に上昇してきました。この曲は今週ダンス/エレクトロニック・ソングス・チャートで第1位。ということはここ3週間で「Closer」、「Paris」とこの曲とダンス/エレクトロニック・ソングス・チャートの第1位はチェインスモーカーズが毎週違う曲で独占したことになります。これは史上初!珍しい。しかも、このチャートでは第2位が「Paris」、第3位が「Closer」となっていてTOP3を同一アーティストで独占したのも史上初とのことです。このチャートは2013年スタートとまだ歴史が浅いですが、1位獲得曲数ではチェインスモーカーズが6曲で、2位のカルヴィン・ハリスの3曲を引き離して歴代1位となっています。

 

HOT100では「Paris」は先週の6位から今週第7位、「Closer」は先週の5位から今週第10位へとダウンしています。が、「Closer」はTOP10に留まったことで、初登場以来の連続TOP10週数が31週に伸びてまたビルボード記録を更新しました。TOP10=31週はマーク・ロンソン・フィーチャリング・ブルーノ・マーズの「Uptown Funk!」と並んで歴代2位タイ。いよいよリアン・ライムス「How Do I Live」まであと1週と迫りました。今週第10位。さあ留まれるか。あるいは一旦ダウンしてもTOP10に返り咲く力が残っているか注目です。「Paris」、「Something Just Like This」を収録したアルバム『Memories…Do Not Open』は4/7リリースです。
ということで、今週TOP10にチェインスモーカーズが3曲入りました。TOP10に同一アーティスト3曲以上同時チャートインはオール・アーティストでは14組目です。最近ではジャスティン・ビーバーが「What Do You Mean?」、「Sorry」、「Love Yourself」で昨年の12/5から2/6まで10週間記録しました。これがデュオあるいはグループとなるとこれまでビートルズとビー・ジーズしか記録していなくて、彼らが3組目となるのです。ビートルズは1964年に3曲以上同時TOP10入りが10週間ありました。特に4/4は1-5位独占で5曲、4/11も1位、2位、4位、7位、9位と5曲同時TOP10入りを果たしています。ビー・ジーズは「How Deep Is Your Love」、「Stayin’ Alive」、「Night Fever」で1978年2/25と3/4に3曲同時TOP10入りを記録しました。

 

27位から8位に上がったのが、1997年6月11日フロリダ州ポンパノビーチ生まれの19歳、コダック・ブラックの「Tunnel Vision」です。昨年の12月に性的脅迫をしたという疑いで刑務所に収監されていましたが、年末に10万ドルの保釈金を支払い釈放されました。この件に加えて過去の犯罪が次々発覚しその刑は最長で30年になる可能性があると報じられていました。釈放後、保護観察中にもかかわらず2月に保護観察違反があり、現在再び収監されているそうです。この曲は12月に釈放されてからすぐにリリースした作品です。2/16にビデオがリリースされました。彼の両親はハイチからの移民だそうです。ビデオでは明らかにトランプ大統領の移民排斥政策に反発する内容となっています。白人男性が農場で黒人男性を襲いますが、持っていた銃が不具合で、逆に黒人男性がアメリカ国旗で白人男性の首を絞めようとしたところに白人の女の子に止められるという内容です。白人男性の帽子には『Make America Hate Again』と書かれていました。
ところで今週はTOP20圏外からTOP10にジャンプアップした曲が2曲もありました。このような例は過去にはどれくらいあったのでしょうか。これが結構あって今回は34回目でした。年代別に見ると、50年代2回、60年代11回、70年代4回、80年代0回、90年代2回、00年代9回、10年代6回。最近では2014年5/31付。マイケル・ジャクソン&ジャスティン・ティンバーレイクの「Love Never Felt So Good」が22位から9位、コールドプレイの「A Sky Full Of Stars」が43位から10位へアップしていました。調べるとTOP20圏外から3曲同時にTOP10入りしたということも6回ありました。

 

今週は2/26の第89回アカデミー賞でのパフォーマンスがチャートに影響を及ぼしています。No.1ソングで先週29位に下がっていたジャスティン・ティンバーレイクの「Can’t Stop The Feeling!」がアカデミー賞でのパフォーマンスが影響してデジタル・セールスで35位から一気に6位となり、HOT100では13位へアップしました。
37位にはフューチャーのアルバム『HNDRXX』からのカットで「Selfish」が初登場しました。この曲ではリアーナがフィーチャリング・アーティストとして参加しています。これでリアーナは47曲目のTOP40ヒットとなり、女性アーティストで歴代3位となっています。オール・アーティストの歴代1位はエルヴィス・プレスリーの80曲です。

 

女性アーティストTOP40ヒット曲数ランキング:

 

1位 50曲 Taylor Swift
2位 49曲 Madonna
3位 47曲 Rihanna
4位 43曲 Aretha Franklin
5位 37曲 Nicki Minaj
6位 35曲 Mariah Carey
7位 34曲 Beyonce
8位 33曲 Connie Francis
9位 32曲 Janet Jackson
10位 31曲 Dionne Warwick

 

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/rca506963

61位から63位に下ったのがクリス・ヤング・フィーチャリング・ヴィンス・ギルの「Sober Saturday Night」です。HOT100では最高位47位で今週が登場9週目ですが、カントリー・エアプレイ・チャートでは登場39週目で今週第1位になりました。クリス・ヤングにとっては8曲目の第1位。この曲でクリス・ヤングの5枚目のアルバム『I’m Comin’ Over』から3曲連続で第1位となりました。ヴィンス・ギルは6曲目の第1位です。チャートは1990年1月20日にスタートしています。ヴィンス・ギルはカントリー・シングル・チャートに初登場したのが1984年の大ベテランです。このチャートでヴィンス・ギルの5曲目の第1位は1994年3/12の「Tryin’ To Get Over You」でした。この1位の間隔が23年と1週間でこれまでの記録を大幅に塗り替えました。これまではアラバマで93年11/27に1位の「Reckless」からブラッド・ペイズリーのフィーチャリング・アーティストで登場した2011年6/4の「Old Alabama」の17年6ヶ月1週間でした。

 

最後に、遂に並びました。あっという間でした。女性アーティストHOT100登場曲数記録はアレサ・フランクリンの73曲でしたが、これにあと1曲と迫っていたニッキー・ミナージュが、今週78位に初登場。遂に73曲目のHOT100登場となって女性アーティストで歴代1位タイとなりました。曲は「Make Love」。グッチ・メインとのコラボです。ニッキー・ミナージュが初めてHOT100に登場したのが2010年2/20。リル・ウェインのフィーチャリング・アーティストとして「Knockout」(最高位44位)で初チャートインを果たしました。それ以来TOP10入りが13曲。まだNo.1ヒットがなく、最高順位は92年の年間第2位の大ヒット曲、サー・ミックス・ア・ロットのNo.1ソング「Baby Got Back」をサンプリングした「Anaconda」の第2位(14年)です。
女性アーティストHOT100登場曲数ランキング:

 

1位 73曲 Aretha Franklin
1位 73曲 Nicki Minaj
3位 70曲 Taylor Swif
4位 58曲 Rihanna
5位 57曲 Madonna
6位 56曲 Dionne Warwick
7位 54曲 Beyonce
8位 53曲 Connie Francis
9位 48曲 Mariah Carey
9位 48曲 Brenda Lee
リアーナも先ほどお伝えした通り初登場があったので、マドンナを抜いて単独4位になりました。

 

 

/////////////////////////////

 

 

3/18付。今週のビルボード・アルバム・チャートから。

 

今週の第1位は先週『FUTURE』が初登場1位とお伝えしたラッパー、フューチャーの『HNDRXX』です。5枚目の第1位です。ということで2週連続で同一アーティストの初登場1位は史上初めての出来事となりました。121,000EAU、実売は48,000枚でした。『DS2』でアルバム・チャートで初めて1位になったのが2015年の8/8です。まだ1年7ヶ月で5枚のNo.1アルバムは驚異的なスピードです。2週連続で同一アーティストが違うアルバムで1位となったのが6組目。先週1位の『FUTURE』が今週2位となったことで、1位2位を同一アーティストが占めるということが10組目とのことです。ご紹介します。

 

2週連続で同一アーティストが違うアルバムで1位を記録:

 

* Future: HNDRXX / Future (2017/3/18)
* Simon & Garfunkel: Bookends / The Graduate (Soundtrack) (1968/5/25, 6/15, 6/29)
* Monkees: More of the Monkees / The Monkees (1967/2/11)
* Herb Alpert & The Tijuana Brass: Going Places / Whipped Cream & Other Delights (1966/3/5)
* Beatles: The Beatles’ Second Album / Meet the Beatles! (1964/5/2)
* Peter, Paul & Mary: In the Wind / Peter, Paul & Mary (1963/11/2)

 

サイモン&ガーファンクルは、1968年4/6から5/18が『The Graduate』が1位、5/25から6/8までが『Bookends』が1位で、6/15と6/22が再び『The Graduate』、そして『Bookends』が6/29から7/20まで1位と3度入れ替わりました。
同一アーティストで1位2位独占:

* Future:  HNDRXX / Future (2017/3/18)
* Prince: The Very Best of Prince / Purple Rain (Soundtrack) (2016/5/7)
* Nelly: Suit / Sweat (2004/10/2)
* Guns N’ Roses: Use Your Illusion II / Use Your Illusion I (1991/10/5 – 10/12)
* Jim Croce: You Don’t Mess Around With Jim / I Got a Name (1974/1/26 – 2/2)
* Beatles: The Beatles (White Album) / Yellow Submarine (Soundtrack) (1969/3/1)
* Simon & Garfunkel: The Graduate / Bookends (1968/5/11 – 5/18, 6/15 – 6/22)
* Simon & Garfunkel: Bookends / The Graduate (1968/5/25 – 6/8, 6/29 – 7/6)
* Monkees: More of the Monkees / The Monkees (1967/2/11 – 3/4)
* Herb Alpert & The Tijuana Brass: Going Places / Whipped Cream & Other Delights (1966/4/30 – 5/14)
* Beatles: A Hard Day’s Night (Soundtrack) / Something New (1964/8/22 – 10/17)

* Beatles: The Beatles’ Second Album / Meet the Beatles! (1964/5/2 – 5/9)
* Beatles: Meet the Beatles! / Introducing…The Beatles (1964/2/29 – 4/25)
* Peter, Paul & Mary: In the Wind / Peter, Paul & Mary (1963/11/2)

 

アルバムチャートは実売のセールスに加えて収録曲のダウンロードやストリーミング回数も加味してランキングされています。EAUは換算枚数をあらわしています。
今週はTOP10内にあと2枚が初登場しました。

 

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/capnb002622302

第4位に初登場したのが、最近人気が定着してきて出せばヒット状態になってきたカントリー・グループのリトル・ビッグ・タウン、8枚目のスタジオ・アルバム『The Breaker』です。51,000EAU、実売44,000枚のセールスでした。カントリーのデュオあるいはグループで2010年代ではレディ・アンテベラムの5枚に次ぐ4枚目のTOP10アルバムとなりました。カントリー・アルバム・チャートでは3枚目の第1位です。収録曲でテイラー・スウィフトのペンによる「Better Man」はHOT100では最高位34位(今週42位)ですが、カントリー・ソングス・チャート、カントリー・エアプレイ・チャートの両方で第1位となっています。

 

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/bire188769

第10位に初登場したのが1977年8月20日テキサス州アビリーン出身の39歳のカントリー・シンガー、アーロン・ワトソンの『Vaquero』です。5枚目のチャートインでこれまで5枚の最高位を見ると、175位、150位、81位、14位、そして今回第10位と着実に人気が広がっているように感じます。初めてアルバムをリリースしたのが1999年でした。それから5枚目まではカントリー・チャートにもチャートインできませんでした。それが通算12枚目となった2015年の前作『The Underdog』で初めてカントリー・アルバム・チャートで第1位となり、今回も第2位に初登場です。遅咲きかもしれませんが、今旬のアーティストとなりました。これからの活躍も期待です。

 

アカデミー賞でのパフォーマンスや受賞でアルバム・チャートでも動きがありました。

 

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/iscb002562002

主題歌賞にノミネートされ、ジャスティン・ティンバーレイクがパフォーマンスした「Can’t Stop The Feeling!」が収録されているアルバム『Trolls』が35位から第5位に急上昇。同じく主題歌賞にノミネートされて、リン・マニュエル・ミランダとアウリー・クラバーリョがパフォーマンスした「How Far I’ll Go」収録の『Moana』が16位から8位に上がりました。

また6部門で受賞した『La La Land』は18位から11位へアップです。『La La Land』のコンサート・ツアーが始まることになりました。5/26、27のロス・アンゼルスのハリウッド・ボウルにアトランタ、サン・ディエゴ、サン・アントニオ、ナッシュヴィルなどで開催が決まっています。さらにUK、メキシコ、イタリア、トルコ、スイス、カナダでも行われるとのことです。劇中の映像と歌に合わせて100ピースのオーケストラにコーラス、ジャズ・アンサンブルが演奏するとのことです。

 

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/a0110029124

最後に先日ニルヴァーナの『Nevermind』が350週目のチャートインを果たしたとお伝えしましたが、今週はジャーニーの『Journey’s Greatest Hits』が先週の103位から今週100位にアップして、登場週数が歴代5位の通算450週となりました。1988年にリリースされ、最高位は1989年2/11の第10位。全米で1500万枚のセールスを記録しています。ということで今週のAP(あめりかん☆ぱい)集計オールタイムヒットはジャーニーにスティーヴ・ペリーを加えてHOT100に登場した曲のTOP30をご紹介します。
1. Open Arms / Journey (82/2)
2. Oh Sherrie / Steve Perry (84/3)
3. Who’s Crying Now / Journey (81/4)
4. Separate Ways (Worlds Apart) / Journey (83/8)
5. When You Love A Woman / Journey (96/12)
6. Lovin’, Touchin’, Squeezin’ / Journey (79/16)
7. Don’t Stop Believin’ / Journey (81/9)
8. Faithfully / Journey (83/12)
9. I’ll Be Alright Without You / Journey (87/14)
10. Only The Young / Journey (85/9)

 

11. Foolish Heart / Steve Perry (85/18)
12. Be Good To Yourself / Journey (86/9)
13. Still They Ride / Journey (82/19)
14. Any Way You Want It / Journey (80/23)
15. Send Her My Love / Journey (83/23)
16. She’s Mine / Steve Perry (84/32)
17. Girl Can’t Help It / Journey (86/17)
18. Don’t Fight It / Kenny Loggins with Steve Perry (82/17)
19. Suzanne / Journey (86/17)
20. After The Fall / Journey (83/23)

21. Walks Like A Lady / Journey (80/32)
22. You Better Wait / Steve Perry (94/29)
23. The Party’s Over (Hopelessly In Love) / Journey (81/34)
24. Strung Out / Steve Perry (84/40)
25. Why Can’t This Night Go On Forever / Journey (87/60)
26. Lights / Journey (78/68)
27. Just The Same Way / Journey (79/58)
28. Good Morning Girl/Stay Awhile / Journey (80/55)
29. Wheel In The Sky / Journey (78/57)
30. Lights (Live Version) / Journey (93/74)

 


« Older Entries Newer Entries »
Copyright© 2011-2016 Young Staff co.,LTD All Rights Reserved.