最新全米音楽事情

2015/8/29 Billboard Chart

2015-08-24

8/29付。今週のビルボード・アルバム・チャートから。

 

capb002281302

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/capb002281302

今週の第1位は初登場でルーク・ブライアンの『Kill The Lights』です。こちらのチャートでは3枚目の第1位ですが、カントリー・アルバム・チャートでは6枚目の第1位となりました。345,000EAU(換算枚数)、実売でも32万枚と久しぶりの30万超となりました。発売1週目のセールスとしては今年ではドレイクの『If You’re Reading This It’s Too Late』の535,000枚、ケンドリック・ラマーの『To Pimp A Butterfly』の363,000枚に次ぐ3番目のセールスを記録しました。

 

 

今週のTOP10内初登場はあと3枚、1位から4位までがすべて初登場でした。

 

iscb002391202

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/iscb002391202

第2位は、ドクター・ドレ、通算3枚目のアルバム、なんと16年ぶりです、『Compton』が初登場しました。295,000EAU(実売は276,000枚)のセールス。1週間早くリリースしていたら先週1位だったのに。このアルバム・リリースから2週間はダウンロードはiTunesのみ、ストリーミングはアップル・ミュージックのみでのリリースとのことでCD発売は8/21なんです。3枚目といいましたが、デビュー・アルバム『The Chronic』が93年3位(6週間)、2枚目『Dr. Dre 2001』が99年2位(4週間)でした。それから実に16年。オーストラリア、UKでは第1位です。今回は自身やアイス・キューブが在籍したギャングスタ・ラップの草分け的存在のヒップホップ・グループ N.W.A.の伝記映画『Straight Outta Compton』が8/14に公開になるのに合わせて、映画にインスパイアされたサウンドトラックとしてこのアルバムのリリースとなりました。なお、今週の1位と2位のセールスを合わせると64万枚になるのですが、これは今週の3位から32位までのすべてのアルバム・セールスの合計に匹敵するとのことです。

 
第3位には76,000枚のセールスで『Now 55』が初登場。

 

ffrtb002297502

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/ffrtb002297502
第4位にはクリスチャン・アルバム・チャート初登場1位のトビーマック『This Is Not A Test』が初登場しました。このチャートでは4枚目の第1位です。クリスチャン・ソングス・チャートには「Feel It」(フィーチャリング・ミスター・トークボックス)がTOP10に入り、このチャートでは歴代5位の曲数となる16曲目のTOP10入りとなりました。第1位は21曲でキャスティング・クラウンズ、マーシーミー、クリス・トムリンが並び、第4位が18曲のジェレミー・キャンプとなっています。

 

ctrc901156

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/ctrc901156

下の方では、25位に初登場したのが、ロック・アルバム・チャート初登場1位のマック・デマルコの『Another One』です。ニューヨーク州クイーンズの自宅で製作、録音されたミニ・アルバムで8曲が収録されています。1990年4月30日カナダ・ブリティッシュ・コロンビア州生まれの25歳。昨年リリースの『Salad Days』のヒットで今年1月には初来日コンサートも開かれました。

 
185位には登場週数224週目、最高位1位のケイティ・ペリー『Teenage Dream』が入っていますが、今週で遂に300万枚のセールスを突破しました。このアルバムからはHOT100でのNo.1ヒットが5曲誕生しました。1枚のオリジナル・アルバムからのNo.1ヒット曲数は5曲が史上最多で、これまでのところマイケル・ジャクソン『Bad』とこのアルバムのみが記録しています。ちなみに2008年発売のデビュー・アルバム『One Of The Boys』は169万枚、2013年の『Prism』は165万枚のセールスを記録しています。

 
(アルバムチャートは実売のセールスに加えて収録曲のダウンロードやストリーミング回数も加味してランキングされています。EAUは換算枚数をあらわしています。)

 

 

/////////////////////////

 

8/29付。今週のビルボード・シングル・チャートから。

 

snyl512506

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/snyl512506

今週の第1位はなんと4週連続1位のあと先週2位に落ちたOMIの「Cheerleader」です。デジタル・セールス、ストリーミング、ラジオ・ソングス各チャートでは今週はすべて2位なんですけど、1位に返り咲きました。この曲、21歳の時に朝起きたら口ずさんでいたメロディなんだとか。それが29歳になった現在に大ヒットしたんですね。

 

 

rpblb002376702

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/rpblb002376702
第2位は先週の1位からダウン、ザ・ウィークエンドの「Can’t Feel My Face」です。デジタル・セールス、ラジオ・ソングスでは1位なんですが、ストリーミングが4位でHOT100では2位となりました。今週は「The Hills」が11位から5位に上がってTOP5に2曲同時にランクインしました。男性ソロではB.o.Bの「Airplanes」(フィーチャリング・ヘイリー・ウィリアムス)と「Nothin’ On You」(フィーチャリング・ブルーノ・マーズ)がそれぞれ2位と5位に入っていた2010年6月5日付以来とのことです。すべてのアーティストを含めると今年では、テイラー・スウィフト、メーガン・トレイナーが記録しています。

 
25位には、先々週60位、先週35位からアップしたRシティ・フィーチャリング・アダム・レヴィンの「Locked Away」が上がってきました。Rシティはセロンとティモシーのトーマス兄弟のレコーディング・アーティストとしての名前で、もともと彼らはソングライターとして大ヒットを記録しています。2008年にはショーン・キングストンの「Take You There」(最高位7位)やプッシーキャット・ドールズの「When I Grow Up」(9位)、2010年には最高位2位のアイヤズ「Replay」。2013年にはマイリー・サイラスの「We Can’t Stop」(2位)などが彼らの作品です。ソングライターにはトニー・テニールの名前がありますが、1980年に第1位を記録したキャプテン&テニールの「Do That To Me One More Time」のメロディと似ている部分があるのでクレジットされているとのことです。8/17にオフィシャル・ビデオがリリースされましたので今後さらなる上昇が期待できます。

 
26位には先週3位に初登場したワン・ダイレクションの「Drag Me Down」が大幅ダウンです。3位からのダウン記録を調べました。以下の通りです。

 
ダウン後の順位 日付 タイトル/アーティスト
30位 2012/12/3   I Will Always Love You / Whitney Houston
26位 2015/8/29   Drag Me Down / One Direction
23位 1983/2/19   Sexual Healing / Marvin Gaye
23位 2012/11/3   I Knew You Were Trouble / Taylor Swift
21位 1976/12/18  Love So Right / Bee Gees
21位 2012/10/27  Live While We’re Young / One Direction

 
33位にはフェティ・ワップの「Again」が初登場しました。ラップ・ソングス・チャートでは8位に初登場しています。これでTOP10内に4曲同時にランクインしました。ラップ・ソングス・チャートは26年の歴史がありますが、2位に「Trap Queen」、3位に「My Way」、5位に「679」、そして8位に「Again」とデビュー曲からの4曲が同時にTOP10内にランクインしたのは史上初とのことです。デビューからでなければ、TOP10内に4曲以上同時にランクインしたのは8組目で、他に50セント、T.I.、リル・ウェイン、ドレイク、2チェインズ、エミネム、イギー・アゼリアが記録しています。なお、50セントとドレイクは5曲同時TOP10入りを記録しました。

 
最後に元ゴーゴーズのメンバー、べリンダ・カーライルの誕生日(1958年8月17日生まれ)をお祝いしてゴーゴーズ&元ゴーゴーズのオールタイムTOP10ヒットが紹介されていました。
10位 Head Over Heels / Go-Go’s (84年最高位11位)
9位 Leave a Light On / Belinda Carlisle (89/11)
8位 Our Lips Are Sealed / Go-Go’s (81/20)
7位 Rush Hour / Jane Wiedlin (88/9)
6位 Vacation / Go-Go’s (82/8)
5位 Circle in the Sand / Belinda Carlisle (88/7)
4位 I Get Weak / Belinda Carlisle (88/2)
3位 Mad About You / Belinda Carlisle (86/3)
2位 We Got the Beat / Go-Go’s (82/2)
1位 Heaven Is a Place on Earth / Belinda Carlisle (87/1)

 

 
/////////////////////////////

 
全米ヒットをお探しなら是非あめりかん☆ぱいへ。
全米ヒットじゃなくてもお探しします。

http://www.rakuten.co.jp/americanpie/

 

共同通信社刊 あめりかん☆ぱい佐藤直人編・著『ビルボード年間チャート60年の記録 1955-2014』は、現在発売中です!サンプルページを掲載しています。

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/5514ye

 

5514ye

 


Copyright© 2011-2016 Young Staff co.,LTD All Rights Reserved.