ラジオ番組企画&制作&音楽全般のプロデュースの株式会社 ヤング・スタッフ

Elton John@大阪城ホール(ネタバレ注意!!)

time 2015/11/17

Sir Elton John、8年ぶりに日本に上陸、しかもNigel Olsson、Davey Johnstone等、バンドを率いての来日は14年ぶりです。

IMG_4794

11月16日は初日の大阪城ホール

アナウンスがあり、定刻19時を少し回ったあたりでライトダウン!!

メンバーの動く影の中、鐘の音、風の音・・・

ということは、Funeral For A Friend♪

やはりこのGoddbye Yellow Brick Roadのオープニングで始まってくれなければ!と思います。!

重厚な音が響く中、ピアノが入るところでライトアップ!!

Elton John登場!!

Versaceなのか煌びやかなロングのジャケットを羽織っています。

Nigel Olsson、Davey Johnstoneと王道を共にしたメンバー!!

ベースがMatt Bissonett、キーボードがKim Bullard、パーカッションがJohn Mahon、Elton John Bandとして鉄壁のメンバーです。

そのDaveyのギター、白い手袋をはめたNigelの力強いドラムスの中、曲が転調、そしてEltonのピアノをブリッジに・・・

The Rosess In The Window Box~♪とElton

勿論、Love Lies Bleeding♪、何度見ても感動します。

1曲目から10分を超える組曲で、なんとスタンディング・オベーションとなりました。

続いてBennie And The Jets♪

Eltonも早くもノっていて、Bennie!と掛け声を煽ります。

一転してCandle In The Wind♪

彼の最も有名なナンバーの一つとなりましたが・・・

勿論、Goodbye Norma Jean~♪、観客は聴き入っていました。

ここで開口

「Good Evening Osaka!会えて嬉しいよ。Goodbye Yellow Brick Roadから3曲続けたけど、次もそこから・・・」

そんなことを言って、All The Girls Love Alice♪

Eltonらしいナンバー、スローになる部分ではバックのスクリーンに女の子のシルエットが写っていました。

「次はMadman Across The Waterから2曲・・・」

先ず、Levon♪

Eltonの歌は力強く、後半ではピアノとDaveyのギターとの掛け合い

さらにはNigelのドラムスも入り・・・

そしてDaveyはツインネック・ギターに持ち替え、Tiny Dancer♪

Eltonのコンサートでは必ず歌われるだけに場内も盛り上がってきました。

再び開口

「次の曲はBernieが書いた最も好きな歌の一つ、先週末、パリで亡くなった人たちに捧げます・・・彼らの死を無駄にしないよう、憎しみでなく愛がすべてであることを信じます・・・」

そのようなことを言って、Believe♪

以前はElton一人で歌っていましたが、今回はバンドが入り、よりメッセージが力強くなったよう・・・

場内の観客もEltonの言ったことがわかっていて、感動が増したといった感じでした。

一転して軽やかなピアノから、Daniel♪

Daveyはアコースティック・ギターを、そして軽快なビートが響き、Philadelphia Freedom♪

バックのスクリーンには星条旗をアレンジした華やかな映像

かなり多くの人が立ち上がり!!

ピアノのお馴染みのイントロから、Goodbye Yellow Brick Road♪

バックのスクリーンには立体アニメの映像、パーカッションのJohnがコーラスをつけていました。

ここでElton一人にスポットが当たりピアノのソロを・・・

会場の左右のスクリーンにEltonの指使いが写ります。

そして、She Packed My Bags~♪

Rocket Man♪、バックのスクリーンには地球の映像が!!

SFをイメージする歌と思いましたが、今回は地球への愛を感じます。

「Leon Russellと作ったUnionから・・・」

そう言って、Hey Ahab♪

さすがElton、スワンプ風のピアノもお得意!!

今回1番新しい曲かもしれません。

続いてお馴染み、I Guess That’s Why They Call It The Blues♪

Stevie Wonderのハーモニカの音はシンセサイザーによる音でした。

ステージにはElton一人が残り、曲はThe One♪

この曲はソロの時によく歌われますが、近年のツアーでは歌っておらず、今この歌の必要性を感じたのかもしれません。

これに続いては、誰もが知っているイントロ!!

そしてIt’s A Little Bit Funny~♪

勿論、Your Song♪、ここで登場です。

但し今回は途中からバンド演奏が加わりました。!!

ステージは後半へ、静かに始まるBurn Down The Mission♪

バックのスクリーンには炎の映像、アップ・テンポになるところの盛り上がりもEltonのライヴならではです。

ヒット曲の多さを実感させるSad Songs (Say So Much)♪

‘70年代後期から、’80年代初頭まで低迷を続けていたElton

この曲がヒットした時は再びチャートの常連になっていたのですが、それを思わせる内容、Nigelもコーラスをつけていたのが印象に残っています。

ここでNigelとDaveyは下がりますが、他の3人は残り・・・

Sorry Seems To Be The Hardest Word♪、叙情的な音を作っていました。

2人も戻ってメンバー紹介

John、Kim、Matt、そしてNigelには「オリジナル・メンバー!・・・」

Daveyには「43年一緒にやっている!・・・」

やはりこの2人は特別な歓声を浴びていて・・・

ピアノのイントロから、Don’t Let The Sun Go Down On Me♪

Nigelのドラムスが入るところからパワフルに!!

そしてバックのスクリーンには大きな太陽、メンバーもコーラスをつけクライマックス、スタンディング・オベーションとなりました。

さてDaveyはフライングVに持ち替え、Nigelのカウントから、力強いカッティング!!

勿論、The Bitch Is Back♪

ここで場内はほぼ総立ちに!!

バックのスクリーンにはBITCH

Eltonが1番ワルノリしている時の歌、最高潮とはこのこと!!

そのままのノリで、I’m Still Standing♪

そうこの曲で、Eltonは蘇ったのです。

それを示すかのようにバックのスクリーンには色々なEltonの姿が写し出され・・・

曲はYour Sister Can’t Twist (But She Can Rock’n Roll)♪

ノリノリの中、Nigelのドラムスから、Saturday Night’s Alright For Fighting♪

バックのスクリーンも華やかに、まさに絶頂!!

Saturday! Saturday!~♪

この上ないノリの中、Eltonは静かに下がっていきました。・・・

・・・

アンコールは・・・

とその前に、Eltonはスタッフからペンを受け取り、前の方のファンにサイン、これはEltonのコンサートのいつもの光景です。

そしてピアノについて、やはり、Crocodile Rock♪

La, la la la la la~♪の場内合唱もお馴染み!!さらには手拍子も!!

最後は楽しいこの歌で、2時間30分のElton John Worldは幕を閉じました。!!

IMG_4798

本公演の3日前にパリで起きた同時テロ・・・

このコンサートもどうなるか!?と思ったのですが・・・

Eltonは2001年も同時多発テロの2ヶ月後、多くがコンサートをキャンセルする中、来日して素晴らしいステージを見せてくれました。

さらに言えば、1995年には阪神大震災直後に来日公演も行われています。

今回のBelieve♪の前に言ったことが全てを物語っています。

そう、Eltonは「音楽によって憎しみでなく愛を伝える」ことが自分の使命と思っているのでしょう。

そして今回、NigelとDaveyがいて、プレイされた24曲はなんと全曲、EltonとBernieのペンによるもの!!

それにも感動しました。

(The Lion Kingの曲やカバー曲を聴きたかった人もいるでしょうが・・・(^_^;))

これからも、コンスタントに日本に「音楽の愛」を届けに来て欲しいと心から願っている次第です。

オフ会映像

ひたすら・・・歌い出しがタイトル!の全米トップ40ヒットを聴く飲み会

Facebook