最新全米音楽事情

2015/11/28 Billboard Chart

2015-11-28

11/28付。今週のビルボード・アルバム・チャートから。

 

mernb001940502

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/mernb001940502

今週は2015年年間チャート集計最終週です。2015年年間チャートの発表は12/10(日本時間)。アルバムはあれ、シングルはあれと1位の想像は容易ですがTOP10はどんな並びになるんでしょうか。
さて、11/28付です。今週の第1位はCMAアワードでのパフォーマンスと最優秀アルバム賞、最優秀新人、最優秀男性ボーカルの3部門で受賞したクリス・ステイプルトンの『Traveller』が2週連続で第1位です。今週は124,000EAU(実売97,000枚)のセールス。受賞前の5ヵ月で96,000枚しか売れていなかったのに、その後の2週間で25万枚も売れてしまいました。
アルバムチャートは実売のセールスに加えて収録曲のダウンロードやストリーミング回数も加味してランキングされています。EAUは換算枚数をあらわしています。
今週のTOP10内初登場は3枚です。

 

iscb002410602

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/iscb002410602

第3位に初登場したのが、エリー・ゴールディングの『Delirium』です。デビュー・アルバム『Lights』が21位、セカンド・アルバム『Halcyon』が最高位9位(いずれも2012年)でしたので過去最高順位となりました。映画『Fifty Shades Of Grey』のサウンドトラックに収録されてHOT100では第3位のヒットとなった「Love Me Like You Do」も収録されています。

 

bmchbmrtm0350a

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/bmchbmrtm0350a

第5位にはカントリーのスーパースター、ティム・マックグロウの『Damn Country Music』が初登場です。17枚目のTOP10入りです。

 

cap4756781

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/cap4756781

6位には再登場ですが、ビートルズの『1』が入りました。2000年、2001年に合計8週間第1位を記録していますが、今回はすでに報道番組でも取り上げられたように、全英、全米で第1位になった27曲が収録されたアルバム『1』を新たにステレオ・ミックスしたアルバムとして再発売し、さらにブルーレイ、あるいはDVDをセットして発売されました。映像にはオリジナルのプロモ・フィルム、TV出演映像、そしてバンドの全活動期間から厳選されたビデオなどが収録されました。まさにビートルズをよく知っている人にもちょっとしかなじみのない人にも大いに楽しめる内容になっています。

 

epic516063

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/epic516063

もう1枚の初登場は今週の第10位でサラ・バレリスの『What’s Inside: Songs From Waitress』が入りました。2013年『The Blesse Unrest』(最高位2位)以来5枚目のTOP10入りです。2016年4月24日に公演が始まるブロードウェイ・ミュージカル『Waitress』はサラ・バレリスが音楽を担当しますが、そのために書かれた曲を集めた作品です。
クリスマス・アルバムがチャートを賑わす季節になってきました。

 

rca516432
http://item.rakuten.co.jp/americanpie/rca516432

今週目立ったのが、ペンタトニックスのクリスマス・アルバム『That’s Christmas To Me』。昨年の10月に発売され、最高位2位を記録しました。今回は10/30にオリジナル・アルバムに5曲を追加したデラックス・エディションの発売も拍車をかけて、先々週200位、先週40位から今週19位に上がってきました。クリスマス・アルバム・チャートでは今シーズンは2週目、通算12週目の第1位となっています。
もう1枚急上昇しているのがマイケル・ブーブレの『Christmas』です。先週の172位から今週は55位に上がってきました。2011年に375万枚のセールスで5週間の1位を記録しました。
101位にプエルト・リコ出身のアーティスト、ヤンデルの『Dangerous』が初登場しました。ラテン・アルバム・チャートではすでにワイジン&ヤンデルとして5枚のNo.1がありますが、ソロでも2枚目の第1位となりました。そのヤンデルもノミネートされた第16回ラテン・グラミー賞の授賞式が11/19にラス・ヴェガスのMGMグランド・アリーナで行われました。ヤンデルは受賞できませんでしたが、主な受賞作品・アーティストをご紹介します。メキシコシティ出身の31歳、デビュー14年目のシンガー・ソングライター、ナタリア・ラフォルカデが最多の4部門で受賞しました。
RECORD OF THE YEAR: Hasta La Raiz / Natalia Lafourcade
ALBUM OF THE YEAR: Todo Tiene Su Hora / Juan Luis Guerra 4.40
SONG OF THE YEAR: Hasta La Raiz / Leonel Garcia & Natalia Lafourcade (songwriters)
BEST NEW ARTIST: Monsieur Perine

 

BEST URBAN PERFORMANCE: El Perdon / Nicky Jam & Enrique Iglesias
BEST POP/ROCK ALBUM: Cama Incendiada / Mana
BEST ALTERNATIVE MUSIC ALBUM: Hasta La Raiz / Natalia Lafourcade
BEST ALTERNATIVE SONG: Hasta La Raiz / Leonel Garcia & Natalia Lafourcade (songwriters)
BEST SALSA ALBUM: Son De Panama / Ruben Blades Con Roberto Delgado & Orquesta
BEST CONTEMPORARY TROPICAL ALBUM: Todo Tiene Su Hora / Juan Luis Guerra 4.40
BEST TEJANO ALBUM: Sentimientos / Solido

 
ニュー・アルバムの話題を。

 

sny513079

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/sny513079

ワン・ダイレクション『Made In The A.M.』とジャスティン・ビーバー『Purpose』が同じ11/13に発売になりましたが、UKでは11/20付のチャートでワン・ダイレクションが93,000枚、ジャスティン・ビーバーが9万枚でワン・ダイレクションが4枚目の1位を記録しました。ジャスティン・ビーバーは2位でした。ちなみにUKのシングル・チャートではジャスティン・ビーバーが「Sorry」(1位)、「Love Yourself」(3位)、「What Do You Mean?」が5位とTOP5に3曲を同時にチャートインさせました。これは男性アーティストとしては1981年に「Imagine」、「Happy Xmas (War Is Over)」、「(Just Like) Starting Over」をチャートインさせたジョン・レノン以来とのことです。また今週のUKシングル・チャートではアルバム『Purpose』収録の全曲がHOT100に入り、そのうち8曲がTOP40入りしたとのことです。

 

 

sny517595

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/sny517595

アデル『25』が11/20に発売されましたが、まだ11/28付が発表された11/17の時点ではこのアルバムのセールス予測が載っていました。この時点ですでに今年一番のセールス、そしてファースト・ウィーク・セールスの歴代1位確実!といったことです。ファースト・ウィーク・セールスの歴代1位は2000年4月8日付で1位に初登場したイン・シンクの『No Strings Attached』で241万枚。この時のレコード会社の出荷枚数は420万枚でした。このアルバムは合計8週間の1位を記録し、売上枚数も1100万枚以上となっています。今回この発売第1週の記録を上回るとのことです。今年はカレンダー・イヤーで200万枚を超えているアルバムがありませんので、1週間の発売で2015年カレンダー・イヤーの年間1位確定となるのです。ビルボードの年間チャートは今週までの1年間ですので2015年の年間チャートには入りませんが、2016年の年間チャートは1位確定かも?ちなみにこの2000年はジャイヴ・レコードにとっては最高の年で、所属のイン・シンクが8週間1位を付けた後の6/3付で初登場1位だったのがまたジャイヴ・レコードのブリトニー・スピアーズ『Oops! I Did It Again』でした。この時のファースト・ウィーク・セールスが131万9000枚で、これが女性アーティストのファースト・ウィーク・セールス記録となっています。アデルはこれも塗り替えるわけです。

 

 

tbyrb002343702

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/tbyrb002343702

パリの同時多発テロが11/13に起きて、多くの死傷者を出したバタクラン・コンサート・ホールで演奏したイーグルス・オブ・デス・メタルのメンバーが当時の様子を語っていました。「これだけたくさんの人たちが殺害された大きな理由は、友達を残して逃げなかった人が多かったからだ。たくさんの人が、彼ら(友人たち)をかばおうとしたんだ」とのことです。彼らの関係者であるニック・アレクサンダーさんやレコード会社のトーマス・アヤドさん、マリー・モッサーさん、マヌ・ペレスさんをはじめ、「パリで命を奪われたすべての友人やファン、そして彼らの友人、家族、愛した人たちに心からお悔やみを申し上げます。」とも語っています。デュラン・デュランは彼らがカバーした「Save A Prayer」(10/24発売アルバム『Zipper Down』(最高位59位)に収録)の印税を寄付すると発表しています。亡くなられた多くの方のご冥福をお祈りします。

 

 

/////////////////////////

 

 

11/28付。今週のビルボード・シングル・チャートから。

 

sny517595

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/sny517595

今週も第1位は48万ダウンロードのアデル「Hello」です。3週連続で第1位となりました。3週間でダウンロードは200万を超えました。また3週連続で40万以上のダウンロードを記録した曲は4曲目です。
* Adele / Hello (2015)
* Pharrell Williams / Happy (2014)
* Robin Thicke Featuring Parrell Williams & T.I. (2013)
* Gotye Featuring Kimbra / Somebody That I Used to Know (2012)

 

 

また、デジタル・セールス、ストリーミングが3週連続第1位、ラジオ・ソングスも今週6位から一気に1位になりこの3部門すべてで1位になりました。これも4曲目です。
* Mark Ronson Featuring Bruno Mars / Uptown Funk! (2015:9週)
* Meghan Trainor / All About That Bass (2015:2週)
* Iggy Azalea Featuring Charli XCX / Fancy (2014:1週)
ラジオ・ソングス・チャートでは登場から4週目で1位になりました。これはオール・ジャンルを集計対象にした1998年以降では最速なんです。それ以前の1990年からのラジオ・ソングス・チャート通算でも1993年8月22日付で登場4週目に第1位になったマライア・キャリーの「Dreamlover」と並ぶスピード記録になりました。
アダルト・コンテンポラリーでも今週、登場4週目にして第1位になりましたが、これはクリスマス・ソングを除いて、現在の集計方法になった93年以降では97年に3週目に1位になったボブ・カーライルの「Butterfly Kisses」に次ぐスピード記録です。
アデルの登場でチャートの空気が一気に変わってしまった気がします。
最後に「Hello」というNo.1ソングを1984年にライオネル・リッチーが記録しています。もちろん違う曲です。ということで同名異曲のHOT100No.1ソングをまとめました。達成順です。

 

 

* Venus: Frankie Avalon (1959), Shocking Blue (1970), Bananarama (1986)
* My Love: Petula Clark (1966), Paul McCartney & Wings (1973), Justin Timberlake Feat. T.I. (2006)
* I’m Sorry: Brenda Lee (1960), John Denver (1975)
* Best of My Love: Eagles (1975), Emotions (1977)
* One More Try: George Michael (1988), Timmy T. (1991)
* Good Vibrations: Beach Boys (1966), Marky Mark & The Funky Bunch Feat. Loleatta Holloway (1991)
* Jump: Van Halen (1984), Kris Kross (1992)
* All 4 Love/All for Love: Color Me Badd (1992), Bryan Adams/Rod Stewart/Sting (1994)
* The Power of Love: Huey Lewis & The News (1985), Celine Dion (1994)
* Honey: Bobby Goldsboro (1968), Mariah Carey (1997)
* Wild, Wild West/Wild Wild West: Escape Club (1988), Will Smith Feat. Dru Hill & Kool Mo Dee (1999)
* Family Affair: Sly & The Family Stone (1971), Mary J. Blige (2001)
* Big Girls Don’t Cry: 4 Seasons (1962), Fergie (2007)
* Take a Bow: Madonna (1995), Rihanna (2008)
* One More Night: Phil Collins (1985), Maroon 5 (2012)
* Bad Blood: Neil Sedaka (1975), Taylor Swift Feat. Kendrick Lamar (2015)
* Hello: Lionel Richie (1984), Adele (2015)

 

 

/////////////////////////////
全米ヒットをお探しなら是非あめりかん☆ぱいへ。
全米ヒットじゃなくてもお探しします。

http://www.rakuten.co.jp/americanpie/

 

共同通信社刊 あめりかん☆ぱい佐藤直人編・著『ビルボード年間チャート60年の記録 1955-2014』は、現在発売中です!サンプルページを掲載しています。

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/5514ye

5514ye


Copyright© 2011-2016 Young Staff co.,LTD All Rights Reserved.