ラジオ番組企画&制作&音楽全般のプロデュースの株式会社 ヤング・スタッフ

2015/12/19 Billboard Chart

time 2015/12/14

12/19付。今週のビルボード・アルバム・チャートから。

 

sny517595

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/sny517595

昨年のテイラー・スウィフト『1989』同様、アデルの『25』も、年々減少しているアメリカ国内の音楽セールスの状況とは全く無関係です。今週もなんと100万枚を超えるセールスを記録して2週連続第1位でした。年間チャートが発表されましたが、このアルバムは12/12に初登場なので2015年の年間チャートには登場しません。11/28付までの1年間が2015年年間チャートの集計対象となっています。年間チャートはあとでまとめてご紹介します。

 
今週のアデル『25』は118万EAU、実売111万枚のセールスでした。これですでに実売ベースで449万枚、ダウンロードは188万DLに達しました。ダウンロードではこの時点ですでに歴代3位のセールスです。(1位はアデル『21』319万DL、2位テイラー・スウィフト『1989』231万DL、4位がマムフォード&サンズの『Sigh No More』177万DLとなりました。)12/10までの発売3週間で500万枚を達成するでしょうから、この先クリスマス・ウィークがあることを考えると、残り3週間のセールスを足して700万枚は超えてしまうかもしれません。2016年中に1000万枚に達して2016年の年間1位はすでに確定です。UKでは発売第1週で80万枚のセールスを記録して、史上最速記録となる10日目にして100万枚を超えたそうです。

 
アルバムチャートは実売のセールスに加えて収録曲のダウンロードやストリーミング回数も加味してランキングされています。EAUは換算枚数をあらわしています。

 
今週のTOP10内初登場はありません。

 

rca516432

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/rca516432

第3位にはホリデイ・アルバム・チャートで通算15週目の第1位となっているペンタトニックスの『That’s Christmas To Me』が先々週13位、先週6位から上がってきました。最高位は昨年発売時に記録した第2位です。インターネット・アルバム・チャートで年間第2位に入りました。

 

キャリー・アンダーウッドの『Storyteller』が先週の14位から今週7位に再上昇しました。iTunesで6ドル99セントセールをやったおかげで売れました。カントリー・アルバム・チャートでは11/14の初登場1位以来の1位に返り咲いています。

 

 

atl553301

 

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/atl553301

来年2月7日にカリフォルニア州サンタクララのリーバイズ・スタディアムで開催される第50回スーパーボウルですが、そのハーフタイムショーのアーティストが決まりました。スーパーボウルの回数はローマ数字で表記されるのですが、今回は50の『L』ではなく、『50』と表記されています。ハーフタイムショーはコールドプレイが出演します。ニュー・アルバムも発売され、UKでは好評のようです。昨年までのハーフタイムショー出演アーティストは以下の通りです。

 
2015年 Katy Perry/Lenny Kravitz/Missy Elliott
2014年 Bruno Mars/Red Hot Chili Peppers
2013年 Beyonce
2012年 Madonna
2011年 Black Eyed Peas/Slash/Usher
2010年 Who
2009年 Bruce Springsteen & The E Street Band
2008年 Tom Petty & The Heartbreakers
2007年 Prince
2006年 Rolling Stones
2005年 Paul McCartney
2004年 Janet Jackson/Kid Rock/P. Diddy/Nelly/Justin Timberlake
2003年 Shania Twain/No Doubt/Sting
2002年 U2
2001年 Aerosmith/’N Sync/Britney Spears
2000年 Tina Turner/Christina Aguilera/Enrique Iglesias/Phil Collins/Toni Braxton
1999年 Gloria Estefan/Stevie Wonder/Big Bad Voodoo Daddy
1998年 Temptations
1997年 Blues Brothers/James Brown/ZZ Top
1996年 Diana Ross
1995年 Indiana Jones and the Temple of the Forbidden Eye(インディ・ジョーンズ 禁断の瞳の魔宮)
1994年 Travis Tritt/Clint Black/Tanya Tucker/Wynonna & Naomi Judd
1993年 Michael Jackson

 

 

aftmb002295802

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/aftmb002295802

また、来年2月15日に授賞式が行われる第58回グラミー賞のノミネートも発表になりました。今回もロス・アンゼルス・ステイプル・センターで行われます。昨年の10/1から今年の9/30までに発表された作品が対象です。最多ノミネートは11部門でケンドリック・ラマー。続いて7部門でテイラー・スウィフトがノミネートされています。

 
Record of the Year:

* Really Love /  D’Angelo and the Vanguard
* Uptown Funk ? Mark Ronson featuring Bruno Mars
* Thinking Out Loud / Ed Sheeran
* Blank Space / Taylor Swift
* Can’t Feel My Face / The Weeknd

 
Album of the Year:

* Sound & Color / Alabama Shakes
* To Pimp a Butterfly / Kendrick Lamar
* Traveller / Chris Stapleton
* 1989 / Taylor Swift
* Beauty Behind the Madness / The Weeknd

 
Song of the Year (受賞者はソングライターです。カッコ内はパフォーマンス・アーティストです):

* Alright / Kendrick Duckworth, Mark Anthony Spears & Pharrell Williams (Kendrick Lamar)
* Blank Space / Max Martin, Shellback & Taylor Swift (Taylor Swift)
* Girl Crush / Hillary Lindsey, Lori McKenna & Liz Rose (Little Big Town)
* See You Again / Andrew Cedar, Justin Franks, Charles Puth & Cameron Thomaz (Wiz Khalifa Featuring Charlie Puth)
* Thinking Out Loud / Ed Sheeran & Amy Wadge (Ed Sheeran)

 
Best New Artist:

* Courtney Barnett
* James Bay
* Sam Hunt
* Tori Kelly
* Meghan Trainor

 
Best Pop Solo Performance:

* Heartbeat Song / Kelly Clarkson
* Love Me Like You Do / Ellie Goulding
* Thinking Out Loud / Ed Sheeran
* Blank Space / Taylor Swift
* Can’t Feel My Face / The Weeknd

 
Best Pop Duo/Group Performance:

* Ship to Wreck / Florence + The Machine
* Sugar / Maroon 5
* Uptown Funk / Mark Ronson featuring Bruno Mars
* Bad Blood / Taylor Swift featuring Kendrick Lamar
* See You Again / Wiz Khalifa featuring Charlie Puth

 
Best Pop Vocal Album:

* Piece By Piece / Kelly Clarkson
* How Big, How Blue, How Beautiful / Florence + The Machine
* Uptown Special / Mark Ronson
* 1989 / Taylor Swift
* Before This World / James Taylor

 
Best Traditional Pop Vocal Album:

* The Silver Lining: The Songs of Jerome Kern / Tony Bennett & Bill Charlap
* Shadows In The Night / Bob Dylan
* Stages / Josh Groban
* No One Ever Tells You / Seth MacFarlane
* My Dream Duets / Barry Manilow (& Various Artists)

 
Best Rock Performance:

* Don’t Wanna Fight / Alabama Shakes
* What Kind of Man / Florence + The Machine
* Something From Nothing / Foo Fighters
* Ex’s & Oh’s / Elle King
* Moaning Lisa Smile / Wolf Alice

 
Best Metal Performance:

* Identity / August Burns Red
* Cirice / Ghost
* 512 / Lamb of God
* Thank You / Sevendust
* Custer / Slipknot

 
Best Rock Song (受賞者はソングライターです。カッコ内はパフォーマンス・アーティストです):

* Don’t Wanna Fight / Alabama Shakes (Alabama Shakes)
* Ex’s & Oh’s / Dave Bassett & Elle King (Elle King)
* Hold Back the River / Iain Archer & James Bay (James Bay)
* Lydia / Richard Meyer, Ryan Meyer & Johnny Stevens (Highly Suspect)
* What Kind of Man / John Hill, Tom Hull & Florence Welch (Florence + The Machine)

 
Best Rock Album:

* Chaos and the Calm / James Bay
* Kintsugi / Death Cab for Cutie
* Mister Asylum / Highly Suspect
* Drones / Muse
* .5: The Gray Chapter / Slipknot

 
Best Alternative Music Album:

* Sound & Color / Alabama Shakes
* Vulnicura / Bjork
* The Waterfall / My Morning Jacket
* Currents / Tame Impala
* Star Wars / Wilco

 
Best R&B Performance:

* If I Don’t Have You / Tamar Braxton
* Rise Up / Andra Day
* Breathing Underwater / Hiatus Kaiyote
* Planes / Jeremih feat. J. Cole
* Earned It (Fifty Shades of Grey) / The Weeknd

 

Best Traditional R&B Performance

* He Is / Faith Evans
* Little Ghetto Boy / Lalah Hathaway
* Let It Burn / Jazmine Sullivan
* Shame / Tyrese
* My Favorite Part of You / Charlie Wilson

 
Best R&B Song (受賞者はソングライターです。カッコ内はパフォーマンス・アーティストです):

* Coffee / Brook Davis, Miguel Pimentel (Miguel)
* Earned It (Fifty Shades of Grey) / Ahmad Balshe, Stephan Moccio, Jason Quenneville & Abel Tesfaye (The Weeknd)
* Let It Burn / Kenny B. Edmonds, Jazmine Sullivan & Dwane M. Weir II (Jazmine Sullivan)
* Really Love / D’Angelo & Kendra Foster (D’Angelo and The Vanguard)
* Shame / Warryn Campbell, Tyrese Gibson & DJ Rogers Jr (Tyrese)

 
Best Urban Contemporary Album:

* Ego Death / The Internet
* You Should Be Here / Kehlani
* Blood / Lianne La Havas
* Wildheart / Miguel
* Beauty Behind the Madness / The Weeknd

 
Best R&B Album:

* Coming Home / Leon Bridges
* Black Messiah / D’Angelo and The Vanguard
* Cheers to the Fall / Andra Day
* Reality Show / Jazmine Sullivan
* Forever Charlie / Charlie Wilson

 
Best Rap Performance:

* Apparently / J. Cole
* Back to Back / Drake
* Trap Queen / Fetty Wap
* Alright / Kendrick Lamar
* Truffle Butter / Nicki Minaj featuring Drake & Lil Wayne
* All Day / Kanye West featuring Theophilus London, Allan Kingdom & Paul McCartney

 
Best Rap/Sung Collaboration:

* One Man Can Change The World / Big Sean featuring Kanye West & John Legend
Glory ? Common & John Legend
* Classic Man / Jidenna featuring Roman GianArthur
* These Walls / Kendrick Lamar featuring Bilal, Anna Wise & Thundercat
* Only / Nicki Minaj featuring Drake, Lil Wayne & Chris Brown

 
Best Rap Song (受賞者はソングライターです。カッコ内はパフォーマンス・アーティストです):

* All Day / Ernest Brown, Tyler Bryant, Sean Combs, Mike Dean, Rennard East, Noah Goldstein, Malik Yusef Jones, Karim Kharbouch, Allan Kyariga, Kendrick Lamar, Paul McCartney, Victor Mensah, Charles Njapa, Che Pope, Patrick Reynolds, Allen Ritter, Kanye West, Mario Winans & Cydel Young (Kanye West Featuring Theophilus London, Allan Kingdom & Paul McCartney)
* Alright / Kendrick Duckworth, Mark Anthony Spears & Pharrell Williams (Kendrick Lamar)
* Energy / Richard Dorfmeister, A. Graham, Markus Kienzl, M. O’Brien, M. Samuels & Phillip Thomas (Drake)
* Glory / Lonnie Lynn, Che Smith & John Stephens (Common & John Legend)
* Trap Queen / Tony Fadd & Willie J. Maxwell (Fetty Wap)

 
Best Rap Album:

* 2014 Forest Hills Drive / J. Cole
* Compton / Dr. Dre
* If You’re Reading This It’s Too Late / Drake
* To Pimp a Butterfly / Kendrick Lamar
* The Pinkprint / Nicki Minaj

 
Best Country Solo Performance:

* Burning House / Cam
* Traveller / Chris Stapleton
* Little Toy Guns / Carrie Underwood
* John Cougar, John Deere, John 3:16 / Keith Urban
* Chances Are / Lee Ann Womack

 
Best Country Duo/Group Performance:

* Stay a Little Longer / Brothers Osborne
* If I Needed You / Joey + Rory
* The Driver / Charles Kelley featuring Dierks Bently & Eric Paslay
* Girl Crush / Little Big Town
* Lonely Tonight / Blake Shelton featuring Ashley Monroe

 
Best Country Song (受賞者はソングライターです。カッコ内はパフォーマンス・アーティストです):

* Chances Are / Hayes Carll (Lee Ann Womack)
* Diamond Rings and Old Barstools / Barry Dean, Luke Laird & Jonathan Singleton (Tim McGraw)
* Girl Crush / Hillary Lindsey, Lori McKenna & Liz Rose (Little Big Town)
* Hold My Hand / Brandy Clark & Mark Stephen Jones (Brandy Clark)
* Traveller / Chris Stapleton (Chris Stapleton)

 
Best Country Album:

* Montevallo / Sam Hunt
* Pain Killer / Little Big Town
* The Blade Ashley Monroe
* Pageant Material / Kacey Musgraves
* Traveller / Chris Stapleton

 
Best Music Video:

* LSD / ASAP Rocky
* I Feel Love (Every Million Miles) / The Dead Weather
* Alright / Kendrick Lamar
* Bad Blood / Taylor Swift featuring Kendrick Lamar
* Freedom / Pharrell Williams

 

 
/////////////////////////

 

 

12/19付。今週のビルボード・シングル・チャートから。

 

sny517595

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/sny517595

今週も第1位はアデルの「Hello」。これで6週連続第1位です。2750万ストリームスでストリーミング・ソングス6週連続第1位。ラジオ・ソングスは4週連続第1位。デジタル・セールスは233,000DLで2位から5週目の1位に返り咲きました。また主要3部門で1位となりました。先日私この3冠達成で1曲抜かしてしまいました。すいません。改めてご紹介します。

 
* Adele / Hello (2015:3週 継続中)
* The Weeknd / The Hills (2015:2週)
* Mark Ronson Featuring Bruno Mars / Uptown Funk! (2015:9週)
* Meghan Trainor / All About That Bass (2015:2週)
* Iggy Azalea Featuring Charli XCX / Fancy (2014:1週)

 
「Hello」はこの他にもアダルト・コンテポラリー(4週)、ポップ・ソングス(3週)、アダルト・ポップ・ソングス(3週)、ダンス・エアプレイ(2週)の各ラジオ・チャートでも1位を記録しています。驚くことに今年のHOT100年間チャートでは、この「Hello」が集計期間たった3週で、年間35位に入りました。これもすごい!

 
第2位にはジャスティン・ビーバーの「Sorry」が入っています。落ちませんね。今週もTOP10内にジャスティンの曲が3曲入っています。No.1ソング「What Do You Mean?」が4位。これは2015年年間33位に入りました。HOT100の7位には「Love Yourself」がランクインしています。今週はTOP10で1位から7位までが先週と同じ順位でした。

 
ドレイクの「Hotline Bling」が第3位に留まっています。こちらはR&Bヒップ・ホップ・ソングス・チャートでは6週、ラップ・ソングス・チャートでは11週第1位でした。HOT100年間チャートでは第30位。

 
ザ・ウィークエンドのNo.1ソング「The Hills」が5位です。ザ・ウィークエンドは最高位3位の「Earned It (Fifty Shades Of Grey)」が年間9位、No.1ソング「Can’t Feel My Face」が12位、そして「The Hills」が年間10位と今年は大健闘しました。アルバム『Beauty Behind The Madness』は年間13位に入っています。このザ・ウィークエンドですが、これで42週連続TOP10入りを記録しています。これは歴代3位タイ記録!次のシングル「In The Night」が86位→54位→37位と上がってきていますので、この曲が「The Hills」と入れ替わりで、あるいは同時にTOP10にランクインすればさらに記録が伸びますね。歴代TOP3は以下のとおりです。

 

1位 69週 Katy Perry, 2010-11
2位 48週 Ace of Base, 1993-94
3位 42週 The Weeknd, 2015
3位 42週 Santana, 1999-2000
3位 42週 Mariah Carey, 1995-96

 

フェティ・ワップが38週連続でTOP10入りを続けていたのですが、今週「679」が9位から11位に落ち、記録が途切れました。

 
ところで、12/5付、12/12付、そして今週とHOT100のTOP10でカナダ出身のアーティストが7曲を占めているんです。今週のチャートでは、先ほどご紹介したジャスティン・ビーバーの3曲とドレイク、ザ・ウィークエンドの他に、6位のショーン・メンデス「Stitches」、8位のアレシア・カラ「Here」と2位から8位までがカナダ出身アーティストでした。このようなアメリカ以外の国出身アーティストでTOP10が占められたのはこの7曲が最高かと思いきや、8曲独占がありました。前の週で7曲を占めていたのですが1965年5月8日付でUK出身アーティストがTOP10のうち8曲を占めました。

 

 

1. Mrs. Brown You’ve Got A Lovely Daughter / Herman’s Hermits
2. Count Me In / Gary Lewis And The Playboys
3. Ticket To Ride / Beatles
4. Game Of Love / Wayne Fontana & The Mindbenders
5. I’ll Never Find Another You / Seekers
6. I Know A Place / Petula Clark
7. Silhouettes / Herman’s Hermits
8. I’m Telling You Now / Freddie And The Dreamers
9. The Last Time / Rolling Stones

10. Cast Your Fate To The Wind / Sounds Orchestral

 

 

このうち、2位(ニュー・ヨーク出身)と5位(オーストラリア出身)以外がすべてUK出身アーティストです。

 

 
さて2015年年間チャートが発表されました。各ジャンルの1位を見てみましょう。

 

bmchbmrbd0500a

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/bmchbmrbd0500a

 

Top Artists: TAYLOR SWIFT
Hot 100 Artists: THE WEEKND

 

Hot 100 Songs: UPTOWN FUNK! / Mark Ronson Featuring Bruno Mars
レギュラー・チャートで1位14週間でした。年間2位には「UPTOWN FUNK!」の下で最高位2位8週間の「THINKING OUT LOUD / Ed Sheeran」、3位には12週間第1位の「SEE YOU AGAIN / Wiz Khalifa Featuring Charlie Puth」が入りました。「UPTOWN FUNK!」の次の1位が「SEE YOU AGAIN」でしたから2曲で半年1位を占めたんですね。

 

ところで今年は史上初めての出来事がありました。これまでHOT100の年間チャートではレギュラー・チャートでTOP40入りしていない曲は年間HOT100に入ったことがなかったのですが、今年の年間96位「EL PERDON (FORGIVENESS) / Nicky Jam & Enrique Iglesias」は最高位56位でした。最高位51位以下で最長記録となるHOT100=30週を記録しました。長くいたことでポイントを稼いだのとTOP40入りした曲がそんなに多くないのでこの曲が100位以内に入ったのでしょう。

 
Radio Songs: UPTOWN FUNK! / Mark Ronson Featuring Bruno Mars
2位には「SHUT UP AND DANCE / WALK THE MOON」が入りました。

 

Top Billboard 200 Artists: TAYLOR SWIFT

 

Top Billboard 200 Albums: 1989 / Taylor Swift
通算11週間第1位 集計期間内は8週間第1位でした。

 

Independent Albums: OLD BOOTS, NEW DIRT / Jason Aldean
Top Album Sales: 1989 / Taylor Swift
Digital Albums: 1989 / Taylor Swift
Internet Albums: 1989 / Taylor Swift
Compilation Albums: NOW 53

 

Vinyl Albums: 1989 / Taylor Swift
2位以下は以下の通りです。人気ありますねえ。
2. AM / Arctic Monkeys
3. THE DARK SIDE OF THE MOON / Pink Floyd
4. KIND OF BLUE / Miles Davis
5. ABBEY ROAD / The Beatles

 

Soundtracks: FIFTY SHADES OF GREY
去年1位の FROZEN が3位に入っています。
Catalog Albums: CHRISTMAS / Michael Buble
2位以下は以下の通りです。
2. GREATEST HITS / Fleetwood Mac
3. NIGHT VISIONS / Imagine Dragons
4. LEGEND: THE BEST OF… / Bob Marley And The Wailers
5.  21 / Adele

 

Digital Songs: UPTOWN FUNK! / Mark Ronson Featuring Bruno Mars
TOP3はHOT100と一緒でした。

 

Streaming Songs: TRAP QUEEN / Fetty Wap
「UPTOWN FUNK!」は2位、このチャートで8週間1位の「WATCH ME / Silento」が3位。THE WEEKND はTOP10に3曲入りました。

 

Mainstream Top 40 Songs (Pop Songs): UPTOWN FUNK! / Mark Ronson Featuring Bruno Mars
2位には「SHUT UP AND DANCE / WALK THE MOON」。

 

Adult Contemporary Songs: THINKING OUT LOUD / Ed Sheeran
19週間1位でした。2位に「SUGAR / Maroon 5」、3位に「STYLE / Taylor Swift」が入っています。

 

Adult Top 40 Songs: SHUT UP AND DANCE / WALK THE MOON

 

Hot Country Songs: TAKE YOUR TIME / Sam Hunt
3位もサム・ハントの「HOUSE PARTY」が入っています。

 

Top Country Albums: MONTEVALLO / Sam Hunt

 

Hot Rock Songs: SHUT UP AND DANCE / WALK THE MOON
27週連続1位のビルボード記録を打ち立てました。HOT100ではレギュラー・チャート最高位4位で年間6位に入りました。

 

Top Rock Albums: GUARDIANS OF THE GALAXY: AWESOME MIX VOL. 1 / Soundtrack
Alternative Albums: HOZIER / Hozier

 

Alternative Songs: RENEGADES / X Ambassadors
11週間1位でした。2位には「SHUT UP AND DANCE / WALK THE MOON」が入っています。

 

Hard Rock Albums: ROCK OR BUST / AC/DC
Mainstream Rock Songs: FAILURE / Breaking Benjamin

 

Hot R&B/Hip-Hop Songs: SEE YOU AGAIN / Wiz Khalifa Featuring Charlie Puth
ザ・ウィークエンドとフェティ・ワップがTOP10にそれぞれ3曲入りました。

 

Top R&B/Hip-Hop Albums: IF YOU’RE READING THIS IT’S TOO LATE / Drake
Hot Rap Songs: SEE YOU AGAIN / Wiz Khalifa Featuring Charlie Puth
Rap Albums: IF YOU’RE READING THIS IT’S TOO LATE / Drake

 

Hot Latin Songs: EL PERDON / Nicky Jam & Enrique Iglesias
HOT100で最高位56位ながら年間96位に入りました。こちらのチャートでは30週間1位で堂々年間第1位です。

 

Top Latin Albums: LOS DUO / Juan Gabriel

 

Hot Dance/Electronic Songs: LEAN ON / Major Lazer & DJ Snake Featuring M0
Dance/Electronic Albums: LISTEN / David Guetta

 

Christian Albums: WOW HITS 2015 / Various Artists

 

Hot Christian Songs: SOMETHING IN THE WATER / Carrie Underwood
昨年年間1位の「OCEANS (WHERE FEET MAY FAIL) / Hillsong UNITED」は年間第2位でした。12/19付でも第3位にランクインしています。通算116週目のチャートイン。そのうち11/28まで断続的に58週間第1位を記録しました。

 

Gospel Albums: WOW GOSPEL 2015 / Various Artists

 

Classical Albums: SHATTER ME / Lindsey Stirling
通算46週間、集計期間内は25週間第1位で2年連続年間第1位です。

 

Classical Crossover Albums: SHATTER ME / Lindsey Stirling
通算50週間、集計期間内は29週間第1位で2年連続年間第1位です。

 

Jazz Albums: CHEEK TO CHEEK / Tony Bennett & Lady Gaga
12/19付でも通算21週目の第1位。集計期間内は11週間第1位で2年連続年間第1位です。

 

Contemporary Jazz Albums: FUTURESOUL /  Boney James

 

New Age Albums: WONDERS / The Piano Guys
通算45週のうち集計期間内で39週間1位になりました。ピアノ・ガイズのアルバムがTOP5中4枚を占めています。

 

World Albums: THE VERY BEST OF CELTIC THUNDER / Celtic Thunder
日本の「BABYMETAL / babymetal」は4週間1位で年間第5位に入りました。

 

Blues Albums: THE STORY OF SONNY BOY SLIM / Gary Clark Jr.
Reggae Albums: WATER FOR YOUR SOUL / Joss Stone
Folk Albums: HOZIER / Hozier

 

 

127_wicked
http://item.rakuten.co.jp/americanpie/dbwyb000168202

Cast Albums: HAMILTON: AN AMERICAN MUSICAL
年間2位は「Wicked」です。このチャートは2006年1月14日にスタートしました。その週の第1位が「Wicked」で、この10年のうち、2008年、2009年、2011年と今年が年間第2位で、他の6年間で年間1位を記録しています。このアルバムが一番すごい!!

 

 

全米ヒットをお探しなら是非あめりかん☆ぱいへ。

全米ヒットじゃなくてもお探しします。

http://www.rakuten.co.jp/americanpie/

 

共同通信社刊 あめりかん☆ぱい佐藤直人編・著『ビルボード年間チャート60年の記録 1955-2014』は、現在発売中です!サンプルページを掲載しています。

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/5514ye

 
5514ye

オフ会映像

ひたすら・・・歌い出しがタイトル!の全米トップ40ヒットを聴く飲み会

Facebook