ラジオ番組企画&制作&音楽全般のプロデュースの株式会社 ヤング・スタッフ

King Crimson@センチュリーホール

time 2015/12/24

数年前に引退を示唆したRobert Frippですが・・・

何と2014年に、第8期としてのKing Crimsonを復活!!

トリプル・ドラムス、さらには初期のメンバー、Mel Collinsが復活!!

7人編成の強力布陣で、2014年よりThe Elements Of King Crimson Tourと題されたツアーを敢行!!

そして2015年12月、King Crimsonとして、12年ぶりの来日公演!!

12月7日、オーチャードホール公演よりスタートです。!!

・・・

12月7日(月)の初日のオーチャードホール公演、12月21日(月)の名古屋国際会議場センチュリーホールでの最終公演に参加しましたが、主に最終日のセンチュリーホール公演について投稿させていただきます。

IMG_5151

撮影録音禁止は勿論、さらには開演中は携帯電話等の電源を切ること、曲間入場のみ、といつも以上に厳しい体制の中、19時を10分ばかり回ったところで、ゆっくりとライトダウン、メンバー登場!!

ステージ前方には3台のドラムセット!!

向かって左から、’90年代からのメンバーのPat Mastelotto

続いて、R.E.M.でも活躍したBill Rieflin

数々のセッションで知られ、King Crimsonにもセカンド・ドラマーとして参加したGavin Harrison

ステージ後方上段には、左から、30数年ぶりに復帰したMel Collins

’80年代に復活したKing Crimsonを支えたTony Levin

King Crimsonのメンバーとは長い交流のあるJakko Jakszyk、ファースト・アルバムのジャケットがプリントされたギターを抱えています。

そして・・・右端に御大、Robert Frippです。

BGMに合わせて、Mel Collinsがプレイ、ライヴ・アルバムにも収録されているWalk On: Monk Morph Chamber Music♪、各メンバーのウォーミング・アップといったところでしょう。

GavinとPatの刻むリズムより本編スタート!!

Lark’s Tongues In Aspic, Part One♪

トリプル・ドラムスにTonyはスティック・ベース、緊迫感のある演奏!!そしてRobert Frippのギターがフェイドイン、場内大歓声です。

そしてオリジナルではストリングスの部分はMelのフルート・ソロ!!

ここで「君が代」が・・・

・・・確か初日にもプレイされていて、その時は気付かなかった人も多かったのですが、最終日では歓声が上がりました。

1曲目から大作、続くようにMelのサックスもフィーチャーされ、Pictures Of A City♪

Jakkoの声はGreg Lakeに似ているところもあり、更には日本では初めて披露されるだけに感激です。

静まりかえったところで「ヘイワノ~」と、Jakkoは日本語で!!

同じアルバムIn The Wake Of Poseidon収録のPeace – An End♪

静けさを破るように、トリプルドラムスが動き出し、Radical Action (To Unseat The Hold Of Monkey Mind) I♪

ここでもMelが活躍!!途中、Jakkoの歌で、Meltdown♪、Tonyがコーラスを付け、再びドラムス中心のRadical Action (To Unseat The Hold Of Monkey Mind) II♪が続き、そのまま曲は、Level Five♪

Adrian Belew在籍時のナンバーですが、躍動感ある演奏で大迫力です。!!

で、ここで、感動的なイントロ!!場内歓喜!!

Epitaph♪

恐らくKing Crimson史上、最人気曲の一つ、日本にも初披露!!

歌はJakkoですが、Billがキーボードをプレイして、ほぼ完璧に再現、ほとんど静止しているRobert Frippも印象的でした。

ドラムス中心のHell Hounds Of Krim♪に続いて、打ち込みの音から、The ConstruKction Of Light♪、これもAdrian時代の曲ですが、トリプル・ドラムスで大迫力、Melのプレイも効果的、本来歌が入るところで一転、A Scarcity Of Miracles♪、こちらはJakkoの歌がフィーチャーされたナンバー、今回のセットでは馴染みが薄いでしょうが、メロディアスなナンバー、新しいライヴにも収録されているBanshee Legs Bell Hassle♪をブリッジにして、Easy Money♪

John Wettonのソロ公演で聴いたことはありますが、King Crimsonとしての演奏は格別に感じました。

力強い演奏に続いて、Jakkoの歌をフィーチャーしたThe Letters♪

同じアルバムIslandsからSailor’s Tale♪

Melのプレイをフィーチャー、彼が在籍時のナンバーだけに、現King Crimsonの定番になっているようです。

迫力のあるプレイが続き、コンサートもクライマックスへ・・・

そこで、お馴染みのイントロ、場内絶叫!!

Red♪

Adrian Belew在籍時にもずっとプレイされていただけに、King Crimsonのテーマ曲とも言えそう、(初日はプレイされず・・・)間奏の部分ではRobertとTonyの掛け合いも感動的、Melのプレイもフィーチャーされます。

そして、感動は続き、静かなイントロが・・・

Starless♪

こちらもJohn Wettonで聴いたことはありますが、歌はJakkoとはいえ、まさに感涙!!

Robertが奏でるギターから間奏部分へ、色々な音が入っていて、特にPatが色々叩いていたのが印象的、そして照明が赤一色に、再び全員でのプレイ、感動のフィナーレとなりました。

ここで自然に場内一斉に、スタンディング・オベーション!!

何と厳しいチェックの中で、Tonyが合図をするこの時だけ撮影OKとのことでした。(笑)

IMG_5265

アンコールはメンバー7人登場して、Gavinのドラムスから・・・

The Court Of The Crimson King♪

Jakkoは叙情的な歌、PatとGavinでリズムも完璧に再現、そしてMelが叙情的にフルート・ソロ・・・ドラマチックにエンディング!!

そして効果音から・・・

21st Century Schizoid Man♪

謂わばKing Crimsonのテーマ曲!!

ここではRobert Frippも目立っていたよう、間奏ではMelのサックスがフィーチャー、そしてGavinのドラム・ソロ!!

最後は音の洪水!!といった感じで、グランド・フィナーレ!!

再びスタンディング・オベーション、ステージを後にするRobert Frippの笑顔が印象的でした。・・・

IMG_5270

’81年に復活して以降は日本にもコンスタントに来ていたKing Crimson♪

12年ぶりの来日公演である今回の公演は、今までプレイされなかった初期のナンバーを十分に堪能でき、感動の2時間20分!!

ただ今回は参加していないものの、’80年代以降、King Crimsonを支え続けてきたAdrian Belewのことも決して侮れないでしょう。

最初の結成からは50年近く過ぎたKing Crimsonですが・・・

「音楽も時代に応じて進化するものである!!」

それを十分に実感した最高のコンサートでした。!!

 

 

 

 

 

オフ会映像

ひたすら・・・歌い出しがタイトル!の全米トップ40ヒットを聴く飲み会

Facebook