ラジオ番組企画&制作&音楽全般のプロデュースの株式会社 ヤング・スタッフ

Karla Bonoff@Billboard Live Tokyo

time 2016/01/21

Linda Rostadtが楽曲を取り上げたり、’70年代より女性シンガー・ソングライターとして人気を博してきたKarla Bonoff

但し2010年8月、Bryndleも含めて、長年の音楽パートナーであったKenny Edwardsが急逝・・・

しかし悲しみを乗り越え、音楽活動を続行、日本にも来てくれています。

今回はお馴染み女性ギタリスト、Nina Gerberとのデュオ!!

会場はこれも近年はお馴染みのBillboard Live Tokyo

1月20日のセカンド・ステージです。

IMG_5551

少し前にGlenn Freyが亡くなったこともあってでしょう。BGMとしてEaglesが鳴り響く中、開演予定時刻21:30を回ってライトダウン!!

但し今回は後ろのカーテンは開いたまま・・・

Karla Bonoff、Nina Gerber登場です。

いつも黒っぽい衣装のKarlaさんとジーンズにシャツのNinaさん

それぞれアコースティック・ギターとエレクトリック・ギターを抱えて

軽快に、I Can’t Hold On♪でスタート!!

オープニングの多いナンバー、Karlaさんのよく通る声は健在!!Ninaさんのギターも効果的です。

続いて「1977年にBonnie Raittに書いた曲・・・」と、Home♪、これもライヴではお馴染みです。

Karlaさん、今度はピアノに移動して、New World♪

そして、The Letter♪

「1980年に東京音楽祭で初めて日本に来た・・・つい昨日よ・・・」

そう言って、お客さんの笑いを誘って、Restless Nights♪

じっくり聴かせました。・・・

Karlaさん、再び中央へ、

「Jackson Browneのトリビュートに参加したの・・・彼のファースト・アルバムから・・・」

と言って、Something Fine♪

Ninaさんがアコースティック・ギターを奏で、Karlaさんは歌に専念

続いてそのギターをKarlaさんが奏でて軽快にカッティング、Please Be The One♪

ギターを渡す前にチューニングし直していたNinaさんの姿も印象的でした。・・・

再びピアノへ・・・

曲はCarry Me Home♪

よく歌われますが、まだレコーディングされていないナンバー

続いて、Isn’t It Always Love♪、こちらはライヴでお馴染み、軽快なサビの部分も印象的です。

ここで、Ninaさんにスポット、John Lennonのナンバー!!と言って・・・

Imagine♪

アコースティック・ギターによる美しいインストゥルメンタル・ナンバーに!!

場内で歌う人もいましたが・・・最後はNinaさんの方から

「みんなで歌って!!」

そう言っていました。

尚、この間、Karlaさんは静止してピアノについたままでした。・・・

ステージの方も後半、「たばこのパーラメントのCMに使われた・・・」

勿論、All My Life♪

今ではたばこのCMも見かけないでしょう。・・・

「Linda RonstadtのHasten Down The Windの1曲目・・・」

こちらもお馴染み、Lose Again♪

Karlaさんの美しい声は健在!!

そしてピアノのソロから、お馴染みのイントロへ

Someone To Lay Down Beside Me♪

Linda Ronstadtがやはり同じアルバムで取り上げた人気曲!!

大喝采のうち、いったん終了となりました。

IMG_5552

アンコールは、やはり2人で登場、今度は前方で、ギターを抱え・・・

「Jackie DeShannonの曲、Searchersも歌った・・・」

勿論、When You Walk In The Room♪

2人だけとはいえ、ロックしていました。

Karlaさんは謝辞を言って、そして・・・

The Water Is Wide♪

やはり最後はこれ・・・

今ではすっかりポピュラーとなったイギリスのトラディショナル・ナンバー!!

でも日本でこの歌を浸透させたのはKarlaさんかもしれません。・・・

心洗われる気分で、場内もしっかり聴き入って・・・

70分のステージはここに幕となりました。・・・

IMG_5554

アルバムこそ多くないものの、本当にいい楽曲を書いて、声もいいし、ピアノも流暢に、ギターは軽快に・・・

Karla Bonoffも過小評価されているミュージシャンかもしれません。

今回、BGMにEaglesが使われていたことは、明らかにGlenn Freyに対するトリビュートでしょう。

彼はKarlaの3枚目のアルバムに関わっていました。・・・

Kenny Edwards、Andrew Gold、そしてGlenn Frey・・・

彼女と関わってきたミュージシャンは逝ってしまいましたが、その分もいつまでも元気で美しい歌を・・・そう心から願っています。・・・

 

 

オフ会映像

ひたすら・・・歌い出しがタイトル!の全米トップ40ヒットを聴く飲み会

Facebook