ラジオ番組企画&制作&音楽全般のプロデュースの株式会社 ヤング・スタッフ

Albert Hammond@Billboard Live Tokyo

time 2016/02/01

誰もが知っている「カリフォルニアの青い空(It Never Rains In Southern California)」

シンガーとして全米チャート上ではその一発屋っぽいところもありますが、日本独自では「落葉のコンチェルト」も大ヒット!!

でも何よりその後のソングライターとしての活躍!!

そして御子息Albert Hammond Jr.もロック・スター!!

そんなAlbert Hammond、単独公演としては何と42年ぶり!!

しかもBillboard Live Tokyoにての公演!!

IMG_5591

1月30日(土)のファースト・ステージ♪

開演予定時刻18:00を5分ばかり回ったところでしょうか・・・ライトダウンでメンバー登場!!

ギターがCalais Brown、ドラムスがDavid Stewart、キーボードがIrvin Duguid、そしてベースがPilotのDavid Paton

5人目のメンバーと思いきや、Albert Hammondが登場!!

赤いジャケットを羽織り、既にギターを抱えています。

「来てくれて有難う、ベストを尽くすよ!!ここは自分の部屋にいる気分、お腹はいっぱいかい!?・・・」

そんなことを言って、軽快にEverything I Want To Do♪でスタート!!

元気な歌は健在、Calaisのアコースティック・ギターはトロピカルな雰囲気に!!

「初めてイギリスからL.Aに来たとき、丘に煙がかかっている光景を見て、タクシーの運転手に 『何か?』と聞いたら、『大気汚染』と言われたよ(苦笑)そんな風の歌だよ・・・」

そう言ってDown By The River♪

アメリカでのデビュー曲、明るい曲のようですが、強いメッセージが込められています。

続いてドラムスが力強く響きNew York City Here I Come♪

これも軽快に、そしてCalaisがエレクトリック・ギターに持ち替え、「ロックン・ロール!!・・・」とThe Day British Army Lose The War♪

御年72歳とのこと、本当に若々しく思います。

「アルバムThe Free Electric Bandから・・・」とThe Peacemaker♪

’70年代初頭のナンバーが続きます。

ここで日本のファンはお待ちかね、For The Peace Of All Mankind♪

「落葉のコンチェルト」といった方がいいでしょう。(笑)

「日本語では何と言うんだい?・・・オチバ?・・・」

そんなやり取りが合って、ピアノのイントロから、皆さん聴き入っていました。

歌い終えた後でギターに付けているハンカチを指して・・・

「最初に来た時はTen Years Afterの前座で武道館だった・・・その翌年、単独で来た時は大都市から小さな街まで回ったけど、どこででもこの歌の後でハンカチを投げ入れてくれたんだ!!Tom Jonesならブラジャーだろうけどね。(笑)」

場内の笑いを誘って話は続き・・・

「尊敬するライターにHal Davidがいる・・・彼と曲を作ることができたけど、10年暖めていた・・・’80年代にスペインから来たシンガー(Julio Iglesias)のアメリカ向きアルバムに関わることになって、この曲を「新曲だよ!!」と提供したよ・・・Willie Nelsonと歌うことになって、まるでカウボーイとプレイボーイだね!!・・・」

そう言って笑いを誘い、To All The Girls I’ve Loved Before♪

Julioのパートでは彼の歌い方の真似をしてさらに笑いを誘っていました。

「Julioは億万長者だけど、友達だよ!!」

最後にそのように言っていました。(笑)

今度は「John Betisと書いた曲・・・」

この名前でファンはお分かり!!CarpentersのI Need To Be In Love♪

キーボードがCarpentersヴァージョンと同じイントロを奏で!!

場内は感動・・・ここでもしっかり聴き入っていました。

「女性シンガーに曲を書く方が、男性に書くより楽しいよ(笑)Tina Turnerにもいくつか書いたけど、中でも好きな曲・・・」

そう言ってI Don’t Wanna Lose You♪

まるでアメリカのヒット・パレード、続いて・・・

「最初は妻に書いたんだけど、彼女は酷い声だから・・・(笑)」

そう言って、Diana Rossが歌ったWhen You Tell Me That You Love Me♪

何と彼はギターを置いて上着を脱ぎ客席へ!!

歌いながら客席を回り、フロアーシートのお客様ほぼ全員と握手を交わしたかもしれません。

中にはハグする女性ファンもいました。

ステージ上に戻り、

「故Whitney Houstonに書いた、彼女のようには歌えないけど・・・」

曲はOne Moment In Time♪

こちらを歌い上げ、そしていったんステージを立ち去りました。

IMG_5590

バンドが演奏を続ける中、戻ってきてNothing’s Gonna Stop Us Now♪

Albert1人の歌ですが、David Patonたちがコーラスで支えます。

再び初期のシンガー・ソングライターの世界へといった感じで、軽快にI’m A Train♪

そしてギターのイントロから、When I Need You♪

奇しくも3ヶ月前、Leo Sayerがここで歌ったわけで、作者の歌でも聴けるとは感慨深いものもあります。

続いてThe Air That I Breathe♪

「高い声は出せないから、Holliesヴァージョンでやるよ・・・」

とロック・ヴァージョン!!

David Patonとかがバックにいるのでこれでよかったでしょう。

観客にコーラスも促していました。

ライヴも最高潮で、彼の代表曲の一つといえるThe Free Electric Band♪

そして観客に謝辞を言って・・・最後はやはり・・・

It Never Rains In Southern California♪

実際は悲しい歌でもあるのですが、一般の皆さんの生活にも浸透している歌、それぞれの思いで聴き入っていたことと思います。

最後はメンバー勢揃い

「See You Next Year!!・・・」

ポップス・ファン、洋楽ファンなら「最高!!」と一言に尽きるライヴはここに終演となりました。

IMG_5592

今回、ライヴに行くに当たって、少し前からAlbert Hammondのアルバムをよく聴いていました。

「カリフォルニア~」のようなスタンダード化しているナンバーはともかく、Down By The River♪や「落葉のコンチェルト」をこれだけよく聴いたのは、自分としては1974年以来だったかもしれません。・・・

なのに古さを感じるどころか、今も新鮮、「音楽は永遠である!!」と改めて実感です。

さて「Albert Hammondさん、42年ぶりと言わず、最後の言葉通り、できれば来年また来てくださいね!!」心からそう思って(願って)いる次第です。

オフ会映像

ひたすら・・・歌い出しがタイトル!の全米トップ40ヒットを聴く飲み会

Facebook