ラジオ番組企画&制作&音楽全般のプロデュースの株式会社 ヤング・スタッフ

2016/4/2 Billboard Chart

time 2016/03/31

★ジャスティン・ビーバー、アルバム『Purpose』から3曲連続で記録的な大ヒット

★アリアナ・グランデ、5曲目のTOP10内初登場で達成した記録は?

★リアーナ、17,000枚のセールスで第1位

★2015年全米音楽事情

★アルバム・チャートの歴史

 
4/2付。今週のビルボード・シングル・チャートから。

 

defb002466302

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/defb002466302

今週も第1位はリアーナ・フィーチャリング・ドレイクの「Work」。これで5週連続第1位です。R&Bヒップホップ・ソングス・チャートでは7週目の第1位です。先週6週連続とお伝えしましたが、ドレイクの「Summer Sixteen」が1週割り込んでいましたので連続6週ではありませんでした。失礼しました。ストリーミングが5週連続1位と強いのでHOT100でも1位をキープしている状態です。ラジオ・ソングスは3位変わらず、デジタルセールスは3位から4位へダウンしました。ただリアーナが1位を続けているのでアメリカ出身以外のアーティストによるHOT100の1位独占は37週連続と記録を更新中です。

 

 

defb002404302

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/defb002404302

第2位はジャスティン・ビーバーの「Love Yourself」です。この曲は3位4週のあと2位、1位となって一度2位に下りますが、1位へ返り咲いて1位を合計2週間記録。その後3/5に2位へダウンして今週が5週連続、通算7週目の第2位となりました。No.1ソングで2位を7週以上記録した曲はこれで22曲目なんです。ちなみにこの曲は3位を4週間記録しています。ジャスティン・ビーバーのアルバム『Purpose』からの3曲はすべて大ヒットになりました。すべてNo.1ソングでファースト・シングルの『What Do You Mean?』は初登場以来21週連続TOP10のビルボード記録(タイ記録)。2曲目『Sorry』も実は今週8位で『What Do You Mean?』に続いて史上4曲目の初登場以来21週連続TOP10になりました。『Love Yourself』は12/5に4位に初登場して今週まで連続18週間TOP10入りを記録しています。この曲も21週連続を狙えそうです。すべてTOP10内に初登場して1位になり、すべて初登場以来21週連続TOP10となるか注目です。昔アルバムからカットされた3曲すべてTOP40内に初登場してすべて1位になり、そしてすべて最後の順位が100位というのがありました。

 

rca531247

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/rca531247

同じ順位を続けているといえば、初登場1位のあと7位へダウンしてそれから5週連続6位なのがアルバム『Mind Of Mine』も発売されたゼインの「Pillowtalk」です。今週新曲「Like I Would」が55位に初登場しました。

 

今週の第10位はアリアナ・グランデの「Dangerous Woman」がいきなり初登場です。デジタル・セールスで2位、ストリーミングで15位に初登場。ラジオ・ソングス・チャートはまだ圏外です。アリアナ・グランデ7曲目のTOP10ヒットで、なんとそのうち5曲がTOP10内に初登場しています。TOP10内初登場曲数の記録はテイラー・スウィフトの12曲が歴代1位です。「Dangerous Woman」は5/20に発売になるサード・アルバムのタイトル・トラックで、そのファースト・シングルとのことです。11月に「Focus」という曲が7位に初登場していて、当時はサード・アルバム『Moonlight』からのファースト・シングルと言われていたのですが、『Moonlight』は発売されず、『Dangerous Woman』というタイトルで仕切り直して発売されるようで、こちらには「Focus」は収録されないという情報もありました。ということで、アリアナ・グランデはデビュー・アルバムから3枚連続でファースト・シングルがTOP10内に初登場という快挙達成です。

 

2013.4.13 The Way (Feat. Mac Miller) 初登場10位 アルバム『Yours Truly』(最高位1位)
2014.5.17 Problem (Feat. Iggy Azalea) 初登場2位 アルバム『My Everything』(最高位1位)
2016.4.2 Dangerous Woman アルバム『Dangerous Woman』(5/20発売)

 
下の方では、トロイ・シヴァンの「Youth」が登場7週目にして先週の58位からいきなり23位にアップしました。アルバム・チャートでもそうですが、シングル・チャートでも最近はデジタルでディスカウント・セールをやるとこういう動きをするんです。今回はiTUNESで69セントセールをやった結果デジタル・セールスチャートでも45位から11位にアップしてHOT100では23位に急上昇しました。

 

先週の55位から最高位の52位へアップしたのがザック・ブラウン・バンドの「Beautiful Drug」です。この曲は今週カントリー・エアプレイ・チャートで通算13曲目の1位になりました。このチャートは1990年1月20日にスタートしていますが、3人以上のグループでの13曲目の1位は歴代単独1位になりました。2位が12曲でラスカル・フラッツ、3位が9曲でレディ・アンテベラムとローンスターです。また、この曲は4枚目のスタジオ・アルバム『Jekyll + Hyde』から「Homegrown」、「Loving You Easy」に続いて3枚目のシングルなんですが、この3枚ともカントリー・エアプレイ・チャートで1位になりました。

 
/////////////////////////////

 
4/2付。今週のビルボード・アルバム・チャートから。

 
今週の第1位は実売たったの17,000枚なのに第1位になったリアーナの『Anti』です。今のアルバムチャートは実売のセールスに加えて収録曲のダウンロードやストリーミング回数も加味してランキングされています。これでいくと44,000EAUとなって、ビルボード200はこのEAU(換算枚数)でランキングされるため1位なんですね。実売のみのチャートもビルボードは発表していて、TOP ALBUM SALES CHART では『Anti』は第10位でした。

 

sprh491342

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/sprh491342

今週の実売第1位はジョーイ&ローリーの『Hymns』です。ビルボード200では第4位ですが、TOP ALBUM SALES では第1位でした。枚数が44,000枚。1位の週間セールス枚数としては、サウンドスキャン集計になった1991年5月以降で歴代3番目に低い枚数でした。(1位は3万枚でサウンドトラック『Descendants』(2015年)、2位は4万枚でエイモス・リーの『Mission Bell』(2011年))

 

アルバムチャートは実売のセールスに加えて収録曲のダウンロードやストリーミング回数も加味してランキングされています。EAUは換算枚数をあらわしています。

 

 

今週のTOP10内初登場はあと2枚です。

 

rrd174912

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/rrd174912

第6位に初登場したのが、キルウィッチ・エンゲイジの7枚目のスタジオ・アルバム『Incarnate』です。ロック・アルバム・チャートでは2枚目、ハード・ロック・アルバム・チャートでは3枚目の1位となりました。アメリカ・マサチューセッツ州ウエストフィールズで1999年に結成された5人組メタル・バンドです。

 

gsde68664

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/gsde68664

第10位にはヒップホップ・トリオ、フラットブッシュ・ゾンビーズの『3001: A Laced Odyssey』が初登場です。2012年ニューヨーク・ブルックリンのフラッシュブッシュで結成されました。これまで多くのヒップ・ホップ・アーティストとコラボしてきましたが、このアルバムで彼ら自身もデビューを飾りました。

 

2015年の全米の音楽セールスについての記事が載っていました。

 

全体では70億1600万ドルで前年比プラス0.09%。内訳は、有料ストリーミングが前年比52.3%アップで12億2000万ドル。広告収入で運営しているYouTubeなどの無料ストリーミングが30.6%アップの3億8510万ドルでした。デジタルでは、ストリーミングを含むとプラス6.2%の48億ドルですが、ストリーミングを除くとマイナス10.4%で23億2000万ドルなんです。アルバム枚数は1億940万枚でマイナス7%、トラック・セールスも10億200万ドルでマイナス14.9%でした。フィジカル・セールスでは全体が19億ドルでマイナス10.4%。CDは1億2300万枚で(2014年:1億4300万枚)、15億2100万ドル(2014年:18億3000万ドル)でした。アナログはアルバムが1690万枚で前年比プラス31.8%。金額では4億2300万ドルでした。この水準は1988年以来とのことです。

 
ところで今のビルボード200、ビルボード・アルバム・チャートが毎週発表されるようになったのが1956年3月24日付からで、60周年を迎えました。最初の第1位はハリー・ベラフォンテの『Belafonte』(邦題『民謡の王者、ベラフォンテ』)で6週間第1位を記録して年間第8位でした。全米を集計対象にしたアルバム・チャートがビルボードで初めて発表されたのは1945年3月24日。それから数えて71年。当時はEPチャートも同時に発表されたり、チャートそのものが発表されない時期があったり、隔週だったりということで、ビルボード・アルバム・チャートの起点を1956年3月24日としているようです。簡単な変遷は以下の通りです。

 

1956.3.24 これまで隔週で発表されていた Best Selling Popular Albums Chart が毎週発表されるチャートとしてスタート。

1959.5.25 モノラルとステレオ・チャートに分かれる。

1963.8.17 分かれていたチャートが Top LP’s Chart として統一されてスタート。

1975,6,7 『Elton John / Captain Fantastic And The Brown Dirt Cowboy』が初めて初登場1位を記録。

1983.2.26 『Michael Jackson / Thriller』1位に。この後合計37週間1位を記録。アーティストとしては最長1位アルバムとなる。

1991.5.25 集計方法大幅変更。サウンドスキャンを導入。集計対象が新譜のみになり、旧譜のみを集めた Top Catalog Albums Chart スタート。

1991.6.28 サウンドスキャン導入後最初の初登場1位登場。『Skid Row / Slave To The Grind』。それまでは初登場1位は7枚しかなかった。

1992.3.14 チャート名が現在の Billboard 200 になる。

2000.4.8 『N Sync / No Strings Attached』が発売第1週で当時史上最高の242万枚のセールスを記録。

2003.11.22 新譜と旧譜を合わせてすべてのアルバムを集計対象にした Top Comprehensive Albums Chart スタート。

2009.12.5 Billboard 200 を新譜のみのチャートからすべてのアルバムを集計対象にするチャートへ。それに合わせて従来そのスタイルで発表されてきた Top Comprehensive Albums Chart が終了。代わりに、新譜のみのアルバム・チャート Top Current Albums Chart スタート。

2014.12.13 集計対象をアルバム・セールスだけでなく、収録曲のトラック・セールスやストリーミング・セールスも加え、換算枚数でのランキングに変更。それに伴って、従来の集計対象だったアルバム・セールスだけのランキングである Top Album Sales Chart スタート。

2015.12.12 『Adele / 25』が発売第1週で338万枚の実売セールスを記録して、イン・シンクの記録を破る。

2016.3.25 『Kendrick Lamar / untitled unmastered.』が1956年3月24日付から集計して1026枚目の1位を記録。

 

オフ会映像

ひたすら・・・歌い出しがタイトル!の全米トップ40ヒットを聴く飲み会

Facebook