ラジオ番組企画&制作&音楽全般のプロデュースの株式会社 ヤング・スタッフ

2016/4/16 Billboard Chart

time 2016/04/14

★ベビーメタル速報

★ベビーメタルだけじゃない、もう1人日本人で初登場1位!

★リアーナ、マライア・ペースで1位獲得

★ポップ・ソングス・チャートで女性6人目の記録とは

★テイラー・スウィフト、マイケル・ジャクソンしか獲ったことがない賞を受賞へ

★サイモン&ガーファンクル6位初登場。なぜ?

★11枚目のダイアモンド・シングル認定

★ゼイン、さまざまな記録とともに初登場1位

★ACMアワード受賞結果

★マーゴ・プライス、史上初の記録とは

★2015年に世界で最も売れたアルバム&シングル
4/16付。今週のビルボード・シングル・チャートから。

 

ral519320

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/ral519320

とその前に、すでにニュースでも報道されていますので、ベビーメタルの情報を。来週の4/23付でベビーメタル、アメリカではビルボード・ワールド・アルバム・チャートで初登場1位、通算3枚目のチャートインとなった『Metal Resistance』が、ポップ・チャートであるビルボード200では39位に初登場しました。日本人アーティストでは坂本九の『Sukiyaki And Other Japanese Hits』の最高位14位(63年・合計17週間チャートイン)以来のTOP40入りとなりました。UTADAもKODAもSEIKOも成し得なかった記録です。これまでワールド・アルバム・チャートではデビュー・アルバム『Babymetal』が2014年1位(ビルボード200では最高位187位)、『Live At Budokan: Red Night』が2015年3位を記録していました。

 

 

tlr38247

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/tlr38247

そして、全然今のところ報道にないのですが、日本人アーティストがもう1人、4/23付でジャンルのチャートで初登場1位しているんです。アーティスト名はHIROMI。日本人ジャズ・ピアニストの上原ひろみです。ジャズ・アルバム・チャートで『Spark: The Trio Project』(アーティスト名のクレジットは、Hiromi Featuring Anthony Jackson & Simon Phillips です。)が初登場1位に輝きました。HIROMIはジャズ・アルバム・チャートでは2013年に『Move』が2013年最高位8位、そして『Alive: The Trio Project』が2014年最高位3位でした。そしてこのアルバムが初登場1位と3枚連続3枚目のTOP10入りと人気上昇中です。なお、このアルバムはビルボード200では200位圏外でした。

 

 

defb002466302

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/defb002466302

さて、HOT100チャートです。今週4/16付の第1位はリアーナ・フィーチャリング・ドレイクの「Work」で7週連続第1位となりました。R&Bヒップホップ・ソングス・チャートでは9週目の第1位です。ストリーミング、今週も強いです。3000万は割りましたが、2880万ストリームスでストリーミング・ソングス・チャートで7週連続第1位です。ラジオ・ソングスは3位から2位へアップ。一方デジタル・セールスでは4位かラ5位へダウンしました。リアーナの1位通算獲得週数は58週。歴代2位のビートルズまであと1週。1位のマライア・キャリーまであと21週となりました。マライアが79週目の第1位を記録した時は38歳でした。リアーナは現在28歳。マライアは28歳からの10年間で5曲の1位を記録しました。この5曲で21週間の1位週数なんです。ということは、現在のリアーナ58週は、マライア28歳時と同じ週数なんですね。マライアはその当時1位は13曲でした。リアーナは14曲。初の1位はマライアは20歳。リアーナは18歳でした。ほぼ同じペースなんですね。リアーナ、1位曲数も週数も歴代1位の可能性、十分あります。

 

今週のジャスティン・ビーバー。「Love Yourself」は今週3位から5位にダウン。でもこれでTOP10内初登場以来連続20週チャートインとなり、4曲あるビルボード記録にあと1週となりました。この4曲のうち2曲がジャスティンの最新アルバム『Purpose』に収録されている「What Do You Mean?」と「Sorry」です。

 

epic531077

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/epic531077

5/20にアルバム『7/27』が発売になるガール・グループ、フィフス・ハーモニーですがタイ・ダラー・サインをフィーチャリングした「Work From Home」が12位から10位にアップ、初のTOP10ヒットとなりました。ガール・グループのTOP10入りはなんと8年もなかったんですね。プッシーキャット・ドールズの「When I Grow Up」(2008年最高位9位)以来とのことです。
先週詳しいリストを載せましたが、アデルの「Hello」が今週もアダルト・コンテンポラリー・チャートで1位となりこれで通算20週目の第1位となりました。このチャートで20週間の第1位は歴代5位タイ。最長1位は28週間でアンクル・クラッカー・フィーチャリング・ドビー・グレイの「Drift Away」(2003年)です。ちなみにこの曲のオリジナルであるドビー・グレイの「Drift Away」はACチャートでは73年最高位12位でした。アデルの「Hello」はHOT100では今週19位。アルバム『25』は初登場以来連続19週目のTOP5(今週5位)で全米では860万枚のセールスを記録しています。

 

 

iscb002400102

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/iscb002400102

17位にはセレーナ・ゴメスの「Hands To Myself」(最高位7位)が15位からダウン。でも今週ポップ・ソングス・チャートで1位になりました。アルバム『Revival』から3曲目の第1位です。このチャートで1枚のアルバムから3曲の1位は女性では6人目とのことです。以下の通りです。チャートは2008年7月5日にスタートしました。
* Alanis Morissette / Jagged Little Pill:(3曲)
“Ironic,” “You Learn,” “Head Over Feet” (1996)

 

* Avril Lavigne / Let Go:(3曲)
“Complicated,” “Sk8er Boi,” “I’m With You” (2002-03)

 

* Lady Gaga / The Fame:(4曲)
“Just Dance” (featuring Colby O’Donis), “Poker Face,” “LoveGame,” “Paparazzi” (2009)

 

* Katy Perry / Teenage Dream:(6曲)
“California Gurls” (featuring Snoop Dogg), “Teenage Dream,” “Firework,” “E.T.” (featuring Kanye West), “Last Friday Night (T.G.I.F.),” “The One That Got Away” (2010-12)

 

* Taylor Swift / 1989:(5曲)
“Shake It Off,” “Blank Space,” “Style,” “Bad Blood” (featuring Kendrick Lamar), “Wildest Dreams” (2014-15)

 

* Selena Gomez / Revival:(3曲)
“Good for You” (featuring A$AP Rocky), “Same Old Love,” “Hands to Myself” (2015-16)
ところで上のリストにもあるテイラー・スウィフトですが、第64回BMIポップ・アワードで特別表彰されることになりました。この賞はソングライターに対する賞で、このたび史上2人目となるそのアーティスト名の賞を受賞することになりました。賞の名前は『Taylor Swift Award』。なお、このようなケースで最初に受賞したのは1990年のマイケル・ジャクソンでした。また、バリー・マン&シンシア・ワイルには『BMI Icon Award』が贈られます。授賞式はカリフォルニア州ビバリー・ヒルズのビバリー・ウィルシャー・ホテルで5/10に行われます。

 

 

rprw550136

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/rprw550136

今週の51位には69位からアップしたディスターブドの「The Sound Of Silence」が入っています。HOT100登場6週目ですが、メインストリーム・ロック・チャートでは5週連続第1位、ロック・ソングス・チャートでは3位に上がってきました。もちろんサイモン&ガーファンクルの1966年第1位になった名曲のカバーです。そして今週異変が!ロック・ソングス・チャートは2009年にスタートしたのですが、こちらにサイモン&ガーファンクルのオリジナル・バージョンが6位に初登場したのです。何故?HOT100には初登場していませんが、いったいどうしたのかといいますと、YouTubeで『Batman V Superman – Sad Affleck』というのがありまして、『バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生』公開直前にバットマン役のベン・アフレックのインタビューが加工されてアップされているのですが、その表情が悲しげで、そのバックにこのサイモン&ガーファンクルの「The Sound Of Silence」が流れているのです。ストリーミングで510万回の再生で初登場6位とのことでした。

 

RIAA(アメリカ・レコード協会)がアルバムやシングルのセールスを発表しているのですが、この度11枚目の1000万枚以上セールスを記録したシングルが認定されました。フロリダ・ジョージア・ラインの「Cruise」です。「Cruise」といえば、カントリー・ソングス・チャートで2013年に24週間第1位を記録して、このチャートでの1位最長記録を更新する大ヒットとなりました。この曲が4/1に1000万枚のセールスの認定を受けました。RIAAで1000万枚のセールスはアルバムでもシングルでも『Diamond Award』として記録されます。これまでの経緯をみますと、7インチ・アナログ・シングルの時代には認定がなく、CDシングル時代にエルトン・ジョンが、ダウンロードの時代になって9枚が認定されました。さらに現在はストリーミング数も換算されてセールスに加えられての認定となっています。「Cruise」1000万枚認定の内訳は748万ダウンロード+1億5500万ストリームスとのことです。11枚のダイアモンド・シングルは以下の通りです。表記はRIAAに従っています。
1200万枚:
* Baby / Justin Bieber (Featuring Ludacris)

 

1100万枚:
* Candle In The Wind 1997/Something About The Way You Look Tonight / Elton John
* Love The Way You Lie / Eminem (Featuring Rihanna)
* Bad Romance / Lady Gaga

 

1000万枚:
* Not Afraid / Eminem
* Cruise / Florida Georgia Line
* Radioactive / Imagine Dragons
* Firework / Katy Perry
* Dark Horse / Katy Perry
* Poker Face / Lady Gaga
* Thrift Shop / Macklemore & Ryan Lewis (Featuring Wanz)

 

 

/////////////////////////////
4/16付。今週のビルボード・アルバム・チャートから。

 

 

rca531247

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/rca531247

今週の第1位は元ワン・ダイレクションのゼインのソロ・デビュー・アルバム『Mind Of Mine』です。157,000EAU、実売は112,000枚でした。UK出身で男性ソロ・アーティストのデビュー・アルバムの1位は実に1988年『Faith』が1位になったジョージ・マイケル以来ですが、初登場1位は初めてとのことです。このアルバムはUKのアルバム・チャートでも当然初登場1位で、デビュー・アルバムが英米両方で初登場1位になったUK出身ソロ・アーティストは2009年『I Dreamed A Dream』が1位になったスーザン・ボイル以来です。さらにワン・ダイレクションで4枚の1位を記録していて、グループ、ソロ両方で1位になりました。このケースは結構あります。さらにさらにアルバムからのファースト・シングル「Pillowtalk」がHOT100チャートで1位を記録しています。そのアーティスト名義でのデビュー・アルバム、デビュー・シングルがそれぞれのチャートで初登場1位を記録したのは3人目だそうです。これまで以下の2人が記録していました。

 

* Lauryn Hill: 1998年
アルバム『The Miseducation of Lauryn Hill』
シングル「Doo Wop (That Thing)」

 

* Clay Aiken: 2003年
アルバム『Measure of a Man』
シングル「This Is the Night」

 

アルバムチャートは実売のセールスに加えて収録曲のダウンロードやストリーミング回数も加味してランキングされています。EAUは換算枚数をあらわしています。

 

今週のTOP10内初登場はあと3枚です。

 

atl544343
http://item.rakuten.co.jp/americanpie/atl544343

第2位に初登場したのが、R&Bヒップ・ホップ・チャートではデビューから3枚連続第1位となったK.ミッシェルの『More Issues Than Vogue』です。ビルボード200では2013年のデビュー・アルバム『Rebellious Soul』が3位、2014年の『Anybody Wanna Buy A Heart』が6位でした。

 

第7位には1991年8月9日アトランタ出身のラッパー、ヤング・サグのずっと発売が延期されていた5枚目のミックス・テープ『Slime Season 3』が初登場しました。昨年「Lifestyle」がHOT100で16位を記録しています。デビュー・アルバムは『Hy!£UN35』というタイトルで今年の夏に発売予定とのことです。

 

sumr40155
http://item.rakuten.co.jp/americanpie/sumr40155

第9位には3枚目のTOP10入りとなったアスキング・アレキサンドリアの『The Black』が初登場しました。4枚目のスタジオ・アルバムです。そのうち3枚がTOP10入りですのでUKのみならず、アメリカでも安定した人気を獲得しています。2008年に結成されたUK出身の5人組メタルコア・バンドです。

 

 

jrad53564
http://item.rakuten.co.jp/americanpie/jrad53564

12位に初登場したのがブルース・ギタリスト、ジョー・ボナマッサの『Blues Of Desperation』です。1995年9月2日にスタートしたビルボード・ブルース・アルバム・チャートでは16枚目の第1位となりました。16枚の1位は2位のBBキング、スティーヴィー・レイ・ヴォーンの9枚を大きく引き離して歴代1位です。27枚のアルバムすべてがこのチャートでTOP10に入っているというアメリカでは大人気アーティストなんです。

 

mernb001940502

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/mernb001940502

ここでカントリーの話題を2つほど。
まず、4/5にラス・ヴェガス・MGM・グランド・ガーデン・アリーナで授賞式が行われた第51回ACMアワード(Academy Of Country Music Awards)の結果をご紹介します。司会はダークス・ベントリーとルーク・ブライアン。昨年のCMAアワード受賞してからポップでも人気が出てきたクリス・ステイプルトンがこちらでも最多の4部門で受賞しました。
Entertainer of the Year; Jason Aldean

 

Male Vocalist of the Year: Chris Stapleton
Female Vocalist of the Year: Miranda Lambert
Vocal Duo of the Year: Florida Georgia Line
Vocal Group of the Year: Little Big Town

 

New Male Vocalist of the Year: Chris Stapleton
New Female Vocalist of the Year: Kelsea Ballerini
New Vocal Duo or Group of the Year: Old Dominion

 

Album of the Year: Traveller / Chris Stapleton
Song of the Year: Nobody to Blame / Chris Stapleton
Single Record of the Year: Die a Happy Man / Thomas Rhett

 

Video of the Year: Mr. Misunderstood / Eric Church
Vocal Event of the Year: Smokin’ and Drinkin’ / Miranda Lambert featuring Little Big Town

 

tdmr70226

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/tdmr70226

もうひとつは、カントリー・アルバム・チャートで10位に初登場したマーゴ・プライスの『Midwest Farmer’s Daughter』です。4000枚のセールスでビルボード200では189位に初登場しました。何でこのアルバムを話題にしたかといいますと、このアルバムは彼女のデビュー・アルバムなんですが、女性ソロ・アーティストのデビュー・アルバムが、カントリー・シングル・チャートにまだ登場していなくて、カントリー・アルバム・チャートでTOP10内に初登場したのがこのチャート54年の歴史でなんと初めてなんだそうです。惜しい記録としては、先週お伝えしたケイン・ブラウンの高校の1年後輩で、アメリカン・アイドルシーズン10の準優勝者であるローレン・アライナのデビュー・アルバム『Lauren Alaina』が、カントリー・アルバム・チャートで2011年6月11日付で9位に初登場したのですが、同じ週にカントリー・ソングス・チャートで「Like My Mother Does」が49位にランクインしていました。
マーゴ・プライスは1983年4月14日生まれ。イリノイ州バッファロー・プレイリー生まれでテネシー州ナッシュヴィル育ちの今年33歳です。伯父がジョージ・ジョーンズやコンウェイ・トゥイッティ、チャーリー・プライド、リーバ・マッキンタイアなどに曲を提供しているソングライターのボビー・フィッシャーでその影響もあっていろいろな仕事をしながらカントリー・バンドで歌ってきました。今回、遅咲きですがメジャー・デビューすることができ、彼女は夢の階段を登り始めています。

 

 

最後に、IFPI(国際レコード産業連盟)が2015年の全世界で売れたアルバム、シングルのベスト10を発表していたのでご紹介します。
Digital Singles:
1. See You Again / Wiz Khalifa Feat. Charlie Puth
2. Uptown Funk / Mark Ronson Feat. Bruno Mars
3. Thinking Out Loud / Ed Sheeran
4. Sugar / Maroon 5
5. Lean On / Major Lazer Feat. MO and DJ Snake
6. Love Me Like You Do / Ellie Goulding
7. Hello / Adele
8. Blank Space / Taylor Swift
9. Cheerleader / OMI
10. Want To Want Me / Jason Derulo

 

Global Albums:
1. 25 / Adele
2. x / Ed Sheeran
3. 1989 / Taylor Swift
4. Purpose / Justin Bieber
5. In The Lonely Hour / Sam Smith
6. Made In the A.M. / One Direction
7. Fifty Shades of Grey / Soundtrack
8. A Head Full of Dreams / Coldplay
9. Title / Meghan Trainor
10. Beauty Behind The Madness / The Weeknd

 

関連記事

オフ会映像

ひたすら・・・歌い出しがタイトル!の全米トップ40ヒットを聴く飲み会

Facebook