感動ライヴ

Christopher Cross@Billboard Live Tokyo 2016

2016-04-30

グラミー賞男、Christopher Cross♪

Billboard Liveでの公演も定例となっていますが、今年も!!

4月27日(水)セカンド・ステージです。

IMG_7075

定刻21時30分となりライトダウン、オープニングBGMが流れる中、バックのスクリーンには歴代のアルバム・ジャケット写真!!

メンバーが登場!!

そしてストラトキャスターを抱えたChristopher Cross登場!!

オープンシャツを羽織り、お馴染みの黒のキャップ

5枚目のアルバムのタイトル曲Rendezvous♪でスタート!!

近年あまりプレイされたことのないナンバーですが、コーラス部分が印象的!!優れた楽曲が多いことも実感!!

メンバーは、キーボードがEddy Hobizal、ベースがJohn Fremgen、ドラムスがDoug Yowell

そしてサックスとキーボードで近年はお馴染みのAndy Suzuki

女性シンガーが、Marcia Rameriz、Kim Parentの2人

それにChrisと強力な布陣です。!!

2曲目はお馴染みNever Be The Same♪

近年ではAndyのサックスもフィーチャーされます。

「コンバンワ、今夜は素晴らしいミュージシャンと一緒だよ・・・」

そう言って、Eddyのキーボードのイントロから、新作Secret Ladderのオープニング・ナンバーReverend Blowhard♪

女性シンガー2人のコーラスもパワフルです。

「日本人でもあるAndy Suzukiだよ・・・」

そう言って、彼のソプラノ・サックスをフィーチャーしてのEverything♪、Chrisのギターもフィーチャーされました。

ここでEddyがピアノ・ソロ・・・

しっかり聴かせて、Andyがストリングスを入れ、Chrisのピッキング・・・

そう、勿論、Sailing♪

バックの南の島や海の映像もお馴染み、ライヴの前半のハイライトといえるでしょう。

今度はベースのJohnにスポットが当たり、曲はWalking In Avalon♪

ライヴではお馴染みのナンバー、ベース・ソロも少しフィーチャーされました。

ここでセットチェンジというか、アコースティック・ギターに持ち替えます。

少し時間がかかったので「スミマセン」とChris・・・

「19歳で亡くなった女性の歌・・・」とThink Of Laura♪

スクリーンにはそのLauraさんの写真(?)

Chrisと写っている写真もありました。

このアコースティック・セットでは、ドラマーのDougも前に出てきてシンプルなセット、曲はAlibi♪

アルバムBack Of My Mind収録のこれもレアなナンバー、Dougのパーカッションもフィーチャー!!

続いては、新作収録のSimple♪、ここでは女性シンガー2人も交互に歌い、Love Is Simple~♪というリフレインが印象に残ります。

さてChrisは再びストラトキャスターに持ち替え、コーラスをフィーチャーしてのAll Right♪

ここでも女性シンガーがソロを歌い、少しドラム・ソロもありました。

ライヴの終盤、わざと「ニューヨーク・シティ・セレナーデ」と紹介して、勿論、Arthur’s Theme (Best That You Can Do)♪

バックのスクリーンにはニューヨークの光景と故Dudley Mooreの写真・・・この曲に関しては人気曲というだけでなく、Dudley Mooreへのオマージュといったこともあるのでしょう。

勿論、Andyのサックスも場を盛り上げていました。

そしてやはり力強く、Ride Like The Wind♪

歌もパワフルに、Chrisのギター・ソロも!!

バックには今回もウエスタン映画の映像、やはり「南から来た男」の魂は健在でした。!!

ここでメンバーが揃って挨拶・・・

・・・でしたが、ドラムスのDougが力強く叩き始め、他のメンバーも定位置に・・・

曲はNo Time ForTalk♪

Andyのサックスも効果的に、女性シンガーもパワフルに!!

75分のステージはここで幕、となりました。・・・

IMG_7076

Chris自身も「素晴らしいミュージシャン」と紹介したように、今回は各メンバーのプレイもフィーチャーされたようです。

全13曲中、半分はお馴染みのナンバーで、あと半分、色々変わるのが彼のいつものセットリストのよう・・・

そう、Christopher Crossのナンバーはそれだけ優れた楽曲が多いのことを示しているようです。

また次回(来年)は別の曲も期待したいですし、そして違うパターンのコンサートも期待したいと思っています。

 

 


Copyright© 2011-2016 Young Staff co.,LTD All Rights Reserved.