ラジオ番組企画&制作&音楽全般のプロデュースの株式会社 ヤング・スタッフ

2016/6/18 Billboard Chart

time 2016/06/17

★ドレイク、アルバム&シングル同時に3週連続で第1位。この記録他には?

★ジャスティン・ティンバーレイク、各エアプレイ・チャートでスピード記録

★訃報:クリスティーナ・グリミー

★ダークス・ベントリー、アルバム6枚目、シングル11曲目の第1位

★2016年これまでのアルバム・セールスTOP3は?

★モンキーズ、20年ぶりのアルバム&49年前の大記録

 

 

6/18付。今週のビルボード・シングル・チャートから。

 

rpblb002510202

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/rpblb002510202

今週の第1位はこれで4週目の第1位となるドレイク・フィーチャリング・ウィズキッド&カイラの「One Dance」です。デジタル・セールス、ストリーミング、ラジオ・ソングスすべて2位でした。アルバム『Views』も今週第1位。HOT100、ビルボード200の1位が同じアーティストという記録が3週連続となりました。アルバム1位とシングル1位が同じアーティストというのはけっこうあります。以前、ともに初めて同時に1位になったケースをご紹介しましたが、今回は3週以上連続で同時1位のおもなケースをご紹介します。

 

今回のケースの前に記録されたのは:
アデル アルバム『25』 シングル「Hello」 6週:2015/12/12 – 2016/1/16

 

ドレイクの前に男性アーティストで3週以上連続となると:
50セント アルバム『The Massacre』 シングル「Candy Shop」(Feat. Olivia)
6週:2005/3/19 – 4/23

 

アルバム・チャートが統一された1963年8月17日以降での
男性アーティストの最長記録は:
マイケル・ジャクソン アルバム『Thriller』 シングル「Billie Jean」
7週:1983/3/5 – 4/16

 

女性アーティストの最長記録は:
ホイットニー・ヒューストン アルバム『The Bodyguard』 シングル「I Will Always Love You」
12週:1992/12/12 – 1993/2/27

 

グループの最長記録は:
ビートルズ
アルバム『Meet The Beatles!』 シングル「I Want To Hold Your Hand」「She Loves You」「Can’t Buy Me Love」
11週:1964/2/15 – 4/25
アルバム『The Beatles’ Second Album』 シングル「Can’t Buy Me Love」
1週:1964/5/2
合計 12週:1964/2/15 – 5/2

 
また、ビルボードではARTIST100というチャートを発表しています。
2014年7月19日からスタートしたチャートでHOT100、TOP ALBUM SALES、SOCIAL50のランキングをポイント化してチャートにしています。アルバムやシングルのセールス、ラジオ・エアプレイ、ストリーミング、ソーシャル・メディアでのアピール度などから旬のアーティストをランキングしているのです。

 

最初の1年のうち31週間をテイラー・スウィフトが1位を独占しました。この時点で次に1位を多く記録したのがサム・スミスの3週間でしたが、それから1年で1位獲得週数ランキングは以下のようになりました。

 

1位 31週 Taylor Swift
2位 11週 Justin Bieber
2位 11週 Drake
4位 10週 Adele
5位  8週 The Weeknd

 

panda
HOT100第2位は3週連続で通算5週目の2位となったデザイナーの「Panda」です。最高位は1位(2週間)。今週はストリーミングでは7週目の第1位なんですが、デジタルで3位から4位、ラジオ・ソングスで12位から11位となっています。もっとエアプレイが伸びれば1位返り咲きもあるかもしれませんが...。ラップ・ソングス・チャートでは9週連続第1位です。

 

jt_cant

第3位には初登場1位のあと3週連続で第3位のジャスティン・ティンバーレイク「Can’t Stop The Feeling!」。ストリーミングが8位変わらずなのに、HOT100で1位から落ちてもまだ3位にとどまっているのは、デジタル・セールスが落ちなかったこと、そしてエアプレイが急速に伸びたためです。デジタル・セールスは4週連続第1位。ラジオ・ソングスは登場5週目という超スピードで今週1位になりました。たった5週で1位はアデルの「Hello」の4週で1位以来のスピード記録です。最速は3週で1位というのが2曲。91年マイケル・ジャクソンの「Black Or White」と92年マライア・キャリーの「I’ll Be There」です。

 

また、アダルト・ポップ・ソングス・チャートでも今週1位となりました。通算3曲目の1位なんですが、こちらも登場5週目での1位というスピード記録です。これまでの男性ソロ・アーティストではファーレル「Happy」の8週目での1位がスピード記録でした。5週目での1位が最速記録でアデルの「Hello」に並びました。ちなみに6週で1位になったのがテイラー・スウィフトの「Shake It Off」(2014年)とセリーヌ・ディオンの「Because You Loved Me」(96年)とのことです。このチャートは1996年3月にスタートしました。

 

さらに、92年にスタートしたポップ・ソングス・チャートでも5週目で1位になりました。これはアデル「Hello」、テイラー・スウィフト・フィーチャリング・ケンドリック・ラマーの「Bad Blood」と並びましたが、2004年のネリー・フィーチャリング・ティム・マックグロウの「Over And Over」は4週目で第1位になっています。またこちらのチャートでは8曲目の第1位となり男性アーティストでは7曲で並んでいたブルーノ・マーズを抜いて歴代1位となりました。オール・アーティストでは1位11曲が最多でケイティ・ペリーとリアーナが並んでいます。こちらの曲を収録予定のサウンドトラック『Trolls』は9月発売、映画は11月4日全米公開予定となっております。

 
第10位にはやはりサウンドトラックからのヒットでピンクの「Just Like Fire」が16位からアップしました。15曲目のTOP10ヒットです。こちらは5/27全米公開の映画『Alice Through The Looking Glass』のサウンドトラックに収録されています。

 

cgrimmie

『The Voice』シーズン6(2014年)で3位となって、これからの活躍が期待されていた女性シンガー、クリスティーナ・グリミーさんが射殺されるというショッキングな事件が起きました。6/11、フロリダ州オーランド、プラザ・ライブでのコンサート終了後、ファンからのサインに応じていた時に、近寄ってきた男に撃たれたとのことです。1994年3月12日ニュー・ジャージー州マールトン生まれ。『The Voice』出演前にすでにデビューしていて、2011年にデビューEP『Find Me』が最高位35位を記録。2013年にデビュー・アルバム『With Love』をリリース、最高位は101位でした。そして『The Voice』に出演。3位という輝かしい成績を残し、ステージで歌った曲のうち4曲がHOT100入りしました。アダム・レヴィンやリル・ウェインも彼女のことを高く評価していました。まだ22歳。これからという時に。ご冥福をお祈りします。

 

 

/////////////////////////////

 

 

6/18付。今週のビルボード・アルバム・チャートから。

 

rpblb002510202

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/rpblb002510202

今週の第1位はドレイク『Views』。これで5週連続第1位。今週も実売37,000枚ながらストリーミングがすごくて、こちらが1億3800万ストリームスと発売第5週目の記録も塗り替え、換算枚数で152,000EAUとなって第1位なんです。

 

アルバムチャートは実売のセールスに加えて収録曲のダウンロードやストリーミング回数も加味してランキングされています。EAUは換算枚数をあらわしています。

 

今週のTOP10内初登場は3枚です。

 

capnb002474502

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/capnb002474502
第2位に初登場したのが、自己最高順位となったダークス・ベントリーの8枚目のスタジオ・アルバム『Black』。101,000EAU、実売は88,000枚でした。カントリー・アルバム・チャートで通算6枚目の1位です。HOT100では最高位35位で今週48位から38位とTOP40に返り咲いたリード・シングル「Somewhere On A Beach」は、カントリー・ソングス・チャートでは4/30から3週連続で第1位を記録しています。この曲はカントリーで11曲目のNo.1ヒット。2010年代のカントリー界を代表するアーティストになりました。

 

epic531077

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/epic531077

第4位には、HOT100で第4位、YouTubeストリーミング・データで「Work From Home」が7週連続第1位のフィフス・ハーモニーのセカンド・アルバム『7/27』が初登場です。3枚連続TOP10入りです。

 

mmpo2482

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/mmpo2482

第8位にはシドニー出身で子供のころからサックスをやっているフルームの2枚目のスタジオ・アルバム『Skin』です。24歳。デビュー・アルバム『Flume』はビルボード200には入りませんでしたが、ダンス/エレクトロニック・アルバム・チャートで最高位12位でした。『Skin』はダンス/エレクトロニック・アルバム・チャートで初登場1位です。

 
ドレイク『Views』が初登場する前の1位はビヨンセの『Lemonade』でした。5/14付で初登場1位。今週は第3位に留まっています。ビヨンセはスタジオ・アルバムがこれで6枚目ですが6枚連続で初登場1位。これはビルボード記録です。そして今週『Lemonade』が100万枚の実売でのセールス(105万1000枚)を記録して、スタジオ・アルバム6枚すべて100万枚以上のセールスとなりました。最高セールスは『Dangerouly In Love』(2003年)の500万枚です。合計では全米で1720万枚のセールスを記録しています。2016年1月第1週からのセールスの記録では、第1位が昨年発売のアデル『25』の133万4000枚。こちらは通算では877万4000枚のセールスです。第2位がドレイク『Views』の119万6000枚。そして『Lemonade』が今年のセールス第3位なんです。

 

rhi553592g

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/rhi553592

14位に初登場したのがモンキーズの『Good Times!』。実に96年『Justus』以来20年ぶり12枚目のスタジオ・アルバムです。『Justus』はビルボード200には入りませんでした。ランキングでは1968年『The Birds, The Bees & The Monkees』の最高位3位以来のハイ・ポジションです。デイヴィー・ジョーンズが2012年に亡くなっていますので、今作はピーター・トーク、マイケル・ネスミス、ミッキー・ドレンツのオリジナル3人中心のレコーディングです。また、ソングライターには、リヴァース・クオモ、ノエル・ギャラガー、ポール・ウェラー、ベン・ギルバードといったメンバーから60年代から大ヒットを提供してきたキャロル・キング&ジェリー・ゴーフィン、トミー・ボイス&ボビー・ハート、ハリー・二ルソンなどのスーパー・ソングライターの名前も並んでいます。そして2012年に亡くなったデイヴィー・ジョーンズも1曲収録されているのです。もちろん過去に録音して未発表だった曲なんですが、ソングライターがニール・ダイアモンド。モンキーズはデビューから4枚連続No.1アルバムを記録。デビュー・アルバム『The Monkees』が1966年11月12日から67年2月4日まで13週連続第1位。そしてその翌週の2月11日から6月10日までの18週をセカンド・アルバム『More Of The Monkees』が1位となり、連続31週間モンキーズが1位を独占しました。凄い人気です。今では考えられないですね。もちろん1967年年間チャートは1位『More Of The Monkees』、2位『The Monkees』でした。

 
★新刊書籍のお知らせ:

 

tps2015
http://item.rakuten.co.jp/americanpie/tps2015

チャートマニアのバイブル、TOP POP SINGELS 2015が6月下旬に発売予定(税込・送料込12900円)です。

 

今回から、UKシングルチャート、キャッシュボックス、ミュージック・ベンダー、レコード・ワールドで1位になった曲はそれぞれの曲名の後にその記号とその週数が記載されています。現在ご予約受付中です。詳しくは画像をクリックしてください。中身の画像もあります。

 

 

その他にもTOP10チャートを掲載した以下の2冊も発売になります。

 

agh4015

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/agh4015

☆ America’s Greatest Hits TOP10 Charts 1940-2015 (HARDCOVER)【限定生産】
8290円

1940年から2015年までのベスト・セラーズ・チャートとHOT100チャートのTOP10チャートが毎週すべて収録されています。

 

aga5615

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/aga4015

 
☆ America’s Greatest Albums 1956-2015 (HARDCOVER)【限定生産】【6月下旬発売】
7590円

* 1956年から2015年までのアルバム・チャートのTOP10チャートがすべて収録されています。
当店取扱いのヒットチャート関連書籍はこちらでご案内しております。

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/c/0000000102/

 

関連記事

オフ会映像

ひたすら・・・歌い出しがタイトル!の全米トップ40ヒットを聴く飲み会

Facebook