ラジオ番組企画&制作&音楽全般のプロデュースの株式会社 ヤング・スタッフ

2016/7/23 Billboard Chart

time 2016/07/21

★ドレイク、直近21週中18週間で第1位

★UKでは歴代3位の1位週数に

★JT、ストリーミング不振で1位に上がれず

★ファーギー、久々のソロ・アルバムからのカット

★ブリンク182、英米で初登場第1位

★上半期全米TOP10アルバム、ソング

 

 

7/23付。今週のビルボード・シングル・チャートから。

 

rpblb002510202

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/rpblb002510202

今週も第1位はドレイク・フィーチャリング・ウィズキッド&カイラの「One Dance」。デジタル・セールス4位から6位、ストリーミング2位変わらず、ラジオ・ソングスも2位変わらずで、9週目の第1位です。これでドレイク自身最長1位週数記録に並びました。「One Dance」が1位になる3週前までやはり9週間1位だったのが、リアーナ・フィーチャリング・ドレイクの「Work」。ドレイクは今年3月以降の21週間で18週が1位なんです。UKでも今週1位で13週連続1位となりました。UKシングル・チャートの記録では1位週数の最長記録はブライアン・アダムスの「(Everything I Do) I Do It For You」(91年)の16週。次がウェット・ウェット・ウェットの「Love Is All Around」(94年)の15週。それに次ぐ歴代3位の週数とのことです。

 

jt_cant

 

第2位は初登場1位の後、4週連続3位、そしてその後4週連続2位となっているジャスティン・ティンバーレイクの「Can’t Stop The Feeling!」。デジタル・セールスでは9週連続1位。ラジオ・ソングスも5週目の第1位。ストリーミングが集計対象にない時代でしたらぶっちぎりで1位だったでしょうが、ストリーミングが11位から12位となっていて、ドレイクを抜けません。ストリーミングのポイントは大きいんですね。今週ダンス/クラブ・ソングス・チャートでも1位となりました。こちらでは2008年の「4 Minutes」(Madonna Featuring Timbaland & Justin Timberlake)以来6曲目の1位です。今回はバリー・ハリスを始め、フェニックス&エリック・デックスなど多くのリミックス・バージョンのポイントが合算されて1位になったようです。

 

rca518055

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/rca518055

シーア・フィーチャリング・ショーン・ポールの「Cheap Thrills」が6位から5位にアップしました。シーアとしてはフロー・ライダー・フィーチャリング・シーアの「Wild Ones」(2012年5位)で記録した過去最高順位と並びました。ショーン・ポールは「(When You Gonna) Give It Up To Me」(Sean Paul Featuring Keyshia Cole)の3位(2006年)以来およそ10年ぶりのTOP5入りです。また、毎週の増加数第1位を示すグレイテスト・ゲイナーのエアプレイ部門で5週連続で「Airpplay Gainer」を記録しました。女性アーティストでの5週連続での記録はテイラー・スウィフトの「Blank Space」(2014年)以来とのことです。

 

rpblb002263202

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/rpblb002263202

今年のブリット・アワードで最優秀ブリティッシュ男性ソロ・アーティスト賞を受賞し、3月には来日コンサートが大盛況で、8月にサマーソニックで再来日が決まっているジェイムス・ベイ。デビュー・アルバム『Chaos And The Calm』(最高位15位、今週50位)からのシングル「Let It Go」が今週24位から一気に16位へ上昇しました。今週登場29週目でこれまでの最高位は23位でしたが、iTUNESでの69セント・セールが寄与したようです。
こちらもサマソニ出演のファーギーがセカンド・ソロ・アルバムを発売するのですが、それに先立ってリリースされたのが「M.I.L.F.$」。今週34位に初登場しました。「M.I.L.F.$」はミルフマネーと読むのだそうですが、「M.I.L.F.」とは「Moms I’d Like To Follow」とのことで、「後を付いていきたくなるママたち」。ビデオには2歳の息子がいるファーギー他、キム・カーダシアン・ウェスト、クリッシー・テイゲン、アレッサンドラ・アンブロジオ、シアラ、ジェマ・ワード、タラ・リン、デヴォン青木、アンジェラ・リンドヴァル、イザベリ・フォンタナ、アンバー・ヴァレッタ、ナターシャ・ポーリーが出演。「後を付いていきたくなるママたち」です。

 

ブラック・アイド・ピーズとして2009年に「Boom Boom Pow」(12週1位)、「I Gotta Feeling」(14週1位)の大ヒットを放ったファーギーですが、ソロ・アルバム「The Dutchess」はその前の2006年にリリース。2007年に最高位2位を記録しました。その中から「London Bridge」(06年1位)、「Fergalicious」(07年2位)、「Glamorous」(07年1位)、「Big Girls Don’t Cry」(07年1位)、「Clumsy」(07年5位)と大ヒットを連発。「Glamorous」と「Big Girls Don’t Cry」は2007年の年間チャートの10位と4位と、ともに年間TOP10に入る大ヒットでした。今回のアルバム・タイトルは仮ですが「Double Dutchess」となるかもしれないとのことです。
47位には46位からダウンしましたが、赤丸付のジェイソン・アルディーン「Lights Come On」が入りました。最高位は43位です。今週カントリー・エアプレイ・チャートで1位になりました。ジェイソン・アルディーンがこのチャートで初めて1位になったのが「Why」(HOT100では最高位43位)で、2006年5月27日付でした。それから約10年で15曲目の第1位なんです。この間の1位曲数では、ブレイク・シェルトンの19曲、ケニー・チェズニーの17曲に次ぐ第3位の曲数となっています。7枚目のスタジオ・アルバム『They Don’t Know』からのファースト・シングルですが、アルバム・リリースは9/9の予定です。
/////////////////////////////

 

 

7/23付。今週のビルボード・アルバム・チャートから。

 

bgrt79454

 

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/bgrt79454

今週も第1位はドレイクの『Views』ではなく、ドレイクはついに2位に後退しました。代わって今週第1位に初登場したのが、ブリンク182の『California』です。

 

1992年カリフォルニア州パウエイで結成。2005年に活動休止を発表しましたが、2011年に8年ぶりとなる6枚目のスタジオ・アルバム『Neighborhoods』をリリースしました。今年初めにメンバーのトム・デロングが通算3回目の脱退を表明し、その後そんなことは言っていないとトム自身が撤回したようですが、メンバーがそれまでのこともあって撤回表明を許さず、今回トム抜きでのリリースとなりました。

 

バンドにとっては2001年6月30日に1位になった『Take Off Your Pants And Jacket』以来、実におよそ15年ぶりの第1位となりました。7枚目のTOP10アルバムです。186,000EAUで実売は172,000枚のセールスで、今年のロック・アルバムの週間セールス(実売)では、デヴィッド・ボウイ『Blackstar』(174,000枚)、レディオヘッド『A Moon Shaped Pool』(173,000枚)に次ぐ記録です。オルタナティヴ・ソングス・チャートでは「Bored To Death」(HOT100では今週85位に初登場)が「I Miss You」(2004年)以来12年ぶりに第1位となり、今週で3週連続で1位をキープしています。UKではこのアルバムはバンドにとって初の第1位となりました。
アルバムチャートは実売のセールスに加えて収録曲のダウンロードやストリーミング回数も加味してランキングされています。EAUは換算枚数をあらわしています。

 

 

今週のTOP10内初登場は1枚です。

 

sny775268

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/sny775268

第3位に初登場したのが、マックスウェルの『blackSUMMERS’night』です。「ブラックサマーズナイト」3部作の第2弾なんです。第1弾は2009年に発売された『BLACKsummers’night』で初登場1位でした。これでいくとまた5年以上を経て第3弾『blacksummers’NIGHT』が発売されるのでしょうね。これで4枚連続TOP10入りとなりました。8月に来日してコンサートがあります。

 

 

23位に初登場したのが「Panda」の大ヒットでブレイクしたデザイナーの『New English』。CD発売はいまのところ予定がありません。チャート・ポイントの56%がストリーミングによるものとのことです。「Panda」はHOT100では6位に後退しましたが、ラップ・ソングス・チャートでは今週14週連続第1位、ストリーミング・ソングス・チャートでは12週目の第1位となっています。今週のアルバム・チャートTOP25に入っているアルバムで、デザイナーのようにストリーミングが集計ポイントの50%以上を占めているアルバムが、第2位のドレイク『Views』の53%を始め合計13枚ありました。比率がさらに高いアルバムは、16位に初登場したロジックの『Bobby Tarantino』の95%、20位カニエ・ウエスト『The Life Of Pablo』の92%、24位チャンス・ザ・ラッパー『Coloring Book』の100%があります。

 

neww6351

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/neww6351

200位にはサラ・ワトキンスのサード・アルバム『Young In All The Wrong Ways』が初登場しました。今週の200位のセールスは概算4000EAUだそうです。実売は3000枚でした。サラ・ワトキンスは1989年に結成され、2007年に活動休止したニッケル・クリークのメンバーでフィドル担当でした。ニッケル・クリークは2014年に再結成しています。ソロとしては2009年『Sara Watkins』、2012年『Sun Midnight Sun』をリリースしていますが、ビルボード200には入りませんでした。

ビルボードは今年1月から6月までのアルバム、シングルのセールスTOP10を発表しましたのでご紹介します。

TOP10アルバム(EAUベース)
1位 260.9万 Drake / Views
2位 174.7万 Adele / 25
3位 168.7万 Beyonce / Lemonade
4位 133.2万 Justin Bieber / Purpose
5位 127.2万 Rihanna / Anti
6位  93.1万 Chris Stapleton / Traveller
7位  90.5万 Prince / The Very Best of Prince
8位  90.5万 Twenty One Pilots / Blurryface
9位  70.8万 The Weeknd / Beauty Behind the Madness
10位 69万   Kevin Gates / Islah

TOP10ソング(ダウンロード)
1位 194.7万 Flo Rida / My House
2位 183.1万 Lukas Graham / 7 Years
3位 165.3万 Justin Bieber / Love Yourself
4位 161万   Rihanna featuring Drake / Work
5位 158.6万 Twenty One Pilots / Stressed Out
6位 144.2万 Drake featuring WizKid & Kyla / One Dance
7位 140万   Justin Timberlake / Can’t Stop the Feeling!
8位 128.8万 Zayn / Pillowtalk
9位 127.3万 Mike Posner / I Took a Pill In Ibiza
10位 121.1万 Desiigner / Panda

TOP10ソング(ストリーミング)
1位 5億1145万 Rihanna featuring Drake / Work
2位 4億6737万 Desiigner / Panda
3位 3億2523万 Justin Bieber / Sorry
4位 3億882万  Drake featuring WizKid & Kyla / One Dance
5位 2億9689万 Justin Bieber / Love Yourself
6位 2億8950万 Zayn / Pillowtalk
7位 2億8724万 G-Eazy x BeBe Rexha / Me, Myself & I
8位 2億8425万 Lukas Graham / 7 Years
9位 2億7719万 Twenty One Pilots / Stressed Out
10位 2億5569万 Fifth Harmony featuring Ty Dolla $ign / Work From Home

 

★新刊書籍のお知らせ:

 

tps2015

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/tps2015

チャートマニアのバイブル、TOP POP SINGELS 2015が発売(税込・送料込12900円)になります。発売日は7月下旬となりました。

 

今回から、UKシングルチャート、キャッシュボックス、ミュージック・ベンダー、レコード・ワールドで1位になった曲はそれぞれの曲名の後にその記号とその週数が記載されています。現在ご予約受付中です。詳しくは画像をクリックしてください。中身の画像もあります。

 

その他にもTOP10チャートを掲載した以下の2冊も発売になります。

 

agh4015

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/agh4015

☆ America’s Greatest Hits TOP10 Charts 1940-2015 (HARDCOVER)【限定生産】
8290円

1940年から2015年までのベスト・セラーズ・チャートとHOT100チャートのTOP10チャートが毎週すべて収録されています。

 

aga5615

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/aga4015

☆ America’s Greatest Albums 1956-2015 (HARDCOVER)【限定生産】【7月下旬発売】
7590円

 

* 1956年から2015年までのアルバム・チャートのTOP10チャートがすべて収録されています。

 

当店取扱いのヒットチャート関連書籍はこちらでご案内しております。

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/c/0000000102/

 

オフ会映像

「ひたすら・・・歌い出しがタイトル!の全米トップ40ヒットを聴く飲み会」(予告編)

Facebook