ラジオ番組企画&制作&音楽全般のプロデュースの株式会社 ヤング・スタッフ

SWV@Billboard Live Tokyo

time 2016/08/27

’90年代初頭に登場!!

女性コーラス・トリオとしてヒットを連発した

Sisters With Voices♪

略してSWV♪

一度解散しますが、2005年に再始動!!

アルバムもリリース!日本にもよく来ていて、今回、サマソニに出演!!

一般公演は、Billboard Liveにて!!

SWV01

8月24日(水)セカンド・ステージ

開園予定時刻21:30の少し前にバックのカーテンが閉まり、キーボード、ベース、ドラムスの3人のメンバーが待機!!

5分くらい回った頃、ライトダウンとともに演奏がスタート!!

そしてメンバーの歌が聴こえ、場内大歓声!!

Cheryl “Coko” Clemons、Tamara “Taj” Johnson、LeAnne “Lelee” Lyons登場!!

向かって左に髪を赤く染めたLelee、右に青く染めたアフロのTaj

そして中央にリード・シンガーでもあるCoko

3人ともアーミー・ジャケットを羽織った動きやすいスタイル!!

Can We♪でスタート!!

これは短く、続くイントロで場内絶叫!!

初期のヒット曲のI’m So Into You♪

パワフルに歌いCokoに、コーラスをつける2人!!、このスタイルは健在です。!!

3曲目にはお馴染みのイントロが・・・

Right Here♪

早くも登場!!場内大ノリですが、あまりHuman Nature♪のサンプリング音は強調されていなかったようです。・・・

Tajも歌う、You’re The One♪が続きました。

Leleeが開口

「来れて嬉しい!!SWVは東京が好き!!・・・次は新作Stillから、全ての男性に捧げる・・・」

そう言って、Ain’t No Man♪

Cokoのバラードには説得力があります。

「ラブソングを続けるわよ・・・」

ということで、これもヒット曲のUse Your Heart♪

そして、Rain♪、ここでは照明の演出がありました。・・・

「次の歌は女性なら、夫や恋人のことでわかること・・・」

そう言って、新作からのMCE (Man Crush Everyday)♪

こういった歌を歌う所が女性に共感を得ているのでしょう。

コーラスも決まっています。!!

曲はミディアム・テンポのThere’ll Never Be♪

曲の途中の部分では、メンバーがそれぞれ客席にマイクを向けて、歌わせ・・・Cokoに関してはさらに客席へ・・・

1人の男性客に直接マイクを・・・楽しい時間となりました。

盛り上がってきたところで、Leleeが歌うKilling Me Softly With His Song♪

最初スローに、そしてテンポが速くなり、スカ・ビート(?)に!!

ここでは紹介も兼ねてのメンバーのソロ!!

キーボードはAlexis Hill、ベースはChabra C Mercer

ドラムスはJimmy Hill、彼はかなりのテクニシャンのようです。

「1993年の曲をセクシーに・・・」とDowntown♪

これは短く・・・

そしてドラムスが力強く激しいビートを!!

場内に立ち上がるように指示!!

3人は合わせて踊り始め、曲はDo Ya♪

場内も最高潮にといったところで、割と新しいCo-Sign♪が続きます。・・・

盛り上がったところで、メンバーは感謝の気持ちを伝え、そして・・・

Weak♪

やはり最大のヒット曲!!

Cokoの歌の上手さ!!3人のコーラス・ワークの上手さを実感!!

場内のお客様は立ったまま、体を左右に揺り動かし・・・

この歌に酔いしれ、いったんフィナーレとなりました。・・・

SWV02

「ミンナ、タッテ!!」

そんな日本語アナウンスの後、3人登場!!

場内熱狂の中、ラップ調で、Anything♪

パワフルに!!

演奏が続く中、3人は順にステージを後に・・・

熱い楽しい70分は、ここに幕を閉じました。・・・

SWVset

復活してからはやや貫録づいてしまった(失礼!!)3人ですが・・・

Cokoを中心としたコーラス・ワークは健在!!

ヒット曲も多いことを実感!!

そして何といってもオリジナルの3人が揃っている!!

これは嬉しい限りです。!!

・・・

近年はBillboard Liveの常連の一つにもなっているようですが、これからもこの3人でずっと続けてほしいと願うばかりです。!!

 

 

 

 

オフ会映像

ひたすら・・・歌い出しがタイトル!の全米トップ40ヒットを聴く飲み会

Facebook