ラジオ番組企画&制作&音楽全般のプロデュースの株式会社 ヤング・スタッフ

Ringo Starr & His All Starr Band@オリックス劇場(ネタバレ注意!!)

time 2016/10/25

来日50周年!!映画Eight Days A Week公開!!

今年は例年以上に盛り上がっているThe Beatles♪

そんな中、Ringo StarrがAll Starr Bandを率いてまさにグッド・タイミングな来日!!

3年半ぶりの日本公演は10月24日(月)大阪オリックス劇場からスタートです。

img_8799

今回のメンバーは3月にTOTOでも来日したSteve Likather♪、All Starr Bandではお馴染みのTodd Rundgren♪、今年オリジナルのSantanaにも参加したGregg Rolie♪、元Mr.MisterのRichard Page♪、David Lee Roth Band等でお馴染みのドラマーGregg Bissonette♪、そして今回本邦初登場がOlivia Newton-Johnと来日したこともあるサックス、パーカッション、ヴォーカルのWarren Ham♪

この6人にRingo Starr♪を入れた7人編成です。

img_8809

開演予定時刻19時を回ってライトダウン!!

6人のメンバーが登場、定位置にそれぞれ人気ミュージシャンだけに声援を浴びています。

演奏がスタートして、Ringo Starr登場!!

赤のジャケットにサングラス、御年76歳!!、若い!!

オープニングはMatchbox♪、軽快にSteveのギターも響きます。

続いてRingoのテーマ曲とも言えそうなIt Don’t Come Easy♪

メンバー全員がコーラスを付けるのも強み、ここでサックスのWarrenが大活躍です。

img_8807

「Lennon、McCartney、Starkeyのナンバーだよ。」

そう言ってWhat Goes On♪、カントリー・タッチに心地よく響きました。!!

「今回もスターが揃っているよ。」

メンバーで先ず歌ったのがTodd、Ringoはドラムスに着いて、曲はI Saw The Light♪

黄色いサイケデリック調のシャツを着ていますが、彼ならではのメロディアスなナンバー!!

尚、コンサート中、ToddとRichardは向かって右方向に、SteveとWarrenは左方向にステージ狭しと動き回ります。

img_8812

次はGregg Rolie♪

彼が歌うはSantanaのデビュー・アルバム収録のEvil Ways♪

ここでは後半、Steveのギターがフィーチャー!!、彼はほぼ1曲ごとにギターを変えているようです。

そんなSteveの番となりRosanna♪

お馴染みのナンバーですが、ドラムスのGregg Bissonetteは一時的にTOTOに参加したこともある人だけに聴きもの!!、Steveに続いての、Bobby KimballのパートはWarrenが歌っています。

場内の一斉の手拍子はTOTOのライヴの時と同じ、後半はSteveのギターがフィーチャー!!

img_8820

そして彼が「子供の頃から知っているよ。」と紹介したのがRichard Page♪

やや暗い照明となり、曲はMr.Mister時代のNo.1ヒット、Kyrie♪

静かに始まるものの、大ヒット曲だけに盛り上がっていきました。!!

img_8828

ここでパーカッションがステージ中央に設置され、そこへTodd・・・

「ビーフタタキ!」

日本での食事の話をして、スティックを手にBang The Drum All Day♪

このバンドで盛り上がるコーナー、Richardのベースもフィーチャー、そしてGregg RolieとWarren Hamのキーボードも軽快に響いていました。

「僕もいつもドラムを叩いているよ。」

Ringoがドラムスに着いたまま、Boys♪

ここではTodd、Steve、Richardが同じ1つのマイクで歌い、特に初期のBeatlesで盛り上がっているだけに嬉しくなる光景でした。!!

img_8832

「Beatlesに参加して、たくさん曲を書いたんだよ。」

RingoはWarrenのキーボードを弾きながら歌いだしたのが、Don’t Pass Me By♪

まもなく中央へ移動、Toddはハーモニカ!!

さすがBeatlesフリークの彼ならでは!!

Ringoは「次の曲を知っているか。!?もし知らなければ、間違ったところに来たんだよ。」

Steveがアコースティック・ギターをジャランと鳴らし、In The Town~!!

勿論、Yellow Submarine♪

メンバーも本当に楽しそうにプレイしていて嬉しい時間でした。

img_8840

曲は「魔法の世界へ」とRingoが再びGregg Rolie♪を紹介!!

「Peter Greenの書いた曲」勿論、Black Magic Woman / Gypsy Queen♪

味のある歌を聴かせてくれるGreggですが、もう1人フィーチャーされるのはSteve♪彼もたっぷりギターを聴かせ、そして後半ではGregg Bissonette♪とパーカッションに着いたWarren Ham♪が激しいリズムを刻んでいました。

但しここではRingoは下がっていました。・・・

白いジャケットに着替えたRingoが再登場!!

What’s My Name?と、場内とのお馴染みのやり取り!!

曲はYou’re Sixteen♪

カバー・ヒットではあるもののすっかりRingoの定番ナンバー!!

後半はGreggのキーボードもフィーチャー、続いてBack Off Boogaloo♪

Ringoもソロで結構ヒット曲が多いことを再認識!!

ここではSteveのギターも印象的です。!!

img_8853

一転してRichardがアコースティック・ギターを抱えて、You Are Mine♪

Ringoは椅子のようなところに座って打楽器を叩いています。

この曲、このセットリストの中では唯一のメジャーでない曲かもしれませんが、All Starr Bandとしては定番となってしまったようです。

img_8864

そしてAfrica♪

Steve♪が歌い出しますが、途中のパートはRichard♪

曲が曲だけにGregg Bissonetteのドラムスもフィーチャー!!

パーカッションが多いバンドだけに(笑)、音は分厚くなっていました。

再びGregg Rolie♪、「Tito Puenteの曲」とOye Como Va♪

日本でも馴染みのナンバー、メンバーも楽しくプレイ、その中でSteve♪のソロがフィーチャーされました。!!

img_8882

ドラムスに着いたRingoが歌うI Wanna Be Your Man♪

最初歌っていたのは53年前だろうに、そんなことを感じさせません。!!

ここでもTodd、Steve、Richardのコーラスが印象的でした。

img_8885

さて楽器を置いたToddがステージ中央へ!!

England Dan & John Ford ColeyがヒットさせたLove Is The Answer♪

作者の歌でしっかり聴かせました。

img_8894

続いてやや暗い照明になり、Richard♪が歌うBroken Wings♪

これもNo.1ヒット曲ですが、彼の歌のうまさを実感です。

続いてSteve♪が「1980年に来た時からやっているよ。」

Hold The Line♪

彼自らヴォーカルを取り、そして後半は弾きまくっていました。!!

img_8901

Ringoはまたステージ中央へ・・・

「カメラを持っているか。!?みんなの写真を撮るよ。」

そう言って、Photograph♪

こちらもRingoのテーマ曲と言える曲、Warrenのサックスもフィーチャー!!

コンサートはクライマックスへ・・・

「カントリーの曲だよ。」とAct Naturally♪

但しここではドラムスに着かず、そのまま歌っていました。

img_8912

そしてBilly Shears~

勿論、With A Little Help My Friends♪

場内最高潮ですが、これがプレイされるともう終わりだな、といった気分にもなります。

Do You Need Anybody?~

場内も力の限り歌っています。!!

img_8915

Ringoは曲の途中でステージを後にしましたが、残ったメンバーはこの曲から続けて、All We Are Saying~とGive Peace A Chance♪

Ringoも戻ってきて、場内大合唱!!

この一体感を満喫しながら、全25曲2時間強の最高の時は過ぎてゆきました。・・・

img_8924

今回もBeatles、Ringoのソロ、そして多くのロック・スタンダードを満喫できた本当に楽しい素晴らしいライヴでした。!!

ただ一つ欲を言えば、Ringo以外のメンバーの歌は、Gregg RolieのOye Como Va♪を除いて3年前と同じだったということ!!

但しこのメンバーでのこのステージ、それ以上を望むのは贅沢かもしれません。・・・

さて最後の2曲!!

これはPaulとのリユニオンに繋がっているような気がしています。!!

最近2人のツーショットを見かけることも多くなっている気がします。

勿論、Beatlesにはなりませんが、それでもPaul & Ringoによる活動!!

そしてコンサート・ツアー!!、来日公演!!も・・・

そのような最高の夢が実現することを心から願っている次第です。!!

 

関連記事

オフ会映像

ひたすら・・・歌い出しがタイトル!の全米トップ40ヒットを聴く飲み会

Facebook