ラジオ番組企画&制作&音楽全般のプロデュースの株式会社 ヤング・スタッフ

TLC@Billboard Live Tokyo(ネタバレ注意!!)

time 2016/10/28

Left Eyeの事故死から復活、T-BozとChilliの2人で活動を続けるTLC♪

2年ぶりの来日公演はBillboard Live Tokyo!!

至近距離のこの会場では6年前にも公演を行なっています。

尚、ニュー・アルバムに先がけての新曲2曲(Haters♪、Joy Ride♪)の配信もスタートされました。・・・

img_8974

10月27日(木)今回は1日ワン・ステージということで開演は20時

その時刻を少し回ったところで、キーボード、ドラムス、ベースの3人のバンド・メンバーが登場!!

暫し待機して、10分くらい経ったところでライトダウン!!

バックのスクリーンに映像!!、演奏スタート!!

そして男性2人、女性2人のダンサー登場!!

TLCのオープニング・テーマといえそうなナンバー、No Introduction♪(そのように記載・・・)

T-Boz、Chilli登場!!

2人ともジーンズ地の衣装、場内総立ち!!

曲は早くもCreep♪

T-Bozのハスキーな声、隣で踊りながら高音部のコーラスをつけるChilli

このスタイルがTLC♪

初期のWhat About Your Friends♪

ラップの部分ではLeft Eyeの声!!

続いて、Ain’t 2 Proud 2 Beg♪

場内からもAin’t 2 Proud 2 Beg!!とレスポンス!!

勿論、Left Eyeのラップの音声もフィーチャー!!

ここで少しクールダウンというか、メロディアスなイントロが流れて・・・

Diggin’ On You♪

T-Bozの歌は健在です。!!

ここでChilliが

「誰かステージに上がってくれる男性を探しているの!!・・・」

そう言って、曲は重厚なイントロからRed Light Special♪

赤いライティングで、T-Boz、Chilliともに中央の椅子に腰掛けて歌い、その両脇でダンサー2組がセクシーなポーズをとっています。

そしてChilli!!

言葉通り、男性のお客さんをステージに上げ、椅子に座らせセクシーなポーズを!!場内も大いに盛り上がりました。

(そのお客さんに「ハッピーか?」と聞いていたのも可笑しかったです。)

ここでバンド3人の演奏となり、2人が戻ったところで、Woo!!Hoo!!とお馴染みのノリ!!

Silly Ho♪

一転してDamaged♪

アップテンポの曲が多いだけに癒された気持ちになり・・・

そしてBaby-Baby-Baby♪では場内歓声!!

初期の曲はやはり盛り上がります。

「一緒に歌って・・・」と、アコースティックなUnpretty♪

バックのスクリーンには色々な女性の顔が映っていました。・・・

再び躍動感あるナンバーへ・・・

この2人での復活ナンバーといえるGirl Talk♪

但し短くHat 2 Da Back♪が続き・・・

さらにはLove To Love You Baby♪を挿入したI Am Good At Being Bad♪

そしてFunmail♪

ここまではメドレー形式・・・

また一転して前回の来日公演で新曲と紹介されたMeant To Be♪

こちらもメロディアスなナンバー、T-Bozがしっかり歌い上げました。

ここでChilliが開口

「ニュー・アルバムに先がけて、新曲を配信しているの、これはこの20年の皆さんへの感謝の気持ちを歌ったものよ・・・」

・・・ということで、Joy Ride♪

ここではバックのスクリーンに車の映像、そして日本語の文字!!

続いてHaters♪

こちらはバックのスクリーンに歌詞が・・・ともにポップなナンバーと思います。

「聴こえている!?」

と、2人は少し離れた席のお客さんに声をかけて、そしてステージ上はダンサー4人のパフォーマンスへ・・・

そこでも盛り上がったところへ、お馴染みのイントロ!!

No Scrubs♪

これはChilliが中心!!、大ヒット曲だけに大盛り上がりで、クライマックスへ!!

「携帯電話のライトをオンにして!!」

そうお客さんに呼びかけて・・・

Waterfalls♪

最大のヒット曲!!、携帯ライトも一斉に、場内も最高潮!!

但し途中のラップの部分はLeft Eyeの音声のみ、いつものように彼女の映像は登場しませんでした。・・・

ここでエンディング!!

バンド・メンバーが演奏を再開する中、2人は謝辞を言って、ステージを後にしました。・・・

img_8992

トータルで70分、少し短めであったためか、多くのファンがアンコールの拍手を続ける中、3人のバンド・メンバーが戻ってきたので、一瞬大喝采となりましたが・・・

3人とも後片付けに来ただけでした。(笑)

img_8990

少し短いながらも今回も楽しいステージ!!

ノリノリの楽曲が中心に思える中、メロディアスなナンバーが多いことが彼女たちの強みであると思っています。

今回、ラップの部分で敢えてLeft Eyeの映像を使わなくなったのは、いつまでも悲しんでいてはいけない、という思いもあったのでしょうか。!?

とはいえ彼女たち2人は、Lisa(Left Eye)もいつも一緒にいる!!という気持ちでステージに上がっていることは間違いないはず!!

新曲も出しているし、これからも楽しいステージを!!

そう思っています。!!

 

 

オフ会映像

ひたすら・・・歌い出しがタイトル!の全米トップ40ヒットを聴く飲み会

Facebook