最新全米音楽事情

2017/1/28 Billboard Chart

2017-01-29

1/28付

★エド・シーラン、HOT100史上初の快挙!

★初登場1位は何曲目?

★UK、オーストラリアでも

★ソングライターの方で先に1位になったアーティストは?

★ダンス・チャートで、すごい!

★ボストン・レッド・ソックスでおなじみのロック・バンド初登場

★『La La Land』急上昇

★まだビデオで。クリス・ステイプルトン急上昇

 

 

1/28付。今週のビルボード・シングル・チャートから。

 

edsheeran_shape

今週の第1位は初登場でエド・シーランの「Shape Of You」です。HOT100史上通算27曲目の初登場第1位です。デジタル・ソングス・チャートで24万ダウンロードを記録して初登場第1位。ストリーミングでは4位初登場。ラジオ・ソングスは41位から18位に急上昇。この曲の第1位で先週まで34週間連続でアーティスト名に記録された「Featuring」が途絶えました。

 

 

edsheeran_castle

さらに6位にもエド・シーランの「Castle On The Hill」がHOT100初登場なんです。こちらはデジタル・ソングス2位、ストリーミングで11位に初登場。ラジオ・ソングス・チャートはまだ登場していません。

 
同一アーティストのTOP10内2曲初登場はHOT100史上初めての出来事です。TOP10内2曲初登場という出来事では19回目(3曲同時初登場2回を含む)。先週お伝えした通り、ビルボードでは1998年12月5日付第1位のR.ケリー&セリーヌ・ディオン「I’m Your Angel」と第5位のシャナイア・トゥエインの「From This Moment On」は前週まで社内だけで発表していたテスト・チャートにランクインしていたため、その順位を12/5付のHOT100チャートで記すことでこの2曲を初登場と認めていません。そのためTOP10内複数曲初登場回数は19回、初登場1位は27曲目としました。

 
この2曲は3/3発売のサード・アルバム『÷(ディヴァイン)』に収録されます。全世界で大ヒット中で、UK、オーストラリアでは「Shape Of You 」、「Castle On The Hill」の順番で1位、2位に初登場しました。UKでは1981年にジョン・レノンが亡くなった後に1位2位をジョン・レノンが占めたことはありましたが、初登場1位2位が同一アーティストというのは初めてとのことです。なお、UK、オーストラリアとも、2014年の「Sing」、2015年の「Thinking Out Loud」に続いて3曲目の第1位となりました。

 
この2曲は1/6にリリースされましたが、スポティファイでは1日の全世界でのストリーミング回数の新記録を作りました。「Shape Of You」が686万回、「Castle On The Hill」が616万回とのことで、ワン・ダイレクションが2015年7月31日に「Drag Me Down」で記録した475万回を大幅に塗り替えました。その前は2015年4月17日のウィズ・カリファ・フィーチャリング・チャーリー・プースの「See You Again」の426万回でした。UKでは1週間のストリーミングがそれぞれ1340万回と1107万回で昨年のドレイク・フィーチャリング・ウィズキッド&カイラの「One Dance」の890万回を大きく塗り替えたとのことです。

 
エド・シーランのこれまでの最高順位は2015年に年間第2位の大ヒットとなった「Thinking Out Loud」の第2位(8週間)でした。「Shape Of You」は初のNo.1なんです。パフォーマーとしては初めての第1位ですが、ソングライターとしては昨年、ジャスティン・ビーバーの「Love Yourself」ですでにNo.1を獲っています。パフォーマーで初めて1位を獲る前にソングライターとしてすでに1位を獲っていたというこのような例はけっこうあるみたいですね。たとえば...(カッコ内は1位になった年、* は自らのヒットで最初の1位)

 
ロス・バグダサリアン:
Come On-a My House / Rosemary Clooney (1951: Best Sellers Chart)
* The Chipmunk Song (Christmas Don’t Be Late) / Chipmunks (1958)
キャロル・キング:
Will You Love Me Tomorrow / Shirelles (1961)
Take Good Care of My Baby / Bobby Vee (1961)
The Loco-Motion / Little Eva (1962)
Go Away Little Girl / Steve Lawrence (1963)
* It’s Too Late/I Feel the Earth Move  / Carole King (1971)
スモーキー・ロビンソン:
My Guy / Mary Wells (1964)
My Girl / Temptations (1965)
* The Tears of a Clown / Miracles (1970)
ニール・ダイアモンド:
I’m a Believer / Monkees (1966)
* Cracklin’ Rosie / Neil Diamnond (1970)
ジョン・デンバー:
Leaving on a Jet Plane / Peter, Paul & Mary (1969)
* Sunshine on My Shoulders / John Denver (1974)
アンディ・キム:
Sugar, Sugar / Archies (1969)
* Rock Me Gently / Andy Kim (1974)
ケニー・ロギンス:
What a Fool Believes / Doobie Brothers (1979)
* Footloose / Kenny Loggins (1984)
ボブ・シーガー:
Heartache Tonight / Eagles (1979)
* Shakedown / Bob Seger (1987)
ブルーノ・マーズ:
Right Round / Flo Rida (2009)
* Nothin’ On You / B.o.B Featuring Bruno Mars (2010)
シーア:
Diamonds / Rihanna (2012)
* Cheap Thrills / Sia Featuring Sean Paul (2016)
ダフト・パンク:
Stronger / Kanye West (2007)
* Starboy / The Weeknd Featuring Daft Punk (2017)

 
さらに「Shape Of You」でエド・シーランとともにプロデューサーとして参加しているのがスティーヴ・マックです。彼にとっては3曲目の第1位となりました。これまではプロデューサーとして、ケリー・クラークソンの”A Moment Like This” (2002)、クレイ・エイケンの”This Is The Night” (2003)で1位を記録していました。ちなみにUKで9週連続第1位を記録して現在も大ヒット中、HOT100でも今週61位から51位にアップしているクリーン・バンディット・フィーチャリング・ショーン・ポール&アン・マリーの「Rockabye」にもプロデューサーとして参加しています。

 

migos_bb
エド・シーランの第1位初登場で第2位にダウンしたのがミーゴス・フィーチャリング・リル・ウージー・ヴァートの「Bad And Boujee」です。今週はストリーミングで前週比10%アップで3週連続第1位。デジタル・セールスは14%アップですが、順位は2位から3位。ラジオ・ソングスでは前週比61%アップのポイントで34位に初登場しました。すべての部門で前週比アップでしたが、順位は2位へダウンです。

 

sny538991

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/sny538991

先週の3位から今週は5位なのがチェインスモーカーズ・フィーチャリング・ホールジーの「Closer」です。昨年の8/20にHOT100第9位に初登場して以来24週間連続TOP10入りとなり、ジャスティン・ビーバーの「Love Yourself」を抜いて、初登場以来連続TOP10週数で歴代単独1位となりました。

 

最後にすごいニュースを!今週のダンス・クラブ・ソングス・チャートです。第1位になったのが「Hell In Paradise 2016」。「Hell In Paradise」は1985年にリリースされてこのチャートでは最高位12位でした。この曲は2004年にリミックスがリリースされて最高位4位。そして今回デイヴ・オーデなどのリミックス・バージョンで3度目の登場で第1位。彼女にとって13曲目の第1位です。これはデイヴ・オーデ、ホイットニー・ヒューストン、カイリー・ミノーグ、ピットブルと並んで1位獲得週数で歴代12位タイとなりました。彼女が初めてこのチャートで1位になったのが2003年。彼女は1933年2月18日生まれですからこの時すでに70歳でした。今年もうすぐ84歳になる彼女。すごい!オノ・ヨーコさん!

 
/////////////////////////////

 

1/28付。今週のビルボード・アルバム・チャートから。

 

rpblb002591902

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/rpblb002591902

今週の第1位は先週と変わらず、3週目の第1位となったザ・ウィークエンドの『Starboy』です。実売は今週も少なく14,000枚ながら収録曲のデジタル・セールス、ストリーミング数が換算されて63,000EAUとなり第1位でした。

 
アルバムチャートは実売のセールスに加えて収録曲のダウンロードやストリーミング回数も加味してランキングされています。EAUは換算枚数をあらわしています。

 

今週はTOP10内にいきなり初登場したアルバムが1枚ありました。

 

drkm566531

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/drkm566531

第8位に初登場したのが1996年にマサチューセッツ州ボストンで結成された現在7人組のパンク・ロック・バンド、ドロップキック・マーフィーズの9枚目のアルバム、『11 Short Stories Of Pain & Glory』です。『Going Out In Style』(2011年6位)、『Signed And Sealed In Blood』(2013年9位)以来の3枚目のTOP10入りです。ロック・アルバム、オルタナティヴ・アルバム・チャートではそれぞれ3枚目のNo.1となりました。ドロップキック・マーフィーズといえばボストン・レッド・ソックス。2004年に彼らの「Tessie」が応援ソングとなってその年に86年ぶりにワールド・チャンピオンになりました。その後、2007年にもワールド・チャンピオンになるのですが、この年は抑えのエース、ジョナサン・パペルボンがマウンドに上がるときに彼らの「I’m Shipping Up To Boston」が流れました。それ以来ボストンで開催される他のスポーツ・イベントでもこの曲が使われているそうです。ちなみにジョナサン・パペルボンはその年、ファン投票で年間最優秀救援投手に選ばれました。

 

iscb002562002

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/iscb002562002

先々週52位、先週の15位から一気に今週第2位にアップしたのが、ゴールデン・グルーブ賞史上最多の7部門受賞、『La La Land』のサウンドトラックです。42,000EAU、実売は3万枚でした。この実売ベースでは今週第1位なんです。3万枚の実売で第1位は、91年サウンドスキャン導入以降ではワースト2の枚数でした。1位最小枚数はやはり3万枚なんですが、今回を若干下回っているサウンドトラック『Descendents』です。2015年8月22日付でした。また実売ベースでは先週の1位はサウンドトラック『Moana』でした。異なるサウンドトラックの2週連続1位は、2009年11月7日『Twilight Saga: New Moon』と11月14日『Michael Jackson’s This Is It』以来。ともに複数のアーティストが参加しているサウンドトラックでの2週連続1位では1998年7月11日『City Of Angels』、7月18日『Armageddon』以来とのことです。

 

mernb001940502

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/mernb001940502

第10位には22位からクリス・ステイプルトンの『Traveller』が急上昇しています。22,000EAU、実売は12,000枚でした。収録曲の「Tennessee Whiskey」をドライブしながらこの曲を歌っている父親を、娘がビデオをセットして一緒に映っているのですが、YouTubeにアップしたのが1/1でした。これが面白いとのことでなんと1400万回以上も再生され、そのオリジナルも改めて売れたようです。「Tennessee Whiskey」はカントリー・ソングス・チャートでは9位に再登場しました。またこのアルバムはカントリー・アルバム・チャートでは26週目の第1位となりました。これは男性ソロ・アーティストではティム・マックグロウの『Not A Moment Too Soon』(1994年)の29週に次ぐ週数です。1964年1月にスタートしたこのチャートでの最多1位週数はシャナイア・トゥエインの『Come On Over』(1997年)で1位50週という大記録があります。『Traveller』はカントリー・アルバム・チャートでは2015年5月23日付で初登場2位でした。その後半年間は最高位2位でしたが、第49回CMAアワードでのパフォーマンスと最優秀男性ヴォーカル、最優秀新人、最優秀アルバムを受賞して11/4付で1位に再登場しました。セカンド・アルバムはすでに録音が終了しているそうです。発売が楽しみですね。

 


Copyright© 2011-2016 Young Staff co.,LTD All Rights Reserved.