ラジオ番組企画&制作&音楽全般のプロデュースの株式会社 ヤング・スタッフ

Al McKay Allstars@Billboard Live Tokyo(ネタバレ注意!!)

time 2017/02/17

Earth, Wind & Fireの全盛期のギタリスト!!

そして故Maurice Whiteとともに多くの名曲を書いて世に送り出した

Al Mckay♪

EW&F脱退後、Allstarsを率いて、活動を続けて、毎年のように来日公演♪を行なっていますが、今年も2月にBillboard Live Tokyoに登場!!

2月15日(水)ファースト・ステージです。

開演予定時刻、18時30分を10分くらい回り、ライトダウン!!

総勢13名のミュージシャンがステージに登場!!

中央に左用のセミアコースティック・ギターを抱えた御大

Al Mckay♪

帽子を被り、サングラスをかけたお馴染みのスタイル!!

メンバーは、キーボードがBen Dowling、Dean Gant

ベースがJames Manning、ドラムスがAnthony Beverly、パーカッションがDavid Leach

ブラスが4人で、トランペットがOmar Peralta、Luis Eric Gonzalez、トロンボーンがStephen Baxter、サックスがEd Wynne

そしてヴォーカルが3人、向かって右より、DeVere Duckett、Tim Owens、Claude Woods

オープニングBGM(On The Way Up♪)が流れる中、メンバーは待機、そして・・・

Earth, Wind & Fire Experience!!・・・Al McKay All Stars!!

というアナウンスとともに、Alのギターカッティング!!

オープニングは奇しくもAlがEW&Fを脱退することとなったアルバムFacesからのPride♪

3人のヴォーカルを中心に最初から大ノリ!!

Stephenのトロンボーン、そしてDavidのパーカッションのソロもフィーチャーされました。

続いて軽快なビートから、Got To Get You Into My Life♪

勿論、EW&Fヴァージョン、Alのギターもフィーチャー!!

曲はBrazilian Rhyme♪

Alのギターを中心にヴォーカル3人のスキャット!!

EW&Fのテーマ曲の一つとして、繋ぎの曲として使われますが、ここではしっかり聴かせました。

キーボードのBenが紹介され、スポットが当たり、ソロを・・・

そして曲は、After The Love Has Gone♪

DeVeleが中心に歌い、後半はサックス・ソロ!!

曲はReasons♪が続き、ファルセットの曲は主にTimが歌うようです。

そのTimがMCも中心、東京に来るのはいつも楽しみ、というようなことを言って、日本語で

「タッテクダサイ」

お馴染みのブラスのダイナミックなイントロから、In The Stone♪

Alのギターも冴え渡り、場内も最高潮!!

続いてFantasy♪、EW&Fのコンサートでは大上段に構えるこのナンバーもここではメドレー形式に、でも観客のノリは同じ!!

続いてJupiter♪、アップ・テンポのブラスもお馴染み!!

そしてGetaway♪、この曲、意外に全米チャートの上位に行っていないことが解せない曲ですが(笑)ノリは最高潮!!

こちらもお馴染みのブラスの音で、Magic Mind♪

ノリノリの中、Let Your Feeling Show♪

Timは客席に降りてきて、観客とハイタッチ!!

そしてクライマックスとなり、Alの奏でるお馴染みのイントロ!!

September♪

場内絶叫!!

そして場内一斉の観客の手の振りはEW&Fのコンサートと全く同じです。!!

最高潮でいったん終了となりました。

・・・

メンバーが戻ってきて、Timが改めて、Alを紹介!!

「EW&Fの曲、EmotionsのBest Of My Love♪も、Temptationsの曲も作っている・・・グラミー賞もアメイカン・ミュージック・アウォードも、殿堂入りもしているよ!!・・・」

そして曲は、新曲Heed The Message♪

Alのギターもフィーチャーした現代版EW&Fといえるようなナンバー!!

まだまだ現役であることを示しています。

そして曲はBoogie Wonderland♪

こちらもTimを中心に3人の歌、場内も’70年代後期のディスコのよう・・・

そして、お馴染みのイントロが・・・

Let’s Groove♪

細かいことを言えば、この曲がヒットしている時、AlはもうEW&Fを脱退しているのですが・・・

やはり最後はこれ!!

・・・なのでしょう。!!

「アリガトーゴザイマシタ・・・」

Alは日本語で何度もそう挨拶して・・・あっという間の80分でした。・・・

前回の来日はちょうどMauriceが亡くなった直後・・・

ということもあり、色々思い入れがあったでしょうが、今回は理屈抜きに楽しいステージを展開してくれたように思います。

昨年は本家のEarth, Wind & Fireも来日しました。

EW&Fの主要なヒット曲をプレイするところは同じですが、本家の方があくまで傑作アルバムGratitude(灼熱の狂宴)を思わせるMauriceのスピリットを継承した熱いライヴを展開するのに対し、Al McKayの方は、彼が音楽的に中心であったアルバムAll ‘N All(太陽神)、I Am(黙示録)の時代のナンバーをフィーチャーしているといった違いがあるでしょう。!!

さて正直なところ、Al が再びEart, Wind & Fireに加わって、Verdine Whiteと左右の仁王立ちになったステージをまた見てみたいとも思っているのですが・・・

このAllstarsとしてのバンド形体での活動を30年近くやっているわけだし・・・それは難しいことかもしれません。(苦笑)

 

オフ会映像

ひたすら・・・歌い出しがタイトル!の全米トップ40ヒットを聴く飲み会

Facebook