ラジオ番組企画&制作&音楽全般のプロデュースの株式会社 ヤング・スタッフ

2017/2/18 Billboard Chart

time 2017/02/18

2/18付

★ポップ・ソングス・チャートでグループでもソロでの1位は何組?

★チェインスモーカーズ記録更新中

★ニッキー・ミナージュ、歴代単独2位

★オールタイム・ヒット ケイティ・ペリー&キャロル・キング

★これからが注目、ケラーニ

★ニュー・エディション 今なぜ?2/18付。

 

 

今週のビルボード・シングル・チャートから。

 

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/atl559578

今週の第1位は初登場1位のあと2週間2位に留まっていたエド・シーランの「Shape Of You」が1位に返り咲きました。返り咲き1は今年早くも3曲目で通算73曲目です。中2週空けての返り咲きですが、1位に返り咲くまでの週数最長は中9週空けての返り咲きでした。2013年の9/28、10/5と2週連続1位になった後、2位2週、3位7週を記録して12/14に再び1位になったのがマイリー・サイラスの「Wrecking Ball」です。返り咲いた週はファンの作ったビデオがうけてストリーミング数を稼いでの返り咲きでした。「Shape Of You」はUK、オーストラリアで4週連続第1位。4-5月にUKツアーをするそうです。今週はストリーミング2位変わらず、デジタル・セールス1位から2位、ラジオ・ソングスは5位から3位と各部門で1位なしでHOT100で1位になりました。これは昨年8/13に同様に1位になったシーア・フィーチャリング・ショーン・ポールの「Cheap Thrills」以来です。

 

ということで、先週まで1位だったミーゴス・フィーチャリング・リル・ウージー・ヴァートの「Bad And Boujee」は今週は2位へダウンです。相変わらずストリーミングがすごくて今週は5000万ストリームスとここへ来て再び増加しています。こちらでは6週連続第1位。デジタル・セールスは3位から5位、ラジオ・ソングスは23位から16位となっています。

 

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/rpblb002628702

第3位には先週の5位から上がったゼイン&テイラー・スウィフトの「I Don’t Wanna Live Forever (Fifty Shades Darker)」が入りました。オフィシャル・ビデオが1/26にリリースされ、ストリーミングで12位から3位と一気にあがりました。これにともなってデジタル・セールスも上昇し、137,000ダウンロードを記録して2位から1位となりました。iTUNESストアでの69セント・セールも効いています。ラジオ・ソングスは11位から7位とTOP10入り。ゼインは2曲目、テイラー・スウィフトは12曲目のTOP10入りです。映画『Fifty Shades Darke』は2/10公開。サウンドトラックも2/10発売ですので、これらも好影響して当分上位に留まるでしょう。

 

第4位は先週と変わらずで最高位を維持しているマシン・ガン・ケリー&カミラ・カベロの「Bad Things」です。今週ポップ・ソングス・チャート(メインストリームTOP40チャート)で1位になりました。カミラ・カベロは元フィフス・ハーモニーのメンバーです。フィフス・ハーモニーは、昨年6月にタイ・ダラー・サインをフィーチャリングした「Work From Here」で1位になっています。このチャートは1992年にスタートしているのですが、グループ、ソロ両方で1位になったのは以下のとおり10人目とのことです。カッコ内はポップ・ソングス・チャートでの1位曲数です。

 
* Justin Timberlake (8) / *NSYNC (2)
* Beyonce (6), Kelly Rowland (1) / Destiny’s Child (2)
* Adam Levine (2) / Maroon 5 (9)
* Gwen Stefani (2) / No Doubt (3)
* Fergie (1) / The Black Eyed Peas (3)
* Wyclef Jean (1) / Fugees (1)
* Nate Ruess (1) / fun. (1)
* Rob Thomas (1) / matchbox twenty (1)
* Camila Cabello (1) / Fifth Harmony (1)

 

 

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/sny538991

先週の3位に上がっていたチェインスモーカーズ・フィーチャリング・ホールジーの「Closer」は今週は5位へダウン。しかし記録の更新が続きます。初登場以来TOP10連続週数は27週と歴代1位更新中。TOP5=25週は歴代1位タイとなりました。ダンス/エレクトロニック・ソングス・チャートは25週目の第1位です。こちらは歴代2位ですが、歴代1位のアヴィーチー「Wake Me Up!」(2013-14年)にあと1週と迫っています。ちなみにTOP3=21週は歴代1位タイ、TOP10=27週は歴代単独6位です。

 

 


http://item.rakuten.co.jp/americanpie/vlryvmctr0250a

45位は先週と変わらずですがここが最高位のトーマス・レットの「Star Of The Show」です。今週カントリー・エアプレイ・チャートで1位になりました。この曲のソングライターはトーマス・レットと父親であるレット・エイキンス、そしてベン・ヘイズリップとなっています。昨年のカントリー・アルバム年間第7位の『Tangled Up』からは5曲目のカットなんです。「Crash And Burn」は2015年9月(1週間)、昨年カントリー・ソングス年間第2位になった「Die A Happy Man」は2016年1月(6週間)、「T-Shirt」が2016年6月(1週間)にカントリー・エアプレイ・チャートで1位になっています。4曲目のシングル「Vacation」は最高位30位に終わりましたが、1枚のアルバムから4曲のNo.1ソングが誕生したんですね。トーマス・レット、アメリカのカントリー・ファンでは有名なアーティストですが、日本では何人知っているだろう。

 
66位にはメジャー・レイザー・フィーチャリング・パーティネクストドア&ニッキー・ミナージュの「Run Up」が初登場しました。今年の7/28-30に開催される『フジロック2017』に出演が決まったメジャー・レイザーですが、そのころにはニュー・アルバムも発売されているでしょうか。一方ニッキー・ミナージュですが、この曲でHOT100=71曲目のエントリーとなりました。テイラー・スウィフトを抜いて女性アーティストで歴代単独2位です。オール・アーティストではビートルズと並んで歴代11位タイ。71曲中この曲のようにフィーチャリングで登場した曲数が44曲あります。

 
女性アーティストHOT100登場曲数ランキング

 
1位 73曲 アレサ・フランクリン
2位 71曲 ニッキー・ミナージュ
3位 70曲 テイラー・スウィフト
4位 57曲 マドンナ
4位 57曲 リアーナ
6位 56曲 ディオンヌ・ワーウィック
7位 53曲 ビヨンセ
7位 53曲 コニー・フランシス
9位 48曲 ブレンダ・リー
10位 47曲 マライア・キャリー
11位 43曲 マイリー・サイラス
12位 41曲 バーブラ・ストライサンド
13位 40曲 メアリー・J.ブライジ
13位 40曲 ジャネット・ジャクソン
13位 40曲 ダイアナ・ロス

 
ちなみにHOT100登場曲数で女性ラッパーではニッキー・ミナージュが1位ですが、2位はミッシー・エリオットなんです。今週なんとそのミッシー・エリオットが初登場しました。ミッシー・エリオット・フィーチャリング・ラムで「I’m Better」が71位に初登場。通算33曲目のHOT100ヒットとなりました。

 
ここでアーティストのHOT100でのオールタイム・ヒット・ランキングをご紹介します。

 

まずはケイティ・ペリー。新曲「Chained To The Rhythm」が2/10にリリースされました。スキップ・マーリーがフィーチャリングされています。3/4付で入ってくるでしょう。これまで1位=9曲、TOP10=12曲を記録しています。カッコ内は年・最高位です。

 
10. Wide Awake (12/2)
9. Last Friday Night (T.G.I.F.) (11/1)
8. Teenage Dream (10/1)
7. Hot N Cold (08/3)
6. I Kissed a Girl (08/1)
5. Roar (13/1)
4. California Gurls (Feat. Snoop Dogg) (10/1)
3. Firework (10/1)
2. E.T. (Feat. Kanye West) (11/1)
1. Dark Horse (Feat. Juicy J) (14/1)

 

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/sny65850

もう1人、2/9に75歳の誕生日を迎えたキャロル・キングです。キャロル・キングといえばアルバム『Tapestry』。1971年6/19から9/25まで15週連続でアルバム・チャート第1位を記録して、この年の年間第2位となり、さらに1972年も大ヒットして2年連続年間第2位を記録しました。シングル「It’s Too Late/I Feel The Earth Move」はアルバムと同時に1位になり7/17まで5週連続1位を記録して、71年シングル年間第3位となりました。またソングライターとしての大活躍も言うまでもなく、「It’s Too Late/I Feel The Earth Move」が1位から落ちてまだ3位にいた7/31には、キャロル・キングの作品の「You’ve Got A Friend」がジェームス・テイラーによって1位になりました。72年に授賞式が行われた第14回グラミー賞では「It’s Too Late/I Feel The Earth Move」が最優秀レコード、『Tapestry』が最優秀アルバムに輝き、ソングライターに与えられる最優秀ソングに「You’ve Got A Friend」が選ばれ、キャロル・キングは主要3部門を独占した最初の女性アーティストになりました。前年にサイモン&ガーファンクルがこの3部門を制しているのですが、最優秀ソングはソングライターであるポール・サイモンに授与されましたので3部門制覇の最初のアーティストはポール・サイモンということになります。

 
5. One Fine Day (80/12)
4. Sweet Seasons (72/9)
3. Nightingale (75/9)
2. Jazzman (74/2)
1. It’s Too Late/I Feel the Earth Move (71/1)

 
/////////////////////////////

 

 

2/18付。今週のビルボード・アルバム・チャートから。

 

今週の第1位はシングル「Bad And Boujee」が大ヒット中のミーゴスのセカンド・アルバム『Culture』が初登場です。デジタル・オンリーでのリリースで131,000EAU、実売は44,000枚のセールスでした。デビュー・アルバム『Yung Rich Nation』は2015年8月最高位17位でしたので1曲のヒット曲で大躍進を遂げました。このアルバムのリリースで今週HOT100に5曲の初登場を含む合計7曲がエントリーしています。

 
アルバムチャートは実売のセールスに加えて収録曲のダウンロードやストリーミング回数も加味してランキングされています。EAUは換算枚数をあらわしています。

 
今週はTOP10内にいきなり初登場したアルバムがあと4枚ありました。TOP10に5枚のアルバムが初登場したのは2016年12/24付以来です。

 

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/vlryvmcbg0300b

第2位にはカントリー・アルバム・チャートでは『Just As I Am』に続いて2枚目の第1位となったブラントリー・ギルバート『The Devil Dont Sleep』が初登場です。77,000EAU、実売は66,000枚のセールスです。TOP5は2011年『Halfway To Heaven』(4位)、2014年『Just As I Am』(2位)に続いて3枚目です。スタジオ・アルバムは4枚目ですので安定した人気に支えられているといっていいでしょう。収録されている16曲すべて自らの作品です。

 

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/atl556580

第3位初登場はR&Bシンガー、ケラーニのデビュー・アルバム『SweetSexySavage』です。1995年4月24日カリフォルニア州オークランド生まれ。父方、母方にアフリカ系アメリカ人、白人、ネイティヴ・アメリカン、スペイン人、フィリピン系ネイティヴ・アメリカンがいてケラーニは彼らの血を引く存在として生まれました。2009年に元トニー・トニー・トニーのドゥエイン・ウィギンスがプロデュースしたポップライフというグループのメンバーとなって人気オーディション番組『America’s Got Talent』の決勝まで勝ち進みました。ここでニック・キャノンと出会い、食べさせてもらったり住むところを世話してもらったりと公私にわたる手助けで2014年にミックステープ『Cloud 19』を発表します。R&Bではかなり注目を集め、続いて発表したミックステープ『You Should Be Here』は2015年ビルボード・アルバム・チャートで最高位36位を記録。昨年の第58回グラミー賞で最優秀アーバン・コンテンポラリー・アルバムにノミネートされました。『SweetSexySavage』は晴れてのメジャー・デビューです。一方でNBAバスケット・ボール選手のカイリー・アーヴィングと交際しながらかつての恋人パーティネクストドアとのベッドにいる写真をインスタグラムにあげて炎上。実際はカイリー・アーヴィングとは別れた後だったことが後からわかるのですが、世間から浴びせられた多くの非難に耐え切れず自殺未遂をはかりました。この作品はその後完成されたアルバムです。今後の活躍が注目です。

 

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/snyl539220

 

 

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/snyl540720

第5位にはナンバー・シリーズはすべてTOP10入りをしている『Now 61』が入りました。同時に発売された『NOW That’s What I Call 90’s Pop』は154位に初登場。これで『NOW』シリーズは合計126枚のエントリーとなりました。初めて『NOW』がチャートに登場したのが1998年11/14。その週から今週まで登場したすべてのオムニバス・アルバムは1127枚。そのうち11.2%が『NOW』シリーズということになるのですが、TOP10で見るとTOP10に入ったオムニバス・アルバムの実に54%が『NOW』シリーズとのことです。

 

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/sny540376

第8位にはサン・フランシスコ出身の3人組ロック・バンド、トレインの『A Girl A Bottle A Boat』が初登場。6枚目のTOP10入りです。1994年に結成されてから2006年まで4枚のアルバムを発表するも一時活動を休止します。2009年に再結成して発表されたアルバム『Save Me, San Francisco』(最高位17位)収録の「Hey, Soul Sister」はHOT100で最高位3位ながら長くチャートに留まり、2010年年間シングル第3位の大ヒットとなりました。昨年はメンバーが敬愛してやまないレッド・ツェッペリンの『LED ZEPPELIN II』のフル・カヴァー・アルバム『Train Does Led Zeppelin ll』を発表しています。

 

 


http://item.rakuten.co.jp/americanpie/a200702074010

今週アルバム・チャートで37位に初登場したのが2000年にリリースされてこれまでチャートに入らなかったニュー・エディションの『All The Number One』です。さらに88年にリリースされた『Heartbreak』が195位から85位へ急上昇。メンバーで89年に結成された3人組ベル・ビヴ・デヴォーはニュー・アルバム『Three Strips』が18位に初登場。93年『Hootic Mack』(最高位19位)以来、実に24年ぶりのニュー・アルバムのチャートインです。どうしたんでしょうか。実はBETで彼らのドキュメンタリー・ドラマ『New Edition Story』が放送されました。それで『All The Number One』が2004年の『One Love』(最高位12位)以来13年ぶりのTOP40入りとなりました。

 

関連記事

オフ会映像

ひたすら・・・歌い出しがタイトル!の全米トップ40ヒットを聴く飲み会

Facebook