ラジオ番組企画&制作&音楽全般のプロデュースの株式会社 ヤング・スタッフ

2017/2/25 Billboard Chart

time 2017/02/25

  • 2/25付

★Happy Birthday, Ed Sheeran!

★スーパーボウル効果絶大!レディ・ガガ

★今週の「Closer」

★今週の「Starboy」

★今週のジャスティン

★今週のパイロッツ

★マライア新曲初登場

★オールタイムTOP20「Heart」ソング

★カントリー&クリスチャンで同時初登場第1位★『Thriller』記録更新!

 

 

2/25付。今週のビルボード・シングル・チャートから。

 

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/atl559578

今週の第1位は先週に続いて通算3週目の第1位となったエド・シーランの「Shape Of You」。今週ラジオ・ソングスで3位から1位にアップ。デジタルとストリーミングは2位のままでした。いよいよサードアルバム『÷』が3/3に発売になります。今週もUKとオーストラリアでは1位「Shape Of You」、2位「Castle On The Hill」の組み合わせ。これ5週連続でこの組み合わせです。アメリカでは「Castle On The Hill」は今週62位です。この2曲、ヨーロッパでは珍しくCDシングルでも発売されるとのことです。ところで、エド・シーランは2/17で26歳になりました。これまでHOT100には16曲がエントリーしていますが、そのTOP5をご紹介します。

 

1. Thinking Out Loud (2015年最高位2位)
2. Don’t (14/9)
3. Shape of You (17/1)
4. Photograph (15/10)
5. The A Team (13/16)

 

「Thinking Out Loud」は最高位2位ながら2015年の年間第2位でした。第57回グラミー賞では最優秀ソングと最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンスを受賞。ソングライターとしてもジャスティン・ビーバーの「Love Yourself」をはじめ、ザ・ウィークエンド、ワン・ダイレクション、ルーペ・フィアスコなどに曲を提供しています。

 

 


http://item.rakuten.co.jp/americanpie/iscb002580102

さあて、スーパーボウルでパフォーマンスをするとそれがチャートに影響してくるのはこれまでもありましたが、今回ほど如実に現れたことはありません。HOT100第4位に再登場したのは2/5のスーパーボウルの13分のハーフタイムショーで6曲を披露したレディ・ガガ、その時も歌った「Million Reasons」です。この曲のこれまでの最高位は52位。今回はHOT100に4回目の再登場なんです。しかも第4位!ハーフタイムショーのおかげでレディ・ガガのアルバム、トラックすべてのセールスの合計は前週比で11倍にもなったとか。ペイトリッツ対ファルコンズの試合もヒートアップしましたが、ハーフタイムショーの方が平均視聴者数(1億1750万人)で試合を上回ったとのことです。「Million Reaeons」は今週デジタル・セールスが149,000ダウンロードで第1位。デジタル第1位は通算5曲目です。iTUNESでの69セント・セールも功を奏したようです。4位に入ったことでレディ・ガガとして14曲目のTOP10ヒットとなりました。レディ・ガガのTOP5入りとしては2013年9月7日付の「Applause」(最高位4位)以来。第4位のリエントリーとしては、2006年4/29のLLクールJ・フィーチャリング・ジェニファー・ロペス「Control Myself」、2007年3/3のディクシー・チックス「Not Ready To Make Nice」がありますが、LLクールJの方は最高位89位でチャートから消えた後、デジタル・セールスのリリースで一気に4位に再登場。ディクシー・チックスはグラミー賞でこの曲が最優秀レコード、最優秀ソングに輝き一気に4位に現れました。それまでの最高位は23位でした。レディ・ガガは、こちらもパフォーマンスした「Bad Romance」(最高位2位)が50位に再登場しています。

 

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/defb002618102

第6位には今週アルバム・チャート初登場第1位のビッグ・ショーン「Bounce Back」が15位からアップです。ストリーミングで8位から3位、ラジオ・ソングスが28位から21位とアップ。デジタル・セールスは26位から31位となっています。3曲目のTOP10入りとなりました。

 

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/sny538991

今週のチェインスモーカーズ・フィーチャリング・ホールジー「Closer」。今週は5位から7位へダウンです。TOP10にいますので初登場以来の連続TOP10週数は「28」。ビルボード記録更新中。ダンス/エレクトロニック・ソングス・チャートで第1位。ということはこのチャートの1位週数がアヴィーチーの「Wake Me Up!」(2013-14)と並ぶ26週目の第1位で歴代1位タイとなりました。ここで他の記録をまとめておきます。TOP3=21週(歴代1位タイ)、TOP5=25週(歴代1位タイ)、TOP10=28週(歴代5位タイ、1位は32週のリアン・ライムス「How Do I Live」)となっています。TOP10の歴代1位タイまであと4週です。

 

 

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/rpblb002591902

ビルボードにはR&Bソングス・チャートというチャートがあります。2012年10月20日にスタートしました。R&Bヒップホップ・ソングス・チャートからラップを除いた曲で構成されているのですが、このチャートでザ・ウィークエンドの「Starboy」が今週20週目の第1位を記録しました。1位週数としてはドレイク・フィーチャリング・ウィズキッド&カイラの「One Dance」と並んで歴代1位タイとなりました。HOT100では今週7位から12位へダウンしています。

 


http://item.rakuten.co.jp/americanpie/rca34162

こちらは16週目の第1位です。HOT100では22位から25位へダウンしていますが、この曲はアダルト・コンテンポラリー・チャートで16週目の第1位となりました。ジャスティン・ティンバーレイクの「Can’t Stop The Feeling!」です。HOT100で今週40週目のチャートインですが、初登場は昨年5/28の第1位。初登場以来連続TOP40週数記録で8曲目の40週以上の曲となりました。この記録の歴代1位は連続52週チャートインのサヴェージ・ガーデン「Truly Madly Deeply」(97-98年)です。アダルト・コンテンポラリー・チャートは1961年7/17に『イージー・リスニング・チャート』という名前でスタート。最初の1位はブルック・ベントンの「The Boll Weevil Song」でした。1位最長記録は2003年6/7から2004年1/31まで断続的に合計28週間1位を記録したアンクル・クラッカー・フィーチャリング・ドビー・グレイの「Drift Away」です。

 

 


http://item.rakuten.co.jp/americanpie/atl555746

まだまだあります。今度はロック・ソングス・チャート。今週このチャートの1位はトゥエンティ・ワン・パイロッツの「Heathens」です。HOT100では23位から29位へダウンしています。この曲はロック・ソングス・チャートで昨年8/27から27週連続で1位を続けています。このチャートは2009年6/20にスタートしていますが27週の1位週数は2015年のウォーク・ザ・ムーン「Shut Up And Dance」と並ぶ歴代1位タイとなりました。またトゥエンティ・ワン・パイロッツは昨年1/9に「Stressed Out」が1位になってから、プリンスが亡くなって「Purple Rain」が5/14に1位になった週以外、今週まですべて1位なんです。「Stressed Out」が1/9から5/7と5/21から6/18まで23週間、「Ride」が6/25から8/20まで9週間、そして「Heathens」が8/27から2/25まで27週間1位で、昨年の5/21から41週連続でトゥエンティ・ワン・パイロッツが1位を独占しています。

 
今週89位にはマライア・キャリーが初登場しました。「I Don’t」でYGがフィーチャリングされています。昨年の12/4から1/29までケーブルTV『E!』で放送された『Mariah’s World』シーズン1の最終回『We Belong Together』でこの曲がかかりました。マライア・キャリーとしては2015年の「Infinity」(最高位82位)以来通算48曲目のHOT100ヒットで女性アーティストではブレンダ・リーと並ぶ歴代9位タイの曲数となりました。

 
ビルボードでは2/14のヴァレンタイン・デーにちなんで「Heart」がタイトルに含まれるHOT100チャートに登場したオールタイムTOP50を発表していましたのでその上位20曲をご紹介します。

 

20. Stereo Hearts / Gym Class Heroes Ft. Adam Levine (2011年最高位4位)
19. Burning Heart / Survivor (86/2)
18. Listen to Your Heart / Roxette (89/1)
17. Where Do Broken Hearts Go / Whitney Houston (88/1)
16. Stop Draggin’ My Heart Around / Stevie Nicks with Tom Petty and the Heartbreakers (81/3)
15. Queen of Hearts / Juice Newton (81/2)
14. Heartless / Kanye West (09/2)
13. Break Your Heart / Taio Cruz Ft. Ludacris (10/1)
12. I Don’t Have the Heart / James Ingram (90/1)
11. Two Hearts / Phil Collins (89/1)

 

10. Cold Hearted / Paula Abdul (89/1)
9. How Can You Mend a Broken Heart / Bee Gees (71/1)
8. Harden My Heart / Quarterflash (82/3)
7. Owner of a Lonely Heart / Yes (84/1)
6. Heartaches by the Number / Guy Mitchell (59/1)
5. My Heart Has a Mind of Its Own / Connie Francis (60/1)
4. Quit Playing Games (With My Heart) / Backstreet Boys (97/2)
3. Don’t Go Breaking My Heart / Elton John & Kiki Dee (76/1)
2. Total Eclipse of the Heart / Bonnie Tyler (83/1)
1. Un-Break My Heart / Toni Braxton (96/1)

 

 
/////////////////////////////

 

 

2/25付。今週のビルボード・アルバム・チャートから。

 

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/defb002618102

今週の第1位は初登場、ビッグ・ショーンの5枚目のスタジオ・アルバム『I Decided.』です。151,000EAU、実売は65,000枚でした。本名ショーン・マイケル・アンダーソン。1988年3月25日カリフォルニア州サンタモニカで生まれデトロイトで育ちました。2007年にカニエ・ウェストが設立したレーベルGOODミュージックと契約。3枚のミックステープを発表したあと、2011年に『Finally Famous』でデビュー。アルバム・チャートで最高位3位を飾りました。その後発売したスタジオ・アルバムはジェネイ・アイコとのコラボが最高位5位で他は3位と、1位が2枚。一時アリアナ・グランデと交際が報道されましたがその後破局。でも人気はさらに上がっている旬のラッパーです。

 
アルバムチャートは実売のセールスに加えて収録曲のダウンロードやストリーミング回数も加味してランキングされています。EAUは換算枚数をあらわしています。

 
今週はTOP10内にいきなり初登場したアルバムがあと3枚ありました。

 

 

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/nhic400

第4位に初登場したのはカントリー・アルバム・チャートとクリスチャン・アルバム・チャートで同時に初登場1位となったリーバ・マッキンタイアの『Sing It Now: Songs Of Faith & Hope』です。54,000EAU、ほとんどが実売で実売は52,000枚です。10枚目のTOP10入りとなりました。カントリーでは13枚目の第1位。これは女性アーティストとしては2位のロレッタ・リンの10枚を引き離して1位枚数で歴代1位。オール・アーティストではジョージ・ストレイトが歴代1位で26枚のカントリーNo.1アルバムを記録しています。クリスチャン・アルバム・チャートでは初の第1位です。カントリー・アーティストのクリスチャン・アルバム・チャートとカントリー・アルバム・チャート両方でのNo.1は過去にはリアン・ライムス『You Light Up My Life – Inspirational Song』(97-98年)、アラン・ジャクソン『Precious Memories』(06年)、アラバマ『Songs Of Inspiration』(06年)、ジョーイ+ローリー『Hymns』(16年)がありました。5枚目なんですね。またアルバムからの「Back To God」はカントリー・ソングス・チャートには入っていませんが、クリスチャン・ソングス・チャートでは先々週17位初登場、先週1位、今週は5位に入っています。17位→1位というのはこのチャートでは2013年12/7で21位から1位になったヒルソング・ユナイテッドの「Oceans (Where Feet May Fail)」以来のジャンプアップだそうです。ちなみにこの「Oceans (Where Feet May Fail)」はHOT100では2014年83位が最高位でしたが、クリスチャン・ソングス・チャートでは61週間第1位で、クリスチャン・ソングス年間チャートで2014年年間1位、2015年年間2位、そして2016年再び年間1位とこのジャンルでは驚異的に大ヒットした曲なんです。

 

 

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/atl558631

第8位にはミュージカルが入りました。『Dear Evan Hansen』が29,000EAU、実売25,000枚で初登場です。キャスト・アルバムの初登場順位としては4位に初登場した『Camelot』(61年)以来の高い順位だそうです。今回はデジタルとストリーミングで2/3にリリースされての初登場です。CDリリースは2/24です。ブロードウェイ・ミュージック・ボックス・シアターで昨年の12/4から上演されています。このアルバムは今週キャスト・アルバム・チャートで先週まで70週間第1位を記録していた『Hamilton: An American Musical』を破って第1位に初登場しました。『Hamilton: An American Musical』はポップの方では13位にランクインしています。今週のようにTOP20に8位、13位と2枚のキャスト・アルバムがランクインしたのは1965年1/16から3/27まで11週連続で『Hello, Dolly!』(64年1位)と『Fiddler On The Roof』(65年7位)が同時にランクインして以来のことです。この2枚はアルバム・チャートには長くチャートインして『Hello, Dolly!』は90週間、『Fiddler On The Roof』は206週間入っていました。

 

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/snyl504386

最後にアメリカ・レコード協会(RIAA)がセールス枚数の認定をしていて、ゴールド・アルバムとかプラチナ・アルバムなどのプレートを授与しているのですが、2016年2月1日から認定方法が変わったことは以前このコーナーでも取り上げました。従来のCD、LP、カセットなどのフィジカル・セールスに加えて、デジタル・セールスで収録曲10回のダウンロードでアルバム・セールス1枚、収録曲1500回のストリーミングでアルバム・セールス1枚に換算してこれも集計対象にしたのです。この換算比率はビルボード・アルバム・チャートにおけるものと同じです。そのため、その時点でマイケル・ジャクソンの『Thriller』がそれまで3000万枚のセールスだったのが、いきなり3200万枚に認定されました。この度その『Thriller』が3300万枚となったとのことです。CDセールスよりも、おそらくハロウィンあたりでHOT100にもたびたび再登場している「Thriller」がストリーミングで稼いでいるのではないかと思われます。『Thriller』は全世界では1億500万枚のセールスを記録しているとのことです。

 

関連記事

オフ会映像

ひたすら・・・歌い出しがタイトル!の全米トップ40ヒットを聴く飲み会

Facebook