ラジオ番組企画&制作&音楽全般のプロデュースの株式会社 ヤング・スタッフ

Belinda Carlisle@Billboard Live Tokyo(ネタバレ注意!!)

time 2017/03/01

The Go-Go’sとしての最後のツアー(?)も行なっていたBelinda Carlisle♪

今回の来日公演は前回同様、Billboard Live Tokyo♪

アコースティックのセットにてシャンソンを中心としたライヴも行うBelindaですが、今回はエレクトリック・バンド!!

2月28日(火)セカンド・ステージです。

定刻21時30分となり、カーテンが閉まりライトダウン!!

メンバー4人(James Nisbet(Guitar, MD)、Andy Carr(Bass)、Toby Chapman(Keyboards)、Alex Toff(Drums))が登場!!

演奏がスタート、どことなくサイケデリックな曲調の中・・・

Belinda Carlisle登場!!

黒のパンツルック、アルバムHeaven On EarthでカバーしているCreamのI Feel Free♪でスタート!!

最初からノリが良く、続いて同アルバム収録のNobody Owns Me♪

タンブリンも片手にステージを動いて熱唱!!

ここで開口

「6週間前からツアーをやっているけど、東京に来るのはいつも楽しみ、次は1984年の曲・・・」

そのようなことを言って、キーボードのイントロからHead Over Heels♪

Go-Go’sとしてツアーもやっていたため加えられたのでしょうか、途中の手拍子もお馴染み!!

バックの演奏もハードになり、(We Want) The Same Thing♪、Oh!~とノッています。

お馴染みのイントロからI Get Weak♪

人気曲だけに歓声が上がり、次もHeaven On EarthからのCircle In The Sand♪

ギター奏者はストラトキャスターとテレキャスターを使い分けているようでした。

「プロポーズの歌・・・」

そんなことを言って、アルバムRunaway HorsesからVision Of You♪

女性の心理を歌った歌、今回はアップ・テンポの曲が多いだけにここではしっかり聴かせ、続いても同じアルバムからのSummer Rain♪

転調部分が印象的、Belindaも独特のポーズ!!

これもまた同じアルバムからValentine♪、ミディアム・テンポのロック・ナンバーだけにパワフルに響きました。

続いても同じアルバムから、お馴染みのリズミカルなイントロ!!

ヒット曲Leave A Light On♪

今回、最初から飛ばしているライヴですが、ここで更にヒート・アップ!!

ギター・ソロも心地よく響き!!

「ソロになって初めての曲・・・」

Mad About You♪、ヒット曲の多さも実感です。

「1977年に最初にレコーディングした時、何もわからなかった・・・」

そう言って、曲はGo-Go’sのデビュー・ヒットOur Lips Are Sealed♪

軽快なビートで場内もほぼ総立ち状態に、Janeの歌うところもBelinda!!

盛り上がった中でVacation♪

BelindaもGo-Go’s時代と同じアクション!!

裸足になってノリノリ、でも実は悲しい失恋の歌・・・

クライマックス!!といったところで、When The Night Falls Down~と静かに歌い出し・・・

勿論、Heaven Is A Place On Earth♪

テンポが変わり、場内も最高潮!!

Belindaは客席にマイクを向けたり、Heaven~とお馴染みのポーズ!!

やはりこの曲でいったん終了となりました。

あまり間を置かずメンバー、そしてBelindaは戻ってきて・・・

「4枚目のアルバムから・・・」

そう言ってDo You Feel Like I Feel♪

ステージでは定番の1曲・・・

そしてドラムスが力強く叩き始め、We Got The Beat♪

Go-Go’sの時と同じポーズ!!、同じアクション!!、ほとんどのお客さんも同じ!!

ここでは`80年代前半に戻っていました。・・・

これで終了・・・と思いきや何ともう一度登場!!

Belindaは謝辞を言って、静かにSuperstar♪

Carpentersのヒット曲として誰にも親しまれているLeon Russellの名曲

ノリノリのステージの最後はしっかりとこれで締めて、あっという間の80分は幕を閉じました。・・・

フランス系の人ということで、前述の通り、シャンソンを中心としたアコースティックなライヴ♪も行っていたBelinda!!

勿論、そのような時も彼女のヒット曲は歌われますが、やはりパンチの効いたロック・ナンバーで!!

そして彼女が多くから受け入れらている女性心理を歌ったようなナンバーもパワフルに聴きたい!!

そう思っていただけに、今回は彼女のパワー全開のライヴ♪を十分に満喫させていただきました。!!

(アコースティックもそれはそれで良いですが)またこれからもパワーを与えてくれるライヴを、心から思っている次第です。

尚、今回の来日では3月に東京国際フォーラムで行なわれる80’s90’sプレミアム・コンサートにもChristopher Cross♪らとともに出演予定です。!!

オフ会映像

ひたすら・・・歌い出しがタイトル!の全米トップ40ヒットを聴く飲み会

Facebook