最新全米音楽事情

2017/4/1 Billboard Chart

2017-03-30

4/1付

★「Shape Of You」にソングライター今から追加

★今週のチェインスモーカーズ

★今週のニッキー・ミナージュ

★AP集計チャック・ベリー オールタイムTOP20

★ビルボード集計オールタイムTOP10:アレサ・フランクリン、エルトン・ジョン、エアロスミス

★『美女と野獣』2017年版も大ヒット

★『More Life』ストリーミングで大記録!

★KAABOOフェスティバル

 

4/1付。今週のビルボード・シングル・チャートから。

 

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/atl559578

今週の第1位は8週目の第1位となったエド・シーランの「Shape Of You」です。108,000ダウンロードでデジタル・セールス8週目の第1位。ラジオ・ソングスは6週連続第1位。ストリーミングは2週連続で第1位と今週も先週に引き続き3冠を獲りました。

 

ところで、この曲のソングライターは、エド・シーランとジョニー・マクデイド、スティーヴ・マッカチョンの3人がクレジットされてきましたが、このほどあと3人が加わることになりました。つまり、盗作ではないのですが、一部の歌詞がTLCの「No Scrubs」(99年1位)の一部にリズムが似ているとのことなんです。歌詞のリズムが似ているということでソングライターに入れるんですね。つまり裁判を起こされてお金も時間もかかったうえに大金を支払うくらいなら、クレジットに付け加えて印税を払って解決した方がいいという判断です。これによってデスティニーズ・チャイルドの「Bills, Bills, Bills」のソングライターでもあるキャンディ・バーラスと、彼女と同じ元エクスケプのメンバーでT.I,の奥さんのタメカ・タイニー・コトル、そしてケヴィン・ブリッグスの3人が「Shape Of You」のソングライターに加わりました。マーク・ロンソン・フィーチャリング・ブルーノ・マーズの「Uptown Funk!」もあとからギャップ・バンドの「I Don’t Believe You Want To Get Up And Dance (Oops, Up Side Your Head)」(80年R&B4位、HOT100:102位)のソングライター5人が加わりました。彼らにとってはものすごいボーナスが入りました。

 

「Shape Of You」はUK、オーストラリアでは依然として初登場以来の1位を続けていて10週連続の第1位となっています。

 

 


http://item.rakuten.co.jp/americanpie/sny541658

今週のチェインスモーカーズ。今週は先週11位に下っていたコールドプレイとのコラボ「Something Just Like This」(最高位5位)が8位とTOP10にカムバック。「Paris」は7位から9位とTOP10をキープしました。一方ウルトラ大ヒット曲「Closer」は10位から13位へダウンでした。チェインスモーカーズの連続TOP10入りは46週連続でリアーナと並んで歴代4位タイとなりましたが、「Closer」が続けていた初登場以来連続TOP10週数はこの曲が更新してきたビルボード記録の32でストップしました。またTOP10週数32週はリアン・ライムス「How Do I Live」と並んで歴代1位タイとなっています。こちらはまだTOP10入りカムバックの可能性が...。

 
今週はニッキー・ミナージュの新曲が3曲もHOT100に同時に初登場しました。まず14位にニッキー・ミナージュ、ドレイク&リル・ウェインというHOT100登場曲数ランキングTOP10に入っている3人による「No Frauds」が初登場。また61位にはニッキー・ミナージュ単独で「Regret In Your Tears」が初登場。さらに71位にニッキー・ミナージュ&リル・ウェインで「Changed It」が初登場しました。これでニッキー・ミナージュはHOT100登場曲が76曲となり女性アーティストで歴代単独1位。オール・アーティストではレイ・チャールズの75曲を抜いて歴代9位となりました。またリル・ウェインは135曲、ドレイクは133曲目のHOT100入りとなりました。それぞれ歴代2位、3位です。1位は207曲でグリー・キャストです。

 
43位にはアデルの「Water Under The Bridge」(最高位26位)が先週と変わらずランクインしています。このほど2月下旬からおこなわれてきた初のオーストラリア・ツアーで、8回の公演で60万人以上を動員という記録を作りました。3/10、3/11に行われた会場がANZスタジアムでした。2000年シドニー・オリンピックのために建設されメイン競技場として使われました。ここで20万人を動員したとか。これまでのオーストラリアでのコンサートでは、オーストラリアで大人気のピンクが2009年のアリーナ・ツアーの『Funhouse Tour』で58公演で65万人とか、同じくピンクの2012年『Truth About Love Tour』で42公演で45万人というのがありました。ロック・グループでは2010年のAC/DCの『Black Ice』スタジアム・ツアーで14回の公演で65万人!さらにオーストラリアでは伝説的なコンサート・ツアーと言われているダイアー・ストレイツの86年の『Brothers In Arms Tour』では合計90万人を集めたといわれています。アデルの『25 World Tour』は6月と7月にロンドン・ウェンブリー・スタジアムで合計4回公演が行われ、ツアーは終了します。なお、「Water Under The Bridge」はラジオ・ソングス・チャートで11位から10位となってアルバム『25』から4曲目のTOP10入りとなりました。『21』からも4曲がTOP10に入っていますので8曲目のTOP10入りとなりました。

 

 

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/a0115022106

3/18に90歳で亡くなったチャック・ベリーですが、自然死と発表されました。改めてご冥福をお祈りします。AP集計(あめりかん☆ぱい集計)によるチャック・ベリーのオールタイムTOP20です。ベスト・セラーズ、TOP100、HOT100でのランキングをもとにしてあります。

 
1. My Ding-A-Ling (72/1)
2. Sweet Little Sixteen (58/2)
3. School Days (57/5)
4. Maybellene (55/5 Best Sellers)
5. Johnny B. Goode (58/8)
6. No Particular Place To Go (64/10)
7. You Never Can Tell (64/14)
8. Rock & Roll Music (57/8)
9. Almost Grown (59/32)
10. Reelin’ & Rockin’ (73/27)

 

11. Nadine (Is It You?) (64/23)
12. Carol (58/18)
13. Promised Land (65/41)
14. Back In The U.S.A. (59/37)
15. Sweet Little Rock And Roller (58/47)
16. Let It Rock (60/64)
17. Too Pooped To Pop (“Casey”) (60/42)
18. Little Marie (64/54)
19. Oh Baby Doll (57/57)
20. Anthony Boy (59/60)

 

「Roll Over Beethoven」は21位でした。

 
ところで、3/25はアレサ・フランクリン(75歳)とエルトン・ジョン(70歳)、3/26はエアロスミスのスティーヴン・タイラー(69歳)の誕生日でした。ビルボードがそれぞれのオールタイムランキングを発表していましたのでTOP10をご紹介します。

 

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/a0101128102

アレサ・フランクリン:
1. I Knew You Were Waiting (For Me) / Aretha Franklin & George Michael (87/1)
2. Respect (67/1)
3. Until You Come Back to Me (That’s What I’m Gonna Do) (74/3)
4. Freeway of Love (85/3)
5. Chain of Fools (68/2)
6. (Sweet Sweet Baby) Since You’ve Been Gone (68/5)
7. Spanish Harlem (71/2)
8. Bridge Over Troubled Water/Brand New Me (71/6)
9. Baby I Love You (67/4)
10. Who’s Zoomin’ Who (85/7)

 

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/utvr063478

エルトン・ジョン:
1. Candle in the Wind 1997/Something About the Way You Look Tonight (97/1)
2. That’s What Friends Are For / Dionne & Friends (86/1)
3. Philadelphia Freedom / The Elton John Band (75/1)
4. Crocodile Rock (73/1)
5. Don’t Go Breaking My Heart / Elton John & Kiki Dee (76/1)
6. Bennie and the Jets (74/1)
7. Island Girl (75/1)
8. Little Jeannie (80/3)
9. Goodbye Yellow Brick Road (73/2)
10. Lucy in the Sky With Diamonds (75/1)

 

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/snyl792210

エアロスミス:
1. Angel (88/3)
2. I Don’t Want to Miss a Thing (98/1)
3. Dream On (76/6)
4. Janie’s Got a Gun (90/4)
5. Love in an Elevator (89/5)
6. What It Takes (90/9)
7. Walk This Way (77/10)
8. Jaded (01/7)
9. Dude (Looks Like a Lady) (87/14)
10. Cryin’ (93/12)

 

 
/////////////////////////////

 

 

4/1付。今週のビルボード・アルバム・チャートから。

 

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/atl559578

今週の第1位はエド・シーランのサード・アルバム『÷(Divide)』です。2週連続第1位となりました。18万EAU、実売は87,000枚でした。ところでエド・シーランの6/29のカンザス・シティからスタートする北米ツアーの日程が発表されていますが、オープニング・アクトに、「You’re Beautiful」が2006年最高位1位、年間第4位の大ヒットとなったジェームス・ブラントが決まったとのことです。

 

アルバムチャートは実売のセールスに加えて収録曲のダウンロードやストリーミング回数も加味してランキングされています。EAUは換算枚数をあらわしています。

 
今週はTOP10内にあと1枚が初登場しました。

 

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/dsnd002524802

第3位に初登場したのが、サウンドトラック『Beauty And The Beast (2017)』(『美女と野獣』)です。57,000EAU、実売は48,000枚でした。ご存じ91年のアニメの実写版リメイク作品のサウンドトラックでエマ・ワトソン、アリアナ・グランデ、ジョシュ・グローバンなどが参加しています。映画は3/17に北米で公開されました。日本では4/21に公開されます。タイトル・ソング「Beauty And The Beast」はアニメ版ではセリーヌ・ディオンとピーボ・ブライソンのデュエットで92年最高位9位を記録して、93年に授賞式が行われた第35回グラミー賞では最優秀ポップ・グループに選ばれました。アルバム『Beauty And The Beast』は最優秀キッズ・アルバムに、曲としての「Beaty And The Beast」は最優秀ポップ・インストゥルメンタル、映画・TV最優秀インストゥルメンタル・ソングと映画・TV最優秀ソングを受賞しています。今回はこの曲をアリアナ・グランデとジョン・レジェンドが歌っています。今回のサウンドトラックには91年のオリジナルに新曲が加わってリリースされました。映画の方も全米で公開10日間で348億円、全世界で759億円の興行収入と大ヒットしています。

 

 

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/mcanb002236602

18位にはカントリー・アルバム・チャート初登場1位のジョシュ・ターナー『Deep South』が初登場です。6枚目のスタジオ・アルバムですがカントリーでは大人気でこのアルバムが3枚目の第1位。他の3枚も最高位では2位が1枚、3位が2枚。1977年11月20日テネシー州ナッシュヴィル生まれ、その後サウス・カロライナ州ハンナで育ちました。現在39歳。2012年の「Time Is Love」はカントリー・ソングス・チャートで最高位2位でしたがロング・ラン・ヒットとなって2012年年間1位となりました。日本で人気でないかなあ。

 

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/rpblb002664802

ところでドレイクの「Fake Love」などを収録した『More Life』がストリーミングで3/19にリリースされましたが、とんでもない記録を作りました。アップル・ミュージックではリリース後24時間でアルバム収録曲合計全世界で8990万ストリームスを記録。スポティファイでは6130万ストリームスでこれまでのエド・シーランの作った記録の3/3の5670万ストリームスを抜いて、それぞれ史上1位とのことです。CDは3/31にリリースされます。

 

もうひとつ。音楽フェスティバルの話題です。南カリフォルニアのサンディエゴのデル・マーで行われる『KAABOO Festival』の出演アーティストがすごいです。デル・マーといえばビーチ・ボーイズの「Surfin’ U.S.A.」の歌詞にも登場する町です。毎年開かれていて今回は第3回目です。9/15から3日間デル・マー・フェアグラウンズで開催されます。70組の出演アーティストが発表されました。おもなアーティストは以下のとおりです。

 

Red Hot Chili Peppers, P!NK, Tom Petty and the Heartbreakers, MUSE, Weezer, Jane’s Addiction, David Guetta, Ice Cube, Jason Derulo, Logic, Alanis Morissette, Jackson Browne, Andy Grammer, Kesha, Live, X Ambassadors, Garbage, Milky Chance, T-Pain, Michael McDonald, Wallflowers, DJ Diesel (Shaquille O’Neal), Machine Gun Kelly, Pete Yorn, Smash Mouth, Dave Mason, Toad The Wet Sprocket, Eric Burdon and the Animals など。いいですねえ。

 


Copyright© 2011-2016 Young Staff co.,LTD All Rights Reserved.