最新全米音楽事情

2017/4/15 Billboard Chart

2017-04-12

4/15付

★4週連続3冠達成

★82位から86位まで同じアーティスト

★史上初1枚のアルバムから6曲のエアプレイ第1位

★ACMアワード受賞結果

★訃報:J.ガイルズ

★AP集計:J.ガイルズ・バンド/ピーター・ウルフ オールタイムHOT100ヒット・ランキング

★5作品連続TOP3入りは?

★『The Voice』から5年でデビュー・アルバム初登場1位

★ポール・マッカートニーのデラックス・ボックスがすごい!

★アデル、女性アーティストとしてまた記録達成

★ストリーミングのみで初の100万枚

★JUNOアワード受賞結果

 

 

4/15付。今週のビルボード・シングル・チャートから。

 

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/atl559578

今週も第1位はエド・シーランの「Shape Of You」。これでアメリカでも2桁10週目の第1位となりました。HOT100チャートで10週以上の第1位を記録した曲はこれで34曲目とのこと。33曲目はチェインスモーカーズ・フィーチャリング・ホールジーの「Closer」(今週20位)で、昨年12週間の第1位を記録しました。「Shape Of You」はUK、オーストラリアでは12週連続第1位です。HOT100の集計要素3部門では、デジタル・セールスが85,000ダウンロードで10週目の第1位、ラジオ・ソングスは8週連続、ストリーミングが4週連続で第1位と今週も3冠達成です。3冠達成は4週連続となりました。

 

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/sny541658

今週のチェインスモーカーズ。コールドプレイとのコラボの先週7位の「Something Just Like This」は一気に第3位にアップしました。デジタル・セールスは4位変わらずですが、ラジオ・ソングスで18位から12位、ストリーミングで25位から15位と伸びています。1位の「Shape Of You」とはまだまだ差がありそうですね。ダンス/エレクトロニック・ソングス・チャートでは4週連続第1位です。もう1曲の「Paris」は先週10位から今週は第9位。ということでチェインスモーカーズの連続TOP10入りは48週となり、エース・オブ・ベースと並んで歴代3位タイとなりました。1位はケイティ・ペリーの69週連続TOP10入りです。

 

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/rpblb002664802

今週のドレイク。先週初登場した21曲を含め24曲がHOT100に同時にランクインしたドレイクですが、今週はどうだったか?今週はなんと21曲残りました。先々週にすでにランクインしていた3曲+先週初登場の18曲です。TOP10に先週2曲初登場しましたが、8位初登場の「Passionfruit」は今週第10位。9位初登場の「Portland」は21位へダウンしました。これだけ多いので82位から86位まで5ランク連続でドレイクという珍現象も起きています。

 

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/capb002281302

下の方では先週の69位から今週最高位60位を記録しているのがルーク・ブライアン「Fast」です。この曲を収録しているアルバムが『Kill The Lights』。アルバムは2015年8/29にビルボード200とカントリー・アルバム・チャートで初登場1位でした。年間ではビルボード200で年間18位、カントリーでは年間第2位の大ヒットとなっています。このアルバムからカントリー・エアプレイ・チャートでこれまで5曲が第1位を記録していますが、今週「Fast」も第1位となり、史上初の1枚のアルバムからカントリー・エアプレイ・チャートで6曲のNo.1となりました。5曲のNo.1ヒットを出したアルバムはブラッド・ペイズリーの『5th Gear』(2007-08)、ブレイク・シェルトンの『Based on a True Story…』(2013-14)、ルーク・ブライアンの『Crash My Party』(2013-15)の3枚がありました。ルーク・ブライアン、すごいですね。そのルーク・ブライアンですが4/2に授賞式が行われたカントリーの2大ミュージック・アワードのひとつ、ACMアワードでダークス・ベントリーとともに司会を務めました。

 

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/rca532305

今年のACMアワード(Academy of Country Music Awards)は、4/2にラス・ヴェガス・Tモバイル・シアターで授賞式&パフォーマンスが行われ、4/3にCBSで全米に放送されました。ジェイソン・アルディーンが2年連続で「Entertainer Of The Year」を受賞。ミランダ・ランバートは「Female Vocalist」部門で8年連続8回目の受賞を果たし、リーバ・マッキンタイアと並んでいたこの部門の受賞回数で単独1位になりました。ミランダ・ランバートは『The Weight Of These Wings』で「Album Of The Year」も受賞しています。この部門では2007年のセカンド・アルバム『Crazy Ex-Girlfriend』から5枚連続での受賞なんです。

 
受賞結果は以下のとおりです。

 

* Entertainer of the Year: Jason Aldean

 

* Female Vocalist of the Year: Miranda Lambert
* Male Vocalist of the Year: Thomas Rhett
* Vocal Duo of the Year: Brothers Osborne
* Vocal Group of the Year: Little Big Town

 

* New Male Vocalist of the Year: Jon Pardi
* New Female Vocalist of the Year: Maren Morris
* New Vocal Duo or Group of the Year: Brothers Osborne

 

* Songwriter of the Year: Lori McKenna

 

* Album of the Year: The Weight of These Wings / Miranda Lambert
* Single Record of the Year: H.O.L.Y. / Florida Georgia Line
* Song of the Year: Die a Happy Man / Thomas Rhett (Thomas Rhett, Sean Douglas, Joe Spargur)

 

* Video of the Year: Forever Country / Artists of Then, Now & Forever
* Vocal Event of the Year: May We All / Florida Georgia Line Featuring Tim McGraw

 

 

ラテン・エアプレイ・チャートですが、今週の第1位はエンリケ・イグレシアス・フィーチャリング・デスセメール・ブエノ&ジオン&レノックスの「Subeme La Radio」です。この曲でエンリケ・イグレシアスは29曲目の第1位を記録しました。チャートは1995年にスタートしていますので22年で29曲の1位。これは2位のリッキー・マーティンの16曲を大きく引き離してダントツの歴代1位なんです。1位週数でみてもこの曲で159週目となりました。10週以上の1位を記録した曲が実に7曲。エンリケ・イグレシアス自身の最長1位はデスセメール・ブエノとヘンデ・デ・ソナをフィーチャリングした「Bailando」の20週です。「Bailando」は、エアプレイにセールスを加えたラテン・ソングス・チャートでは41週間の第1位を記録して1位週数で歴代1位。またこの曲は2014年にリリースされているのですが、YouTubeで2015年8月までにスペイン語の歌としては初めての10億回の再生を記録し、この度20億回の合計再生回数を記録しました。

 

ラテン・エアプレイ・チャート アーティスト別1位週数ランキング
1位 159週 エンリケ・イグレシアス
2位  63週 シャキーラ
3位  56週 フアネス
4位  45週 マーク・アンソニー
5位  44週 リッキー・マーティン
6位  42週 ロメオ・サントス
7位  40週 ドン・オマール

 

なお、このチャートでの1位週数最長記録は25週でシャキーラ・フィーチャリング・アレハンドロ・サンスの「La Tortura」(2005年)です。

 

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/cap1956202

★訃報です。4/11にJ.ガイルズ・バンドのリーダー、J.ガイルズがアメリカ・マサチューセッツ州の自宅で亡くなっているのが見つかったとのことです。71歳でした。死因は現在のところ不明とのことです。60年代終わりにJ.ガイルズ・バンドを結成しHOT100に数々のヒット曲を送り込みました。81年に発表したアルバム『Freeze-Flame』はビルボードで82年に4週間の1位を記録して82年年間5位。シングル「Centerfold」は82年に6週間第1位を記録し82年年間こちらも第5位を記録する大ヒットとなり日本でもファンが一気に増えました。その後ヴォーカルのピーター・ウルフが脱退し80年代半ばに解散しましたが、再結成を繰り返して2009年から本格的に活動を再開していました。2005年以降はバンド活動とは別にジャズ・アルバムを3枚発表してます。ご冥福をお祈りします。以下はあめりかん☆ぱいが集計したJ.ガイルズ・バンドとピーター・ウルフのオールタイムHOT100ヒット・ランキングです。

 
1. Centerfold / J. Geils Band (82/1)
2. Freeze-Frame / J. Geils Band (82/4)
3. Lights Out / Peter Wolf (84/12)
4. Give It To Me / J. Geils Band (73/30)
5. Must Of Got Lost / J. Geils Band (75/12)
6. Come As You Are / Peter Wolf (87/15)
7. I Do / J. Geils Band (83/24)
8. Looking For A Love / J. Geils Band (72/39)
9. One Last Kiss / J. Geils Band (79/35)
10. Come Back / J. Geils Band (80/32)

 

11. Love Stinks / J. Geils Band (80/38)
12. I Need You Tonight / Peter Wolf (84/36)
13. Angel In Blue / J. Geils Band (82/40)
14. Where Did Our Love Go / J. Geils Band (76/68)
15. Concealed Weapons / J. Geils Band (84/63)
16. Take It Back / J. Geils Band (79/67)
17. Land Of A Thousand Dances / J. Geils Band (83/60)
18. Just Can’t Wait / J. Geils Band (80/78)
19. Oo-Ee-Diddley-Bop! / Peter Wolf (85/61)
20. Can’t Get Started / Peter Wolf (87/75)
21. 99 Worlds / Peter Wolf (90/78)
22. You’re The Only One /Geils (77/83)
23. Make Up Your Mind / J. Geils Band (73/98)
24. Fright Night / J. Geils Band (85/91)

 
/////////////////////////////

 

 

4/15付。今週のビルボード・アルバム・チャートから。

 

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/rpblb002664802

今週の第1位は先週に続いてドレイクの『More Life』です。4/7にCD、LPが発売される予定でしたが、延期になりました。今週は226,000EAUでデジタルの実売が43,000枚というセールスでした。相変わらずストリーミングがすごくて2億5000万以上のストリーミング回数でこちらのポイントで1位をキープしています。これでビルボード200における1位週数が通算20週となり、ヒップホップ・アーティストでは歴代4位になっています。1位はエミネムで31週(No.1アルバム数=7枚)、2位ジェイZ=23週(13枚)、3位MCハマー=21週(1枚「Please Hammer Don’t Hurt ‘Em」)と続いています。

 
アルバムチャートは実売のセールスに加えて収録曲のダウンロードやストリーミング回数も加味してランキングされています。EAUは換算枚数をあらわしています。

 
今週はTOP10内に1枚が初登場しました。

 

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/atl559613

第3位に初登場したのが、トレイ・ソングスの『Tremaine The Album』です。67,000EAU、実売は45,000枚でした。前作の2014年第1位の『Trigga』以来5枚目のTOP10入りです。1984年11月28日アメリカ・ヴァージニア州ピーターズバーグ出身の32歳です。2005年『I Gotta Make It』でメジャー・デビューしてからはほぼ2年おきにアルバムを発表しています。ここ5作では1位2枚を含みすべてTOP3入りと人気も安定しているR&Bシンガーです。

 


http://item.rakuten.co.jp/americanpie/bkrgnd031d

その他には前にもご紹介しましたがメタリカの『Hardwired…To Self-Destruct』が
19位から5位へアップ!この19位の前が2週連続2位でその前が14位でした。この2週連続2位と今週の5位は理由が同じです。メタリカのスタジアム・ツアーのチケットを買うとアルバム購入権がついていて、CDかダウンロードでこのアルバムを買うことができるのです。それが行使されるとこのようにチャート上位にランクするというものです。このパターンは結構多くのアーティストが使っています。

 

 


http://item.rakuten.co.jp/americanpie/wb557849

20位に初登場したのがカントリー・アルバム・チャート初登場1位の女性新人シンガー、レイリンの『Wildhorse』です。女性カントリー・アーティストのデビュー・アルバムがカントリー・アルバム・チャートで初登場1位になったのは昨年のCMAアワードで最優秀新人に輝き、今年のグラミー賞にも新人賞にノミネートされたマレン・モリスの『Hero』(2016年6/9第1位)以来です。レイリンは本名がレイチェル・リン・ウッドワード。1994年5月4日テキサス州ベイタウン生まれの22歳です。人気オーディション番組『The Voice』シーズン2(2012年)でベスト8まで行きました。その年にリパブリック・ナッシュヴィルと契約したのですが、カントリー・ソングス・チャートに4曲チャートインしただけで契約解除。昨年ワーナー・ブラザーズ・ナッシュヴィルと契約して今回のアルバム・デビューとなりました。収録シングル「Love Triangle」はカントリー・ソングス・チャートで27位上昇中です。

 

 


http://item.rakuten.co.jp/americanpie/capb002598800

33位にはポール・マッカーニーの『Flowers In The Dirt』が再登場しました。89年最高位21位を記録したアルバムがリマスター盤として再発売されました。デラックス・バージョンにはオリジナルCDに加え、未発表デモ・バージョンなどを収録したCD2枚にミュージック・ビデオ全曲とドキュメンタリー映像を収録したDVD、112ページブックレット、32ページのポール・マッカートニー手書きによる歌詞が印刷されたノート、64ページのフォト・ブック、リンダ・マッカートニーによる『Flowers In The Dirt』写真展のカタログが付いている超豪華版です。

 
103位にはアデルの『21』が入っています。今週でアルバム・チャート登場が319週目となりました。これは女性アーティストのアルバムで歴代単独1位となりました。アデルの『21』は2011年3/12に初登場1位でデビューし、その後断続的に24週間1位を記録して、2011年、2012年と2年連続でアルバム年間1位を記録。RIAAでは1400万枚のセールスを認定しています。年間チャートでは2013年21位、2014年76位、2015年74位、2016年24位と毎年年間100位に入っています。これまでの登場週数第1位は1971年に15週間第1位を記録したキャロル・キングの『Tapestry』の318週でした。このアルバムは1971年、1972年と2年連続で年間第2位という惜しい記録ですが大ヒットしたアルバムでした。1971年4/10から77年1/15まで302週間連続でチャートインした後、2010年6/26に再チャートインして断続的にランキングされ、これまで合計318週間のチャートインとなっています。

 
アルバム・チャート登場週数ランキング

 

1位 927週 The Dark Side of the Moon / Pink Floyd
2位 490週 Johnny’s Greatest Hits / Johnny Mathis
3位 480週 My Fair Lady / Original Cast Recording
4位 463週 Legend / Bob Marley & The Wailers
5位 454週 Greatest Hits / Journey
6位 424週 Metallica / Metallica
7位 393週 Greatest Hits / Guns N’ Roses
8位 355週 Nevermind / Nirvana
9位 334週 Curtain Call: The Hits / Eminem
10位 331週 The Phantom of the Opera: Highlights / Original London Cast Recording
11位 319週 21 / Adele
12位 318週 Tapestry / Carole King

 

RIAA(アメリカ・レコード協会)ではアルバムのセールスで、ラテンを除いて100万枚のセールスでプラチナ・アルバムを認定しています。現在CDやLPなどフィジカル・セールスのみでなく、トラック・セールスやストリーミング・セールスも換算してセールスに加え、総合的に100万枚を超えるとプラチナ・アルバムとして認定されます。このほどカニエ・ウエストの昨年リリースした8枚目のスタジオ・アルバム『The Life Of Pablo』が100万枚の認定を受けました。このアルバムはCDやLPなどのフィジカルでの発売はなく、公式サイト以外でのデジタルでのセールスがありません。そのためRIAAではストリーミング・オンリーのアルバムとして初めての100万枚の認定となりました。収録曲合計で全世界で30億回のストリーミングが記録されています。

 
最後にカナダのグラミー賞といわれるJUNOアワードの授賞式が4/2、カナダ・オタワのカナディアン・タイヤ・センターで行われました。主な受賞結果は以下のとおりです。
* Album Of The Year: Leonard Cohen / You Want it Darker

* Pop Album Of the Year: Alessia Cara / Know-It-All
* Country Album Of The Year: Jess Moskaluke / Kiss Me Quiet
* Rock Album Of The Year: The Tragically Hip / Man Machine Poem.
* Adult Contemporary Album Of The Year: Sarah Mclachlan / Wonderland
* International Album Of The Year: Coldplay / A Head Full Of Dreams

* Artist Of The Year: Leonard Cohen.
* Group Of The Year: The Tragically Hip / Man Machine Poem
* Breakthrough Artist: Ruth B
* Breakthrough Group Of The Year: The Dirty Nil

* Songwriter Of The Year: Gord Downie / “The Stranger”, “The Only Place to Be”, “Son” from “Secret Path”
* Fan Choice Award: Shawn Mendes
* Single Of The Year: The Strumbellas / Spirits
* R&B/Soul Recording Of The Year: The Weeknd / Starboy
* Video Of The Year: Grimes / Kill V. Maim (Director: Claire Boucher)

 


Copyright© 2011-2016 Young Staff co.,LTD All Rights Reserved.