ラジオ番組企画&制作&音楽全般のプロデュースの株式会社 ヤング・スタッフ

Gilbert O’Sullivan@Billboard Live Tokyo 2017

time 2017/04/15

’70年代前半、日本での洋楽の中で、最もポピュラーだったお一人

Gilbert O’Sullivan♪

2年ぶりの来日公演は前回と同じBillboard Live Tokyo♪

4月14日(金)19:00~のファースト・ステージです。

開演時刻となりカーテンが閉まり、ライトダウン

メンバー登場!!

女性コーラス二人を含む6人、そして、勢いよく走って・・・

Gilbert O’Sullivan♪登場!!

今回も黒で決めていて中央のローランドのエレクトリック・ピアノについて、軽快にThunder And Lightning♪でスタート!!

「コンバンワ、ヨーコソ」

流暢な日本語で挨拶、ベースのイントロから、Out Of The Question♪、女性コーラスも効果的!!

「50年間活動しているけど、’66年に作った曲・・・」

そう言って、Disappear♪、弾き語りで短く歌われ、続いてNothing Rhymed♪、ライティングも華やか、アコースティック・ギターもフィーチャー!!

ここで人気曲No Matter How I Try♪、ギターも軽快に、心地よく響きました。

キーボードのMick Parkerを紹介して彼と2人だけで、Miss My Love Today♪

一転してアップ・テンポに・・・

I Don’t Love You But I Think I Love You♪、お馴染みのナンバーが続きます。

「ニホンサイコー!!」

スクリーンにアニメ映像が映り、ポップなBecause Of You♪、’80年代ディスコを思わせるSo What♪でも映像は効果的!!

「世界で争いが続いている・・・北朝鮮やシリアには平和の水が必要だよ・・・日本にはあるよね!!・・・」

そう言ってWhere Peaceful Waters Flow♪

よく歌われるナンバーですが、今回タイミング的に思いが込められていました。・・・そしてステージも中頃となり、お馴染みのイントロが・・・

Clair♪

恐らく彼の中で2番目に有名な曲(笑)、場内は聴き入っていました。・・・

今度は女性シンガー2人がフィーチャーされ、I Guess I’ll Always Love You♪

ラテン・フレーバーが効いたナンバーです。

ここでバックのスクリーンに彼の話すことが字幕として映し出され・・・

「素晴らしい曲を作ることは、素晴らしい曲を聴くことだよ・・・Beatles、Rolling Stones・・・Peggy Lee♪にも曲を書いた・・・日本では来生たかお♪ともレコーディングしたよ・・・Peggy Lee♪は2002年に亡くなって、今回ビデオでの共演、バンドも入るよ・・・」

そんなことを言って、Peggy Lee♪と共演した映像が映し出され、曲は来生たかおさん♪ともレコーディングしたCan’t Think Straight♪

近年のステージでの見せ場でしょう。!!

ステージは一転してNo Way♪、アップ・テンポでアコースティック・ギターもフィーチャー!!

Gilbertは立ち上がってメンバー紹介・・・

ドラムスはRod Quinn♪、ベースはPaul Moore♪、ギターはJohn Fitzgerald♪

コーラスはNiamh McNally♪とChantelle Heath♪

そして最後にミュージカル・ディレクターとして、キーボードのMick Parker♪

ベテラン揃いのよう・・・

そのままハンド・マイクで軽快にYou Are You♪

再びエレクトリック・ピアノについて、カウントからWhat’s In A Kiss♪

日本でも人気ナンバーだけに大歓声!!

ここで一度、彼だけ下がりますが・・・すぐに戻ってきて・・・

Alone Again (Naturally)♪

皆さん、この時を待っていました。・・・

65歳も越えてしまった彼の歌を、それぞれの思いで聴き入っていたことでしょう。・・・

ここでラスト・スパート!!

そういった感じで、Get Down♪

やはりお客さんも次から次へ立ち上がり!!

Gilbert自身もエレクトリック・ピアノの上に!!

最後は大盛り上がりで、今回のステージも幕を閉じました。・・・

2年前は新作としてリリースしたラテン・アルバムの曲もフィーチャーされました。

今回もおなじみの曲が多い中、Peggy Lee♪との映像共演等、また新しい一面も見せてくれました。!!

そんな中で、今回印象に残ったのは、Where Peaceful Waters Flow♪

Alone Again♪も勿論のこと、音楽というのはいつの時代も生きている社会と共存している・・・と改めて実感!!

昨年、大台に乗ってしまったGilbert O’Sullivan♪ですが、これからもお元気で!!

たくさんの良い歌で世界を明るく!!

そう思っている次第です。

オフ会映像

「ひたすら・・・歌い出しがタイトル!の全米トップ40ヒットを聴く飲み会」(予告編)

Facebook