ラジオ番組企画&制作&音楽全般のプロデュースの株式会社 ヤング・スタッフ

2017/4/29 Billboard Chart

time 2017/04/27

4/29付

★UK、オーストラリアでは14週1位ならずもアメリカではまだ1位

★HOT100で4位初登場、1位になったのは2曲だけ

★プリンス新曲

★「Lie」ソングのオールタイムTOP25

★チェインスモーカーズ、ポップとダンスで同時1位

★グレン・キャンベル新譜発表。でもタイトルが哀しい

★AP集計グレン・キャンベル オールタイムTOP30ヒッツ

 

4/29付。今週のビルボード・シングル・チャートから。

 

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/atl559578

今週の第1位はエド・シーランの「Shape Of You」です。これで12週目の第1位。HOT100史上12週以上の1位は18曲目とのこと。この前の12週間第1位を記録した曲は今週23位にダウンしているチェインスモーカーズ・フィーチャリング・ホールジーの「Closer」(2016/9/3 – 11/19)でした。UK、オーストラリアでは先週まで13週連続第1位でしたが、今週はともに1位からダウンしています。ラジオ・ソングスで10週連続第1位、デジタル・セールスは3位、ストリーミングは2位と先週と変わらずでした。

 

UK、オーストラリアで「Shape Of You」に代わって第1位に初登場したのが、ハリー・スタイルズの「Sign Of The Times」でした。HOT100では第4位に初登場しました。デジタル・セールスは142,000ダウンロードを記録して初登場第1位。ストリーミングは18位に初登場です。ラジオ・ソングスはまだ圏外です。ハリー・スタイルズ、ワン・ダイレクションのメンバーです。1994年2月1日イギリス・ウスターシャー生まれの23歳です。ご存じの方も多いかもしれませんがテイラー・スウィフトの「Style」(最高位15年6位)はハリーとの交際を明かしたものと話題になりました。アルバムは現在製作中のようです。HOT100で4位に初登場したのは最近ではケイティ・ペリー・フィーチャリング・スキップ・マーリーの「Chained To The Rhythm」がありました。この曲は今週は27位です。先週まで9曲がHOT100の4位に初登場しましたが1位になったのは「Mo Money Mo Problems」(ノトーリアスBIG、97年)と「Love Yourself」(ジャスティン・ビーバー、15年)の2曲だけ。最高位が3位以上もあとカニエ・ウエストの「Heartless」(08年2位)のみとなっています。この曲はどうでしょうか。

 

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/sny541658

今週のチェインスモーカーズ。コールドプレイとのコラボの「Something Just Like This」は5位変わらず、「Paris」は9位から10位へダウンでしたが、これで2016年5/21にスタートしたチェインスモーカーズの連続TOP10入りは50週となり、歴代2位のドレイクまでついにあと1週となりました。

 

 


http://item.rakuten.co.jp/americanpie/a0120070123

ところで、4/21はプリンスの命日でした。昨年プリンスが亡くなってから約1ヶ月の5/19までの集計で、プリンスのアルバム、シングルのダウンロードやCDなどのセールス合計が565万だったそうです。2016年1年間でみてもアーティスト別ではアルバム・セールスが223万枚でアデルの221万を上回って第1位でした。最も売れたのが『Very Best』で668,000枚。シングルでは「Purple Rain」で621,000ダウンロードを記録しています。彼のバンド、レヴォリューションがこのほど再結成して、ミネアポリスを皮切りに7月まで全米を回るメモリアル・ツアーをスタートしました。
そんな中、プリンスの未発表曲を収めた6曲入りEP『Deliverance』がリリース決定と報じられました。デジタル・リリースされたのですが、プリンスの遺産を管理するプリンス・エステートからすぐにストップがかけられました。今回の音源はプリンスがレーベルとの契約がなかった2006-2008年にかけてエンジニアのイアン・ボクシルと録音したものです。イアン・ボクシルはプリンスのアルバム『3121』、『Planet Earth』に参加しています。今回の提訴では、プリンス・エステート側の許諾なしに製作された作品で、当時のレコーディング契約に違反するということが裁判所によって認められました。ただ、すでに発売されていた楽曲は含まれないとして収録曲の「Deliverance」は発売が再開されたようです。デジタル・セールスは4/21、CD販売は6/2とされていましたが、今後どう展開していくのか注目です。

 
ところで、ビルボードではアメリカで放送されている人気TVドラマ『Pretty Little Liars』のファイナル・シーズンにちなんでタイトルに「Lie」が入る曲のオールタイムTOP25ソングスを発表しましたのでご紹介します。

 
25. David Cassidy / Lyin’ to Myself (90/14)
24. Jonathan Butler / Lies (87/27)
23. The Black Eyed Peas / Don’t Lie (05/14)
22. The Knickerbockers / Lies (66/20)
21. 2 Chainz feat. Drake / No Lie (12/24)
20. Deborah Allen / Baby I Lied (84/26)
19. Brook Benton / Lie to Me (62/13)
18. Meat Loaf / I’d Lie for You (And That’s the Truth) (95/13)
17. Sami Jo / Tell Me a Lie (74/21)
16. Ben E. King / Don’t Play That Song (You Lied) (62/11)
15. The Castaways / Liar / Liar (65/12)
14. Jan Bradley / Mama Didn’t Lie (63/14)
13. Charles & Eddie / Would I Lie to You? (92/13)
12. Joan Jett & the Blackhearts / Little Liar (89/19)
11. Beyonce and Shakira / Beautiful Liar (07/3)

 

10. Breathe / Don’t Tell Me Lies (89/10)
9. Three Dog Night / Liar (71/7)
8. Michael Bolton / Said I Loved You…But I Lied (94/6)
7. Immature / Never Lie (94/5)
6. Eurythmics / Would I Lie to You? (85/5)
5. Michel’le / No More Lies (90/7)
4. Fleetwood Mac / Little Lies (87/4)
3. Eagles / Lyin’ Eyes (75/2)
2. Shakira feat. Wyclef Jean / Hips Don’t Lie (06/1)
1. Eminem feat. Rihanna / Love the Way You Lie (10/1)

 

 
/////////////////////////////

 

 

4/29付。今週のビルボード・アルバム・チャートから。

 

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/sny541658

今週の第1位は初登場で、チェインスモーカーズのデビュー・アルバム『Memories…Do Not Open』です。221,000EAU、実売は166,000枚でした。なんとこちらのアルバムもツアーチケットにCD購入権がついているパターンで、それが行使されて売り上げをアップさせたようです。ダンス/エレクトロニック・アルバム・チャートで初登場1位でした。こちらのチャートでは先週までチェインスモーカーズのEP『Collage』が断続的に合計14週間1位を記録していました。このアルバムの初登場でダンス/エレクトロニック・ソングス・チャートではすでにチャートインしている4曲に加え9曲が初登場して合計13曲同時にチャートインしました。13曲同時は最多タイ記録で、2013年6/8付でアルバム『Randam Access Memories』が初登場した週に13曲同時にチャートインしたダフト・パンクに続いて2組目とのことです。またビルボード200とダンス・アルバム・チャートと同時1位は2013年11/30付で1位になったレディ・ガガの『ARTPOP』以来でした。

 
アルバムチャートは実売のセールスに加えて収録曲のダウンロードやストリーミング回数も加味してランキングされています。EAUは換算枚数をあらわしています。

 
今週はTOP10内にあと3枚が初登場しました。

 

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/rca542341

第4位に初登場したのが、もうすぐ来日、ペンタトニックスのEP『PTX Vol. IV: Classics』です。54,000EAU、実売は5万枚でした。7枚目のTOP10入りです。今回はクイーンの「Bohemian Rhapsody」や『オズの魔法使い』の「Over The Rainbow」などをカバーしています。また「Jolene」は、作者で74年に彼女自身2曲目のカントリーNo.1に輝いたドリー・パートンをフィーチャリング・アーティストに迎えて収録されました。この曲は昨年カントリー・ソングス・チャートにエントリーして最高位18位を記録しています。HOT100チャートは最高位101位で惜しくも100位内には入りませんでした。

 

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/cmgr2550

第5位には1995年1月20日ニュー・ヨーク、ブルックリン生まれの22歳のラッパー、ジョーイ・バッドアスのセカンド・アルバム『All-Amerikkkan Bada$$』が初登場しました。51,000EAU、実売28,000枚でした。2015年夏にはフジロック出演のため来日しています。今回はJ.コール、スクールボーイQ、スタイルスPなどが参加しました。2015年デビュー・アルバムの『B4.DA.$$』はR&Bヒップホップ、ラップ両アルバム・チャートで第1位でしたが、今回はドレイク『More Life』(ビルボード200で今週第2位)の下で両チャートでは第2位に初登場しました。なお、前作もビルボード200では最高位5位でした。

 

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/sub71200

第10位にはファーザー・ジョン・ミスティのサード・アルバム『Pure Comedy』が入りました。初のTOP10入りです。ファーザー・ジョン・ミスティは本名ジョシュア・マイケル・ティルマンのソロ・プロジェクトです。ジョシュア・ティルマンは1981年5月3日メリーランド州ロックヴィル出身のシンガーソングライター、ギタリスト、ドラマーで現在35歳。ジョシュア・ティルマンの名義では2003年にデビューしてから8枚のアルバムを発表し、その後2008年にフリート・フォクシーズにドラマーとして加入しました。2012年1月の東京公演の後脱退し、ファーザー・ジョン・ミスティ名義での活動がスタートしています。今回はインディ、LP、ロック、オルタナティヴ、アメリカーナ/フォークの各アルバム・チャートで初登場1位と健闘しております。

 

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/umeb002650202

 

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/unuk0127539

さて、4/22はスーパースターであるグレン・キャンベルの誕生日です。1936年生まれですから81歳になりました。なんと6/9にニュー・アルバム『Adios』をリリースします。アディオス、別れの言葉です。彼は2011年6月に、その半年前にアルツハイマーと診断されたと公表しました。そして2012年にはラスト・ツアーを行い、グラミー賞にも出演してバンド・ペリーやブレイク・シェルトンらとともにグレン・キャンベルのヒット・メドレーを歌っていました。レディ・ガガやポール・マッカートニーが会場で拍手している姿があります。その後2014年5月にナッシュヴィルの専門医療施設に入院。2016年3月の時点でファイナル・ステージとなっていて、周りの人とのコミュニケーションが取れない状態に陥っていると報道されていました。このアルバムは発病してから病気が重くなる前にレコーディングされたとのことで、長年彼をサポートしてきたカール・ジャクソンがプロデュースし、ジミー・ウェブ、ウィリー・ネルソン、ヴィンス・ギルが参加しています。ジェリー・リードやボブ・ディラン、二ルソンなどの曲をカバーしています。今から40年前の1977年4/30は「Southern Nights」がHOT100で1位に輝いた週でした。この頃は、「Rich Girl」の後、「Dancing Queen」、「Don’t Give Up On Us」、「Don’t Leave Me This Way」、「Southern Nights」、「Hotel California」、「When I Need You」、「Sir Duke」まで毎週1位が変わっていましたが、リアル・タイムで聴いていた身からすると名曲ぞろいでした。今週のあめりかん☆ぱい集計オールタイム・ランキングはグレン・キャンベルのHOT100チャートでのオールタイムTOP30をお届けします。

 
1. Rhinestone Cowboy / Glen Campbell (75/1)
2. Southern Nights / Glen Campbell (77/1)
3. Wichita Lineman / Glen Campbell (69/3)
4. Galveston / Glen Campbell (69/4)
5. Country Boy (You Got Your Feet In L. A. ) / Glen Campbell (76/11)
6. It’s Only Make Believe / Glen Campbell (70/10)
7. Gentle On My Mind / Glen Campbell (68/39)
8. By The Time I Get To Phoenix / Glen Campbell (67/26)
9. Try A Little Kindness / Glen Campbell (69/23)
10. Honey Come Back / Glen Campbell (70/19)

 

11. I Wanna Live / Glen Campbell (68/36)
12. All I Have To Do Is Dream / Bobbie Gentry & Glen Campbell (70/27)
13. Where’s The Playground Susie / Glen Campbell (69/26)
14. Don’t Pull Your Love/Then You Can Tell Me Goodbye / Glen Campbell (76/27)
15. I Knew Jesus (Before He Was A Star) / Glen Campbell (73/45)
16. Dreams Of The Everyday Housewife / Glen Campbell (68/32)
17. Turn Around, Look At Me / Glen Campbell (61/62)
18. Let It Be Me / Glen Campbell & Bobbie Gentry (69/36)
19. Oh Happy Day / Glen Campbell (70/40)
20. True Grit / Glen Campbell (69/35)

21. Sunflower / Glen Campbell (77/39)
22. Dream Baby (How Long Must I Dream) / Glen Campbell (71/31)
23. The Universal Soldier / Glen Campbell (65/45)
24. Everything A Man Could Ever Need / Glen Campbell (70/52)
25. Hey Little One / Glen Campbell (68/54)
26. Can You Fool / Glen Campbell (78/38)
27. Somethin’ ‘Bout You Baby I Like / Glen Campbell & Rita Coolidge (80/42)
28. The Last Time I Saw Her / Glen Campbell (71/61)
29. I Will Never Pass This Way Again / Glen Campbell (72/61)
30. One Last Time / Glen Campbell (73/78)

 

オフ会映像

ひたすら・・・歌い出しがタイトル!の全米トップ40ヒットを聴く飲み会

Facebook