ラジオ番組企画&制作&音楽全般のプロデュースの株式会社 ヤング・スタッフ

2017/6/10 Billboard Chart

time 2017/06/12

6/10付

★5000万ストリーミングはもう珍しくない

★初登場以来連続TOP5週数で新記録!

★遅咲きの実力者ブレット・ヤング、カントリーで1位に

★1Dメンバー全員HOT100デビュー!

★5人以上がソロでHOT100入りしたグループは?

★また出た!HOT100デビューが2曲同時

★ロック・バンドのNo.1獲得アルバム数上位は?

★祝!ガンズ400週は7枚目

★今週のあめりかん☆ぱい集計オールタイムランキングは現在闘病中の彼女です

 

 

6/10付。今週のビルボード・シングル・チャートから。

 

 

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/umlb002650302

今週の第1位もルイス・フォンシ&ダディ・ヤンキー・フィーチャリング・ジャスティン・ビーバーの「Despacito」です。これで3週連続第1位。この1位を支えているのがストリーミングです。今週は先週をさらに上回り、6540万ストリームス。1位になってから3週連続で5000万を超えました。以前アデル「Hello」の頃は5000万超えると記録だといってデータがいろいろ出てきましたが、もう5000万を超えるのは珍しいことではなくなりました。ストリーミング・チャートでも3週連続第1位。デジタル・セールスは137,000ダウンロードで4週目の第1位です。ラジオ・ソングス・チャートでは7位変わらずでした。オリジナル・バージョンはラテン・ソングス・チャートで17週目の第1位となっています。
第2位は先週と変わらず、これで合計8週目の第2位となったブルーノ・マーズの「That’s What I Like」です。No.1ソングで2位を8週間以上記録したのは14曲目です。最近では、今年の1/7に1位になる前に8週間(16/10/22-11/19, 12/17-12/31)の2位を記録したザ・ウィークエンドの「Starboy」がありました。

 

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/atl559578

第5位は先週の4位からダウンしたエド・シーランの「Shape Of You」が入っています。この曲の初登場は1/28。1位に初登場しました。それ以来今週までずっとTOP5に入っているのです。20週連続TOP5入りはビルボード新記録!初登場以来の連続TOP5入り週数記録は以下のとおりです。
1位 20週 Shape of You / Ed Sheeran (最高位17年/1位) 継続中
2位 19週 Sorry / Justin Bieber (15/1)
3位 17週 Payphone / Maroon 5 feat. Wiz Khalifa (12/2)
3位 17週 I Gotta Feeling / Black Eyed Peas (09/1)
3位 17週 One Sweet Day / Mariah Carey & Boyz II Men (95/1)
6位 16週 Candle in the Wind 1997/Something About the Way You Look Tonight / Elton John (97/1)

 

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/bmchbmxby0100a

19位には23位からブレット・ヤングの「In Case You Didn’t Know」がアップ、最高位を更新しました。この曲はHOT100では16週目の登場ですが、カントリー・エアプレイ・チャートでは25週目となっていて、今週第1位になりました。この人、1981年3月23日カリフォルニア州オレンジ・カウンティ・アナハイム生まれ。私この前日まで約3週間このアナハイムにいました。彼は私が帰りの飛行機に乗っている時に生まれたんですね。インディ・レーベルでEPを最初にリリースしたのが2007年2月のころ。8年ほどロス・アンゼルスで活動して2015年にナッシュヴィルに移り、ビッグ・マシン・レコードと契約しました。そして今年の2月、アルバム『Brett Young』でメジャー・デビューを果たしました。現在36歳です。でもしっかりと実力を蓄えてのデビューということで、デビュー・シングル「Sleep Without You」はHOT100では最高位47位ながらもカントリー・ソングスで3位、カントリー・エアプレイでは最高位2位を記録しました。そしてこのバラード「In Case You Didn’t Know」が大ヒット。カントリー・ソングスでは7週連続で第2位なんです。1位が強すぎてなかなか1位になれませんが。
その1位ですがHOT100では最高位6位、今週は14位に入っているサム・ハントの「Body Like A Back Road」です。カントリー・ソングス・チャートでは2/25から16週連続第1位。このチャートの1位週数の記録では歴代4位となりました。1位は24週でフロリダ・ジョージア・ラインが2012年、13年に記録した「Cruise」です。
42位にはリアム・ペイン・フィーチャリング・クアヴォの「Strip That Down」が初登場。クアヴォ、あちこちに登場していますね。大活躍!リアム・ペインはご存じワン・ダイレクションのメンバーです。これでワン・ダイレクションのメンバーは5人すべてがソロでHOT100に登場しました。ゼインが昨年2月に「Pillowtalk」で初登場1位。ナイル・ホーラン「This Town」は最高位20位。ルイ・トムリンソンはスティーヴ・アオキをフィーチャリング・アーティストに迎えて「Just Hold On」で最高位52位を記録。そして今年ハリー・スタイルズが「Sign Of The Times」で最高位4位でした。

 


http://item.rakuten.co.jp/americanpie/rca61645

これまでグループ所属のメンバーが5人以上ソロでHOT100に入ったというのはどれくらいあったのでしょう。最高は8人だそうで、ウータン・クランなんですが、Uゴッドとマスタ・キラ以外の8人、メソッド・マン、オール・ダーティ・バスタード、レイクォン、GZA、インスペクター・デック、カパドンナ、RZA、ゴーストフェイス・キラです。5人以上がソロでHOT100に入ったグループはもう1組ありました。それがイーグルス。こちらは6人すべてソロでHOT100に入っています。ジョー・ウォルシュ、ランディ・マイズナー、ドン・フェルダー、ドン・ヘンリー、グレン・フライ、そしてティモシー・B.シュミットです。
5/20付で初めてのHOT100エントリーが2曲同時というアーティスト、プレイボーイ・カーティをご紹介しましたが、今週もHOT100デビューが2曲同時というアーティストが現れました。『The Voice Season 12』で準優勝のカントリー・シンガー、ローレン・ダスキーです。1991年8月12日ミシガン州ゲイロード生まれの25歳です。これまでの数々のコンテストに出場して好成績を収め、今回見事にビッグ・チャンスをつかみました。HOT100では43位に「Deja Vu」、92位に「The Dance」が初登場しました。「Deja Vu」はオリジナル・ソングでカントリー・ソングス・チャートでは4位に初登場。「The Dance」はガース・ブルックスのカバーです。ガース・ブルックスの方はカントリー・ソングス・チャートで90年に4週間1位を記録しましたが、当時はエアプレイのみのリリースでしたので、HOT100には入れませんでした。98年11月28日付まではシングルの発売がない曲はHOT100には入れないというルールがありました。ですので「The Dance」は初のHOT100入りとなります。カントリーでは18位に初登場しました。なお、『The Voice Season 12』優勝はクリス・ブルーで「Money On You」がHOT100で66位に初登場しています。

 
/////////////////////////////

 

 

6/10付。今週のビルボード・アルバム・チャートから。

 

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/wb559687

今週の第1位は111,000EAU,実売10万枚のセールスを記録したリンキン・パークの『One More Light』です。6枚目の第1位となりました。TOP10入りは10枚目。オリジナル・アルバム7枚すべてに、リミックス2枚とジェイZとのコラボ1枚の合計10枚がTOP10入りを果たしています。No.1アルバム数が6枚というのはロック・バンドでは、9組目とのことです。

 

1位 19枚 ビートルズ
2位  9枚 ローリング・ストーンズ
3位  7枚 U2、レッド・ツェッペリン
5位  6枚 ボン・ジョヴィ、デイヴ・マシューズ・バンド、イーグルス、メタリカ、リンキン・パーク
アルバムチャートは実売のセールスに加えて収録曲のダウンロードやストリーミング回数も加味してランキングされています。EAUは換算枚数をあらわしています。
今週のTOP10内初登場はこの1枚だけでした。

 

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/bgrt96813

17位にはブリンク182の『California』が再登場しました。最高位は昨年7月の第1位です。今回はデラックス・エディションのリリースということで、12曲が追加収録されました。今回のリリースでは、昨年発売されたオリジナル・エディションには収録されなかったけれどメンバーが気に入っていた曲と、さらに新曲をレコーディングして、もう1曲「Bored To Death」のアコースティック・バージョンを収録した合計12曲をディスク2に収めた2枚組となっています。

 

 

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/gefb001552902

153位にはガンズ・アンド・ローゼズの『Greatest Hits』が先週の148位からダウン。しかしこのアルバム、ビルボード200で登場400週目を迎えました。400週以上ランクインしたアルバムは合計7枚。以下のとおりです。
1位 927週 Pink Floyd / The Dark Side of the Moon
2位 490週 Johnny Mathis / Johnny’s Greatest Hits
3位 480週 Original Cast Recording / My Fair Lady
4位 471週 Bob Marley & The Wailers / Legend
5位 462週 Journey / Greatest Hits
6位 432週 Metallica / Metallica
7位 400週 Guns N’ Roses / Greatest Hits
このアルバムは2004年4/10、3位に初登場。これが最高位になっています。2006年11/25まで138週連続でチャートイン。2009年12/12に再チャートインしました。この前週の12/5付からアルバム・チャートの集計方法が変更され、これまでカタログ・アルバムは集計対象外だったのを、その週からすべてのアルバムが集計対象になったのです。97年1/18から09年11/28までは100位以下には発売から2年を経過したアルバムは登場できないというルールがあったためです。なおガンズ・アンド・ローゼズの『Greatest Hits』はこれまで593万枚のセールスが記録されています。

 

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/a0104039100

ところで心配なニュースがありました。オリビア・ニュートンジョンが6月に予定したツアーが延期になったとのことです。原因は乳がんの再発で、腰に転移していることが発表されました。オリビアは1992年43歳の時に乳がんと診断されましたが、治療に専念し克服しました。このことがきっかけでアルバム、コンサートなどでの売り上げの一部をがん克服の慈善事業に寄付してきました。また乳がん研究や早期発見、検査の推進などの啓発活動をずっとやっていて、オーストラリアのメルボルンに『オリビア・ニュートンジョン・がん研究センター』を設立しました。今回はこのセンターの助言に従って短期間の放射線治療や自然療法を受けるとのことです。本人の言葉として「年内にこれまで以上に元気になって復帰する」とのことです。力強いです。復帰を待ちましょう。今週のあめりかん☆ぱい集計オールタイム・ヒット・ランキングはオリビア・ニュートンジョンのオールタイムTOP30ヒットをお届けします。
1. Physical (81/1)
2. Magic (80/1)
3. You’re The One That I Want / John Travolta & Olivia Newton-John (78/1)
4. I Honestly Love You (74/1)
5. A Little More Love (79/3)
6. Have You Never Been Mellow (75/1)
7. Please Mr. Please (75/3)
8. Heart Attack (82/3)
9. Hopelessly Devoted To You (78/3)
10. Let Me Be There (74/6)

 

11. If You Love Me (Let Me Know) (74/5)
12. Twist Of Fate (84/5)
13. Summer Nights / John Travolta & Olivia Newton-John & Casts (78/5)
14. Make A Move On Me (82/5)
15. Xanadu / Olivia Newton-John/Electric Light Orchestra (80/8)
16. If Not For You (71/25)
17. Something Better To Do (75/13)
18. Suddenly / Olivia Newton-John & Cliff Richard (81/20)
19. I Can’t Help It / Andy Gibb & Olivia Newton-John (80/12)
20. Deeper Than The Night (79/11)

 

21. Sam (77/20)
22. Come On Over (76/23)
23. Soul Kiss (85/20)
24. Let It Shine (76/30)
25. Don’t Stop Believin’ (76/33)
26. Livin’ In Desperate Times (84/31)
27. Tied Up (83/38)
28. Every Face Tells A Story (76/55)
29. The Grease Mega-Mix / John Travolta & Olivia Newton-John (96/25 Airplay)
30. I Honestly Love You [New Version] (98/67)

 

関連記事

オフ会映像

ひたすら・・・歌い出しがタイトル!の全米トップ40ヒットを聴く飲み会

Facebook