ラジオ番組企画&制作&音楽全般のプロデュースの株式会社 ヤング・スタッフ

2017/6/17 Billboard Chart

time 2017/06/19

6/17付

★7000万ストリームス突破も近い?

★No.1ソングで2位を9週間記録したのは何曲目?

★エド・シーランは歴代1位、チェインスモーカーズは歴代2位

★今週は上位無変動。いつ以来?記録は?

★CMTアワード受賞結果

★最高位更新スロー記録

★ビートルズ、アメリカでは第3位、UKでは第1位に再登場

★先週1位はどこまで下がった?

★今週のあめりかん☆ぱいHOT100オールタイム・ランキングはデビュー40周年で2枚組ベストをリリースした英米混合あのグループです。6/17付。今週のビルボード・シングル・チャートから。

 

今週も第1位はルイス・フォンシ&ダディ・ヤンキー・フィーチャリング・ジャスティン・ビーバーの「Despacito」です。4週連続第1位。ストリーミングすごいです。6960万ストリームスで毎週増えています。もう6960万を超えている曲はバウアーの「Harlem Shake」が2013年3/2に初登場1位で記録した1億300万ストリームスしかありません。曲ごとの最高ストリームス数を比較すると歴代3位が6740万でケンドリック・ラマーの「Humble.」(2017/5/6)、4位が6160万のアデル「Hello」(2015/11/14)。この4曲が6000万ストリームスを記録しています。「Despacito」はストリーミング・ソングス・チャートで4週連続第1位。デジタル・セールスは148,000ダウンロードで5週目の第1位。ラジオ・ソングスは7位変わらずでした。オリジナル・バージョンはラテン・ソングスで18週目の第1位です。

 
第2位はまたまた先週と変わらず、通算9週目の第2位となったブルーノ・マーズの「That’s What I Like」です。No.1ソングで2位を9週間以上記録したのは7曲目。最近では、2015年11/14と12/5から2016年1/16、2/13に合計9週間の2位を記録したジャスティン・ビーバーの「Sorry」がありました。歴代1位はホイットニー・ヒューストンの「Exhale (Shoop Shoop)」が初登場1位の翌週からマライア・キャリー&ボーイズ・II・メンの「One Sweet Day」の下で記録した11週間です。95年12/2から96年2/10で記録しました。R&Bソングス・チャートでは16週目の第1位です。

 

 

第5位はこれも先週と変わらず、エド・シーランの「Shape Of You」です。初登場以来連続TOP5週数は21となり記録更新中です。スポティファイではついにストリーミング数が10億ストリームスを超えました。歴代1位はドレイク・フィーチャリング・ウィズキッド&カイラの「One Dance」で現在12億3748万ストリームス、歴代2位がチェインスモーカーズ・フィーチャリング・ホールジーの「Closer」で10億2162万。エド・シーランは歴代3位です。次に10億に達しそうなのがメジャー・レイザー&DJスネイク・フィーチャリング・ムーの「Lean On」で現在9億9100万ストリームスです。

 
エド・シーランが初登場以来TOP5週数記録を更新中ならこちらは初登場以来TOP10週数記録の歴代2位を独走中。チェインスモーカーズ&コールドプレイの「Something Just Like This」は今週も第8位をキープして連続週数は57週になりました。歴代1位は2010年から翌年にかけて記録したケイティ・ペリーの69週です。

 
今週は1位から9位までが先週と変わりませんでした。これはロビン・シック・フィーチャリング・T.I.+ファレルの「Blurred Lines」が1位だった2013年8/24に1位から11位まで変わらなかった週以来の上位無変動でした。記録は1位から14位までが前週と無変動だった1978年8/19付です。この時の1位はコモドアーズの「Three Times A Lady」、14位は「I’m Not Gonna Let It Bother Me Tonight」、アトランタ・リズム・セクションでした。

 
さて今週の14位は先週と変わらずでサム・ハントの「Body Like A Back Road」です。まだこの曲を収録する予定のニュー・アルバムのリリースの発表がないですね。ファン待望の初登場1位確実のアルバムになるでしょう。この曲はカントリー・ソングス・チャートで今週も第1位で17週連続の第1位となりました。2/18に初登場2位で翌週2/25から1位が続いています。カントリー・ソングス・チャートでの1位週数では歴代4位タイとなりました。

 

1位 24週 Cruise / Florida Georgia Line (2012/2013)
2位 19週 Walk On By / Leroy Van Dyke (1961-62)
3位 18週 H.O.L.Y. / Florida Georgia Line (2016)
4位 17週 Body Like A Back Road / Sam Hunt (2017) 継続中
4位 17週 Die A Happy Man / Thomas Rhett (2015-16)

 
先日CMTアワードの発表がありました。これはカントリー・アーティストのミュージック・ビデオやTVでのパフォーマンスを対象にしたミュージック・アワードでファン投票で決められます。1967年からスタートしていますが、2002年からCMTアワードと現在の名前になりミュージック・ビデオに特化したアワードになりました。受賞結果は以下のとおりです。

 

* Video of the Year: Keith Urban / Blue Ain’t Your Color

 

* Female Video of the Year: Carrie Underwood / Church Bells
* Male Video of the Year: Keith Urban / Blue Ain’t Your Color

 

* Duo Video of the Year: Florida Georgia Line / H.O.L.Y.
* Group Video of the Year: Little Big Town / Better Man
* Collaborative Video of the Year: Keith Urban feat. Carrie Underwood / The Fighter
* Breakthrough Video of the Year: Lauren Alaina / Road Less Traveled

 

* CMT Performance of the Year:
Jason Derulo and Luke Bryan / Want To Want Me (From CMT Crossroads)
* Social Superstar of the Year: Keith Urban

 

https://item.rakuten.co.jp/americanpie/gn20902

TOP40に入ったのがすでに登場23週目とゆっくりゆっくり上がっているチャイルディッシュ・ガンビーノの「Redbone」ですが今週は先週の22位からアップ、17位と最高位を更新中です。今週は登場26週目です。アルバム『Awaken, My Love!』に収録されています。彼は俳優としても有名で本名のドナルド・グローヴァーとして活躍しています。7/7全米公開予定の『Spider-Man: Homecoming』に出演しています。さらに来年公開予定の『Star Wars』のスピンオフでハン・ソロを主役にした映画や2019年の『The Lion King』にも出演が決まっています。HOT100の最高位更新スロー記録ですが、先々週の6/3付でジェームス・アーサーの「Say You Won’t Let Go」が登場30週目に最高位11位を記録しました。今週はまだ12位なのでTOP10に入ればさらに更新されます。記録では再登場なしのストレートで上がってきた曲ではキャリー・アンダーウッドの「Before He Cheats」。2007年6/2に最高位8位を登場38週目に記録しました。「Redbone」のように再登場して記録した曲ではエイウォルネーションの「Sail」が登場56週目に最高位17位を記録。2013年10/12でした。

 
/////////////////////////////

 

 

6/17付。今週のビルボード・アルバム・チャートから。

 

https://item.rakuten.co.jp/americanpie/rca542080

今週の第1位はラッパー、ブライソン・ティラーのセカンド・アルバム『True To Self』です。107,000EAU、実売は47,000枚でした。1993年1月2日ケンタッキー州ルイヴィル生まれの24歳です。2015年のデビュー・アルバム『Trapsoul』は最高位8位を記録しました。このアルバム名から自身のサウンド・スタイルを『トラップソウル』と呼び、これにはティンバランドやドレイクも注目しているようです。

 
今週のTOP10内にはあと2枚が初登場しました。

 

https://item.rakuten.co.jp/americanpie/qyclb002682502

第5位には1997年8月23日ジョージア州メイブルトン生まれのラッパー、リル・ヤッティのデビュー・アルバム『Teenage Emotions』が初登場しました。46,000EAU、実売は2万枚のセールスでした。昨年2枚のミックステープをリリースしてチャート入りしていました。HOT100ではD.R.A.M.の「Broccoli」でフィーチャリング・アーティストとしてデビューし最高位5位を記録しました。またカイルの「iSpy」でもフィーチャリング・アーティストで参加して最高位は第4位でした。

 

 

第9位には『Summer Latin Hits 2017』が初登場。今週のHO100第1位の「Despacito」のジャスティン・ビーバーがフィーチャリングされているバージョンが収録されています。ただ残念なことにCDリリースはありません。ダウンロードとストリーミングのみのリリースです。

 

https://item.rakuten.co.jp/americanpie/capb002652302

今週はビートルズの『Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band』の50周年盤が発売されアルバム・チャート第3位に再登場しました。ビートルズのアルバムの中で最も長い1位を記録したアルバムです。1967年7/1から10/7まで15週連続で第1位を記録しました。この年の年間チャートを見ると1位と2位がモンキーズ、7位、8位、9位、11位にハーブ・アルパート&ティファナ・ブラス、サウンドトラックが3位、4位、6位でこのビートルズはなんと年間10位でした。ちなみに6位のサウンドトラック『A Man And A Woman(男と女)』はレギュラー・チャートで最高位10位ながら年間で第6位と息の長い大ヒットだったんですね。なお、『Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band』は1968年の年間チャートでもTOP10に入り、第6位となっています。50周年盤は75,000EAU、実売は71,000枚のセールスでした。UKでは第1位です。アメリカではLPが11,000枚も売れました。ビートルズのアルバムのTOP3は2000年、2001年に合計8週間第1位を記録したベスト盤『1』が2001年3/10に記録した第3位以来でした。

 

 

さて、先週第1位に初登場したリンキン・パーク『One More Light』ですが今週は一気に30位までダウンしました。1位からのダウン記録としては4番目の下落幅とのことです。これ以上ダウンしたのは以下の3枚で、ペンタトニックス以外は初登場1位でした。

 
1位→43位 This House Is Not A Home / Bon Jovi (2016/12/3)
1位→41位 A Pentatonix Christmas / Pentatonix (2017/1/21)
1位→37位 Light Grenades / Incubus (2006/12/23)

 

参考記録ですが、1958年1/13のアルバム・チャート第1位はエルヴィス・プレスリーの『Elvis’ Christmas Album』でした。4週目の第1位でした。当時はチャートの規模が25位までの発表だったのですが、このアルバムは翌週1/20付ではチャート圏外に去っております。

 

 


https://item.rakuten.co.jp/americanpie/atl559754

さて、今週108位にはフォリナーのベスト・アルバム『40』が初登場です。1977年にデビューしてから40周年を記念してリリースされた2枚組ベスト盤です。今週のあめりかん☆ぱい集計HOT100オールタイム・ヒット・ランキングはフォリナーとルー・グラムのオールタイム・ランキングです。

 
1. Waiting For A Girl Like You (81/2)
2. I Want To Know What Love Is (85/1)
3. Double Vision (78/2)
4. Hot Blooded (78/3)
5. Feels Like The First Time (77/4)
6. Urgent (81/4)
7. Cold As Ice (77/6)
8. Just Between You And Me / Lou Gramm (90/6)
9. Midnight Blue / Lou Gramm (87/5)
10. Say You Will (88/6)

 

11. I Don’t Want To Live Without You (88/5)
12. Head Games (79/14)
13. Dirty White Boy (79/12)
14. That Was Yesterday (85/12)
15. Blue Morning, Blue Day (79/15)
16. Long, Long Way From Home (78/20)
17. Break It Up (82/26)
18. Juke Box Hero (82/26)
19. Until The End Of Time (95/42)
20. Ready Or Not / Lou Gramm (87/54)
21. True Blue Love / Lou Gramm (90/40)
22. Women (80/41)
23. Heart Turns To Stone (88/56)
24. Reaction To Action (85/54)
25. Down On Love (85/54)
26. Launne (82/75)

 

関連記事

オフ会映像

ひたすら・・・歌い出しがタイトル!の全米トップ40ヒットを聴く飲み会

Facebook