ラジオ番組企画&制作&音楽全般のプロデュースの株式会社 ヤング・スタッフ

2017/7/22 Billboard Chart

time 2017/07/25

7/22付

★早くも年間チャートが楽しみ!「Despacito」は?「I’m The One」は?「That’s What I Like」は?

★年間1位はあの曲で決まり?

★記録更新した曲、ストップした曲

★訃報:チェスター・ベニントン

★ペンタトニックスからまたソロ・プロジェクト

★クラウドファンディングでTLC15年ぶりの登場

★今週のあめりかん☆ぱいオールタイム・ランキングは、アルバム・チャートに登場して54年!今週初登場のあのグループです。夏と言えば?

 

 

7/22付。今週のビルボード・シングル・チャートから。

 

https://item.rakuten.co.jp/americanpie/umlb002650302

今週の第1位はルイス・フォンシ&ダディ・ヤンキー・フィーチャリング・ジャスティン・ビーバーの「Despacito」。9週連続第1位です。この曲は48位から一気に9位に上がりましたのでTOP40週数とTOP10週数が一緒です。HOT100=25週、TOP40=12週、TOP10=12週、TOP5=11週、TOP3=10週、No.1=9週です。年間何位に入りますでしょうか。今週は129,000ダウンロードでデジタル・セールスは10週目の第1位。デジタル・セールス・チャートで10週以上の1位はこの曲が11曲目です。ストリーミングは6120万ストリームスで9週連続第1位。ラジオ・ソングスも今週初の1位となり、3冠達成となりました。3冠達成は8曲目。オンデマンド・チャートでも1位でこちらを加えた4冠達成は6曲目の快挙です。スペイン語ソングのラジオ・ソングス・チャート第1位は初めてだそうです。あの「Macarena (Bayside Boys Mix)」(ロス・デル・リオ、96年HOT100=1位)は最高位7位、「Bailando」(エンリケ・イグレシアス・フィーチャリング・デスセメール・ブエノ&ヘンデ・デ・ソナ、14年12位)は最高位8位でした。スペイン語ソングでラジオ・ソングス・チャートTOP10はこの3曲だけのようです。また、英語以外の曲で1位になった曲はないとのことです。ラテン・ソングス・チャートでは23週目の第1位。盤石ですね。

 

https://item.rakuten.co.jp/americanpie/epic544665

第2位は今週もDJキャレド・フィーチャリング・ジャスティン・ビーバー、クアヴォ、チャンス・ザ・ラッパー&リル・ウェインの「I’m The One」です。初登場1位、そして5週連続3位の後これで4週連続第2位。HOT100、TOP40、TOP10、TOP5、TOP3ともに10週、No.1=1週。これも今後の動きによっては年間TOP10入りもありますね。ラップ・ソングス・チャートでは初登場以来10週連続第1位です。
第3位には4位からまたブルーノ・マーズの「That’s What I Like」が上がりました。5/13に1位になっています。HOT100=25週、TOP40=23週、TOP10=22週、TOP5=20週、TOP3=17週。1位1週で年間何位かなあ。年間TOP3はあるでしょうか。R&Bソングス・チャートでは20週目の第1位となりました。

 

 

https://item.rakuten.co.jp/americanpie/atl559578

今週のエド・シーランとチェインスモーカーズ。

 

今週のエド・シーランの「Shape Of You」ですが、今週も5位です。初登場以来連続TOP5週数記録は歴代1位更新中の26週になりました。まだ6位以下を経験していませんのでHOT100、TOP40、TOP10、TOP5=26週、TOP3=16週、No.1=12週。年間第1位決定!(だと思います。)
そして今週のチェインスモーカーズ。コールドプレイとのコラボ、「Something Just Like This」は先週の10位から今週は11位へダウンしました。チェインスモーカーズの連続TOP10週数は「61」で止まりました。立派な歴代2位の記録です。連続TOP10週数記録上位は以下のとおりです。
1位 69週 Katy Perry (2010-11)
2位 61週 Chainsmokers (2016-17)
3位 51週 Drake (2015-16)
4位 48週 Ace of Base (1993-94)
5位 46週 Rihanna (2010-11)

 

先週の44位から今週最高位39位にアップしたのがトーマス・レット・フィーチャリング・マレン・モリスの「Craving You」です。今週カントリー・エアプレイ・チャートで1位となりました。マレン・モリスは初の第1位。この曲は秋に発売されるトーマス・レットのサード・アルバムからのファースト・シングルです。これまでアルバムはまだ2枚しか出していませんが、この曲で8曲目の第1位なんです。アルバム『Tangled Up』収録でカントリー・ソングス・チャートで昨年6週間1位だった「Die A Happy Man」はカントリー・ソングス・チャートで2016年年間第2位の大ヒットでした。

 

https://item.rakuten.co.jp/americanpie/wb559687

★訃報です。リンキン・パークのヴォーカルであるチェスター・ベニントンが7/20に亡くなりました。41歳でした。自殺とみられています。メンバーやファンのみならず、多くのアーティストもショックを受けツィッターなどに哀悼の意を投稿しています。友人だったクリス・コーネルが5月に亡くなったことで大きなショックを受けていたとのことです。7/20はそのクリス・コーネルの誕生日でした。ご冥福をお祈りします。

ビルボードが発表したリンキン・パークのHOT100ヒット・オールタイムTOP10は以下のとおりです。
1. In the End (02年最高位2位)
2. Numb (04/11)
3. What I’ve Done (07/7)
4. New Divide (09/6)
5. Shadow of the Day (08/15)
6. Numb/Encore (with JAY-Z) (05/20)
7. Breaking the Habit (04/20)
8. Somewhere I Belong (03/32)
9. Burn It Down (12/30)
10. Waiting for the End (11/42)
/////////////////////////////

 

 

7/22付。今週のビルボード・アルバム・チャートから。

 

https://item.rakuten.co.jp/americanpie/epic544665

今週の第1位はDJキャレドの『Grateful』が2週連続の第1位です。70,000EAU、実売は16,000枚でした。デジタルとCDの売り上げを合わせても16,000枚しかないんですがストリーミングが6340万もあってこれが42,000枚の売り上げに換算されて、さらにトラック・セールスの換算分も加えると70,000EAUとなるわけです。
アルバムチャートは実売のセールスに加えて収録曲のダウンロードやストリーミング回数も加味してランキングされています。EAUは換算枚数をあらわしています。
今週のTOP10内には2枚が初登場しました。

 

https://item.rakuten.co.jp/americanpie/sny544342

第2位に初登場したのが、カルヴィン・ハリスの『Funk Wav Bounces Vol. 1』です。68,000EAU、実売は23,000枚でした。カルヴィン・ハリスといえばEDMですが、今作品は80年代R&Bを意識した作品となっているようです。参加メンバーが豪華です。フランク・オーシャン、ミーゴズ、スクールボーイQ、パーティネクストドア、DRAM、ヤング・サグ、ファレル、アリアナ・グランデ、フューチャー、トラヴィス・スコット、スヌープ・ドッグ、ジョン・レジェンド、テイクオフ、ニッキー・ミナージュ、ケイティ・ペリー、ビッグ・ショーンなどなど。

 

 

https://item.rakuten.co.jp/americanpie/rrd174542

第8位には1992年から約5年間活動後、一旦解散し、2002年に再活動を始めて現在に至っているオルタナティヴ・ロック・バンド、ストーン・サワーの『Hydrograd』です。2002年の再活動後のアルバムからチャートに入り始め、2006年の『Come What(ever) May』から5枚連続TOP10入りを果たしています。33,000EAU、実売は30,000枚でした。実売では今週第1位なんです。3万枚のセールスで第1位。少ないですね。ロック・アルバム・チャートでは2012年の『House of Gold & Bones – Part 1』以来2枚目の第1位になりました。『Hydrograd』に収録されている「Song #3」はメインストリーム・ロック・チャートで最高位4位とヒットしています。

 

https://item.rakuten.co.jp/americanpie/sny544969

下の方では、27位にはサウンドトラック『Baby Driver: Music From The Motion Picture』が先週初登場した141位から急上昇しました。映画が6/28に全米公開になりました。先週のチャートは6/29までの集計分だったので映画の影響は2日間だけ。今週は1週間分フルに寄与してサウンドトラックが売れました。

 

https://item.rakuten.co.jp/americanpie/mernb001940502

29位には38位からクリス・ステイプルトンのデビュー・アルバム『Traveller』がアップ。セカンド・アルバムの『From A Room: Volume 1』は最高位2位で今週22位におります。『Traveller』は2015年5月のリリースで登場95週目、最高位第1位。このアルバムはカントリー・アルバムの年間チャートでは2015年第9位、2016年第1位と大ヒットしています。そして今週実売のセールスで200万枚を突破しました。カントリー・アルバムでは2013年8月にリリースされたルーク・ブライアンの『Crash My Party』(現在270万枚)以来とのことです。

 

33位にはスーパーフルーツの『Future Friends: Part One (EP)』が初登場しました。スーパーフルーツはペンタトニックスのスコット・ホーイングとミッチ・グラッシのデュオなんです。今回はアカペラではなくR&Bやディスコなどを取り入れたポップな作品となっています。すでに『Part Two』の9/15リリースが決定しています。なお、ペンタトニックスの他のメンバーですが、ケヴィン・オルソラは『The Renegade EP』(2015年最高位52位)で、アヴィ・カプランはアヴリエル&ザ・セコイアズとして『Sage And Stone』(17年127位)でチャートインを果たし、カースティ・マルドナードはデビューEP『Love』が7/14リリースされました。これで全員ソロ・プロジェクトでデビューしたことになります。ペンタトニックスとしてはこれまで全米で490万枚のアルバム・セールスを記録。7枚のアルバムがTOP10に入り、そのうち2枚がNo.1となりました。ストリーミング総数は14億ストリームスを超えています。

 

https://item.rakuten.co.jp/americanpie/eftm11

38位にはTLCの『TLC』が初登場しました。15年ぶりのスタジオ・アルバムです。12,000EAU、実売は10,000枚のセールスでした。このアルバムはクラウンドファンディングを利用して資金を集めて製作されたアルバムです。2015年に15万ドルを目標にインターネットで募集を始めました。結果は43万ドルを集めました。2002年『3D』(最高位6位)をリリースした7ヶ月後にレフトアイが交通事故死しましたが、今回の作品にはこのレフトアイのインタビューでの音声も収録されているとのことです。

 

 

https://item.rakuten.co.jp/americanpie/capb002654102

 

https://item.rakuten.co.jp/americanpie/cap73742

最後に7/22付のアルバム・チャートで145位に初登場したのがビーチ・ボーイズの『1967: Sunshine Tomorrow』です。52枚目のチャートインです。レア音源満載の2枚組65曲入りとなっております。アルバム・チャートがモノとステレオに分かれていたのが統一されたのが1963年8月17日付。ビーチ・ボーイズはこの週で15位に『Surfin’ U.S.A.』(初登場:63/5/4、最高位2位)、『Surfin’ Safari』(初登場:62/11/24、最高位32位)が68位にチャートインしていました。もうアルバム・チャートに登場してから54年になるのですね。今週のあめりかん☆ぱいHOT100ヒット・オールタイム・ランキングはビーチ・ボーイズのオールタイムTOP40ヒットです。
1. I Get Around (64/1)
2. Good Vibrations (66/1)
3. Help Me, Rhonda (65/1)
4. Surfin’ U.S.A. (63/3)
5. Barbara Ann (66/2)
6. Kokomo (88/1)
7. California Girls (65/3)
8. Sloop John B (66/3)
9. Rock And Roll Music (76/5)
10. Surfer Girl (63/7)

 

11. Fun, Fun, Fun (64/5)
12. Be True To Your School (63/6)
13. Surfin’ Safari (62/14)
14. Dance, Dance, Dance (64/8)
15. Wouldn’t It Be Nice (66/8)
16. When I Grow Up (To Be A Man) (64/9)
17. Wipeout / Fat Boys (with The Beach Boys) (87/12)
18. The Beach Boys Medley (81/12)
19. Do You Wanna Dance? (65/12)
20. Shut Down (63/23)

 

21. Little Deuce Coupe (63/15)
22. Heroes And Villains (67/12)
23. Do It Again (68/20)
24. Darlin’ (68/19)
25. In My Room (63/23)
26. Don’t Worry Baby (64/24)
27. Come Go With Me (82/18)
28. I Can Hear Music (69/24)
29. Sail On Sailor (75/49)
30. The Little Girl I Once Knew (66/20)
31. It’s O.K. (76/29)
32. Getcha Back (85/26)
33. God Only Knows (66/39)
34. Wild Honey (67/31)
35. Carloline, No / Brian Wilson (66/32)
36. Ten Little Indians (63/49)
37. Friends (68/47)
38. Good Timin’ (79/40)
39. Bluebirds Over The Mountain (68/61)
40. Break Away (69/63)

 

関連記事

オフ会映像

ひたすら・・・歌い出しがタイトル!の全米トップ40ヒットを聴く飲み会

Facebook