ラジオ番組企画&制作&音楽全般のプロデュースの株式会社 ヤング・スタッフ

2017/7/29 Billboard Chart

time 2017/07/30

7/29付

★「Despacito」35曲目の○○

★「Shape Of You」TOP5週数歴代1位タイ

★今週のあめりかん☆ぱいHOT100ヒット・オールタイム・ランキングは最後のコンサートまであとわずかのこの人です

★ジェイZ、14枚目の第1位!

★アルバム1位獲得枚数ランキング

 

7/29付。今週のビルボード・シングル・チャートから。

 

https://item.rakuten.co.jp/americanpie/umlb002650302

祝!10週連続第1位!今週の第1位はルイス・フォンシ&ダディ・ヤンキー・フィーチャリング・ジャスティン・ビーバーの「Despacito」です。とうとう10週連続第1位となりました。デジタル・セールスは11週目の第1位。ストリーミングは6030万ストリームスで10週連続第1位。ラジオ・ソングスは2週連続第1位。今週も3冠達成です。ラテン・ソングス・チャートでは24週目の第1位。HOT100で10週以上No.1を記録した曲は35曲目ですが、チャート・ルールが変更になった1991年11/30以降で33曲が10週以上の1位なんです。この週以前はデビー・ブーンの「You Light Up My Life」(77年)とオリビア・ニュートンジョンの「Physical」(81-82年)の2曲だけ。HOT100がスタートした58年8/4から91年11/23までの1位総曲数に対する比率は1%にも満たないですが、11/30以降今週までの期間ではなんとNo.1ソングの11%が10週以上の1位となっております。
またこの曲のストリーミング数ですが、1月にリリースされて以降全世界で46億回を超えました。これは曲ではジャスティン・ビーバーの「Sorry」(43億8000万)を抜いていつの間にか歴代1位になっていました。Vevoでスペイン語の曲と限定すると、24時間(540万回)での最高記録、2億回(22日目)、20億回(154日目)の最短記録を作っています。

 

 

https://item.rakuten.co.jp/americanpie/epic544665

第2位には先週3位から4位に沈んでいたDJキャレド・フィーチャリング・リアーナ&ブライソン・ティラーの「Wild Thoughts」が上がってきました。デジタル・セールスは42,000ダウンロードで7位から10位へダウン。ストリーミングは3750万で2位変わらず。ラジオ・ソングスは14位から8位へアップしています。ラジオ・ソングス・チャートではリアーナは29曲目のTOP10入りとなり、歴代1位独走中です。(2位はマライア・キャリーの23曲)
今週のエド・シーランの「Shape Of You」ですが、なんと今週も5位に留まっています。初登場以来連続TOP5週数記録は歴代1位更新中の27週になりました。「初登場以来連続記録」に縛られず、TOP5週数ということでHOT100チャートに入った曲をランキングしてみると以下のようになりました。
1位 27週 Shape of You / Ed Sheeran (最高位17年1位)
1位 27週 Closer / Chainsmokers Feat. Halsey (16/1)
3位 25週 Uptown Funk! / Mark Ronson Feat. Bruno Mars (15/1)
3位 25週 How Do I Live / LeAnn Rimes (97/2)
5位 23週 The Twist / Chubby Checker (60/1, 62/1)
6位 21週 Smooth / Santana Feat. Rob Thomas (99/1)
6位 21週 Un-Break My Heart / Toni Braxton (96/1)
TOP5週数でも歴代1位タイです!

 

https://item.rakuten.co.jp/americanpie/rontb002718402

今週はジェイZが9曲同時エントリーを果たしています。アルバム『4:44』リリースにともなってストリーミングがスタートしましたのでその影響で9曲が初登場しました。一番人気が23位に初登場した「The Story Of O.J.」です。これでジェイZのHOT100登場曲数は一気に96曲となり、ジェームス・ブラウンの91曲を抜いて歴代5位となりました。(1位グリー・キャスト=207曲、2位ドレイク=157曲、3位リル・ウェイ=136曲、4位エルヴィス・プレスリー=108曲)
カントリー・チャートでは大記録達成が間近です。HOT100では今週10位に入っているサム・ハントの「Body Like A Back Road」がカントリー・ソングス・チャートで23週連続1位なんです。このチャートの1位週数記録は2012年、13年に記録されたフロリダ・ジョージア・ラインの「Cruise」で24週。この時はもうこの記録は破られないかと思いましたが、遂に並ぶ時が迫ってきました。

 

https://item.rakuten.co.jp/americanpie/crb79468

カントリー・エアプレイ・チャートでは、登場から46週目のディラン・スコットの「My Girl」が第1位です。ルイジアナ州生まれの26歳。デビュー・アルバム『Dylan Scott』は昨年の8月にリリースされました。ファースト・シングル「Lay It On Me」はチャートインできませんでしたが、セカンド・シングル「Crazy Over Me」はカントリー・エアプレイ・チャートで36位を記録。この曲はアルバムからのサード・シングルで登場から11ヶ月近くかかりましたが見事に1位を獲得しました。なお、ボーナス・トラック2曲を加えたデラックス・エディション『Dylan Scott』は今年の8月にリリースされます。また46週以上かかって1位になったのはこの曲が7曲目です。最も1位になるまでに時間がかかった曲はクリス・ヤングの「Voices」で2011年2月に51週目に第1位になりました。この曲は一旦チャートから消えて、リエントリーしての第1位でした。

 

 

https://item.rakuten.co.jp/americanpie/a0107040102

カントリーの大御所の話をひとつ。すでに2年前に今年でツアー引退宣言をしているケニー・ロジャースですが、10/25にナッシュヴィル・ブリジストン・アリーナで『オールスター・フェアウェル・ショー』が行われるとのことです。このショーにはドリー・パートン、リトル・ビッグ・タウン、フレイミング・リップス、イディナ・メンゼル、エル・キング、ジェイミー・ジョンソン、アリソン・クラウスが出演予定です。ドリー・パートンとは最後の共演とも発表されています。なお、11/4のニュー・ハンプシャー公演までツアー・スケジュールが発表されています。ということで今週のあめりかん☆ぱいHOT100ヒット・オールタイム・ランキングはケニー・ロジャースのオールタイムTOP30ヒットです。
1. Lady / Kenny Rogers (80/1)
2. Islands In The Stream / Kenny Rogers with Dolly Parton (83/1)
3. Coward Of The County / Kenny Rogers (80/3)
4. I Don’t Need You / Kenny Rogers (81/3)
5. Lucille / Kenny Rogers (77/5)
6. Don’t Fall In Love With A Dreamer / Kenny Rogers with Kim Carnes (80/4)
7. Just Dropped In (To See What Condition My Condition Was In) / First Edition (68/5)
8. Ruby, Don’t Take Your Love To Town / Kenny Rogers & The First Edition (69/6)
9. She Believes In Me / Kenny Rogers (79/5)
10. Something’s Burning / Kenny Rogers & The First Edition (70/11)

 

11. We’ve Got Tonight / Kenny Rogers & Sheena Easton (83/6)
12. You Decorated My Life / Kenny Rogers (79/7)
13. The Gambler / Kenny Rogers (79/16)
14. What Are We Doin’ In Love / Dottie West (with Kenny Rogers) (81/14)
15. Love Will Turn You Around / Kenny Rogers (82/13)
16. What About Me? / Kenny Rogers with Kim Carnes & James Ingram (84/15)
17. Tell It All Brother / Kenny Rogers & The First Edition (70/17)
18. Through The Years / Kenny Rogers (82/13)
19. But You Know I Love You / First Edition (69/19)
20. Love The World Away / Kenny Rogers (80/14)
21. Ruben James / Kenny Rogers & The First Edition (69/26)
22. Share Your Love / Kenny Rogers (81/14)
23. This Woman / Kenny Rogers (84/23)
24. Heed The Call / Kenny Rogers & The First Edition (70/33)
25. Daytime Friends / Kenny Rogers (77/28)
26. Buy Me A Rose / Kenny Rogers With Alison Krauss & Billy Dean (00/40)
27. Love Or Something Like It / Kenny Rogers (78/32)
28. All My Life / Kenny Rogers (83/37)
29. Someone Who Cares / Kenny Rogers & The First Edition (71/51)
30. A Love Song / Kenny Rogers (82/47)

 
/////////////////////////////

 

 

7/29付。今週のビルボード・アルバム・チャートから。

 

https://item.rakuten.co.jp/americanpie/rontb002718402

今週の第1位はジェイZの『4:44』が初登場第1位です。これで14枚目のNo.1となりました。アルバムは6/30にリリースされたので従来なら先週初登場していなくてはいけませんでした。ところがリリースはTIDALでのストリーミングのみだったのですが、これをTIDALがビルボードの集計を担っているニールセンに報告しなかったとのことです。また7/2までスプリントではフリー・ダウンロードができる状態でした。フリーのためこれも集計対象にはなりません。7/7からスポティファイ以外の多くのサイトでストリーミングができるようになり、今週の初登場となりました。262,000EAU、実売は174,000枚のセールスでした。ただRIAAはTIDALのストリーミングを認めて早くも100万枚のセールス認定をしたようです。
ジェイZはこれまで全米で3630万枚のアルバム・セールスを記録しています。最多セールスは98年の『Vol.2…Hard Knock Life』の540万枚でした。No.1アルバム14枚はソロ・アーティストとしては最多枚数です。アルバム1位獲得枚数ランキングは以下の通りです。

 

1位 19枚 Beatles
2位 14枚 Jay-Z
3位 11枚 Bruce Springsteen, Barbra Streisand
5位 10枚 Elvis Presley
6位  9枚 Garth Brooks, Rolling Stones
8位  8枚 Madonna
9位  7枚 Kenny Chesney, Drake, Eminem, Janet Jackson, Elton John, Led Zeppelin, Paul McCartney/Wings, U2, Kanye West
アルバムチャートは実売のセールスに加えて収録曲のダウンロードやストリーミング回数も加味してランキングされています。EAUは換算枚数をあらわしています。
今週のTOP10内にはあと2枚が初登場しました。

 

第2位に初登場したのが、21サヴェージのデビュー・ソロ・アルバム『Issa Album』です。77,000EAU、実売は22,000枚でした。今年の2月にメトロ・ブーミンとのコラボ・アルバム『Savage Made』が23位を記録しています。1992年10月22日ドミニカ生まれでアトランタで育ちました。2014年のデビュー・シングル「Picky」で注目され、その後ミックステープを発表し、今回のデビュー・アルバムとなりました。

 

https://item.rakuten.co.jp/americanpie/sny545022

第7位にはロック・バンド、ハイムのセカンド・アルバム『Something To Tell You』が初登場です。32,000EAU、実売は26,000枚でした。ハイムは2006年に結成されたエスティ(1986年生まれ)、ダニエル(1989年生まれ)、アラナ(1991年生まれ)のハイム3姉妹によるバンドです。出身はカリフォルニア州。2013年のデビュー・アルバム『Days Are Gone』はUKで第1位、アメリカでは最高位6位を記録しました。
ところで、今週の第3位はケンドリック・ラマーの『DAMN.』、第4位はDJキャレドの『Grateful』で1位から4位はすべてラップ・アーティストで占められました。これは2015年4/18付以来とのことです。この時はワーレイの『The Album About Nothing』が第1位でした。

 

https://item.rakuten.co.jp/americanpie/bqtx40868

ところで、今週23位にはレディオヘッドの『OK Computer: OKNOTOK 1997 2017』が再登場です。登場23週目で最高位は97年第2位。6/23に再発売盤がリリースされて7/15付で36位に再登場していましたが、先週は圏外へ。今週は2枚組CDデラックス・エディションのリリース分がカウントされての再登場です。17,000EAU、実売は16,000枚でした。また3枚組LPもリリースされました。7/28には3枚組LPと90分カセット・テープ、102ページ・ブックレット、48ページ・スケッチブックのボックス・セットがリリースされました。

 

オフ会映像

ひたすら・・・歌い出しがタイトル!の全米トップ40ヒットを聴く飲み会

Facebook