ラジオ番組企画&制作&音楽全般のプロデュースの株式会社 ヤング・スタッフ

John Gummoe of The Cascades@Cotton Club

time 2017/08/07

洋楽ファンならずとも誰しもが耳にしたことがある「悲しき雨音」♪

原題はRhythm Of The Rain♪

そのThe Cascades♪のリード・シンガーであり、その作者でもあるJohn Gummoe♪

なんと丸の内のCotton Clubに於いて奇蹟の来日公演が実現です。!!

8月5日、土曜ということで、ファースト・ステージの開演時刻は17時と少し早いですが・・・

定刻となり、メンバー登場!!

ギター、ベース、ドラムス、キーボード、バック・ヴォーカルの5人!!

アジア系の人たちのようです。

そしてゆっくりと御大John Gummoe登場!!

黒のジャケットで老紳士ぶりを示しています。

「歌う前から拍手、有難う、日本に来たのは50年以上前だよ、東京は変わったね、海軍にいた時、佐世保にいたので日本語は少しわかるよ、2日前に79歳になった、多くの人は死んじゃったけど、僕は元気だよ!!」

そんなことを言って、Dreamin’♪でスタート!!

軽い感じで歌われ、本当にお元気そう・・・

「マニラから来て、東京は2日間だよ・・・最初に書いた曲・・・」

ドラムのカウントからThere’s A Reason♪

ご本人の言われる通り、24歳の時と同じなのかもしれません。続くMy First Day Alone♪では観客にウエイヴを煽り、曲はThere’s A Kind Of Hush (All Over The World)♪

「誰の歌だったかな!?(Herman’s Hermits♪)シンガーはPeter Noone♪だったよね!?」

ここで少し遊びの時間・・・

「ゲームをやるよ、僕が最初を歌うから、続きを歌ってね!!」

先ずはDoo Wah Diddy♪、続いてThe Loco-Motion♪、Hallelujah♪、Puff♪、Na Na Hey Hey Kiss Him Goodbye♪、そしてDo-Re-Mi♪と・・・

「日本人が好きだと聞いているよ!!」

楽しい時間でした。

「Rhythm Of The Rain♪の次に出した歌、小さい子に歌わせたら、タイガー!?になったよ!!」

曲はShy Girl♪なのです。

続いて当時のレコーディング・スタジオでの話となり、そこで一緒になった若かりしCher♪

「彼女は変わった子だったよ、今も変わった子だけど・・・(笑)」

彼女との電話の話で笑わせ、またPhil Specter♪が隣の部屋で聴いていたこともあったとのこと!!

曲はI Wanna Be Your Lover♪

「Cascadesも3人亡くなった、ギターのEddie Snyder♪は白血病になったけど、骨髄移植を行なって、今は子供と孫とカリフォルニアで暮らしているよ!!」

「1961年のヒット曲をファースト・アルバムでカバーした・・・」

そう言って、Angel On My Shoulder♪が歌われ・・・

「Bruno Mars♪やBeyonce♪といった若い人たちも好きだし、ラップにも影響をうけているよ!!」

曲はLucky Guy♪、ここでも元気にウエイヴを煽っていました。

さて遂にこの時間が、といった感じです。!!

「Beatles旋風に多くは吹き飛ばされて、自分も1967年にCascadesをやめてソロになったよ・・・ABCとかいくつか契約した・・・ ‘70年代初頭に結婚して46年・・・その間、Rhythm Of The Rain♪のおかげで多くのロイヤリティがあったよ!!・・・映画にも3回使われて、多くの言葉でもカバーされた、アフリカから来た女性歌手がスワヒリ語で歌ったのには驚いたよ!!(笑)日本でも1位になったんだよね!?有難う!!誇りに思う!!Cascadesの証明の歌だよ!!」

そう言って・・・

「雷の音が必要だね!!」

そう、雷鳴が響いて、あのイントロからRhythm Of The Rain♪

悲しき雨音♪

それを本人の歌で!!

自然と目頭が熱くなってきました。

感動のあとはもう1曲

「O Henryの作品から取ったよ・・・」と、The Last Leaf♪

これはCascades♪で2番目に有名な曲かもしれません。・・・

ステージも終わりがけでメンバー紹介!!

キーボード奏者は直前に日本のミュージシャンに変わったよう、そして・・・

「Cascadesより前の時代の曲、多くの人が歌っているよ!!」

そう言って、You Don’t Know Me♪

Eddy Arnold♪という人の有名なナンバー!!

最後は重厚なピアノをバックにじっくり聴かせ・・・

「明日もまた来てね!!」

1時間強のステージはここに幕を閉じ、ゆっくりとステージを後にしました。・・・

あの「悲しき雨音」♪を本人の歌で!!

それだけでも奇蹟の感動ですが、本当に楽しい時間!!

それはJohn Gummoeさんが、50数年の時を通り越して、この場所では24歳のままであったからなのでしょう。!!

79歳のJohn Gummoeさん!!

アーティスト側も勿論、オーディエンス側も、そして全ての人が元気でいることが楽しいことであり、素晴らしいこと!!

そういったことも改めて教えてもらった、そんな1日であったと思っています。!!

オフ会映像

ひたすら・・・歌い出しがタイトル!の全米トップ40ヒットを聴く飲み会

Facebook