ラジオ番組企画&制作&音楽全般のプロデュースの株式会社 ヤング・スタッフ

Al Di Meola@Billboard Live Tokyo

time 2017/09/07

ジャズ/フュージョン界を代表するギタリスト

Al Di Meola♪

東京JAZZ FESTIVALに出演のため久々に来日!!

単独公演は、9月1日、Billboard Live Tokyoにて!!

ファースト・ステージ、ステージ後方には、歴代のアルバム・ジャケット写真!!

開演予定時刻19時を少し回ったところで、ライトダウン!!

Al Di Meola♪

メンバーとともに登場!!

小柄ですがイタリア系の方だけにファッショナブルでカッコよく思います。!!\(^o^)/

「アリガトー、長い間来てなかった・・・用意はいいかい!?・・・」

お馴染みの黒のレスポールを奏で、One Night Last June♪でスタート!!

アルバムKiss My Axe収録のラテン・ロック色の濃いナンバー!!

音が良い!!

早弾きでも一音、一音、Alのギターは綺麗に響きます。

メンバーは、キーボードが新加入というPhil Magallanes♪、バイオリンはお馴染みEvan Garr♪

パーカッションもお馴染みGumbi Ortiz♪

ベースがElias Tona♪、ドラムスがLuis Alicea♪

Alを入れての6人です。!!

鍵盤のストリングスでなく、バイオリンで音を出しているだけに、余計にクリアな音になっているようです。

続いて聴き馴染みのイントロが・・・

Flight Over Rio♪

代表作Elegant Gypsyのオープニング・ナンバー!!

テンポが変わって、Alも弾きまくり・・・エレクトリック・ピアノ、バイオリンとの掛け合いも圧巻!!

後半、パーカッションもフィーチャー、Oye Como Va♪とも歌いながら叩き、再びAlのギターへ!!

1曲、1曲ドラマチックな構成!!

ドラムスの軽快なスティックさばきから、新作Elysium収録のBabylon♪

途中からアップ・テンポに、ベースもフィーチャー、場内は手拍子!!

ドラムスのビートがブリッジとなって、Senor Mouse♪

ポップな曲調のナンバー、この曲を終えて

「’70年代だったけど、覚えているかい!?・・・東京は7年ぶりかな!?・・・」

ここでメンバー紹介、パーカッションのGumbi♪さんとは30年以上の付き合いとのこと!!

曲は新作Elysiumから、Adour♪

流れるようなギターの音色から、美しいメロディ・ライン!!

一転して、バイオリンも加わった変則的なイントロ!!

Return To Forever♪時代のMedieval Overture♪

パワフルかつクリアな音のプレイが続きました。・・・

ステージにはAl1人残り、椅子に座って、手にアコースティック・ギター!!

「Billboard Liveは初めてだよ・・・ここからはアコースティックだよ・・・」

軽やかにギターを爪弾き、即興でプレイ!!

さすがマルチなギター・プレイの中に色々な音楽が、そしてAnd I Love Her♪に・・・

次はOver The Rainbow♪から始まり、多彩なプレイ!!

そしてバイオリンが加わって、Chiquilin de Bachin (Astor Piazzolla) ♪

後半では激しいカッティングも!!

静かなエンディングでしたが、卓越したプレイを堪能したのでした。

今回、アンコールはなく、Elegant Gypsy40周年という割には(セットリストの用紙には記されていますが・・・)そこからの曲は1曲だけ・・・

さらには最近、よくプレイされるBeatlesナンバーも、アコースティックの時にAnd I Love Her♪が入ったくらいでしたが・・・

あまりにも素晴らしいプレイに、十分な満腹感を体験しました。

ただ願わくば・・・

もっとコンスタントに日本に来てほしい!!・・・そう懇願するばかりでしょう。!!

 

 

関連記事

オフ会映像

ひたすら・・・歌い出しがタイトル!の全米トップ40ヒットを聴く飲み会

Facebook