ラジオ番組企画&制作&音楽全般のプロデュースの株式会社 ヤング・スタッフ

2017/11/11 Billboard Chart

time 2017/11/10

11/11付

★カミラ・カベロ、20位から一気にTOP10内へ

★アルバム・リリース前にデジタル・ソングス・チャートで3曲目の第1位

★HOT100チャートTOP20ヒット曲数ランキング

★グループのメンバー3人がソロでアルバム第1位は2組目

★今年3枚目のTOP10は1位、1位、2位

★カントリーで5作連続第1位ならず。彼を抑えて1位になったのは?

★UKでは第1位、アメリカでは41位に再登場。今週のあめりかん☆ぱい集計HOT100オールタイム・ランキングはこの人!11/11付。

 

今週のビルボード・シングル・チャートから。

 


今週の第1位は3週連続でポスト・マローン・フィーチャリング・21サヴェージの「Rockstar」です。相変わらずストリーミングに支えられていて、5300万ストリームスでストリーミング・チャートで5週目の第1位。デジタル・セールスでは2位から4位にダウンしましたが、ラジオ・ソングス・チャートは26位から19位と順調にアップしています。

 

第2位は3週連続1位のあと3週連続通算5週目の2位となったカーディBの「Bodak Yellow (Money Moves)」です。この曲あと3位も3週間記録しているのでTOP3に11週間います。年間チャートでも上位に食い込みそうです。

 

https://item.rakuten.co.jp/americanpie/atl561633

4位は先週と変わらず、ポルトガル・ザ・マンの「Feel It Still」です。今週はいろいろなエアプレイチャートで1位になっています。すでにトリプルA・チャートで5/6から7/1まで9週連続第1位。オルタナティヴ・ソングス・チャートでは7/8から10/28まで17週連続で1位でした。今週はラジオ・ソングス・チャート、アダルト・ポップ・ソングス・チャートでそれぞれ3週連続第1位。ロック・ソングス・チャートでは10/14から5週連続第1位。そして今週ポップ・ソングス・チャートとダンス/ミックス・ショー・エアプレイ・チャートで1位に上がりました。クロスオーバー・ヒットになりましたね。HOT100では登場19週目で現在2週目の最高位4位となっていますが、息の長い大ヒットを期待します。

 

 

7位には先週の20位からカミラ・カベロ・フィーチャリング・ヤング・サグの「Havana」がジャンプアップしてきました。10/24にオフィシャル・ビデオがリリースされた影響でストリーミングが18位から8位と伸び、それにつられてデジタル・セールスも6位から4位にアップしました。ラジオ・ソングスも好調で36位から26位へアップしています。カミラ・カベロは1997年3月3日キューバ・東ハヴァナのコジマール生まれでその後マイアミに移住しました。2012年にフィフス・ハーモニーのメンバーとしてデビュー。昨年12月にグループからの脱退を表明しています。マシン・ガン・ケリー・フィーチャリング・カミラ・カベロとして2016年4位まで上がった「Bad Things」以来ソロでは2曲目のTOP10ヒットとなりました。

 


https://item.rakuten.co.jp/americanpie/iscb002674002

19位から12位へアップしたのがマルーン5のニュー・アルバム『Red Pill Blues』に収録されている「What Lovers Do」です。この曲は女性R&Bシンガーのシザをフィーチャリングしています。シザは1990年11月8日ミシシッピ州セント・ルイス生まれの27歳。今年デビュー・アルバム『Ctrl』をリリースし最高位3位を記録しました。この曲はラジオ・ソングス・チャートで13位から10位にアップし、マルーン5の14曲目のTOP10ヒットとなりました。ラジオ・ソングス・チャートではグループで最多TOP10ヒットとなっています。オール・アーティストではリアーナがラジオ・ソングス・チャートTOP10=29曲で最多です。

 

https://item.rakuten.co.jp/americanpie/bmch600a

13位にはテイラー・スウィフトのニュー・アルバム『Reputation』からのサード・シングル「Gorgeous」が初登場しました。68,000ダウンロードでデジタル・ソングス・チャート初登場1位です。ストリーミングは16位に初登場しました。ラジオ・ソングス・チャートにはまだ登場していません。デジタル・ソングス・チャートで14曲の1位はリアーナと並んで歴代1位タイです。11/10リリースのニュー・アルバムからすでにヒットしている「Look What You Made Me Do」(最高位1位、今週25位)と「…Ready For It?」(最高位4位、今週46位)もデジタル・セールス・チャートでは1位を記録しました。1枚のアルバムからデジタル・セールス・チャートで1位になった曲が3曲誕生したのはドレイクの『Views』以来です。なお、テイラー・スウィフトの『1989』からは「Shake It Off」、「Out Of The Woods」、「Blank Space」、「Bad Blood」の4曲のデジタル・セールス1位が誕生しています。また、この曲で39曲目のTOP20ヒットとなりました。

 

HOT100チャートTOP20ヒット曲数ランキング:

1位 48曲 エルヴィス・プレスリー

2位 44曲 リル・ウェイン、マドンナ
4位 42曲 ビートルズ、リアーナ
6位 40曲 エルトン・ジョン
7位 39曲 ドレイク、テイラー・スウィフト

 
/////////////////////////////

 

 

11/11付。今週のビルボード・アルバム・チャートから。

 

https://item.rakuten.co.jp/americanpie/capb002748302

今週の第1位はワン・ダイレクションのメンバー、ナイル・ホーランのソロ・デビュー・アルバム『Flicker』です。152,000EAU,実売は128,000枚のセールスでした。これでワン・ダイレクションからは元メンバーのゼイン『Mind Of Mine』(2016年)と現メンバーのハリー・スタイルズ『Harry Styles』に続いて3人目の1位となりました。グループから3人がソロ・アルバムで1位を獲ったのはビートルズ、ジョージ・ハリスン=2枚、ジョン・レノン=3枚、ポール・マッカートニー=6枚、のみとのことです。リンゴ・スターは1位を獲っていないのですね。リンゴ・スターのアルバムの最高位は『Ringo』(73年12/1、12/8)の第2位で、その時の1位はエルトン・ジョンの『Goodbye Yellow Brick Road』でした。今回もコンサート・チケットにCD購入権が付いていて、それがセールスのアップにつながっています。また、2種類のデラックス・エディションも発売になっています。通常のデラックス・エディションはボーナス・トラックが3曲で、ターゲット限定発売のデラックス・エディションにはボーナス・トラックが5曲入っています。
アルバムチャートは実売のセールスに加えて収録曲のダウンロードやストリーミング回数も加味してランキングされています。EAUは換算枚数をあらわしています。
今週のTOP10内初登場はあと3枚あります。

 

第2位はCDの発売はありませんが、ストリーミングがすごくて第2位に初登場しました。フューチャー&ヤング・サグのコラボレーション・アルバム『Super Slimey』です。75,000EAUですが実売は15,000枚。8710万ストリームスを稼いでこれがアルバム・セールスに換算されて第2位です。フューチャーは8枚目、ヤング・サグは4枚目のTOP10入りなんですが、今年だけでフューチャーは『FUTURE』(3/11)、『HNDRXX』(3/18)(ともに最高位1位)に続いて3枚目のTOP10入り、ヤング・サグは『Beautiful Thugger Girls』(最高位8位)に続いて2枚目のTOP10入りです。

 

https://item.rakuten.co.jp/americanpie/rca544257

第5位にはカントリー・アルバム・チャート初登場1位のクリス・ヤング『Losing Sleep』が初登場しました。4枚目のTOP10入りです。39,000EAU、実売は32,000枚でした。6枚目のスタジオ・アルバムですが、カントリーではこれにクリスマス・アルバムを加えた7枚すべてがTOP10入りを果たしています。2015年の前作『I’m Comin’ Over』に続いての1位となりました。タイトル・ソング「Losing Sleep」はカントリー・ソングス・チャートで15位から8位と12曲目のTOP10ソングとなりました。HOT100では80位から63位へアップしています。

 

https://item.rakuten.co.jp/americanpie/capnb002638502

第8位にはカントリー・アルバム・チャートで第2位に初登場したダリアス・ラッカーの『When Was The Last Time』が初登場しました。5枚目のTOP10入りです。34,000EAU、実売は3万枚です。6枚目のスタジオ・アルバムです。カントリー・アルバム・チャートで、ソロ・デビュー・アルバムはチャートインしませんでしたがセカンド・アルバムから前作まで4枚連続で第1位でした。これにクリスマス・アルバムと今作を加えた合計6枚がTOP10入りとなりました。ファースト・シングルの「If I Told You」は昨年の7/16にカントリー・エアプレイ・チャートに初登場して47週目の今年の6/24に第1位になりました。通算7曲目の第1位です。このチャートで47週以上かかって1位になったのは5曲目でした。

 

 


https://item.rakuten.co.jp/americanpie/snyl515804

41位にはジョージ・マイケルの『Listen Without Prejudice, Vol. 1』が再登場しました。このアルバムは90年にリリースされ最高位2位を記録しています。今回はリマスターされた『Listen Without Prejudice, Vol. 1』に『MTV Unplugged』を2枚目のディスクに収録して再発売されています。ボックス・セットにはこれに16曲のボーナス・オーディオを収録した盤と「The Southbank Show 1990」に、「Freedom! 90」、「Praying For Time」のプロモ・ビデオ、MTV10周年での「Freedom! 90」を収録したDVDが付いています。UKでは10/10にチャンネル4で『Freedom』のドキュメンタリーが放送されたこともあってこのアルバムは1位に登場しました。
今週のあめりかん☆ぱい集計HOT100オールタイム・ランキングはワムを含めたジョージ・マイケルのオールタイムTOP20ヒットです。
1. Wake Me Up Before You Go-Go / Wham! (84/1)
2. Careless Whisper / Wham! featuring George Michael (85/1)
3. Faith / George Michael (87/1)
4. One More Try / George Michael (88/1)
5. Everything She Wants / Wham! (86/1)
6. Father Figure / George Michael (88/1)
7. I Knew You Were Waiting (For Me) / Aretha Franklin & George Michael (87/1)
8. Monkey / George Michael (88/1)
9. I Want Your Sex / George Michael (87/2)
10. Don’t Let The Sun Go Down On Me / George Michael/Elton John (92/1)

 

11. Praying For Time / George Michael (90/1)
12. I’m Your Man / Wham! (86/3)
13. Freedom / Wham! (85/3)
14. A Different Corner / George Michael (86/7)
15. Freedom / George Michael (90/8)
16. Fastlove / George Michael (96/8)
17. Kissing A Fool / George Michael (88/5)
18. Heaven Help Me / Deon Estus (with George Michael) (89/5)
19. Too Funky / George Michael (92/10)
20. The Edge Of Heaven / Wham! (86/10)

 

オフ会映像

ひたすら・・・歌い出しがタイトル!の全米トップ40ヒットを聴く飲み会

Facebook