ラジオ番組企画&制作&音楽全般のプロデュースの株式会社 ヤング・スタッフ

Art Garfunkel@オーチャードホール

time 2017/11/17

Art Garfunkel♪、3年ぶりの来日公演!!

前回は声が「出なくなった(!?)」その直後の来日ということで、無理しないような公演♪でした。

76歳の誕生日を迎えた直後のJapan Tour 2017♪

東京公演は11月16日、渋谷のオーチャードホールです。

開演前、ステージ上にはグランドピアノ・・・

開演予定時刻を10分くらい回ったところで、ライトダウン!

ギターのTab Laven♪、キーボードのDave Mackay♪が登場!!

そして、Art Garfunkel♪登場!!

黒のオープンシャツといったラフなスタイル、3年前より元気そう!!

「コンバンワ、ゲンキデスカ・・・」

いきなり、April Come She Will♪

Tab♪のギターも響きます。

2曲目にあのスリーフィンガー・ピッキングの音!!

The Boxer♪

人気曲が早くも登場!、Arty♪は無理なく歌っているよう・・・、Tab♪のギターはストロークへ!!

自作曲、Perfect Moment♪が続きます。

曲はNew York~♪と、A Heart In New York♪

これに続いて、Dave♪のピアノで、All I Know♪

但しここでArty♪は歌いませんでした。・・・

「好きなミュージシャン!!」と、Dave♪を紹介、バックにリズム音が入って・・・

A Poem On The Underground Wall♪

Arty♪のお気に入りか!?前回も歌っています。

Tab♪がお馴染みのイントロを奏でる中・・・

「この歌の意味、わかっていないんだ・・・愛!?・・・誰もわかっていないよね・・・」

そんなことを言って、Scarborough Fair♪

ここでもArty♪は無理せず歌いましたが、気分は永遠の青春時代です。

ギターのTab♪を紹介、Scarborough Fair♪をレコーディングしたのは半世紀前、その時の状況を話して・・・

「言っていることわかっているね・・・東京の人は洗練されているね・・・」

そして反戦の歌、ということで、Paul Simon♪作のThe Side Of A Hill♪、ピアノの音も美しく響き、続いてはJimmy Webb作のSkywriter♪

そして「子守唄でもあるよ・・・」と、Dreamland♪

心地よくなったところで、前半最後は、Homeward Bound♪

静かに始まりましたが、手拍子も入ります。

今回も歌詞にTokyo!!

ここで15分の休憩となりました。

・・・

後半は、Tab♪、Dave♪に続いて、Arty♪登場!!

ピアノをバックにBilly Joel♪のAnd So It Goes♪でスタート!!

「12枚、アルバムを出したけど、1番売れたBreakawayから・・・」

軽快なギターをバックに、99 Miles From L.A.♪

「アメリカのソングライターで、5人好きな人がいる・・・1人めは、勿論、Paul Simon♪、Paul!、出てこいよ!!・・・」

勿論、ジョーク!!(笑)

「2人目はJimmy Webb♪、3人目はブロードウェイ・ミュージカルのStephen Sondheim♪、4人目はJames Taylor♪、そして5人目は・・・Randy Newman♪、彼とは会ったことはないのだけど、色々な曲を書くよ、これは彼の中では珍しいラブソングだよ・・・」

と言って、Real Emotional Girl♪、前回も歌っていますが、しっかり聴かせました。

「Rod Stewart♪が、The Great American Songbookで取り上げた今世紀初頭の曲だよ・・・」

曲は、Someone To Watch Over Me♪、心地よい気分になります。

一転して、お馴染みのギターの音・・・

For Emily, Whenever I May Find Her♪

やはり、S&G♪のナンバーには歓声が上がります。

そして・・・Dave♪が奏でるストリングスの音・・・

Bright Eyes♪

今回のハイライトの1つ、ここではライティングが凝っていました。・・・

「この曲が自分の人生を変えたんだよ!!・・・」

そう、The Sound Of Silence♪

お馴染みのギターから・・・

尚、2番からややアップ・テンポになり、5番で再び静かに・・・

And Whispered In The Sound Of Silence~♪・・・この歌は永遠ですね。・・・

自分の奥さんとのエピソードを言って、Kathy’s Song♪、そして・・・

「数年前に声を失った・・・回復してきたけど、高い声は・・・2番まで歌うよ・・・」

そう言ってラフに歌い始めたのは・・・

Bridge Over Troubled Water♪

やはりファンはこの曲を求めています。

ここでいったん終了となりました。

・・・

あまり間を置かずに登場!!

「今年、1月にPhil Everly♪が亡くなった・・・」

彼への追悼の意を示して、Let It Be Me♪

The Everly Brothers♪があったから、Simon & Garfunkel♪は生まれたのです。!!

場内からは色々リクエストが・・・それに対して・・・

「色々な人に合わせて、色々な歌も切り替えるよ、テレビのチャンネルを切り替えるみたいにね・・・」

そんなことを言って、Now I Lay Me Down To Sleep♪

まさにおやすみなさい・・・といった感じで静かなエンディング・・・

そして静かなスタンディング・オベーションが起きていました。・・・

3年前の日本公演♪より、ずっと元気になっていたArt Garfunkel♪

先ずはそれが嬉しい限り!!

勿論、全盛期と同じものは望めませんが、それでも彼の歌の中には、いつまでも「永遠の青春像」が息衝いている!!

それを今回も実感しました。

さて、2009年に素晴らしい日本公演♪を見せてくれたSimon & Garfunkel♪としての活動は、今後あるのか!?

・・・正直、秘かな期待もしている次第です。・・・

 

オフ会映像

ひたすら・・・歌い出しがタイトル!の全米トップ40ヒットを聴く飲み会

Facebook