ラジオ番組企画&制作&音楽全般のプロデュースの株式会社 ヤング・スタッフ

2017/12/16 Billboard Chart

time 2017/12/15

12/16付

★「Rockstar」にラテン・ラッパー・バージョン加わる

★「Perfect」にはビヨンセとのコラボ・バージョン加わる

★カーディB、デビューから2曲同時TOP10入り達成

★アメリカの定番クリスマス・ソング、今年もHOT100再登場

★YouTube再生ランキング

★BTS、全米での人気獲得!

★なぜ今頃?カントリー・ソングス・チャート史上4曲目の初登場第1位

★カントリー・エアプレイで90、00、10年代にそれぞれ1位を記録したのは8組目

★『Hotel California』ボックスセット発売

★2017年HOT100年間TOP20&アルバム年間TOP20

★「Closer」史上3曲目の大快挙達成!!!!!

 

12/16付。今週のビルボード・シングル・チャートから。

 

https://item.rakuten.co.jp/americanpie/imt5424412

なんと今週も第1位はポスト・マローン・フィーチャリング・21サヴェージの「Rockstar」です。これで8週連続第1位。ストリーミングが強い。今週は5050万ストリームスを記録してストリーミング・チャート10週目の第1位。2013年1月にスタートしたこのチャートで10週以上の第1位は11曲目となりました。デジタル・セールスは4位から3位へ、ラジオ・ソングスは4位から5位となりました。R&Bヒップホップ・ソングス、ラップ・ソングス・チャートもともに8週連続第1位です。そして、この曲にラテン・ミックスのバージョンが加わります。ニッキー・ジャム&オズナがスペイン語でラップをしているバージョンです。ニッキー・ジャムは2015年にエンリケ・イグレシアスとのコラボで「El Perdon」をリリース。この曲はラテン・ソングス・チャートで26週間第1位を記録しました。またこの曲の英語バージョン「El Perdon (Forgiveness)」をリリースしてHOT100で最高位56位を記録。最高位56位ながらなんと2015年の年間96位に入りました。レゲトン・アーティストのオズナはアルバム『Odisea』が9/16に初登場以来今週までラテン・アルバム・チャートで14週連続第1位です。それから、年間チャートが発表されましたね。ラテン・アルバム・チャートではこの『Odisea』は年間5位、1位は8週間第1位を記録した『Fenix』、ニッキー・ジャムでした。ポスト・マローンはクアヴォをフィーチャリングして最高位8位だった「Congratulations」がHOT100で年間第10位に入りました。「Rockstar」は11月最終週までの集計なので年間56位です。

 
第2位は年間96位に入ったカミラ・カベロ・フィーチャリング・ヤング・サグの「Havana」です。これで5週連続第2位。デジタル・ソングスは1位から2位、ラジオ・ソングスは3位から2位、ストリーミングは3位変わらずでした。

 
第3位には先週の5位からアップしたエド・シーランの「Perfecrt」がアップです。デジタル・ソングス・チャートで今週第1位になりました。今週は11/30までの集計なんですが、11/30集計期限5時間前にビヨンセとのコラボ・バージョンをリリースして、これがアップに寄与したそうです。たった5時間で。すごいですね。来週は1週間フルに寄与しますからどうなるでしょう。ラジオ・ソングスで6位から4位、ストリーミングは15位から11位と好調にアップしています。ビヨンセとのバージョンがオリジナルのポイントを上回れば、アーティスト名もエド・シーラン・フィーチャリング(あるいは&、ウィズ)ビヨンセとなります。ところでHOT100年間1位は予想どおりエド・シーランの「Shape Of You」でした。今年いろいろなビルボード新記録を作りました。「Castle On The Hill」(最高位6位)は年間40位に入りました。

 

https://item.rakuten.co.jp/americanpie/rca546750

第8位にはGイージー・フィーチャリング・エイサップ・ロッキー&カーディBの「No Limit」(登場12週目)が入りました。Gイージー、3曲目のTOP10入りです。カーディBは今週第7位で年間24位に入った「Bodak Yellow (Money Moves)」(登場22週目)に続いてデビューから2曲連続でTOP10に入りました。7位、8位にカーティBがランキングされています。女性ラッパーではHOT100でデビューから2曲連続でTOP10入りは、ネナ・チェリー、リル・ママ、イギー・アゼリアに続いて4人目とのことです。2曲同時はイギー・アゼリアに次いで2人目の快挙!3曲目になるかもしれない「MotorSport」(ミーゴス、ニッキー・ミナージュ&カーディB、登場5週目)は最高位14位で今週17位赤丸付。もしこれがTOP10入りすれば女性ラッパーとして初のデビューから3曲連続TOP10入りとなります。

 

 


https://item.rakuten.co.jp/americanpie/sny64222

クリスマス・シーズンです。毎年この時期になるとこの曲がHOT100に帰ってきます。今週21位にはマライア・キャリーの「All I Want For Christmas Is You」が再登場しました。通算で20週目のチャートインです。94年にリリースされたアルバム『Merry Christmas』に収録。この曲はシングル盤としての発売がなくエアプレイのみでした。
94年当時はエアプレイのみではHOT100入りできませんでしたのでエアプレイ・チャートでの最高位12位を記録しています。HOT100には00年に1週だけ83位に登場。12年からは毎年この時期にチャートインしていて15年に最高位11位を記録しています。2011年にスタートしたクリスマス・ソングだけを集計対象にしているホリデー100チャートでは通算27週目の第1位です。今やアメリカではクリスマスといったらまずこの曲になりました。

 

https://item.rakuten.co.jp/americanpie/capb002754602

2017年HOT100年間第2位になったのが、今年16週連続第1位で1位週数タイ記録を作ったルイス・フォンシ&ダディ・ヤンキー・フィーチャリング・ジャスティン・ビーバーの「Despacito」です。今週は19位から23位にダウンしています。今年のYouTubeの再生回数ランキングでは44億回でミュージック部門年間第1位でした。TOP10は以下の通りです。(表記はオリジナル・バージョンです。)

 

1. Luis Fonsi Feat. Dadady Yankee / Despacito
2. Ed Sheeran / Shape of You
3. J Balvin, Willy William / Mi Gente
4. Maluma / Felices los 4
5. Bruno Mars / That’s What I Like
6. Chris Jeday Feat. J. Balvin, Ozuna, Arcangel / Ahora Dice
7. Nicky Jam / El Amante
8. Jason Derulo Feat. Nicki Minaj & Ty Dolla $ign / Swalla
9. DJ Khaled Feat. Justin Bieber, Quavo, Chance the Rapper, Lil Wayne / I’m the One
10. Enrique Iglesias Feat. Descemer Bueno, Zion & Lennon / Subeme La Radio

 

「Mi Gente」はHOT100チャートで年間50位、「That’s What I Like」は年間3位、「Swalla」は年間85位に入りました。

 

第28位に初登場したのが、7人組K-POPグループ、BTSの「MIC Drop」です。昨年のHOT100年間第6位に入った「Panda」のデザイナーがフィーチャリングされています。K-POP史上、初のTOP40内初登場です。デジタル・セールスで4位初登場、ストリーミングは47位に初登場しました。K-POPアーティストでHOT100での最高位をみるとこの28位より上には3曲ありました。すべて同じアーティスト。もうおわかりですよね。PSYです。「Gangnum Style」が2012年2位、「Gentleman」が13年5位、「Hangover」が14年26位でした。

 

https://item.rakuten.co.jp/americanpie/wb563217

40位は42位からアップ、シンガー、ソングライターのビービー・レクサとカントリー・デュオ、フロリダ・ジョージア・ラインのコラボ「Meant To Be」です。フロリダ・ジョージア・ラインは10曲目のTOP40ヒット、ビービー・レクサは5曲目です。この曲今週登場6週目なんですが、今週初めてカントリー・ソングス・チャートに入りました。その順位、第1位。いきなりデータが集計対象になったということでしょうか。当然先週までのダウンロードはあり、ストリーミングもあり、ラジオでもかかっていました。この初登場1位は不可思議です。とりあえず、カントリーのソングス・チャートでの初登場1位は4曲目です。2012年10/20から、それまでエアプレイだけのチャートが、エアプレイにセールス・データ、ストリーミング・データを加えて集計されています。

 

* 2007/9/15 More Than A Memory / Garth Brooks: 2001年引退宣言以来の新曲。
* 2015/1/3  My Baby’s Got A Smile On Her Face / Wayne Boyd: NBC-TV『The Voice Season 7』で優勝。翌週はチャート圏外へ。
* 2016/10/8 Forever Country / Artists Of Then, Now & Forever: CMA50周年記念でオールスター登場。
* 2017/12/16 Meant To Be / Bebe Rexha & Florida Georgia Line

 

ビービー・レクサはカントリー・ソングス・チャート初チャートインが初登場1位という快挙!(?)、フロリダ・ジョージア・ラインは6曲目の第1位です。

 
76位から71位にアップしているのがガース・ブルックスの「Ask Me How I Know」です。今週カントリー・エアプレイ・チャートで第1位になりました。19曲目の第1位です。ガース・ブルックスがこのチャートで第1位になったのはカントリー・ソングス・チャート史上初めて初登場第1位を記録した「More Than A Memory」(2007/9/15)以来実に10年3か月ぶりの第1位でした。実はガース・ブルックスはその前の1位が「To Make You Feel My Love」(1998/8/1)で9年1か月2週間ぶりの1位でした。次の1位までの期間の記録では、今回の10年3か月が史上2位、9年1か月2週間が史上3位のギャップなんです。史上1位はトレイシー・ローレンスで、「Time Marches On」(1996/7/6)から「Find Out Who Your Friends Are」(2007/7/7)までの11年と1日です。

 

ガース・ブルックスは今年のCMAアワードで6回目のエンターテイター・オブ・ザ・イヤーを受賞。サウンドスキャンがセールスデータをビルボードに提供し始めた1991年以降の全米アルバム・セールス記録では合計7200万枚のセールスを記録して歴代第1位。カントリー・エアプレイ・チャートで90年代、00年代、10年代でそれぞれNo.1を記録したアーティストはガース・ブルックスで8組目となりました。過去には、トレイス・アドキンス、ケニー・チェズニー、アラン・ジャクソン、トビー・キース、リーバ・マッキンタイア、ティム・マックグロウ、ブラッド・ペイズリーが記録しています。

 

 

/////////////////////////////

 

 

12/16付。今週のビルボード・アルバム・チャートから。

 

 

https://item.rakuten.co.jp/americanpie/bmch600a

今週の第1位は3週連続でテイラー・スウィフトの『Reputation』です。147,000EAU、実売は131,000枚でした。12/1にストリーミングがスタートしていますのでこのポイントは来週のチャートに反映されます。テイラー・スウィフトはすでに来年の5月から10月の北米ツアーのスケジュールを発表していますが、このほどその後のツアー・スケジュールが発表されました。10/19オーストラリア・パースのオプタス・スタジアムを皮切りにオーストラリア・ニュージーランド・スタジアム・ツアーが11/9まで合計5回行われます。

 

アルバムチャートは実売のセールスに加えて収録曲のダウンロードやストリーミング回数も加味してランキングされています。EAUは換算枚数をあらわしています。

 
今週のTOP10内初登場は1枚です。

 
第10位に初登場したのが、アルバム・チャート・デビューがともに2001年のベテラン・ラッパー、ファボラス&ジェイダキスのコラボ・アルバム『Friday on Elm Street』です。33,000EAU、実売は18,000枚のセールスでした。ファボラスは2009年第1位の『Loso’s Way』以来6枚目、ジェイダキスは2015年第4位の『Dead Or Alive』以来5枚目のTOP10アルバムとなりました。アルバムには、フレンチ・モンタナ、スタイルズP、ヨー・ガッティ、フューチャーなどが参加しています。

 

https://item.rakuten.co.jp/americanpie/rca5476912

先週17位から5位へ躍進したペンタトニックスの『A Pentatonix Christmas』ですが、2017年アルバム年間16位に入っています。今週は5位から一気に第2位にジャンプアップしました。7万EAU、56,000枚のセールスです。11/27にNBCスペシャルで『A Very Pentatonix Christmas』が放送され、iTUNESストアでこのアルバムの6ドル99セントセールが行われました。

 

https://item.rakuten.co.jp/americanpie/ea562944

第44位にはイーグルスの『Hotel California』が再登場しました。リリース40周年で記念盤が発売されました。オリジナルは1977年に8週間第1位を記録しTOP40におよそ7か月滞在して1977年年間第4位となっています。今回はオリジナルアルバムのリマスター盤に16ページのブックレットがついたCDと、それに1976年10月19日から22日までロス・アンゼルス・ザ・フォーラムで行われたコンサートから10曲を収録したライブ盤がついた2枚組、それにブルーレイ・オーディオと28cmX28cmの44ページのハードカバー・ブックレット(当時の貴重な未発表写真を掲載)、同じく28cmX28cmの24ページのツアー・パンフレット・レプリカ、ポスター3枚がセットになったボックス・セットの3形態で発売されました。

 

イーグルスは2018年のツアー・スケジュールを発表しています。3/14シカゴ・ユナイテッド・センターを皮切りに7/20までの12回です。そのうち6/23にはクリス・ステイプルトン、7/26と7/28にはジェームス・テイラー、4/14、4/21、6/28、6/30にはジミー・バフェットも出演します。いいですねえ。

 
2017年HOT100年間TOP20

 

1. Shape Of You / Ed Sheeran
2. Despacito / Luis Fonsi & Daddy Yankee Featuring Justin Bieber
3. That’s What I Like / Bruno Mars
4. Humble. / Kendrick Lamar
5. Something Just Like This / The Chainsmokers & Coldplay
6. Bad And Boujee / Migos Featuring Lil Uzi Vert
7. Closer / The Chainsmokers Featuring Halsey
8. Body Like A Back Road / Sam Hunt
9. Believer / Imagine Dragons
10. Congratulations / Post Malone Featuring Quavo
11. Say You Won’t Let Go / James Arthur
12. I’m The One / DJ Khaled Featuring Justin Bieber, Quavo, Chance The Rapper & Lil Wayne
13. XO TOUR Llif3 / Lil Uzi Vert
14. Mask Off / Future
15. Unforgettable / French Montana Featuring Swae Lee
16. 24K Magic / Bruno Mars
17. Stay / Zedd & Alessia Cara
18. Wild Thoughts / DJ Khaled Featuring Rihanna & Bryson Tiller
19. Black Beatles / Rae Sremmurd Featuring Gucci Mane
20. Starboy / The Weeknd Featuring Daft Punk

 

年間第7位の「Closer」は昨年も年間第10位に入っていました。2年連続HOT100年間TOP10に入ったのはエルトン・ジョン「Candle In The Wind 1997/Something About The Way You Look Tonight」(97年1位、98年8位)、リアン・ライムス「How Do I Live」(97年9位、98年5位)以来3曲目の快挙です。

 
2017年ビルボート200年間TOP20

 
1. DAMN. / Kendrick Lamar
2. 24K Magic / Bruno Mars
3. Starboy / The Weeknd
4. Divide / Ed Sheeran
5. More Life / Drake
6. Moana / Soundtrack
7. Stoney / Post Malone
8. Culture / Migos
9. Hamilton: An American Musical / Original Broadway Cast Recording
10. 4 Your Eyez Only / J. Cole
11. Trolls / Soundtrack
12. Hardwired…To Self-Destruct / Metallica
13. Views / Drake
14. American Teen / Khalid
15. FUTURE / Future
16. A Pentatonix Christmas / Pentatonix
17. Blurryface / twenty one pilots
18. Birds In The Trap Sing McKnight / Travis Scott
19. Traveller / Chris Stapleton
20. I Decided. / Big Sean

 

関連記事

オフ会映像

ひたすら・・・歌い出しがタイトル!の全米トップ40ヒットを聴く飲み会

Facebook