ラジオ番組企画&制作&音楽全般のプロデュースの株式会社 ヤング・スタッフ

Steve Lukather@Billboard Live Tokyo

time 2017/12/22

TOTO♪のメンバーとしても勿論、多くのヒット曲のレコーディングに参加!!

ロック・ギタリストとして、今やEric Clapton♪やCarlos Santana♪に匹敵する・・・

Steve Lukather♪

今回はNerve Bundle♪というバンドとしての活動で来日!!

会場はBillboard Live Tokyo♪

あのSteve Lukather♪のギターを至近距離で!!

なんとも贅沢な話!!

12月20日(水)のセカンド・ステージです。

開演予定時刻21:30を回ったらライトダウン!!

階上よりメンバー登場!!

勿論、Steve Lukather♪(以降、Luke♪)も!!

メンバーは、キーボードがソロの時はよく一緒にやっているJeff Babko♪

ドラムスがToss Panos、そしてベースがGov’t Mule♪のJorgen Carlsson♪

「コンバンワ、トーキョー!」

Luke♪が開口

「また来れて嬉しいよ・・・時代は’70年代初めに戻るよ・・・」

そう言って、キーボードを中心としたドラマチックなイントロから、Luke♪のギター、曲はBridge Of Sighs♪

TOTO♪の日本公演でもプレイされたRobin Trower♪のナンバー!!

歌もLuke♪、但しTOTO♪のヒット曲の時と違い、渋い歌を聴かせてくれます。

キーボード、ベースのソロもフィーチャーして、最後にはもう一度、Luke♪の歌、何と1曲目から20分に近い熱演でした。

「ホリディ・シーズン、楽しんでいるかい!?・・・」

曲は、Christmas Song♪、なんと季節もののこのナンバーがハードなアレンジに!!

ここでもLuke♪は弾きまくっていました。

「JeffとMikeの兄弟に捧げる・・・悲しいけど、楽しい思い出だったよ・・・」

そんなことを言って、Song For Jeff♪

Jeff Babko♪と2人で静かに始まりますが、この辺りはJeff Beck♪を思わせ、後半はやはりハードに弾きまくりです。

「新曲・・・」ということで、プレイされたBen E. Wah♪

どの曲もメンバーのプレイもフィーチャーされ、まさにかつてのCream♪とかを思わせる熱いプレイです。!!

「Tony Hymas♪が書いた曲だよ・・・」

そう言って、Brush With The Blues♪

日本でもJeff Beck♪とのプレイでお馴染みのTony Hymas♪のナンバー!!

Luke♪はJeff Beck♪よりさらにブルージーな感じでプレイ!!

曲に合わせて、Jorgen♪も渋いベース・ソロを聴かせました。

「TOTO♪の曲、でもヒット曲は40周年の時にやるよ・・・最初に日本に来たのは1980年、ゲイシャ・ガールズ(?)とも遊んだ(?)・・・あの頃は若かった・・・」

曲は、Jake To The Bone♪

TOTO♪のKing Of Desireの最後に収録されていたインストゥルメンタル・ナンバー!!

ここでLuke♪は色々なプレイを!!、そして最後は水を得た魚のように弾きまくり、ここでいったんエンディングとなりました。

アンコールに登場!!

クリスマスということで、Silent Night♪

自身もクリスマス・アルバムでプレイしていますが、ハードなクリスマスを堪能!!

最後はメンバー4人、ステージ中央に!!

Luke♪からのクリスマス・プレゼント!!

時計は23時を回っていました。・・・

何と全7曲で90分!!

1曲辺り10分を越えているわけですが、それだけあのSteve Lukather♪のギターを至近距離で十分に堪能できたのですから、なんとも贅沢なクリスマス・プレゼントでした。!!

さて来年40周年ということで、大きなツアーも期待されるTOTO♪

Luke♪は今度はTOTO♪として、あのギターを十分に!!

日本でも聴かせてくれることでしょう。!!

 

オフ会映像

ひたすら・・・歌い出しがタイトル!の全米トップ40ヒットを聴く飲み会

Facebook