ラジオ番組企画&制作&音楽全般のプロデュースの株式会社 ヤング・スタッフ

2017/12/30 Billboard Chart

time 2017/12/31

12/30付

★ビルボード、次は1/3付(水曜日)。なんで?

★ラップ・アーティスト、デビューから3曲連続HOT100でTOP10入りは?

★TOP10ヒット曲数ランキング

★マライア・キャリーのオールタイムTOP40ヒット

★ビルボード200登場週数ランキング

 

 

12/30付。今週のビルボード・シングル・チャートから。

 

 

今週の第1位の前に来週のビルボードは1/6付ではなく、1/3付として発表されます。始まって以来の水曜日付のチャート・リリースなんです。1/6付も従来通り発表されます。これまでのオンラインでの発表と日付をおさらいすると、12/19に12/30付が発表されました。これでいくと12/26に1/6付が発表されるのですが、この週は雑誌が休刊になるため、オンラインでは1/3付で発表し、1/3に1/6付を発表、2018年最初の雑誌も発売というスケジュールなんだそうです。ということでこれまでは発表から11日後の日付で発表されていましたが、これからは4日後の日付で発表となるようです。整理しますと、セールス・データが12/22から12/28の金-木分、エアプレイが12/25から12/31までの月-日分が集計されて1/3に1/6付として発表されます。

 

このようなイレギュラー、これまでもありましたね。覚えていますか。
ちょっと思い出したところでは、3回ありました。

 

まず1960年年末です。この時代は月曜日付でチャートが発表されていましたが、12/26(月曜日)付の次は1/2ではなく12/31(土曜日)付で発表され、その次は1/9付(月曜日)に戻りました。

 
それから月曜日付の発表が現在の土曜日付に修正された週です。
これは1961年のことで12/25付(月曜日)のあとは1/1(月曜日)ではなく、それを飛ばして1/6付(土曜日)で発表されました。今回とは逆で約1週間飛ばした形です。

 
そして1976年です。6/26付の次が7/3ではなく7/4付になっています。その次は7/10付に戻りました。この時はビルボードがわざと7/3でなくアメリカ建国200年に合わせて7/4付にしました。ポール・マッカートニー&ウィングスの「Silly Love Songs」5週目の1位の週でした。

 

さて、今週の第1位ですが、先週に続いてエド・シーラン・デュエット・ウィズ・ビヨンセの「Perfect」です。93,000ダウンロードでデジタル・セールス3週連続第1位。ストリーミングは3位変わらず、ラジオ・ソングスは3位から2位にアップしました。
今週は1位から5位までは先週と変わりません。

 
6位には先週の15位からミーゴス、ニッキー・ミナージュ&カーディBの「MotorSport」が入りました。ミーゴスはNo.1ソング「Bad And Boujee」以来2曲目、ニッキー・ミナージュは15曲目、カーティBは3曲目のTOP10ヒットです。女性ラッパーとしてニッキー・ミナージュの15曲は2位のミッシー・エリオットの9曲を大きく引き離してTOP10曲数歴代1位独走中です。また女性ラッパーとしてカーディBのデビューから3曲連続TOP10入りは初めての出来事となりました。惜しいことに、この曲とこの前の「No Limit」(Gイージー・フィーチャリング・エイサップ・ロッキー&カーディB、10位)はTOP10にいるのですが、デビュー曲の「Bodak Yellow (Money Moves)」(最高位1位)が先週の9位から今週11位へダウンして、デビューから3曲同時TOP10入りは果たせませんでした。「MotorSport」は12/7にオフィシャルのビデオがリリースされてストリーミングで9位から5位にアップしてHOT100でもTOP10入りとなりました。女性では初めてですが、男性ラッパーではデビューから3曲連続TOP10入りは、MCハマー、チンギー、ジュエルス・サンタナ、フェティ・ワップの4人が記録しています。

 

https://item.rakuten.co.jp/americanpie/sny64222

さて、先週11位まで上がってきて最高位に並んだマライア・キャリーの「All I Want For Christmas Is You」ですが今週なんとTOP10に入りました。第9位です。94年にリリースされたこの曲が23年たって最高位を記録しました。マライアのTOP10入りは2009年「Obsessed」(7位)以来8年ぶりです。これでTOP10ヒットは28曲となりスティーヴィー・ワンダーと並んで歴代5位タイとなりました。

 
TOP10ヒット曲数

 

1位 38曲 Madonna
2位 34曲 Beatles
3位 31曲 Rihanna
4位 29曲 Michael Jackson
5位 28曲 Mariah Carey
5位 28曲 Stevie Wonder
7位 27曲 Janet Jackson
7位 27曲 Elton John

 

https://item.rakuten.co.jp/americanpie/snyl196808

また、90年代、00年代、10年代でTOP10入りを記録しました。これは12人目。その中でもマドンナ、ホイットニー・ヒューストンは80年代から、マイケル・ジャクソンは70年代から連続して記録しています。

 

ここでビルボードが発表したマライア・キャリーのオールタイムTOP40ヒットをご紹介します。

 
1. We Belong Together (05年最高位1位)
2. One Sweet Day / Mariah Carey & Boyz II Men (95/1)
3. Love Takes Time (90/1)
4. Vision of Love (90/1)
5. Fantasy (95/1)
6. Emotions (91/1)
7. Dreamlover (93/1)
8. Someday (91/1)
9. Hero (93/1)
10. Always Be My Baby (96/1)

 

11. I Don’t Wanna Cry (91/1)
12. Shake It Off (05/2)
13. Without You/Never Forget You (94/3)
14. My All (98/1)
15. I Know What You Want / Busta Rhymes & Mariah Carey Feat. The Flipmode Squad (03/3)
16. Can’t Let Go (92/2)
17. Honey (97/1)
18. Don’t Forget About Us (05/1)
19. I’ll Be There (92/1)
20. Heartbreaker / Mariah Carey Feat. Jay Z (99/1)

 

21. Touch My Body (08/1)
22. Endless Love / Luther Vandross & Mariah Carey (94/2)
23. I Still Believe (99/4)
24. Make It Happen (92/5)
25. Obsessed (09/7)
26. Thank God I Found You / Mariah Carey Feat. Joe & 98 Degrees (00/1)
27. Anytime You Need a Friend (94/12)
28. All I Want for Christmas Is You (17/9)
29. Loverboy / Mariah Carey Feat. Cameo (01/2)
30. It’s Like That (05/16)
31. #Beautiful / Mariah Carey Feat. Miguel (13/15)
32. When You Believe / Whitney Houston & Mariah Carey (99/15)
33. Bye Bye (08/19)
34. U Make Me Wanna / Jadakiss Feat. Mariah Carey (04/21)
35. Crybaby / Mariah Carey Feat. Snoop Dogg (00/28)
36. I’ll Be Lovin’ U Long Time (08/58)
37. I Want to Know What Love Is (09/60)
38. Through the Rain (03/81)
39. Say Somethin’ / Mariah Carey Feat. Snoop Dogg (06/79)
40. My Love / The-Dream Feat. Mariah Carey (09/82)

 

 

/////////////////////////////

 

12/30付。今週のビルボード・アルバム・チャートから。

 

https://item.rakuten.co.jp/americanpie/capnb002758902

今週の第1位はカントリー・アルバム・チャートも初登場第1位のルーク・ブライアン『What Makes You Country』です。108,000EAU、実売は99,000枚でした。6枚目のスタジオ・アルバムで通算4枚目の第1位です。カントリーでは8枚目の第1位。前作『Kill The Lights』は史上初となる6曲のカントリー・エアプレイ・チャートNo.1ソングが誕生しています。

 
アルバムチャートは実売のセールスに加えて収録曲のダウンロードやストリーミング回数も加味してランキングされています。EAUは換算枚数をあらわしています。

 
今週のTOP10内初登場はあと2枚です。

 
第5位に初登場したのが、クオリティ・コントロール・レコードのオムニバス・アルバム『Quality Control: Control The Streets, Vol. 1』です。52,000EAU、実売はたったの4,000枚でした。ほとんどストリーミングです。合計で6810万ストリームスを稼ぎました。ユニバーサル・ミュージックの傘下にあるレーベルのようです。所属しているのはミーゴス、リル・ヤティなどでこのアルバムにはその他に、タイ・ダラー・サイン、コダック・ブラック、ニッキー・ミナージュ、カーディB、グッチ・メイン、ヤング・サグなどが参加しています。CDリリースはありません。

 
第6位にはビッグ・ショーンとメトロ・ブーミンのコラボ・アルバム『Double Or Nothing』が入りました。こちらも『Quality Control: Control The Streets, Vol. 1』同様、50,000EAU、実売1万枚で、5750万ストリームスによって6位に初登場しました。ビッグ・ショーンは5枚目、メトロ・ブーニンは2枚目のTOP10入りです。ビッグ・ショーンは今年の2/25に『I Decided.』が第1位になっています。メトロ・ブーミンは21サヴェージ、ミーゴスのオフセットとのコラボ・アルバム『Without Warning』が10/31にリリースしたばかりでこちらは最高位4位でした。『Double Or Nothing』もCDリリースはありません。

 

https://item.rakuten.co.jp/americanpie/a0121584105

最後に今週の170位のアルバムをご紹介します。ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズの『Legend』です。今週めでたく通算500週目のチャートインとなりました。ビルボード200ではピンク・フロイドの『Dark Side Of The Moon』の934週に次ぐ歴代第2位の登場週数です。このアルバムは1984年5/1にリリースされ、8/18付で初チャートインを果たしました。その後最高位54位を記録しました。カタログ・アルバムも集計対象に含めるようになった2009年に再登場してグーグル・プレイのセールで2014年に最高位5位を記録しています。91年以降のセールスだけで1230万枚を記録。RIAAでは1500万枚のセールスを認定しています。73年から83年にかけてリリースされた13枚のアルバムからピック・アップされています。

 

ビルボード200登場週数ランキング

 
1位 934週 Pink Floyd / The Dark Side of the Moon
2位 500週 Bob Marley & The Wailers / Legend: The Best Of Bob Marley & The Wailers
3位 490週 Johnny Mathis / Johnny’s Greatest Hits
3位 490週 Journey / Journey’s Greatest Hits
5位 480週 Original Cast Recording / My Fair Lady
6位 461週 Metallica / Metallica
7位 423週 Guns N’ Roses / Greatest Hits
8位 380週 Nirvana / Nevermind
9位 371週 Eminem / Curtain Call: The Hits
10位 355週 Adele / 21

 

関連記事

オフ会映像

ひたすら・・・歌い出しがタイトル!の全米トップ40ヒットを聴く飲み会

Facebook