ラジオ番組企画&制作&音楽全般のプロデュースの株式会社 ヤング・スタッフ

2018/1/13 Billboard Chart

time 2018/01/16

1/13付

★ビヨンセ、ラジオ・ソングスで9年ぶりの第1位

★カーデイB、R&Bでは4曲同時TOP10入り

★ハイ・スクール・ミュージカルのあの人が久しぶりにHOT100入り

★ゴールデングローブ賞最優秀主題歌賞受賞『The Greatest Showman』はアルバム・チャート第1位へ

★ボナルー、今年はエミネム

★今週のあめりかん☆ぱい集計オールタイム・ランキングはボニー・レイットと全米ツアーのあの人

 

1/13付。今週のビルボード・シングル・チャートから。

 

今週の第1位はエド・シーラン・デュエット・ウィズ・ビヨンセの「Perfect」、5週連続第1位です。109,000ダウンロードでデジタル・セールスは6週連続第1位。ストリーミングは2位から4位へダウン、ラジオ・ソングスは第1位になりました。ラジオ・ソングスの第1位はエド・シーランは「Shape Of You」以来2曲目、ビヨンセは「Single Ladies (Put A Ring On It)」以来9年ぶり6曲目の第1位です。

 

https://item.rakuten.co.jp/americanpie/imt5424412

第2位は先週の3位から再浮上、カミラ・カベロ・フィーチャリング・ヤング・サグの「Havana」です。これで通算6週目の第2位。昨年はDJキャレド・フィーチャリング・リアーナ&ブライソン・ティラーの「Wild Thoughts」が7週間最高位2位というのがありました。女性アーティストのリード・アクトとしてはレディ・ガガの「Bad Romance」(2009-10、7週間最高位2位)以来の最高位2位の週数とのことです。ラジオ・ソングスは1位から2位へ、ストリーミングが5位から2位、デジタル・セールスは3位変わらずでした。ポップ・ソングス・チャートでは7週連続第1位です。今週71位に次のシングル「Never Be The Same」(最高位61位)が再登場しました。こちらのオフィシャル・ビデオが12/29にリリースされているのでこちらの動きにも注目しましょう。

 

今週のカーディB。Gイージー・フィーチャリング・エイソップ・ロッキー&カーディBの「No Limit」が最高位4位から5位へダウン。ミーゴス、ニッキー・ミナージュ&カーディB「MotorSport」が7位から8位へダウン。「Bodak Yellow (Money Moves)」は10位変わらずで先週に引き続いてデビュー曲から3曲同時にTOP10入りを果たしています。さらに先週14位初登場のカーディB・フィーチャリング・21サヴェージ「Bartier Cardi」は19位へダウン。先週52位初登場のオズナ&カーディB「La Modelo」は今週61位へダウン。そして今週初登場があります。35位に初登場したのが「Finesse」。ブルーノ・マーズ&カーディB。ブルーノ・マーズのアルバム『24K Magic』収録の「Finesse」ですが、アルバムにはカーディBのリミックス・バージョンは収録されていません。1/4にこのリミックス・バージョンとオフィシャル・ビデオがリリースされて今週35位に初登場となりました。

 
さらにR&Bヒップホップ・ソングス・チャートでは先週に引き続いて今週もデビューから4曲同時にTOP10に入っているんです。「No Limit」が2位、「MotorSport」が3位、5位が「Bodak Yellow」で9位に「Bartier Cardi」が入っています。TOP10に4曲同時は2016年5/14付でビヨンセがアルバム『Lemonade』の発売で6、7、8、10位に「Formation」、「Sorry」、「Hold Up」、ザ・ウィークエンドをフィーチャリングした「6 Inch」が同時にランクされて以来となりました。他に4曲同時TOP10入りは50セント、ドレイク、リル・ウェイン、2チェインズ、エミネム、ケンドリック・ラマーが記録しています。ドレイクとケンドリック・ラマーは5曲同時TOP10入りも記録しています。

 

https://item.rakuten.co.jp/americanpie/atl564880

さて、今週はアルバム『The Greatest Showman』から4曲がHOT100に入りました。その中で95位に初登場したのが「The Greatest Show」です。アーティストがヒュー・ジャックマン、キアラ・セトル、ザック・エフロン、ゼンデイヤ&ザ・グレイテスト・ショーマン・アンサンブルとなっています。ヒュー・ジャックマンは初チャートイン。キアラ・セトルは83位に「This Is Me」でキアラ・セトル&ザ・グレイテスト・ショーマン・アンサンブルとしてもう1曲初登場しています。そしてこの曲が第75回ゴールデン・グローブ賞で最優秀主題歌賞を獲得しました。ゼンデイヤは2014年に最高位40位を記録した「Replay」がありますが通算4曲目のHOT100入りです。そして懐かしい名前がザック・エフロン。あの『High School Musical』で一世を風靡しました。HOT100でもヴァネッサ・ハジェンスとのデュエット・ソング「Breaking Free」が最高位4位を記録するなどハイ・スクール・ミュージカル・キャスト名義のヒット曲も含めてシリーズ3作から14曲、2007年にはヘア・スプレイ・キャストとして1曲の合計15曲のHOT100ヒットがあります。

 

 
/////////////////////////////

 

 

1/13付。今週のビルボード・アルバム・チャートから。

 

https://item.rakuten.co.jp/americanpie/atl564880

今週の第1位は先週の5位からアップ、登場4週目で第1位となったサウンドトラック『The Greatest Showman』です。106,000EAU、実売は78,000枚でした。サウンドトラックの第1位は昨年3/4の『Fifty Shades Darker』以来。過去5年で10枚目のサウンドトラック第1位だそうです。今週は12/29から1/4までのセールスが集計されています。1/6付が12/22から12/28までの集計ということで今週はクリスマス週が明けた週なのでセールスは軒並みダウンしました。TOP10内で先週よりセールスがあがったのがこの『The Greatest Showman』だけでした。

 

アルバムチャートは実売のセールスに加えて収録曲のダウンロードやストリーミング回数も加味してランキングされています。EAUは換算枚数をあらわしています。

 
今週のTOP10内初登場はありませんでした。

 

https://item.rakuten.co.jp/americanpie/aftmb002776202

今年のサマー・ツアーの日程が続々と発表になっています。

 

テネシー州の野外ロック・フェスティバル、第17回『ボナルー・ミュージック&アーツ・フェスティバル』は今年も150組以上のアーティストが10のステージでパフォーマンスを繰り広げます。6/7から6/10までで、ヘッドライナーにはエミネム、キラーズ、ミューズ、フューチャーの名前が。他にもバスネクター、スタージル・シンプソン、ボン・イヴェール、キャリド、カスケード、パラモア、アルトJ、デュア・リパ、シェリル・クロウ、アンダーソン・パーク、ナイル・ロジャース&シック、プレイボーイ・カーティなどが出演します。

 
カントリーではミランダ・ランバートとリトル・ビッグ・タウンの豪華ジョイント・ツアーが行われます。7/12ノース・カロライナ州シャーロットから8/24ミシガン州クラークストンまで13公演。2組でACMアワード合計36回、CMA21回、グラミー賞は4回受賞しているそうです。

 
2/4の第52回スーパーボウルのハーフタイム・ショーに出演するジャスティン・ティンバーレイクも4年ぶりニュー・アルバム『Man Of The Woods』2/2リリースのあと、北米ツアーが始まります。3/13トロントのエア・カナダ・センターを皮切りに5/30テネシー州メンフィスのフェデックス・フォーラムまでニュー・ヨーク、シカゴ、デトロイト、ボストン、モントリオール、ラス・ヴェガス、ロス・アンゼルス、アトランタ、マイアミなど27都市を回ります。ちなみにスーパーボウルの国歌斉唱はピンクです。

 
ロッド・スチュワートは6/25ロス・アンゼルス・ハリウッド・ボウルから9/1シアトル・ホワイト・リバー・アンフィシアターまで全22公演をシンディ・ローパーとともに行います。

 

https://item.rakuten.co.jp/americanpie/sny377769

そしてジェームス・テイラーはボニー・レイットとともに5/8から7/1まで17公演を行います。今週のあめりかん☆ぱい集計オールタイム・ヒットはジェームス・テイラーのHOT100オールタイム・ランキングです。

 
1. You’ve Got A Friend (71/1)
2. Fire And Rain (70/3)
3. Handy Man (77/4)
4. How Sweet It Is (To Be Loved By You) (75/5)
5. Mockingbird / Carly Simon & James Taylor (74/5)
6. Don’t Let Me Be Lonely Tonight (73/14)
7. Her Town Too / James Taylor & J. D. Souther (81/11)
8. Shower The People (76/22)
9. Your Smiling Faces (77/20)
10.  (What A) Wonderful World / Art Garfunkel with James Taylor & Paul Simon (78/17)

 

11. Up On The Roof (79/28)
12. Long Ago And Far Away (71/31)
13. Country Road (71/37)
14. Mexico (75/49)
15. Devoted To You / Carly Simon & James Taylor (78/36)
16. Everyday (85/61)
17. Carolina In My Mind (70/67)
18. Honey Don’t Leave L. A. (78/61)
19. One Man Parade (73/67)
20. Hard Times (81/72)
21. Never Die Young (88/80)
22. Little More Time With You (97/70 Airplay)

 

関連記事

オフ会映像

ひたすら・・・歌い出しがタイトル!の全米トップ40ヒットを聴く飲み会

Facebook