ラジオ番組企画&制作&音楽全般のプロデュースの株式会社 ヤング・スタッフ

Larry Carlton@Blue Note Tokyo

time 2018/02/07

フュージョン・ギターの代名詞、いや普通名詞といえそうな・・・

Larry Carlton♪

ほぼ毎年日本公演を行っていますが、今回は”The Greatest Hits”と題し、自分の代表曲と自分が関わった曲をプレイする、といった内容とのこと!!

2月5日(月)お馴染みのBlue Note Tokyo

セカンド・ステージです。

定刻21時を5分ばかり回ったところで、ライトダウン!!

ジーンズにジャケットを羽織ったカジュアルなスタイルのLarry Carlton♪

一人で登場!!

お馴染みのギブソンES-335を抱え、静かに奏でるは・・・

The Lord’s Prayer♪

そして、曲はお馴染みSong For Katie♪

心地よくリラックスした気分に・・・

“Thank You Very Much, Good Evening!”

ここでLarry♪の紹介でメンバー登場!!

キーボードはMitch Forman♪、ドラムスはGary Novak♪、ベースは息子のTravis Carlton♪、サックスはPaulie Gerra♪

凄腕のミュージシャン揃いです。!!

ドラムスのビートが響き、曲はDeep Into It♪

Larry♪はES-335を軽快に奏で、Paulie♪とのサックスとの掛け合いも!!

後半、ベースとキーボードのプレイも光ります。

そのMitch♪がエレクトリック・ピアノとシンセサイザーを同時に操るイントロから、Friday Night Shuffle♪

タイトル通り、シャッフルのリズムで、Larry♪は勿論、各自のソロもフィーチャー!!

この2曲はやや長めの演奏でした。・・・

「Crusaders♪のナンバーだよ・・・」

ベースの音が響いて、曲は、My Mama Told Me So♪

そう、Larry♪はThe Crusaders♪にもいたのですよね。!!

ここではPaulie♪の多彩なプレイ!!

Wilton Felder♪が亡くなって、もうCrusaders♪としては聴けない、としみじみ思います。・・・

やや静かになって曲は、10 PM♪

Larry♪のタイトなギターの音がお馴染みのナンバーです。

「Paulie♪は偉大なサックス奏者だけど、偉大なシンガーでもあるよ・・・」

Larry♪が総紹介して、曲はI’m Gonna Move To The Outskirts Of Town♪

ブルース・ナンバーですが、その通り、Paulie♪が、Joe Cocker♪を思わせる渋い歌を聴かせ、サックスもフィーチャーされます。

一転して軽快に、Smiles And Smiles To Go♪

タイトル通り明るい曲だけに場内も心地よいムードに!!

そしてMitch♪が流暢に奏でるキーボードのイントロから、Minute By Minute♪

勿論、Doobie Brothers♪のナンバーですが、Larry♪がカバーして近年のライヴ♪では定番のよう、サックスもフィーチャー!!

ここで、Larry♪が・・・

「今回、日本で初めてプレイする曲が2曲あるよ・・・」

先ずは、Michael Jackson♪のShe’s Out Of My Life♪

そう、このレコーディングにLarry♪は参加していたのですよね。!!

場内は彼のギターに聴き入っていました。

Michael♪がステージでいつも涙していた曲・・・でももうそれも・・・色々思いがこみ上げてきます。・・・

「2曲目はテレビ番組のテーマ曲、グラミー賞も取ったよ・・・」

ピアノのイントロから・・・

Theme From Hill Street Blues♪

テレビ番組のテーマ曲でお馴染みのMike Post♪のナンバーですが、全米TOP40で、Larry Carlton♪の名前が登場したのはこの曲だけじゃないでしょうか。!!

TOP40ファンは感動のことでしょう。!!

そしてLarry♪のソロ!!

これは感動もの!!

但し日本では番組自体話題にならなかったので、場内のウケが今ひとつ、残念でした。

(Rockford Filesならもっと違ったでしょう。(笑))

ライヴも終盤へ、曲はOui Oui Si♪

ベースも力強く響き、メンバーもノっています。

そして、Larry♪は謝辞を言って、少しカッティングをして・・・

Room 335♪

やはり!!これ!!

フュージョン・ミュージックというジャンルを確立したナンバーともいえるでしょう。!!

最高潮で、The Greatest Hits Live♪はお開きとなりました。・・・

日本でもお馴染みのLarry Carlton♪だけに毎回色々と違った志向でのライヴ♪を行なってくれていますが、今回は自分の関わった曲も合わせてのGreatest Hits Live♪

今回のライヴでは、既に亡くなった方を思い偲ばせる曲も登場し、寂しい思いもした一方、まさかのHill Street Blues♪には本当に感動!!

改めて音楽は永遠である!!と実感いたします。!!

さてLarry Carlton♪

次回はどんなライヴ♪になるのか!!

早くも楽しみです。!!

関連記事

オフ会映像

ひたすら・・・歌い出しがタイトル!の全米トップ40ヒットを聴く飲み会

Facebook