ラジオ番組企画&制作&音楽全般のプロデュースの株式会社 ヤング・スタッフ

Bay City Rollers@duo Music Exchange

time 2018/02/20

今年もLeslie McKeown♪が率いるBay City Rollers♪公演!!

勿論、全盛期のメンバーは彼だけ!!

場所は渋谷のduo MUSIC EXCHANGE♪

2月18日(日)、2ステージあり、18時からのセカンド・ステージ!!

今回はオール・スタンディングです。

開演予定時刻18時を回ったところでライトダウン!!

“Good Evening!,Tokyo!”

「スコットランドからやって来たLes McKeown’s Bay City Rollers・・・」

アナウンスとともに、バグパイプの音楽でScotland To The Brave♪が流れる中、メンバー4人登場!!

場内へ手拍子を煽り・・・そして・・・

Leslie♪(以降、Les♪)登場!!

拍手喝采!!

軽快に、All Of Me Loves All Of You♪でスタート!!

Les♪は勿論、全員のウエアの中にタータン・チェックが入っています。!!

Hey!と観客も腕を振り上げ、Les♪はステージを左右に・・・

ドラムスから続いて・・・I Only Want To Be With You♪

メンバーもしっかりコーラスをつけています。!!

ここでLes♪開口

「コンニチワ、コンバンワ、オハヨーゴザイマス・・・」

「みんな若かったよね・・・次はイギリスで最初のヒット曲・・・」

そう言って、ドラムスのロールから・・・Keep On Dancing♪

そういえば、若かりし頃の~Rollers♪ではオープニングとかにやっていたのでは・・・

観客もコーラスをつけているようです。!!

ここで、メンバー紹介

ベースはLes♪とは長い付き合いのSi Mulvey♪

ギターはPhil Hendricks♪、キーボードはScott McGowan♪、ドラムスはDaniel Guest♪

最後にLes♪が紹介され、キーボードの軽快な音から、Be My Baby♪

ハードな演奏をブリッジに、一転して、Give A Little Love♪

バラードはしっかり聴かせます。

「アルバムIt’s A Gameから・・・」

先ずは、タイトル曲It’s A Game♪

ハードな演奏に観客もノって、盛り上がってきます。

「今のは速かったけど、今度はスローに・・・覚えているかな!?・・・」

そう言って、The Way I Feel Tonight♪

~Rollers♪が発表した中でも、屈指の名曲!!

この曲が全米でもっとヒットしたら、彼らの運命も変わっていたかもしれません。・・・

「アイシテマス・・・」とLesが日本語で入れていました。

「一緒に歌ってくれないか!?」

曲はRemember (Sha La La La)♪

観客のコーラスも昔のまま・・・

続いてさらにヒート・アップして・・・

Rock’N Roll Love Letter♪

何か嬉しくなってきます。!!

一転して「ファースト・アルバムに入っていた・・・」ということで、Please Stay♪

カバー曲ですが、今のLes♪が歌うことで味のあるものになっていると思います。!!

ここでベースのSiと少し話をして・・・

「1976年の曲、覚えているかい・・・Yesterday♪だよね(笑)」

S, A, T, U, R, D, A, Y,  Night~♪

勿論、Saturday Night♪

この一体感!!

これは永遠でしょう。!!

続いて、メンバー全員に歌えるかを確認して・・・

Rock’N Roller♪

盛り上がる中、Cos I Wanna Be A Rock’n Roll Star~♪の部分はメンバーが交互に歌っていました。!!

さてここで今回のライヴの特別なコーナーへ・・・

「1970年代のスターへのトリビュートだよ!!・・・」

先ずは、ピアノのイントロから、Bohemian Rhapsody♪

Les♪は客席にマイクを・・・

Mama~♪と、Queen♪のコンサートなら、お客さんは完璧に歌うでしょうが・・・

まあこんなものでしょう。(苦笑)

・・・続いてキーボードのScott♪はギターに持ち替え、T. Rex♪の20th Century Boy♪、Sweet♪のBlock Buster♪、Alvin Stardust♪のMy Coo Ca Choo♪、Mud♪のTiger Feet♪

そして、~Rollers♪時代にもやっていたDavid Bowie♪のRebel Rebel♪

最後にもう一度、Bohemian Rhapsody♪の最後の部分・・・

Nothing Really Matters To Me・・・Anyway The Wind Blows~♪

・・・このように絞められました。・・・

・・・尚、これらの歌を歌っていた人は全員、お亡くなりになっているのです。・・・

そしてこの後、プレイされたのが、Yestyerday’s Hero♪

まさにその通り!!

コンサートもクライマックスへ・・・

「最後の曲・・・」

そう言うと観客は嘆息を・・・

Shang-A-Lang♪

初期のナンバーですが、盛り上がりは同じ!!

メンバーのソロも導入され、いったn終了となりました。・・・

We Want Rollers~!!のコールの中・・・

Les♪は自身の日本語での曲「さよならマイ・ラヴ」♪を歌いながら登場!!

「さよならを言う時の歌、Bay City Rollers♪はいつもこれだったよ・・・」

コーラスから始まって、勿論、Bye, Bye, Baby (Baby Goodbye)♪

’70年代から洋楽を聴き始めた人にとっては、これはFour Seasons♪でなく、Bay City Rollers♪

そう、1975年夏にこの曲でタータン・ハリケーンは、この曲で日本上陸したのでした。!!

観客も手拍子、歌で大ノリ、ギター・ソロもフィーチャーされ、大盛り上がりでエンディング!!

エンディングBGMとしてスコットランド民謡Loch Lomomd♪が流れる中、メンバーは整列して、場内の声援に応じ、Les♪は握手等に応じ、ステージを後に・・・

2018年版Bay City Rollersのステージは幕を閉じました。・・・

さてBay City Rollers♪

改めて聴いてみると、Beach Boys♪に匹敵する良質のポップ・ミュージックが多いことを実感します。!!

Rock’N Roll Love Letter♪とか、自然に体も動いてきて、今回も大いに楽しむことができました。

今回、40年以上のファンの皆さんも多数来られていたことと思いますが・・・

皆さんの願いは、いくらLes♪の歌が中心とはいえ、「Eric♪、Woody♪、Derek♪、そしてAlan♪と一緒にやってほしい!!」ということでしょう・・・

自分のようなものでも、それを期待したいと思っている次第です。!!

オフ会映像

ひたすら・・・歌い出しがタイトル!の全米トップ40ヒットを聴く飲み会

Facebook