ラジオ番組企画&制作&音楽全般のプロデュースの株式会社 ヤング・スタッフ

2018/2/17 Billboard Chart

time 2018/02/20

2/17付

★週間ストリーミング数ランキング歴代4位ー6位はすべて「God’s Plan」

★3週連続でTOP10内に初登場曲が

★「Meant To Be」カントリー初登場1位の謎

★ジャスティン・ティンバーレイク、堂々の初登場1位は4枚連続

★スーパー・ボウル絡みでミーク・ミルの5年前のアルバムが再登場

★今週のあめりかん☆ぱいHOT100オールタイム・ランキングは今年もジョイント・コンサート・ツアーをするあの2組です

 

2/17付。今週のビルボード・シングル・チャートから。

 


今週も第1位は7960万ストリームスで「God’s Plan」です。HOT100、ストリーミング・チャートともに3週連続第1位。ストリーミング・チャートで3週連続7500万以上は史上初です。

 

週間ストリーミング数ランキング
1位 1億310万 Harlem Shake / Baauar (2013/3/2)
2位  9760万 Harlem Shake / Baauar (2013/3/9)
3位  8450万 Look What You Made Me Do / Taylor Swift (2017/9/16)
4位  8330万 God’s Plan / Drake (2018/2/10)
5位  8240万 God’s Plan / Drake (2018/2/3)
6位  7960万 God’s Plan / Drake (2018/2/17)

 

デジタル・セールスは4位から再び第1位(2週目)、ラジオ・ソングスは30位から17位へアップしました。R&Bヒップホップ・ソングス、ラップ・ソングス・チャートでも3週連続第1位です。

 

https://item.rakuten.co.jp/americanpie/iscb002797202

第7位にはザ・ウィークエンド&ケンドリック・ラマーの「Pray For Me」がいきなり初登場しました。これでHOT100では3週連続でTOP10内初登場曲が誕生しています。3週連続でTOP10内初登場が誕生したのは10回目です。最長は95年11/18から12/9までの4週連続でした。デジタル・セールスで第2位、ストリーミングで16位に初登場、ラジオ・ソングスは47位から35位へアップしています。サウンドトラック『Black Panther: The Album』に収録されています。サウンドトラックは2/9にリリース、映画は2/16全米公開されました。日本公開は3/1です。

 
先週14曲同時エントリーを果たしたミーゴスですが、今週は7曲がとどまっています。その最高位にいるのが先週の12位から今週は第8位へ上がった「Stir Frey」です。1/28にオフィシャル・ビデオがリリースされました。ミーゴスとしては3曲目のTOP10ヒットです。

 

https://item.rakuten.co.jp/americanpie/wb563217

11位から9位にはビービー・レクサ&フロリダ・ジョージア・ラインの「Meant To Be」がアップしました。カントリー・ソングス・チャートでは11週連続第1位となり。1位週数で女性ソロ単独1位となりました。

 

今回カントリー・ソングス・チャートでは1位に初登場しているのですが、それが12/16付。この時のカントリー・エアプレイ・チャートでは前週57位初登場から48位に上がっていました。一方HOT100では17年11/11に61位に初登場して今週まで16週間連続でチャートインしているのです。なぜこの間、カントリー・ソングス・チャートに登場しなかったのでしょうか。カントリー・デジタル・セールス・チャートでは12/16で初めて登場しているのです。順位は第1位。これとストリーミングが集計対象となってカントリー・ソングス・チャートで初登場1位になったわけですが、実際には、HOT100チャートの集計要素であるデジタル・セールス・チャートでは、12/16付で第8位ですが、その前が9位、その前が11位、その前が16位とランキングされてきています。これがカントリーで集計対象になっていれば、もっと前にカントリー・ソングス・チャートで初登場していたはずです。百歩譲って、カントリー・エアプレイ・チャートに入ってから集計対象としたとしても、12/9付でカントリー・エアプレイ・チャートの57位に初登場し、デジタルでは9位にランキングされていたのですから、12/9付でカントリー・ソングス・チャートに初登場してもおかしくないと思います。カントリー・ソングス・チャートでは史上3曲目の初登場1位となっておりますが、12/16付からこの曲のデジタル、ストリーミングを集計対象にしたビルボードの集計ミスによって生まれた初登場1位と思います。

 

 

/////////////////////////////

 

 

2/17付。今週のビルボード・アルバム・チャートから。

 

https://item.rakuten.co.jp/americanpie/rca581321

今週の第1位はソロになってから通算4枚目の第1位となったジャスティン・ティンバーレイクの『Man Of The Woods』です。293,000EAU、実売は242,000枚のセールスでした。242,000枚の内訳(1000枚単位を四捨五入)は、デジタル・セールスが139,000枚、CDが89,000枚、LPが15,000枚となっております。91年以降ではLPセールスは男性ソロでジャック・ホワイトの『Lazaretto』(94年6/28)が記録した4万枚に次ぐセールスだそうです。5枚目のスタジオ・アルバムですがソロ・デビューの『Justified』(02年)だけが最高位第2位で、それ以降の『FutureSex/LoveSounds』(06年)、『The 20/20 Experience』(13年)、『The 20/20 Experience (2 of 2)』(13年)と今作品で4枚連続で1位なんです。ちなみに『Justified』が初登場2位だったのですが、その時の1位はその前週に1位に初登場したサウンドトラック『8 Mile』の2週目の第1位でした。

 

このアルバムの大ヒットでジャスティン・ティンバーレイクはビルボードが発表しているアーティスト・ランキングであるアーティスト100チャートで初の第1位になりました。このチャートは2014年7月にスタートしているので前作の初登場1位の時はまだこのチャートがありませんでした。サウンドトラック『Troll』からの「Can’t Stop The Feeling!」がヒットしているころのこのチャートでは最高位が第5位でした。このチャートはアルバム、トラック・セールスにエアプレイ、ストリーミング、SNSでの注目度をポイント化してランキングされます。2/4の第52回スーパーボウルのハーフタイム・ショーでのパフォーマンスも手伝って、アルバム・セールスも伸びました。

 

ジャスティン・ティンバーレイクは、スーパーボウルがミネアポリスで開催されたことにちなんでミネアポリス出身のスーパースター、プリンスに捧げる「I Would Die 4 U」をパフォーマンスしたのですが、そのおかげでプリンスが再注目されてアーティスト100の71位に再登場しています。

 

https://item.rakuten.co.jp/americanpie/wb530451

またスーパーボウル絡みでは、128位にミーク・ミルの『Dreams And Nightmares』が再登場しています。このアルバムは2012年最高位2位を記録しているのですが、このタイトル・ソングが今回ニューイングランド・ペイトリオッツを41対33で破ったフィラデルフィア・イーグルスのチーム・ソングになっているんです。この曲を全員で歌って気分を盛り上げて試合に臨んだり、勝利のあとロッカールームで大合唱しているそうです。今回も優勝パーティでこの曲の大合唱があったとか。ミーク・ミルもそのことを知っているようで獄中で喜んでいるようです。なんで獄中かって?2008年に薬物取引と銃器関連で逮捕されて09年に保護観察付の執行猶予という判決が下されたのに保護観察規定を違反して実刑を言い渡されて収監されているんです。

 
アルバムチャートは実売のセールスに加えて収録曲のダウンロードやストリーミング回数も加味してランキングされています。EAUは換算枚数をあらわしています。

 
今週はTOP10内初登場はあと1枚あります。

 

https://item.rakuten.co.jp/americanpie/snyl80864

第10位に初登場したのが、コンピレーション・アルバム『Now 65』です。アメリカ盤『Now』シリーズも今年20周年だそうで、このナンバー・シリーズは前作の『Now 64』(最高位12位)を除いてすべてTOP10入りしてきました。現在のアルバム・チャートの集計方法がストリーミングやトラック・セールスを換算しランキングされていますが、『Now』シリーズの収録曲はこのアルバムで初めて収録された『Now』シリーズがお勧めしている注目曲しかその対象でないため、ほとんどランキングを押し上げる要素になっていないのです。そのため最近はTOP10の下の方かぎりぎり、タイミングによってはTOP10を逃す結果となっております。そのような換算部分を除いたビルボードのトップ・アルバム・セールス・チャートでは第3位に初登場しました。

 

https://item.rakuten.co.jp/americanpie/capb002674802

 

https://item.rakuten.co.jp/americanpie/amb000053102

昨年もツアーをしたとのことですが、スティーヴ・ミラー・バンドとピーター・フランプトンが今年も一緒にツアーをするそうです。スティーヴ・ミラーは『Children Of The Future』(68年最高位134位)で初めてアルバム・チャートにデビューしてから今年で50年。74歳です。6月中旬にインディアナ州エヴァンズヴィルからスタートして8月ワシントン州ウッディンヴィルまで39公演のスケジュールが発表されました。ということで今週のあめりかん☆ぱいHOT100オールタイム・ランキングはこの2組のアーティストのオールタイムTOP20ヒットです。

 
1. Abracadabra / Steve Miller Band (82/1)
2. The Joker/ Steve Miller Band (74/1)
3. Fly Like An Eagle / Steve Miller (77/2)
4. I’m In You / Peter Frampton (77/2)
5. Rock’N Me / Steve Miller (76/1)
6. Show Me The Way / Peter Frampton (76/6)
7. Jet Airliner / Steve Miller Band (77/8)
8. Do You Feel Like We Do / Peter Frampton (76/10)
9. Take The Money And Run / Steve Miller (76/11)
10. Baby, I Love Your Way / Peter Frampton (76/12)

 

11. Signed, Sealed, Delivered (I’m Yours) / Peter Frampton (77/18)
12. Swingtown / Steve Miller Band (77/17)
13. I Can’t Stand It No More / Peter Frampton (79/14)
14. Jungle Love / Steve Miller Band (77/23)
15. Heart Like A Wheel / Steve Miller Band (81/24)
16. Living In The U.S.A. / Steve Miller Band (74/49)
17. Tried To Love / Peter Frampton (78/41)
18. Give It Up / Steve Miller Band (83/60)
19. Your Cash Ain’t Nothin’ But Trash / Steve Miller Band (74/51)
20. Going To The Country / Steve Miller Band (70/69)

 

オフ会映像

ひたすら・・・歌い出しがタイトル!の全米トップ40ヒットを聴く飲み会

Facebook