ラジオ番組企画&制作&音楽全般のプロデュースの株式会社 ヤング・スタッフ

From The Jam@Duo Music Exchange

time 2018/03/15

The Jam♪のオリジナル・ベーシストで、歌も少し歌っていた・・・

Bruce Foxton♪

2007年より、From The Jam♪としての活動を開始!!

The Jam♪と同じトリオ編成、アルバムもリリースしています。

今回、東京と大阪で来日公演が実現!!

3月13日㈫は渋谷のDuo Music Exchange♪にて・・・

この日はAll Mod Cons 40th Anniversary Show♪と題され、The Jam♪の1978年リリースの名盤All Mod Consのナンバーを中心にプレイするとのことです。

開演予定時刻19時30分になるかならないかの時間にライトダウン!!

メンバー登場!!

Bruce Foxton♪、ギターとヴォーカルにRussell Hastings♪、ドラムスがMark Brzezick♪、このトリオ!!

Bruce♪はステージ向かって右側、ジャケット姿でナイスミドルといった感じ、Jam♪時代のリッケンバッカーでなくフェンダーのベースを抱えています。

Bruce♪が奏でる独自のリズム、アルバムAll Mod Consからのシングル、Down In The Tube Station At Midnight♪でスタート!!

Russell♪は声、歌い方がPaul Weller♪に似ていて、まるでThe Jam♪そのもの、過激な歌詞ながら、観客もOh! Oh! Oh!と大ノリ!!

「コンニチワ」

同じアルバムから、To Be Someone (Didn’t We Have A Nice Time)♪が続き、そしてベースのイントロから、David Watts♪

The Kinks♪のカバーで、Jam♪時代もBruce♪が歌っていました。

少しスローになり、印象的なギターのカッティングからMr. Clean♪

そしてお馴染みのギターのイントロから人気曲In The Crowd♪

When I’m In The Crowd~♪お馴染みのコーラスを歌っています。

力強いイントロでドラムスはカウベルも叩き、‘A’ Bomb In Wardour Street♪

最後は爆発音も!!・・・

All Mod Consの曲が続き、Russell♪が開口

「昨日、少し日本語を教えてもらったよ・・・」

アコースティック・ギターに持ち替え、English Rose♪

Paul Weller♪顔負けの歌を聴かせていました。・・・

「用意はいいか!?・・・」

そう言って、やはりお馴染みのイントロから、Going Underground♪

まだまだ飛ばしていって、Strange Town♪が続き・・・

もう一度、Russell♪が開口

「12年前、Bruce♪が誘ってくれた・・・Rick Buckler♪は抜けちゃったけど、遂に日本に来れたよ!!・・・2年前にアルバムSmash The Clockを出した、そこからのシングルだよ・・・」

そう言って、曲はNow The Time Has Come♪

Jam♪を思わせるナンバー、現役ぶりを示しています。

曲はレゲエ風なカッティングでWhen You’re Young♪、そしてその曲とカップリングだったSmithers-Jones♪

Jam♪時代のBruce♪自作自演ナンバー!!

それだけにベースのイントロから今回の聴きものです。!!

Russell♪が「Selsey Billに住んでいるよ、いいところだよ、そこを歌った歌・・・」

そう言ってSaturday’s Kids♪、まだまだノっています。

ここで一転、静かになって、The Butterfly Collector♪

途中からアップ・テンポになる日本人好みのナンバー!!

やや静かになったところで、ジャーンとギターが力強く!!

That’s Entertainment♪

人気曲だけに場内歓喜!!

今回はエレクトリック・ヴァージョン!!

La la la la la~♪と場内も歌っています。!!

ここで改めてメンバー紹介、お馴染みのベースのイントロから・・・

Start♪

ステージもクライマックスへ・・・

「日本のみんなは優しいし、ここでプレイできて誇りに思うよ!!」

Russell♪はそう言って、パワフルなイントロから・・・

The Eton Rifles♪

場内も拳を振り上げ、ギターソロも入り、最高潮!!

いったん終了となりました。・・・

アンコールに登場!!

パワフルなギターのカッティングからIn The City♪

その勢いのまま、The Modern World♪

「あと2曲やるよ・・・」

そう言ってお馴染みのイントロからGhosts♪

場内も軽快に手拍子!!

「明日も来る人いるかな、大阪でもやるよ・・・初めて日本に来たけどまた来るよ、最後にみんなにこの曲を捧げるよ!!有難う!!・・・」

そしてあのBruce♪自身のベースのイントロから・・・

最後はやはり!!

Town Called Malice♪

最高潮とはまさにこのこと!!

そして場内の一体感!!

まさに1982年にタイムスリップ!!

「有難う・・・明日も来てね・・・」

熱狂のステージは幕を閉じました。!!

Paul Weller♪も近年はThe Jam♪の曲を割とライヴ♪でプレイしてくれていますが、今回のBruce Foxton♪のFrom The Jam♪では、Paul Weller♪がやらないであろう曲も多くやってくれて、嬉しく思ったと同時に改めてThe Jam♪の偉大さも実感した次第です。

さてBruce Foxton♪の活動には、Paul♪も協力的のようですが・・・なんとか本物のThe Jam♪としてもやってくれないかなぁ~!!

そんな甘い期待も秘かに抱いている次第です。!!

 

 

オフ会映像

ひたすら・・・歌い出しがタイトル!の全米トップ40ヒットを聴く飲み会

Facebook