ラジオ番組企画&制作&音楽全般のプロデュースの株式会社 ヤング・スタッフ

Bay City Rollers ㊙日記リターンズ(71)

time 2018/04/30

1978年

 

February 7th Tuesday ①

 

うわぁい! 昨日あのIanの夢を見てしまったのデス!!

 

それはネ・・・・

 

その日はRosetta Stone最後の東京公演だったのでス

(場所はわからない)

なんだか知らないけど、私はなんかの出口でRosetta Stoneが

出てくるのを待ったいたのダ

 

もちろんファンの子もたぁくさんいたし、警備員も。

でも私の友達などはゼンゼンいないのデス。

そうすると突然というか、なんというか私が気がついた時には

ファンがゼンゼンいなくなってしまったノデス。

 

警備員は1人くらいしかいなかった。

でも私は別に何も気にせず一人でひたすら待っていたのデシタ。

そしたらナノデス!

 

あのIanがひょこひょこ出口から出てくるではありませんか!!

 

(他のメンバーもいたかどーかは、まったく記憶にないのダ)

 

 

私は思わずIanの所に駆け寄り

「Ian~~!Ian~~!Ian~~!」

と叫びながら、あのIanを抱きしめてしまたのデス~~~♡

 

もう何回「Ian~~~!」って叫んだかなぁ?

そうとう長い間だったみたい。。。

 

その途中、私は「Ian~~~!」って叫んでるだけじゃぁだめだ!

もっと何か英語で違うこと言わなきゃと思って出た言葉が

 

「Don’t Forget Me!」 ですヨ!!

 

夢の中の私に我ながらカンシン

よくそんなことが考えられたなぁ~

Ah---!でももうダメなんでス♡

あのIanを抱きしめてしまった時の感触が残ってて。

あのIanの胸がとってもとってもあたたかくってやさしくって♡

頼れそーーなカンジで、もうなんとも言えない感じデス・・・・。

 

それにIanの肌がものすごく白くてすべすべしてて・・・

そしてそしてあの、あのIanの髪の毛。

ちょっと茶色ぽくって柔らかそうなヘアだった・・・・。

 

あぁ、もうダメェ・・・・想い出すだけで、もうドキドキしてきちゃう・・・♡

 

 

でもほんとに、その私がIanを抱きしめている時間が長かったのデス。

もう絶対に離したくなぁいってカンジで

 

でもネェ、おかしいことに、たしか警備員が1人くらいいたはず

なのに、なんで止めなかったのカナァ?

(そこがすごく夢的なのヨネ・・・・)

 

それからすごぉくおかしいことに、

その「Ian~~!Ian~~~!」って叫んでた時に

一緒に私「Open!Open!」

とか叫んでたような気がするの。

なんか全然とんちんかんなコトバをネ・・・・

 

夢の中でも、あとで

「Ianを抱きしめてしまっていうのは現実なのカナァ?

なんだか夢のような気がする・・・・。

でも今私がこんなにコーフンした気持ちでいるんだから

あれはやっぱり現実なんダ!!

しかしそれにしても何であの時『Open!』

なんて言ったんだろう?」

 

なーんていうふうに考えてんの。

私も現実に帰ったとき、そのことについては

すごいナゾだったのよネ

 

でも今日いーちゃんやmukaにそのこと話したら

すぐ「Open」について反応してるの。。。

 

私も初めてそこで二人がどーいう意味で考えてんのか

わかったケド。

 

でも私あの時、別にそーんなつもりで言ったわけじゃ

ないんだよナァ。。。

別に意味もなく叫んでたみたいなんだもん・・・・

 

(続く)

 

 

 

オフ会映像

ひたすら・・・歌い出しがタイトル!の全米トップ40ヒットを聴く飲み会

Facebook