ラジオ番組企画&制作&音楽全般のプロデュースの株式会社 ヤング・スタッフ

Christopher Cross@Billboard Live Tokyo 2018

time 2018/05/01

TOP40ファンお馴染みの「ミスター・アーサー」ならず「ミスター・グラミー!!」

Christopher Cross♪

今年もBillboard Live Tokyo♪にて来日公演!!

4月27日(日)セカンド・ステージです。

開演予定時刻21時30分を回ったらライトダウン!!

オープニングBGMが流れ、バックのスクリーンには歴代のアルバム・ジャケット写真

メンバー登場!!

バックグラウンド・ヴォーカルで女性2人、Marcia Rameriz♪、Stepcynie Curry♪

ピアノ、キーボード類が、Jerry Leonide♪

サックス、キーボードがお馴染みの日系人、Andy Suzuki♪

ベースがKevin Reveyrend♪、ドラムスがFrancis Arnaud♪

この6人が定位置に着いて、少し遅れて・・・

Christopher Cross♪登場!!

帽子を被り、シャツを羽織り、ストラトキャスターを抱えています。

ソプラノ・サックスをフィーチャーしたイントロから、All Right♪でスタート!!

ややスローなアレンジ、女性シンガー2人もChris♪の歌をバック・アップだけでなく、ソロでも歌い、ドラム・ソロも!!

少し長めとなっていました。

2曲目はオープニングが多い、Never Be The Same♪

ここでも女性2人と、Andy♪がフィーチャーされます。

「アリガトー、セカンド・ステージにようこそ・・・」

ここでメンバー紹介、そして最後に紹介されたJerry♪がピアノ・ソロ・・・

この美しいピアノの旋律に、Andy♪がストリングスを入れ、そしてChris♪のギター・ピッキング・・・

そう、勿論、Sailing♪

バックの海の映像もお馴染み!!

軽快なリズムで、Walking In Avalon♪

こちらもライヴ♪では定番・・・

「ファースト・アルバムからの曲、アレンジを変えてやるよ・・・」

曲はI Reaaly Don’t Know Anymore♪

こちらもやスローとなり、やはり女性シンガー2人をフィーチャー!!

続いて「日本独自のタイトルが付いた・・・」

そう、勿論、Arthur’s Theme (Best That You Can Do)♪

スクリーンにはニュー・ヨークの光景、この映画主演の故Dudley Mooreの写真・・・

Andy♪のアルト・サックスが感動的に響き・・・

曲はやはりクラブ風となったCurled Around The World♪が続きました。・・・

ここでアコースティック・ギターに持ち替え少し前へ・・・

そして少しトーク、今回初参加の女性シンガー、Stepheynie♪は3ヶ月間、日本語を習っているとのこと・・・

「コンニチワ、キョウハ、キテクレテアリガトー、ワタシタチハ、ウタイマス・・・」

チャーミングに流暢な日本語を話し、それに対しChris♪は

「40年間来てるけど、未だに『コンバンワ』『オハヨー』『アリガトー』しか言えないよ・・・」

場内の笑いを誘い、話は日系人のAndy♪にもふられ・・・

「スミマセン」と答えていました。(笑)

さてアコースティックギターでは、Say You’ll Be Mine♪でスタート!!

こちらも女性シンガー2人が交互に、続いてこのコーナーではお馴染みのBack Of My Mind♪

ボサノヴァ調となったMinstrel Gigolo♪が続きました。

再びChris♪はストラトキャスターに持ち替え・・・

ドラム・ソロから、No Time For Talk♪

パワフルなプレイ!!Andy♪のソロもフィーチャー!!

そして・・・

「1980年、Michael McDonald♪が協力してくれた・・・」

そう、勿論、Ride Like The Wind♪

ここではいつもながら、場内大いに盛り上がります。!!

ウエスタンの映画のシーンをバックに、ここではChris♪、ギターを弾きまくり、最高潮となりました。

ここでいったん終わりと思いきや、バックにはストリングス音が流れ・・・メンバー紹介して曲は・・・

Imagine♪

Chris♪と女性シンガー2人が歌いまわして、スクリーンにはJohn Lennon♪の写真・・・

Christopher Cross♪版のImagine♪で感動的なエンディングとなりました。・・・

ほぼ毎年来ているChristopher Cross♪ですが、今回は女性2人の歌をフィーチャーしたり、Andy Suzuki♪のソロ、さらにはキーボードのJerry Leonide♪も・・・

1曲、1曲少し長めのプレイを楽しむことができました。・・・

とにかく楽曲が優れていて、歌もギターも上手い、Christopher Cross♪の絶対的な強みでしょう。!!

そして最後のImagine♪

「南から来た男」Christopher Cross♪が大ブレイクした1980年・・・

その年の12月8日にJohn Lennon♪・・・

それだけに特別な思いがあるのだろう・・・

そのように改めて実感しました。・・・

オフ会映像

ひたすら・・・歌い出しがタイトル!の全米トップ40ヒットを聴く飲み会

Facebook